パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 新台攻略なんてラッシーにやらせりゃいんだよ!〜しこラシ〜
  4. 忍魂~暁ノ章~導入後 ボーナス最速揃え手順・1枚役奪取編

新台攻略なんてラッシーにやらせりゃいんだよ!〜しこラシ〜

新台攻略なんてラッシーにやらせりゃいんだよ!〜しこラシ〜

2017.05.24

忍魂~暁ノ章~導入後 ボーナス最速揃え手順・1枚役奪取編

ラッシー ラッシー   新台攻略なんてラッシーにやらせりゃいんだよ!〜しこラシ〜


今回の「しこラシ:忍魂~暁の章~」は、技術介入など〝得する打ち方〟を中心にお届けします! 

まず、今回の攻略ラインナップはこんな感じ。

① 技術介入の前に
② ボーナス最速揃え
③ 1枚役を把握せよ!
④ ART中の1枚役獲得術


ちなみに内容は全て「ラッシーが実戦で調べたモノ」なので、当然リール制御を解析したワケではありません。誤りがある恐れもありますので、あくまで「実戦上のモノ」としてご理解頂けたら幸いです。前回は前置きが長くなったので、今回はさっそく本題に入りますよ!
 

 

POINT①技術介入の前に!

まずは今作のリールの基本を押さえましょう。
 

有効ラインは中段無効の4ライン!


■有効ラインは上記の4ライン
オーソドックスな5ラインと違い、中段が無効であることを覚えておきましょう。  

■小役優先制御   
ボーナスより小役が優先的に揃います。
 


■青7とピンク7は全てのリールで離れている  
■中・右リールのチェリーとブランクの位置を覚えよう  
■リールシンボル(BARや7絵柄)が多い


中・右リールはチェリーとブランクが重要。リールシンボルを目安にしたいところですが、今作はリールシンボルが多く、目安にするのも難しい。チェリーとブランクは、できれば直視で狙えるよう練習しておくべし。
 

 

POINT②ボーナス最速揃え手順!

既述の通り小役優先制御ゆえ、手順の途中で小役が揃ってもボーナスの可能性は残ります。それと先に挙げた有効ラインを必ず覚えておきましょう。左リールの中段に停止した絵柄は入賞の可能性がナイので、成立役の絞り込みに役立ちます。また、左リールの2択(青orピンク)に正解しているベルは、便宜上「正解ベル」と呼びます。そのほうが話を進めやすいのでね。
 

手順①

まず左リール中・下段に⑨番のチェリーを狙う。このチェリーの2コマ下には白BARがあるので、それを目安にしましょう。なお、チェリーの払い出しは2枚なので、あえて枠下に押してボーナス揃えを優先したほうがお得ですが、チェリーA確率に設定差があるためフォローしています。「チェリー確率なんて気にしねーぜ!」という方は、⑫番のピンク7を上段・中段に押しても良いでしょう。ただし、ボーナス未成立の場合はただのチェリーの取りこぼしになります。
 

成立役
・チェリーA
・チェリーB

中・右リールは適当打ちでOK。右リール中段がスイカならA、それ以外ならB。
 

成立役
・ピンクBB
・ピンク頭RB
・チャンス目
・リプレイ
・ハズレ

中リールに白BAR・リプレイ・黒BARを狙い、停止形で打ち分け。
 

成立役
・ピンクBB
・ピンク頭RB

ピンク7頭のボーナス確定。右リール上段までに青7を狙い、RBを蹴ったら次ゲームも同手順でピンクBBを狙う。
 

成立役
・チャンス目
・リプレイ
・ハズレ

右リールは適当打ちでOK。チャンス目か否かは確忍ボタンでチェックしよう。リプレイなら全ボーナスの可能性アリ。ハズレ・チャンス目ならピンク7頭のボーナスを否定するので手順②へ。
 

成立役
・ピンクBB

中・右リールにピンク7を狙ってピンクBBを揃えよう!
 

成立役
・チャンス目
・スイカ
・正解ベル

右リールを適当打ちし、スイカテンパイなら中リールスイカ狙い。ベルもスイカも否定すればチャンス目の可能性大。

 

手順②

左リール中・下段に⑲番のチェリーを狙う。チェリーを枠内に狙う理由は手順①と一緒。
 

成立役
・チェリーA
・チェリーB

中・右リールは適当打ちでOK。AorBの判別法は既述の通り。
 

成立役
・チャンス目
・スイカ
・リプレイ
・ベルこぼし

まずは右リールを適当打ちし、中リールはスイカテンパイならスイカ狙い。スイカ非テンパイなら適当打ちでOK。スイカもリプレイも揃わなかったら、確忍ボタンを押してみよう。リプレイなら青7頭ボーナスの可能性は残るけど、スイカorチャンス目なら青7頭ボーナスを否定。
 

成立役
・チャンス目
・正解ベル
・ハズレ

ほぼ正解ベルorハズレ。基本的に中・右リールは適当打ちで構わないが、チャンス目の1枚役を獲得できる場合も(獲得手順は後述)。ベル入賞orチャンス目なら青7頭ボーナスの可能性は残るが、ハズレなら青7頭ボーナスの可能性ナシ。
 

成立役
・青BB
・青頭RB
・チャンス目
・スイカ

青7頭ボーナスの可能性大。右リール中・下段に青7orピンク7を狙い、停止形によって中リールを打ち分ける。なお、ここからのチャンス目も一部獲得可能ですが、それについては後述します。
 

7がテンパイしたら中リールに青7狙い。

スイカがテンパイしたら中リールにスイカを狙う。


ちなみに順押しで… 
 

青頭ボーナス2確!

この形になれば青7頭ボーナス2確だけど、スイカをこぼす恐れがあるので要注意。スイカの払い出しは8枚なので可能な限り取りたい…けど、この2確が気持ちイイんですわ!
 

成立役
・正解ベル
・リプレイ

チェリーを遅く押してしまった場合はココまでスベることも。中・右リールは適当打ちでOK。青7頭ボーナスの可能性は残る。


ピンク7頭ボーナスを先に狙う理由は、左リールにピンクBB1確目が存在するため。青7頭ボーナスにはソレがないから。なお、ボーナスを狙うシーンは下記の2つ。

■チェリーB・チャンス目成立の次ゲーム
■強めの演出でチェリーA・スイカ・リプレイが成立した次ゲーム(前兆中除く)


チェリーBとチャンス目はボーナス期待度が高いので、次ゲームからボーナスを狙います。チェリーA・スイカ・リプレイはボーナス期待度こそ低いですが、強めの演出を伴って成立すればボーナスが同時当選している可能性大です。「強めの演出」の具体例を挙げましょう。
 

レバーONカットインからの紋章演出

巻物ルーレット ※巻物演出との混同に注意!

成立ゲームで連続演出へ即発展

紙芝居演出


ちなみにチャンス目成立後やボーナス・ART後の前兆中は、巻物ルーレットも頻発するし、連続演出に発展することも多いので、たまたまそのタイミングでチェリーA・スイカ・リプレイを引くこともあります。非前兆中が条件になるのでご注意を。ちなみにチェリーBやチャンス目を引くと、成立ゲームか次ゲームで走術or刀術修行に発展することが多い。走術or刀術修行は1G終了も多く、終了した時点でボーナスの可能性はなくなります。手順の途中で修行が終わったら、もう手順を実践する必要はありません。詳しい演出については、次回更新の「演出&設定推測編(仮)」をご覧ください。

あ、大事なこと忘れてた。実戦上、スイカ同時当選は青BBorピンクBB確定です。あくまで実戦上ですが「スイカ+強めの演出」なら、RBよりBBを優先的に狙っていきましょう!

 

 

POINT③1枚役を把握せよ!

チャンス目の正体は1枚役で、フラグとしては6種類存在。そして2種類ずつチャンス目A・B・Cに分けられています。とても覚えにくいので、勝手ながら呼び名を決めさせて頂きます。

なお、2つ以上の1枚役が重複して成立することはありません。つまりチャンス目Aだからといって、アナブブとピナブスが同時成立しているわけでなく、どちらか1つしか成立していないのです。実際のフラグは6種類ですが、各種抽選値がA・B・Cの3つに分けられていると覚えてください。

ちなみに①アナブブと②ピナブスの確率は1:1で、同じチャンス目Aの中で①と②どちらか一方だけ成立しやすいということはありません。チャンス目B・Cも同じく、①と②の確率は均等となっています。そして確率はC<B<Aの順に高くなります。最も頻繁に成立するのはAです。これも1枚役を狙う際に重要な知識となるので覚えておきましょう。

「1枚役をなるべく獲得したい!」という方は、まず1枚役の構成を覚えましょう!

 

POINT④ART中の1枚役獲得術!

今回は打ち手のレベルに合わせた2手順を紹介。順押し手順は初・中級者向け、逆押し手順は上級者向けです。

■順押し手順…チャンス目1枚役の3種類を獲得可能
■逆押し手順…チャンス目1枚役のほとんどを獲得可能


すでにメディアに取り上げられ広まりつつある中押し手順もチャンス目1枚役の3~4種類を獲得できますが、シビアな目押しが必要となる(基本は3種類)。対して今回紹介する順押し手順なら、難なく3種類を獲得できます。なお、両手順とも通常時も実践可能ですが、さすがに普段からこれら手順を実践するのは酷なので、通常時もART中も「強めの演出」やレア役対応演出が発生した場合だけにしましょう。では、まずは順押し手順から。
 

 

順押し手順

実はこの手順、ボーナス最速揃えで青7頭ボーナスを狙う手順と一緒なんです。基本的な停止形と成立役は、先述のボーナス最速揃え「手順②」をご覧ください。ここでは具体的な1枚役の揃えかたを解説していきます。注目すべき停止形は2つ。
 

左リールがこの形なら、右リールに白BARを狙う。余裕はだいぶあるので、少し早めに押してOKです。
 

右リール上段or下段に白BARが止まったら、中リール上段までにチェリーを狙ってアベチシをフォロー。
 

左リール上段に青7が停止したら、右リールにチェリーを狙おう。枠上~枠内ならアバウトでOK。
 

中リール枠上・上段にピンク7を狙おう。右リール上段にチェリーが停止すればスイカの可能性もあるが、この手順ならスイカもフォローできる。
 

中リール枠上付近にブランクを狙い、アナブブをフォローしよう。


初めの左リールこそ2コマ目押し推奨ですが、中・右リールはシビアな目押しが不要なので、初・中級者でも1枚役を拾いやすいと思います。中リールのブランクと右リールのチェリーが見えないなら「ピンク7のあとに来る黒BARが過ぎたあとに押す」と覚えておけばいいでしょう。通常時の「強めの演出」発生時や、レア役対応演出発生時に実践するのもアリです。強めの演出は既述の通りなので、レア役対応演出の一部を挙げておきます。
 

キャラ演出・楓登場

巻物演出(非前兆中)

 

逆押し手順

ここからは上級者向け逆押し手順です。簡単に言えば「右リールの停止形を見て、揃う可能性のあるレア役&チャンス目1枚役をフォローする打ち方」になります。
 

まずは右リール中・下段にチェリーを狙う。理想は「下段にチェリーをビタ押し」ですが、そうするとあまりに難易度が高すぎるのでね。ちなみに右リールのチェリー絵柄は1つのみです。
 

中リール枠上~中段の範囲に⑯番のチェリーを狙う。ピンク7のあとに来る黒BARの2コマ上にあるチェリーです。
 

チェリーとブランクがテンパイしたら、左リールにピンク7を狙ってピベチブをフォロー。ピンク7狙いはアバウトでOK。
 

ブランクとブランクのテンパイなら左リールに青7を狙い、アナブブをフォローしよう。
 

右リール下段にチェリーが停止したら、左リールに青7、中リールにピンク7を狙う。
 

最も厄介なのがこの停止形で、4つのチャンス目1枚役を全てフォローするのは不可能。ただし実戦上はこの停止形でピナブス・ピナアナスは揃いにくいので、ピナアナスを諦め他の3つのチャンス目1枚役を拾います。中リール中・下段に⑯番のチェリー狙い、停止形によって左リールを打ち分ける。
 

左リール枠内に⑭番のピンク7(上のピンク7)を狙い、ピベチブとスイカを同時フォロー。
 


左リール上段~中段に⑫番のピンク7(下のピンク7)を狙い、ピベチブとスイカを同時フォロー。

上記2つは左リールに狙うピンク7が異なるので要注意。上級者なら理由は分かるはず!?
 

実戦上チェリー確定で、この形からのピナブス揃いは未確認。左リールは白BARか黒BARを目安にチェリーを狙おう。ちなみにチェリーフラグのAorBは停止形から判別できないので、入賞音をチェック。「ビビビ」ならA、「ポポポポルン」ならBです。耳栓をしていても難なく聞き取れますよ。
 

既述の通り右リールのこの形からピナブスは揃いにくいので、ここはアナブブを優先。左リール上段までに青7を狙おう!
 

実戦上、アナブブの可能性大。左リール青7狙いでOK。

 

実戦上リプレイ確定。左・中リールとも適当打ちでOK。
 

ボーナス未成立のハズレでもココまでスベるが、ART中のハズレ確率は低い(設定差アリ)ので、チェリーBやチャンス目成立後にこの形になればボーナスの大チャンス! ちなみにこの形からチェリーが出現したりスイカが揃えば、実戦上、青尻ボーナス(青BBorピンク頭RB)確定だ! 次いで中リール下段にブランクをビタ押しすれば2種類のチャンス目1枚役を両方フォローできるが、スイカをこぼすと痛手なので、ここはスイカを優先的に狙います。左リール中・下段に⑭番のピンク7(上のピンク7)狙い。
 

ピナブス確率はピナアナスの確率より2倍以上も高いので、ここではピナブスを優先します。中リールにブランクを狙い、ピナブスをフォローしましょう。ピナブスが揃わず確忍ボタンで効果音+フラッシュが発生すれば、ピナアナスだったと予想できます。
 

成立役
スイカ + 青尻ボーナス

中リールでスイカをフォロー。
 

成立役
チェリーAorB + 青尻ボーナス

中リールは適当打ちでOK。
 

ココまでスベればアベチシ確定! 左リールに青7、中リールにチェリーを狙おう! ただし右リール下段にチェリーを押していないとココまでスベりません。他の停止形でレア役・チャンス目1枚役非入賞→確忍ボタンで効果音+フラッシュありなら、アベチシこぼしかもしれません。
 

逆押し手順まとめ
■右リール上段青7でチェリーorスイカなら同時当選確定!
■チェリーB・チャンス目後の上段青7もボーナスの大チャンス!  

(チェリーB後ならピンク尻ボーナスの大チャンス!)
■右リール上段白BARならチャンス目1確

手順は複雑だし技術的にも難しいですが、チャンス目1枚役のほとんどをフォローできるので、終日打った際の攻略効果は絶大です。少しでも得したいなら根気よく実践すべきでしょう。ついでに手順を実践すべきシーンを挙げておきます。
 

レバーONチャンスランプフラッシュ(先光り)

ART中のレバーON時は、まずココに注目。詳細は次回更新で紹介しますが、とにかくこの先光りがアツい! 「発生すればレア役成立の可能性大」と捉えて構いません。なお、リールが回り始めても演出が非発生なら大チャンス! 第1停止で強めの演出が発生するハズ。上乗せやボーナスに絡むことが多いです。
 

メカバレル演出

レバーON立ち止まり→流星演出

鳳玉演出

これらはレア役対応で、当然チャンス目成立の可能性も高い。ちなみに…
 

ザコは順押し消化推奨!

ザコは稀にスイカやチャンス目もありますが、ほとんどがリプレイ・ハズレ・チェリーAなので、ムリに手順を実践するまでもないかなと。「1枚役も完璧に拾う!」というなら止めはしませんが、自分の場合は順押し手順を実践しています。頻繁に出現するため、いちいち逆押し手順を実践すると時間効率が悪いのでね。
 


手順は以上です。ちなみに通常時の変則打ちはオススメしません。その理由は…

■チェリーのAorBを判別できない
■ベルの入賞ラインが限定される恐れアリ


通常時はチェリーAとBの入賞音が一緒なので、どうしても出目で判別する必要があります。なお、連続演出に発展すればBと予想できますが、これも確実ではありません。また、左リールを最後に押す打ち方を常に実践していると、ベルの入賞ラインが限定され、青orピンクの2択に正解してもベルをこぼす恐れがあります。なので、通常時は左第1停止推奨というわけなんです。変則打ちはART中のみ楽しみましょう! 

最後にクドいようではありますが、これはあくまで実戦で調べた結果です。高設定を打って調べたわけでもないので、ART中のサンプル不足も否めません。誤りがある恐れも十分ございます。それをご了承頂いた方にのみ実践して頂きたいです。

次回は「演出&設定推測編」をお届けする予定です。ネタはすでに仕上がっておりますので、ぜひともご期待ください!

 

 


(C)DAITO GIKEN,INC.

共有する

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー