パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

パチンコ関係ない話を書き続けていたのでパチンコ関係ある話を書いてみたらそんな話かよな話

★フリーテーマ | コラム

パチンコ関係ない話を書き続けていたのでパチンコ関係ある話を書いてみたらそんな話かよな話

プロフィール画像
インプロレスGMさん
20年程打ち散らかしてまいりました。私は何を得たのか、そして何を失ったのか。そんな事を微塵も考えずに今日も打ちます。明日も打ちます。そして呑みます。
投稿日:2017/09/08 18:09

最近ブックオフで微妙な時代の微妙な漫画収集ブ―ムが私の中で来ている。

大抵、底値の105円で買えるのも嬉しい。


そんな中、かなりグッと来た一冊を。

「パチンカ― アツシ」

原作 久保田篤

画 土山しげる

もちろん、このアツシとは「初代いいとも青年隊」の久保田篤その人である。

芸能人初のパチプロ(笑)の役者にパチンコに奮闘する(爆)生き様を人情味豊か(猛爆)に描いた作品である。


中身はアレなんで、バッサリはしょるが、出て来るパチンコ台が懐かしい。


「大工の源さん」
「将軍ちゃま」
「ジャマイカ」
「UFO伝説Ⅱ」
「レッツおとぎ村」
「柔キッズ」
そして
「エキサイトジャック」
さすが平成11年発行。


ただ、ちょっと残念なのがパチンコに関する描き方が所々アバウトなのである。



「エキサイトジャック」
の大当たりが描かれているのだが、


7が直線に並んでいるのだ。


7って直線に並んだっけ?必然的にダブルテンパイになる形にならなかったっけ?

「エキサイトジャック」は7のWリ―で当たっている画を描くべきだ。



まぁ、それはいいです。

コピーだらけのパチ、スロ漫画に比べれば全然いいです!

それよりもです。



巻末に久保田篤大先生から

~俺のパチンコ5原則~

が書いてあったので紹介します。


これさえ覚えれば明日から連戦連勝ですよ。

いきますよ。


① 勝つ店を選べ

② 勝つ台を見抜け

③ 機種の特長と仕組みを知れ

④ 勝つ打ち方で攻めろ

⑤ 勝つための気構えを持て




…以上だそうです。



…一応、突っ込んでおきます?


まぁ、じゃあ軽くね。


①の「勝つ店を選べ」

どうやって?

まぁ確かに、よく出ていて賑やかな店と出てない店はあるけど、出てる店は、出てる分負けてる客もいるのさ。

ここは、まぁとりあえず稼動のいい出ている店を選べ、でいいのかと解釈してみましょう。


② 勝つ台を見抜け


…どうやって?


え、どうやって?


ていうか、それが出来たら他の4原則は、もれなくいらないだろ。


①の勝つ店にいかなくても、勝てない店で勝つ台を見抜けばいいんじゃない?


③の機種の特長と仕組みを知れはいいとして。

④勝つ打ち方で攻めろ


勝つ打ち方ってなんでしょうね?


どう攻めろって言うんでしょ。

⑤勝つための気構えを持て


もう気構えでいいみたいですよ。



…しかし、実はこの5原則には恐ろしい秘密が隠されていたのだ。

もう一度書いてある内容と順番を追って欲しい。


何か浮かんでこないだろうか?


③の最も基本的な理論を軸にして、それ以上の勝率を上げる理論が①、②に示されている。


そしてプラス要素の精神論としての④、⑤が追記されている。

そして、これによって導かれるのがイコールとしての勝利に繋がる訳なのだが、何か見えてはこないだろうか?


あえて④をx、⑤をy、勝利をzと表記させて頂く。


まとめると

③以上の自然的勝利を導く①、②に対して「x+y=z」を満たす様な自然勝利x、y、zはない

となる。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれないが、そうなのである。

『3以上の自然数nに対して「Xn+Yn=Zn」を満たす様な自然数x、y、zはない』


でお馴染みの

「フェルマ―の最終定理」

と酷似しているのである。


約三世紀半に渡って数学者を苦しめた超難解の最終定理。

式を満たす自然数は、ありそうで無い。

またnを2と置き換えれば、それはピュタゴラスの定理となり無事解決なのだが、そうにもいかない。



つまり、精神論の④、⑤だけではイコール勝利には結び付かない訳で、かといって不必要か?否、それでは自然的勝利に繋がる③=①=②には結び付かない、というフェルマ―の定理が見事に展開されていた訳である。



そしてこの定理から弾き出された答えであるが、まず、フェルマ―の定理に一つの公式を見出したのが18世紀最大の数学者

レオンハルト・オイラ―である。


対数、定数、指数らを考慮して自然対数の底のeを算出した。

そのeは=2・71828182845904523536028~

と延々と続いていく。



しかし、これをさらに数式を発展させていくと

0になるのである。



0。



つまりゼロ。


プラスでもマイナスでも無い、何もない0。



様々な高等数式を用いても気がついたら実は0だったのだ。



久保田篤大先生は、その事を実は我々に伝えたかったのではなかろうか。


パチンコで勝っても負けても最終的には0なんだよと。


後には何も残らないんだよと…。




それを久保田篤大先生は今や、自身の身を持って証明しようとなさっているではないか。



今や久保田篤大先生が限り無く0に近い、この現在。



私は、この一冊から非常に何かを学んだ気がする。



そして学んだと言えば
一緒に買った小説

小川洋子さんの


「博士の愛した数式」

も読んで大変感動して何かを学んだ気がします。


はい、理数系の方!

今回は優しい気持ちでこのコラムを読んで下さいな。


文系の私には、これが精一杯です。


て、ここまでする意味が自分でもさっぱりだが、もう病気みたいなもんなんで、しょうがないっすね。

久々にパチンコに関係する話を書いたらこれですよ。

何処に行こうとしてるんだ私は。

6

インプロレスGMさんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(10 件)

プロフィール画像
インプロレスGM
投稿日:2017/09/11
佐々木 真さん

まぁ、結局何も残らないんですけどね(笑)。

個人的には読んだ所で何も残らない…そんな下らない話を一生懸命書くのが好きなようです。
プロフィール画像
インプロレスGM
投稿日:2017/09/11
藤原ジェットさん

本当ですか!
邦画はあまり観ないのでこの作品もちょっと敬遠してたのですが観てみます。
ストーリー分かってても泣くんだろうなぁ…。
プロフィール画像
インプロレスGM
投稿日:2017/09/11
ガラムさん

土山先生は確かに食べ物系ですよね。「食キング」「極道めし」は個人的に好きでした。おそらくそれよりも前の作品かなぁと。

にしてもパチスロ115番街は名作ですね。
きっと今の5号機時代には書けない作品かなと思いますね!
プロフィール画像
佐々木 真
投稿日:2017/09/09
書き手の内容よりも、読解力という名の妄想力が上回った瞬間を見た気がします(笑)。
プロフィール画像
藤原ジェット
投稿日:2017/09/09
インプロレスGMさん

いや、映画は映画で凄くいいですよ!以外に思えますが、とてもいいです。

長くなりそうなので映画の感想はカットしましたw
プロフィール画像
ガラム
投稿日:2017/09/09
土山しげる先生はパチンコ漫画も描かれてたんですね!

食事シーンを描かせたら当代随一。強いて並ぶものをあげるならば板垣恵介先生くらいというグルメ漫画の大御所ですね(笑)

パチスロ115番街いいですね。
血染めのアレックスは素晴らしい!!

あんな退廃的な街が本当にあるのなら住みたいってマジで考えてました(笑)
プロフィール画像
インプロレスGM
投稿日:2017/09/09
あきうめさん

パチスロ115番街は面白かったですね。
あの漫画も全て手書きだったなぁ。
今のパチンコ、スロット漫画はコピーばっかで漫画を読んでる気がしないんですよ。

それは私が文系だからでしょうか。

まぁ私も文系がどうなのかよく分かりませんが(笑)。
プロフィール画像
インプロレスGM
投稿日:2017/09/09
藤原ジェットさん

どうも、ごぶさたです!
いやあ「博士の〜」は本当に名作ですね。
名作すぎて映画は見れません。
多分見たら…。

見ない方がいいですかね(笑)。
プロフィール画像
あきうめ
投稿日:2017/09/08
ええ。私も全く同じでして。
パチスロ115番街を全巻揃えました。
ネット通販で。
ブックオフでガリレオシリーズと
綾辻行人の作品を漁ってます。

数式見るともう頭痛くなるのは文系だからですよ。

文系がどうなのかもよくわかってないけども(苦笑)
プロフィール画像
藤原ジェット
投稿日:2017/09/08
はかせの愛した数式はほんと良かったですよね最後の背番号での物語の締め方は、読んだ当時なんて素敵なエンドなんだと思った限りです。

素数だけでなく、様々な特殊算の成り立ちや、数学の奥深さ、美しさを見事なまでに記憶をなくしていく博士と、心優しき親子で綴った名作だと思います。

思えば当時の本屋大賞は素晴らしい賞でしたね。

映画ではかなりの部分にカットが入りましたが、それでも名優・・・


あっちゃんはホントにパチンコ好きですよ!!!

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ