パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 新型コロナウイルス関連記事まとめ
  4. 【パチンコ店:緊急事態宣言】休業パチンコ店の今。営業再開に向けて。(第一プラザ坂戸1000)

新型コロナウイルス関連記事まとめ

新型コロナウイルス関連記事まとめ

2020.05.05

【パチンコ店:緊急事態宣言】休業パチンコ店の今。営業再開に向けて。(第一プラザ坂戸1000)

ラッシー ラッシー   新型コロナウイルス関連記事まとめ

▲2020年4月24日。休業中のパチンコホールの記録映像

みなさん、この自粛期間をいかがお過ごしでしょうか? 外出はできないし、パチンコ・パチスロへの風当たりも強まる一方。私と同様、仕事が減ったかたもいることでしょう。不安は募るばかりですが、今はジッと耐えるとき。新型コロナウイルス感染症の終息を願いつつ、ともに自粛生活を頑張りましょう!

さて、すでにご覧頂けたかもしれませんが、このたび「【パチンコ店:緊急事態宣言】営業再開に向けて。休業パチンコ店の今。(第一プラザ坂戸1000)」という動画がアップされました。私はその撮影・編集を担当。まだカメラも編集も未熟なうえ、動画の尺(長さ)も短めに設定したため、休業ホールの姿を100%は映しきれていないでしょう。そこで撮影秘話というほど立派ではありませんが、現場や編集段階で感じたことを綴っていきます。

 

★撮影に至った経緯

はじめに、なぜ「休業中のパチンコ店を撮影したい」と思い至ったかの経緯について。意図としては2つあります。


①記録映像として残しておきたい
②パチンコ店も「人が働く場所」だと伝えたい



此度の新型コロナウイルス感染症の大流行は、間違いなく人類史に残る災禍です。それはパチンコ・パチスロの歴史においても同様。記録映像として残るモノを撮っておきたいと思いました。

そして猛バッシングが続いていますが、パチンコ店だって「人が働く場所」です。言うまでもなく従業員にも生活があり、それぞれ家庭があります。その他の職業と、なんら変わりはありません。これについてはもっと詳しく書きたいですが、長くなるので別の機会に。

4月7日に発令された緊急事態宣言を受け、多くのパチンコ店が休業しました(5月1日時点で全国で95%以上)。しかし、世間は一部の休業要請に応じなかったパチンコ店だけを見て「パチンコは悪」と決めつけているように見えます。それは違うだろうと。緊急事態宣言の対象地域はほぼ全てのパチンコ店が休業し、非対象地域でも多くのパチンコ店が休業しています。

その事実を少しでも知ってもらいたい。そんな思いでパチ7編集部に提案した次第です。

 

★まず許可が下りない

いきなり壁にぶつかりました。撮影させてくれるパチンコ店がなかなか見つかりません!  まあ、普通に考えれば当然ですよ。従業員ならまだしも、余所から来たカメラマン(私)がウイルスを運んで来ないとも言い切れないわけで。もちろん我々も細心の注意を払ってはいますが、ご存じの通り新型コロナは無症状でも広がる恐ろしいウイルスですから。

いくつかのホール法人に交渉させていただいた結果、許可を頂けたのが「第一プラザグループ」でした。この場を借りて、改めて厚く御礼申し上げます!

 

★休業中でも朝は早い


「第一プラザ坂戸1000」の店舗に着いたのは、午前10時を少し回った頃。駐車場入り口を遮るチェーンが、今が平時でないことを物語っています。電話で連絡を取り駐車場の中へ入れて頂くと、すでに店舗スタッフのみなさんが清掃作業にあたっていました。

3~4名で入り口付近を清掃しており、その中の一人が店長さんでした。清掃はとっくに始まっていたらしく、入り口付近はほぼ終了に近い状況。つまり通常営業と変わらない時間に出勤し、清掃にあたっていたことになります。「休業中なんだから朝イチから始めることないのに…」なんて思った自分が恥ずかしい。

 


言うまでもなく駐車場は空っぽ。5階建ての立体駐車場にも、車は1台とてありません。まるでパニック映画の世界終焉後を観ているかのような気分に。

 


店舗入り口の自動ドアはオート開閉がOFFになっており、手動で開けて案内して頂きました。ドアにはもちろん休業のお知らせが。ちなみに普段の朝イチは、このドアから入場が始まるそうな。同行した編集長曰く、このドアの前は入場抽選で1番を引いた者のみが立てる「勝者の場所」らしい。そして店内に入るとスグに……

 

★いざ、店内へ


第一プラザグループのシンボルとも言えるイチプラくん(マスコットキャラ)とイチプラ大明神がお出迎え。しかし、その姿に言葉を失います。「ああ、休業中なんだな」と、しみじみ思いましたね。

彼らが置かれているのは、入り口から入ってスグの景品カウンタースペース。暗めに抑えられた照明や空っぽの棚が、一層寂しさを際立たせる。

 


ビニールが掛けられているのは、ウイルス対策の「くん煙剤」を焚いたためだそうな。くん煙剤で最も有名なのは、害虫対策のバ〇サンだろう。そのウイルス版のようなモノか。

 


くん煙剤を焚いた際の写真を頂いたら、思いのほか芸術的すぎて少し笑顔に。こう言っちゃ不謹慎ですが、店内でスモークが焚かれている画は、なかなかパンチがありますね。

 


コレが実際に焚いた「くん煙剤」。我々客の知らないところで、パチンコ店もウイルス対策を頑張ってくれていたのだ。

 


パチンコフロアへと歩を進めると、普段の営業中よりは遥かに静かなものの、たしかに「パチンコの音」が聴こえてきた。そう、ほぼ全てのパチンコ台の電源が入っていたのです。

店長さん曰く「電源OFFのまま長期間放置すると、台が初期設定に戻ってしまう。設定を維持するため、2~3日に1度は電源を入れる必要がある」だそうな。なんて面倒でエコじゃない仕様なんだと思ったけれど、遊技機メーカーもこんな長期の休業は想定していないだろうから仕方がない。

メイン通路の所々に脚立やバケツが置かれている。聞けばこの日は店舗スタッフだけでなく、業者による清掃も入っているとのこと。

 


業者による清掃は年に2~3度。いつもと時期は違うが、この休業中にも行うことに決めたらしい。たしかに大がかりな清掃を行うにはいい機会だ。

店舗スタッフのみなさんは、遊技台やその周りの清掃を担当。私語もせず、黙々と遊技台を磨いている姿が印象的でしたね。

 

★シンフォギア2が20台……最新台コーナーに絶句


パチンコフロアで最も強い衝撃を受けたのがコレ。休業期間に入ってから導入された最新機種「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」のコーナーです。20台もズラリと並んでいるけど、これまだ1回転すら稼働してないんですよ? でも機械代の支払いはあるわけで…心中お察しします。

 


個人的にグッと来たのは「海物語シリーズ」のRTC「スペシャル魚群タイム」。お客さんがいない休業中でも、当然RTCは機能しております。静かな店内に響き渡る「スペシャル魚群タイム終了だドン! 次回もお楽しみに!」の声が悲しかった。まだまだみんな遊びに来られないんだ…。

 

★サラ番2、サンダーライトニング……静かなるパチスロコーナー


パチスロフロアの照明はパチンコフロアより暗めなうえ、全台の電源がOFFになっていたため、より寂しく感じました。私は仕事柄、閉店後のパチンコ店にお邪魔する機会も多いですが、全台の電源が落ちているのを見たのは初めて。

 


パチスロにも休業期間に入ってから導入された最新機種がズラリ。パチンコもパチスロも、よりによってこの時期に2020年のド本命機種がリリースされるとは……。「押忍!サラリーマン番長2」は15台の設置。「サンダーVライトニング」も2台入っていました。

 


ビニールが掛けられたジェットカウンターに、電源が切られたデータビジョン。パチンコ・パチスロ歴は21年になりますが、こんな風景は見たことがない。今がどれほどの事態かよく分かる。

 

★店内のあちこちに休業の風景


入替やメンテナンスを待つ機械たち。これも営業中のパチンコ店では見られない風景だ。

 


設置されて間もない喫煙ルームは、ほぼ新品の状態を保ったまま出番を待っていました。今ごろ大活躍していたハズなのに。

 

★撮影・編集を終えて…

今回の撮影で強く印象に残ったのは、やはりそこで働く人々の美しさ。休業中だからといって怠けもせず、みなさん黙々と清掃に励んでいました。休業期間が明けたら安心してお客様にプレイしてもらえるように…という、おもてなしの気持ちが伝わってきましたね。
 


お気に入りのシーンはココ。照明を手で遮って、鏡面がキレイになっているかをチェックしているのでしょう。これぞまさしく働く男の背中。いつも低俗な文章ばかり書いている自分が恥ずかしくなりました。


休業中のパチンコ店でも、働く人々の息遣いが感じられました。パチンコ店は遊び場ではあるけれど、従業員にとってはもちろん職場。誰もが真剣に仕事と向き合っていました。補償はないけど(撮影時はセーフティネット保証5号対象外)休業に協力し、その休業中もお客様を迎えるために働いている。

ほとんどのホール法人も同様に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めています。そして、どこのパチンコ店にもそれぞれの生活・家庭を持った従業員がいます。世間にはまずその事実を知って頂き、ぜひ冷静な目でパチンコ・パチスロを見てほしいですね。

 

▲ぱちんこ業界と新型コロナウィルス。その対応と対策。記事

▲パチンコパチスロ関係者による支援や活動まとめ記事

6

42

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ