パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロ攻略ライターの思考ルーチン
  4. 後世に影響を与えた名機『タコスロ』

パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

2020.03.24

後世に影響を与えた名機『タコスロ』

佐々木真 佐々木真   パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

この2週間でパチスロは少し動きがありましたね。大都技研から登場した『いろはに愛姫』の稼働を停止したり撤去するホールもありました。

BIG中やART中の青7揃いで50%の確率となる押し順をホールが「設定左・設定中・設定右」と、操れたのが面白いところ。どの押し順の設定なのか、推測している段階では出玉率96.8%となりますが、特定できれば104.1%となるアマさが魅力でした。

完全等価に近い営業のホールでは、同じプレイヤーにずっと粘られると多くの人に還元することが難しくなってしまいます。朝イチの抽選で早い番号の人が座っていくような集客効果が欲しいホールや、交換差額があるので大きな問題にならないホール。また、そんなに粘られることが減る5スロでの運用など、使い道はあるとは思います。ただ、立地や常連のユーザー層など、いろいろ勘案して稼働停止や撤去を選択するホールの気持ちも分かります。

そして「たかだか104%なのにショボいなあ」というユーザーの気持ちも分かります(笑)

そのような意見を発信される方が多く引き合いに出した機種があります。設定1でも出玉率104%だった『クランキーコンドル』と105.9%だった『タコスロ』です。クランキーシリーズはAプロジェクトでも再登場していますし、馴染みもあろうかと思いますが『タコスロ』はどんな機種だったのでしょう? 一応『タコスロ7R』もありましたけどね。あれ、演出用リールでの再現なので……。

断言しておきます。初代『タコスロ』は、単に激アマな機種というだけではありませんでした。その奥深さ、ちょっと語らせてくださいませ。

 

いや、アマいのは事実ですけどね。

▲『タコスロ』(瑞穂製作所:1996年の4号機)


4号機なので、5号機以降と勝手が異なります。BIGは枚数固定ではなく期待値方式を採用。変則押しで成立役を特定して時には1コマ目押しが必要(リプレイハズシ打法)。きっちり打てれば、BIG1回で平均400枚を超えるものでした。そのBIG確率が設定1でも1/273。50枚あたりのベースは33G。アマかったのは事実です。しかし、ワタクシ。アマいだけでは絶賛することはございません(笑)

『タコスロ』の面白さは通常時にありました。きっちりリーチ目が出る『クランキーコンドル』とは違う。予告音とフラッシュもある『サンダーV』とも違う。リールを凝視してスベリとビタ止まりを堪能する。もっとも気を抜けない機種でした。

きっちり押す人が出せばリーチ目。そうでない人が出すとタダのハズレ目で出る

これこそ『タコスロ』の真骨頂です。中段リプレイが揃うとボーナス成立後のリーチ目となります。そして、隣の適当打ち全開のオバサマにこう言われるわけです。「お兄ちゃん、当たったね。良かったね」と。こちらは「その前の出目なんだっけ?」と必死に思い出して頭を抱えるよりほかありません。1日8000Gほど。気を抜かずに打っていたとしても、完全にボーナス成立ゲームを特定できたと思える日は少なかったかな。

そう。きっちり打ってもド素人(失礼!)と同じ成立後のリーチ目を拝むこともある。それも『タコスロ』なのです。

 

通常時はトラップがいっぱい(白7側狙い)。


通常時の狙い方は2手順。まずは、白7側から。上段BAR停止時は「ハズレorリプレイorプラムorREG(orBIG成立後リプ)」。代表的な順押しのリーチ目は、中リールでリプレイがテンパイせずのボーナス絵柄停止で、右上下段にボーナス絵柄か単独スイカ。それ以外にスベリでの察知もありますが、言葉では難しく。スベリは「タコ側狙い」で触れさせてください。

順押しのリーチ目と書きましたが、ハサミ打ちでも変わるのが『タコスロ』の恐ろしいところ。
 


このBARの2コマ上に白7があります。4コマスベって左リール下段に白7が停止すると「スイカorBIG(orREG成立後リプ)」となる激アツの瞬間。まあ、スイカですけど。どちらも成立していなくて目押しミスだったと気付くのもよくある話です。そう、その目押しミス時!
 


1コマ早いと「ハズレorプラムorスイカorBIG成立ゲーム(orBR成立後リプレイ)」。成立後のハズレは、左リールが1コマスベって上段BARからのリーチ目となります。左リール上段BARからのリーチ目でBIGが出てきたら成立後ということに。また頭を抱えることとなります。

ハズレなのにスイカを目押ししなくてはならず、リーチ目も難解なので面倒(このときはハサミ打ちで右下段タコ停止でBIG確を狙ったほうが良い)。そうなると、気持ち遅めに押したくなりますよね?

左リール中段にBARを押した瞬間。4コマスベれば届くはずのプラム(メイン小役)の取りこぼしが確定します。5号機以降でなくなった“意地悪制御”というヤツです。初代『サンダーV』でスイカを取りこぼさせられたアレと同じです。完璧な狙い位置の隣がドン底。 そう『タコスロ』って、1コマ目押しを続けられる人にはアマかったけど、練習中の人にはむっちゃ厳しかったのです。
 

現在の配列の祖先でもある(タコ側狙い)


枠内にチェリーを狙ってスイカまでスベってきたら……。昨今のパチスロでは王道とされているリール配列ですが、その楽しみ方の元祖が『タコスロ』です。そう。皆さん、知らず知らずのうちに『タコスロ』のDNAを楽しんでいるのです!

こちらのタコ側狙いは、タコを中段か下段の2コマ目押し。ちょっとラクになりました。しかし、1コマ早くタコを上段に押してしまうとプラムの取りこぼし確定。練習中の人に厳しいのは相変わらずです。
 


左リール下段BARは「ハズレorリプレイorプラムorBIGorREG」。代表的なリーチ目は、白7側狙いの上段BAR停止と同様。順押し限定も同様。中リールでリプレイがテンパイせずにボーナス絵柄あり。右リール上下段にボーナス絵柄か単独スイカです。ここにビタとスベリの要素が加わってきます。上段BARでもありますが、こちらのほうが分かりやすいので。

例えば、左の写真。中中段白7とかハズレでも止まりますが、スベっていればこの時点で2確です。枠内にボーナス絵柄が停止してリプレイがテンパイしていなければ全部2確。

このとき、右リールではリーチ目とならないことも多々あります。ビタ止まりか4コマスベリをした場合「もうリーチ目出してあげたよ!」と機械が判断してしまうのかな。機械に感情はありませんが、擬人化するならそういうこと。4コマスベリなら分かるとしても、どうでもいいところのビタだと分からないっつーの。これね。成立ゲームに気付かず、頭を抱えることになる理由。

ちなみに、4コマスベリは基本的にアツく、タコチューテーブルと呼ばれています。ん? このスベリは? という察知が重要でした。
 


BARが枠下までスベった場合は「プラムorスイカorBIG(orBR成立後リプorBR成立後プラム)小役ハズレでBIG確定となります。ただし、ココをビタで押しているとハズレでも簡単に止まります。押す人が出さないと……の所以です。なお、成立後プラムは順押しをすると下段で揃いますが、ハサミ打ちをすると下段プラムは普通に出ます。

左リールがスベった場合、中リールはビタがアツくなります。写真にあるトリプルテンパイ。中リールがスベった場合は、スイカの可能性あり。ビタならスイカの可能性がなくなってボーナス確定となります。

ただし、条件があります。それは、中リールを神速で押していないこと。リール制御の処理が終わる前に押してしまっていた場合、リーチ目などを出さないための禁則処理が緩んでボーナス非成立のスイカ成立時にも停止してしまうんです。

なぜ、そんなことが起きるのか。リーチ目となるのは、あくまでも押せる人が出した場合。(中4コマスベリなら普通にスイカですし)条件付きリーチ目なので、そこまで強力にこの出目を出さないという処理はしていなかったのでしょう。正確なところは分からないですけどね。

 

アマさは時代によって異なる。

ねっ。常にリールの挙動から気を抜けない機種だったのです。ノーマル機しかない、リールを楽しみたくて集う人種しかいなかった時代。リール制御もいろいろできた時代だから登場できたことは間違いありません。しかし、そんなリールに目が肥えた人々を楽しませる名機であったことも間違いありません。通常時だけでも、私は名機と思います。

もちろん、アマかったから長く打てて堪能できたことも否定はできません。『タコスロ』が現役だった当時は7枚交換が主流。それだけに単純に出玉率だけで比較するのもまた違うと感じています。

個人的には、低交換率でアマい機種だらけのほうが遊技としては楽しめると思っています。ただ、等価に近い営業が長く続いたので、ここから変化させるのは大変だな。長期出玉率のMAXが115%の6号機では7枚交換に耐えうる魅力ある高設定は作りにくいかな。そうも感じていますけど。

まあ、なんだ。チェリー落としでスイカまでスベって……が好きとか基本とか思う方々は、みんなタコキッズということです。Aプロジェクトでもいつか打ってみたいものです。ここまでアマくなくて構わないですから。むしろこの世代はみな老眼に苦しんでいますし(笑)

 

前の記事 記事一覧 次の記事

佐々木真
代表作:パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

裏モノ全盛期に“ギャンブル”としてパチスロを始めたが、技術介入機時代に最適手順を模索するなど“遊技”としての魅力にはまり、履歴書に大きな穴をあけてしまう。2000年よりパチスロ雑誌などで編集兼ライターの活動を開始。現在は、ほぼすべての機種の発表会や取材に参加。法律・規則などの知識をもとに、根幹システムの推測をライフワークとしている。

  • twitter
  • HomePage

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ

パチンコ新台

3月16日導入予定

P真・北斗無双 第2章 頂上決戦
メーカー:サミー

P戦国乙女5 9AU1
メーカー:アムテックス

P機動戦士ガンダム 逆襲のシャアY
メーカー:SANKYO

PAサイボーグ009
メーカー:ニューギン

3月23日導入予定

P新世紀エヴァンゲリオン シト、新生 プレミアムモデル
メーカー:ビスティ

P銀河鉄道999 PREMIUM
メーカー:アムテックス

P炎のドラム魂
メーカー:ニューギン

4月6日導入予定

P戦国BASARA
メーカー:ニューギン

Pデカビスカス
メーカー:西陣

P G1DREAM ROAD
メーカー:サンセイアールアンドディ

P ROKUROKU 6000ver
メーカー:高尾

パチンコ新台をもっとみる

パチスロ新台

3月16日導入予定

パチスロ<物語>シリーズセカンドシーズン
メーカー:サミー

スペリオーレ
メーカー:バルテック

Sみうのおしゃべりパチスロ
メーカー:岡崎産業

3月23日導入予定

S新鬼武者
メーカー:エンターライズ

4月6日導入予定

スナイパイ71
メーカー:ネット

S 咲-Saki-
メーカー:SANYO

パチスロ新台をもっとみる


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ