パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

【長編パチ小説】 【第8話】 |パチンコ・パチスロ ブログコミュニティ

★フリーテーマ | コラム

【長編パチ小説】 【第8話】 

プロフィール画像
芥川パチ之助さん
初めまして!念願のパチンコを題材にした小説を投稿さえて頂きます。感想その他お待ちしています! ※中の人の詮索は絶対におやめ下しあ※
投稿日:2016/07/21 03:18





「マスター。俺、今アツシじゃないんですよ。元に戻しました。カズです。」






マスターはすぐに事情を呑み込んでくれた。カタギになったのかと笑ってくれた。もう、アツシの名は必要無い。もう面倒な世界に足を踏み入れるのも疲れた。そんな思いから名を戻したんだ。





「でも、今日からまた、アツシでいいです。」



もう、行くところまで行こう。乗りかかった船だなんて思ってない。賭けたチップを引くのは性分じゃないだけだ。降りれるギャンブラーならこんな人生をそもそも送っていない。

マスターはきちんとその意図を汲んでくれる。田舎町だから、気をつけろよ。と忠告だけはしてくれた。俺にはそれで十分すぎた。


「ユウとシュンは最近どこにいるんですか?」 次のヒントはアイツ等なんだろう。嫌でも尋ねるしかない。そして答えは予想通りだった。




「津田組だ。その辺りにいるだろう。」





津田組。この町で少しでも跳ねた暮らしをすれば誰だって知ってる。その名は印籠に近い。歴史ある地元ヤクザ。それが津田組だ。



「まぁ、田舎町で馬絡めばそうなるでしょうね。でもなんで・・・」



シンの事を幾ら絡めてみても、あの双子が失踪した原因に思い当たる道が思いつかない。行先はあるが、それが本道なのか、それとも遠回りの迷い道なのか。





マスターが口を開く。



「寛永グループの中身が最近入れ替わったのを知ってるか。絡んでるって話だぞ。」





寛永グループ。この町で最も幅を利かす一大ホールチェーン。そしてシンの就職先だ。ヤクザと、一大チェーン。入れ替わった・・・「中身」。これ以上は、聞く話じゃない。確かめる話だ。





また来てもいいですか?それしか言えなかった。マスターへの感謝の思いを込めた言葉。








「おまえがカズに戻ったら。また来い。しょうがねぇから今日は、ツケでいいぞ。」














―――第9話へ続く










※この話はフィクションです

5

ログイン・会員登録してコメントする

芥川パチ之助さんの
前のコラム コラム一覧 次のコラム

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報