パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-
  4. 『目覚め』~アルゼ王国2

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

2017.05.02

『目覚め』~アルゼ王国2

ラッシー ラッシー   パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-


テレビのスイッチを入れ、次いでプレイステーションを起動する友人Y(以下Y)。当時のY宅は、俺らのたまり場だった。


Y「いや~、CTパンクさせるとか…」
友人A「勿体ねぇ…」


我々とツルみながらも常に学年トップの成績を叩き出す友人A(以下A)。この日、彼は講師役だった。ちなみにY・Aともに180cm前後の高身長である。まるで体育教師2人に睨まれながら補習をしているような気分だ。


A「じゃあ、まずはリプレイハズシから」
俺「アステカのハズシ手順なら雑誌で見たから知ってるよ」
A「手順じゃなくて『なぜリプレイハズシをするか』の話ね」
俺「…周りの客にナメられないため?」
Y「んなわけねーだろ」
俺「冗談だよ。得するからでしょ」
A「そう! なんで得なのか分かる?」
俺「いや、サッパリ分からん」
A「まずはソレを理解しなきゃだな」

そういうとAはノートを取り出し、ペンで何やら書き始めた。

A「AタイプとBタイプは理解してるよね?」
俺「AがJACゲーム3回、BがJACゲーム2回でしょ」
A「そうそう。今回はBタイプで説明するわ」

さらさらとノートにペンを走らせるA。

A「BIG中は小役ゲームとJACゲームを繰り返す」

小役→JAC→小役→JAC…終了

A「小役ゲームは2回トータルで最大30G。それを消化するか、JACゲームを2回消化するとBIG終了」
俺「そうだね」
A「で、重要なのが小役ゲーム」
俺「うん」
A「BIG中やCT中以外の通常時はメダルが減るでしょ?」
俺「そらそうね」
A「JACゲーム中は目押ししなくてもどんどんメダルが増えるけど、この小役ゲーム中も通常時より遥かに小役確率が高くてメダルが増えるんだ」
俺「エッ!? たしかに言われてみれば…」


思い出したのはアステカのBIG中。 頻繁に下チリとボウシが出現していたような…。

【編注】
下チリ…デカチリの下半分。左リールに出現すれば2ライン入賞で14枚の払い出し。
ボウシ…アステカのメイン小役で、他機種のベルに相当。
払い出しは7枚だが、BIG中のみ9枚となる。

実際に初代「アステカ」の小役確率を見てみよう。
 

小役 通常時
(高確率中)
BIG中
下チリ(14枚) 約1/328 約1/7.1
ボウシ
(7枚・BIG中9枚)
約1/6.1 約1/2.9
サボテン(3枚) 約1/65.5 約1/1092
リプレイ 約1/7.3 1/4.0
(JACイン)

【編注】
①アステカは小役補正機能(小役カウンター)を搭載。
小役を頻繁に取りこぼすと小役確率が上がり、ベースを補正してくれる。
②サボテン確率には若干の設定差があり、上記は設定1のもの。

BIG中はサボテン確率のみ下がるが、出玉増加のメイン役である下チリとボウシの確率は大幅にアップしている。


A「2回目のJACインでBIG終わっちゃうでしょ?」
俺「でも小役ゲームでも出玉が増えるから…」
A「そう! なるべく2度目のJACインを引き延ばしたほうが良いよね」
俺「はぁ~~~、なるほどね!」


「霧が晴れる」とは、まさにこのこと! それまでは何となく「リプレイハズシというヤツをやれば得するらしい」くらいに思っていたが、これはたしかにやらなきゃ損だ! ちなみに「リプレイハズシ」と呼んでいるが、正確に言えば「JACインハズシ」ということになる。リプレイハズシと呼ぶのは、ほとんどの機種がJACインにリプレイ揃いを用いているためだ。


A「でもあまりハズシすぎるとパンクするから注意ね」
俺「JACインしないでBIGが終わっちゃうってこと?」
A「そう。アステカならハズシ戻しゲーム数は残り9G」

【編注】
ハズシ戻しゲーム数…JACインさせるためにリプレイハズシをヤメるゲーム数。    
以降は通常時と同じ小役狙いで消化するのが一般的。

俺「はぁ~、納得したわ~」
A「じゃあ実際にやってみよう」
Y「BIGフラグ入れといたよ」
 

PS用ゲーム『アルゼ王国2』


Aの講義を聞いている間、Yは「アルゼ王国2」のアステカでBIGフラグを用意していた。「アルゼ王国2」とは、ハナビ・アステカ・バイオメサイア・B-MAX・ワードオブライツという神ラインナップを収録したプレイステーション用の名作ソフト。今ではスマホのアプリで簡単に実機シミュレーターを楽しめるが、当時はプレイステーションが最先端だった。


A「まず1回目の小役ゲームは普通に順押しで小役狙い」
俺「了解」
Y「で、2回目の小役ゲームは逆押しでハズシを実践」

そして迎えた2度目の小役ゲーム。逆押しすると右→中リールで中段にリプレイがテンパイした。

Y「14枚orハズレだから左リール枠上あたりにデカチリ狙いね」
俺「へ~、リプレイ(JACイン)じゃないの?」
A「そう、成立役でテンパイラインが違うんだ」
俺「お、今度は右リール下段から左上がりにリプレイテンパイ」
Y「この場合は左リール枠上・上段にデカチリ下の青7狙い」
俺「ホントだ! ハズレた!」
A「ちゃんと目押しできてるじゃん」
俺「デカチリ周りならね。あ、今度はリプレイ下段テンパイ」
Y「これもリプレイ。左リール枠内にデカチリ狙って」
俺「ほ~、ハズレた!」
Y「下段受けのデカチリ狙いならアシストあるからアバウトでいいよ」
俺「へ~、そうなんだ」

結果、このBIGで280枚ほどの出玉を獲得。実機ではなかったが、これが俺の初めてのリプレイハズシだった。

俺「スゲエ…俺、今まで損してたんだなぁ~」
A「特にアステカはハズシ効果高いから」

アステカのBIGの平均的な獲得枚数は、完全適当打ちだと253枚程度。ハズシを実践せず小役狙いのみなら270枚ほど。ハズシを実践すれば287枚だ。ハズシ効果は適当打ちと比べると+34枚に上る。俺は小役狙いだけ実践していたので、ハズシ効果は+17枚。ウチの近所は等価交換が主流だったので、BIG1回あたり340円を取りこぼしていたことになる。

俺「ちゃんと攻略手順には理由があるんだな~」
Y「そらそうよ」
A「ハズシの考え方はAタイプも一緒だからね」
俺「ありがとう、よく分かったよ」
A「じゃあ次にCTについて。この前CTをパンクさせちゃったらしいけど、なんで勿体ないか分かる?」
俺「う~ん、むしろ短い時間で取り切ったから時間効率的には得だとすら思うけど…」
Y「めちゃめちゃ損してるわ!」
A「まずリール制御の話は置いておいて、CTとボーナスの違い分かる?」
俺「…どっちも出玉増えるから、一緒みたいなものかな」
A「それが全然違うのよ。BIG中はBIGの抽選してないでしょ?」
俺「そらそうね」
A「でもCT中は通常時と一緒でBIGの抽選をしてるわけ」
俺「ほうほう。それはなんとなくYから聞いた」
Y「CT中は狙えば小役が揃うけど、基本的には通常時と一緒と思ってOK」
俺「…(困惑)」
A「CTは200枚以下を維持すれば150G消化できる」

【編注】
アステカのCT終了条件
① 201枚以上獲得②150G消化③BIG成立

俺「そうだね」
A「じゃあ30Gで200枚を取り切ったとしよう」
Y「その差120G。通常時を120G回したらメダル減るよね」
俺「そうだね…ハッ!」
A「そう。CTを終わらせず維持すれば120Gぶんのメダルを消費せず、BIGの抽選も通常時と同様に受けられるというわけ」
俺「わー、俺めっちゃ損してんじゃん!!」


霧が晴れた(この日2回目)。


CT中にBIGを引かなければ、CT終了時の出玉は30G終了でも150G終了でも変わらない。しかし150G間メダルを減らさずにBIGの抽選を受けるのと、120G間出玉を減らしながらBIGの抽選を受けるのとではワケが違う! 「出玉を減らさずボーナス抽選が受けられる」。これこそ4号機CTの最大の利点だった。


俺「もう…ショックで立ち直れねーよ」
Y「まあまあ、もっと損する前に理解できて良かったじゃん」
A「そうだよ。損した分はこれから取り返せば良いでしょ」
俺「うう…ありが…とう…」
Y「てかさ、アステカの話してたら打ちに行きたくなってきたな」
A「今から行こうか!」
俺「生まれ変わった俺を見せてやるゼ!」


数時間後――


Y「打ちに行こうって言い出したヤツ誰だよ!」
A「通常営業とはいえ、ここまでヤラれるとは…」
俺「しばらく禁スロだな」


システムや攻略を理解したとて、勝てるとは限らない。それもまたパチスロ。ちなみに「立ち回り」を意識し始めるのは、もっともっと先のことである。 それまでなんとなくパチスロを打っていた俺にとって、この日はとてつもない衝撃だった。人類の歴史で言えば地動説が立証されたときほど…は言いすぎか。初めてパチスロの攻略・システムに触れ、それまでのモヤモヤが一気に吹き飛んだ。この日がなければココまでパチスロにハマることはなかったかもしれない。ましてや攻略ライターになることなど…。

WEBサイトや攻略誌に載っている情報を基に、なんとなく攻略手順を実践している人も多いハズ。でもその手順の1つ1つに意味があり、それを理解するとパチスロが一層面白くなる。漠然と実践せず、じっくりとその意味や攻略効果を考えてみるといい。

俺に急速な成長を促してくれたYとA、そして名機アステカ、ついでに「アルゼ王国2」にも最大級の感謝を!
 

共有する

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー