パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-
  4. チキンなりの戦い方~ルパン一族・ギラギラ爺サマー~

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

2021.05.25

チキンなりの戦い方~ルパン一族・ギラギラ爺サマー~

ラッシー ラッシー   パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

朝イチ2,000円で引き当てた「ゼニガタイム(ZT)」は呆気なく終わった。ノーマルBIGとREG2発を絡めたにもかかわらず。

出玉的には申し分ない立ち上がりだが、対戦相手は番組の顔・U先輩だ。この程度の出玉で安心できる相手ではない。ZTは言わば安いほうのARTで、連チャン性は無いに等しい。いくら入れても決定打にはならない。

やはり重要なのは上位ART「スーパーヒーロー(SH)」だ。早めにSHへ捻じ込み、上乗せ連打で勝負を決する必要がある――!!

しかし、焦る気持ちとは裏腹に徐々にハマリはじめるルパン一族。せっかく手にした出玉も着々とノマれていく。このまま投資が2Kで済めば……などと考えていたが、やはり甘かったらしい。

そして下皿が寂しくなった300G過ぎ、久々に3連チェリーが出現して連続演出「ICPO」に即発展! これをスルーすると遂に追加投資だが……

――「ああ! アツい!!」

ICPOのチャンスパターン「上空から侵入」が発生! さらにリプレイが連続し、果てにはプラム折れ型のリーチ目が出現。

――「っしゃ、どうにか追い金ナシで繋がった!」

が、告知されたボーナスはREG。しかも入賞後のバトル発展もナシ。こうなるとSH突入の可能性はゼロだ。

REGの出玉は約70枚。下皿にあった出玉を合わせても風前の灯火。ガックリと肩を落としていると、視界の端に水色のシャツを捕らえた。その瞬間、背中から頭にかけて悪寒が走った。

――「ヤバい……来た………」

U先輩だ! これは恐れていたシナリオになるのでは!? 固唾を飲んでその様子を見ていると、案の定、ルパンと背中合わせのシマへ。そして下皿にタバコの箱が入れられた。

――「や~、来たよこれ……」

思わず声が漏れた。U先輩が移動先に選んだ機種は「ギラギラ爺サマー」だった。
 

金は武器。

ギラギラ爺サマー

▲5号機「ギラギラ爺サマー」(大都技研)

2010年の夏に登場したボーナス+ART機。ボーナスはBIG・乗ってけタイム(REG)・CTの3種類で、その合算確率は最も低い設定1でも約1/80とかなり高め。

ART「ギラギラッシュ」はゲーム数管理で、純増は+1.8枚/G。小役による直乗せもあるが、ボーナスによる大量上乗せが最大の魅力。いかにARTとボーナスを絡められるかが重要となる。


U先輩は早々に新鬼武者を諦めたらしい。朝イチからいいところナシで投資が膨らみ、逆転を賭け「ギラ爺」に移動してきたというわけだ。この一見無謀とも言えそうな動きこそ、U先輩の怖いところ。

ちなみにギラ爺の出玉率は新鬼武者より高い。ルパン一族と比べても同等以上だ。

各機種の出玉率
設定 新鬼武者 ルパン一族 ギラ爺
1 98.5% 97.1 97.6%
2 100.3% 99.1% 98.4%
3 102.1% 101.3% 99.9%
4 103.7% 104.0% 104.9%
5 106.7% 108.6% 110.0%
6 111.3% 115.5% 115.2%

しかしギラ爺において「出玉率」など、ほとんど意味を成さない。真に恐れるべきは、その一撃性の高さだ。

ボーナスのメインはREGとCTで、ART中のCTが出玉増加のカギ。ART中に成立したCTは特化ゾーン「スーパーギラギラッシュ」となり、1G消化するたび1G以上を上乗せる。

CTはSINが成立すると即終了(パンク)する仕組みだが、最大の24G目まで完走すれば大量上乗せを期待できる。俺が少し前までハマっていた「鬼浜爆走紅蓮隊~爆音烈士編~」と同様のシステムだ。

ARTが当選するまでの吸い込みは激しいが、そのぶんARTの一撃性は現行機種でもトップクラス。新鬼武者の一撃性もかなり高いが、ギラ爺はそれよりさらに上を行く超荒波マシンである。


このリーグ戦番組には「NG機種」というルールがあった。対戦はホーム&アウェイ方式で行われ、ホーム側はアウェイ側にNG機種を指定できる。NG機種に指定された機種は打つことができないというわけだ。

ならば「ギラ爺」をNG機種にすればいい話だが、事はそう単純ではない。この日はそこそこ大きなイベントで、ド本命は看板機種の「パチスロ蒼天の拳」。当然、高設定も多く使われているハズなので、そこを封じる必要があった。

俺も今シーズンは「ART機で爆裂を狙う!」と決めていたものの、やはりU先輩の動きは容易に真似できない。爆裂を狙うにしても、ギラ爺に特攻できるほど資金に余裕がナイのである!


あらゆる勝負事において、軍資金は紛うことなき武器であり、ライフである。軍資金さえあれば勝てるわけではナイが、それでも有る・無しでは立ち回りが大きく変わる。

余裕がなければ大胆な戦略はとれない。これはプロスポーツにおいても変わらない。「金がある」ということは、やはり大きな武器なのだ。

チキンの俺には選べない大胆な戦略。U先輩は、そういう捨て身の勝負でこそ真価を発揮する人物である。

なにかが起こる、確実に――。

今までU先輩から幾度となく見せつけられてきた格の違い。演者としての資質。悪寒が背筋を駆けるのは必然だった。
 

嵐の前の静けさ。

先にチャンスが訪れたのは俺。高確示唆のサーチライトステージ中に左リールがズルリとスベった。「ああ、共通プラムか」と右・中リールをフリー打ちすると、右リールの時点でプラムを否定!

――「ああっ……2確でした。右止めた時点で」

1枚役同時当選のBIG2確目。これがスーパーBIGなら、高確中のスーパーBIG=SH当選となるのだが……。右リール枠上付近に2連7を狙うと、上・中段に7が止まった!!

――「しゃ~~~スーパーBIG 1確!!」

かくして、この日初となるSHに突入! この高確中にいかにスーパーBIGやREGを引いてSHに捻じ込めるかが、この機種で勝つうえで重要なポイントとなる。

下皿はほぼカラだったが、どうにか追加投資ナシでSHまで漕ぎつけた。ここでゲーム数上乗せやボーナスを重ねれば、U先輩に大きなプレッシャーを与えられるハズ!

SHの初期ゲーム数は100Gだ。上乗せのメインは小役による直乗せだが、ベル以外での上乗せは概ね5~10Gと大きくない。やはりスーパーBIGやREGによる100G上乗せが欲しいところ。

そんなことを考えていると、レバーON不二子からポロリと3連チェリーが出現! ART中の連チェリー(2連or3連)はすべて同時当選確定だ。これがREGでバトルに勝てば100Gの上乗せだが………あえなく敗北。

SH中のREGバトル勝率
設定 勝率
1 25.0%
2 27.3%
3 29.7%
4 32.0%
5 43.8%
6 50.0%

またしても設定6の可能性がややダウン。バトル敗北により上乗せも10Gにとどまった。その後も大きな上乗せはなく、初SHはボーナスを含め480枚の獲得で終了。絶好のチャンスを逃す結果に……。

ハッ、いかんいかん! ついSHに夢中になり、U先輩のチェックを忘れていた。おそるおそる振り返りると――

400Gハマリ!!

ギラ爺のベースは1000円あたり30Gほど。U先輩が座ってから2回ボーナスが当たっているが、いずれもARTは非当選。そこからこの400Gハマリだ。1台目の新鬼武者も合わせると、相当使っていると思われる。これは……

さすがに勝ったのでは!?

新鬼武者をあれだけ早くヤメたということは、出玉を得られずそこそこヤラれたハズ。2台で30K近く使っていると考えていい。いくらU先輩とて30Kは―――

いや、待て!
これ天井行くんじゃ…!?

 

ギラギラ爺サマーの天井
REG・CT後のRT終了から500Gハマると天井状態へ移行し、天井状態でボーナスを引くと100G以上のARTに突入。


ヤバいヤバいヤバい!! U先輩に100GもARTを与えてしまっては、なにが起こるか分からない! むしろ無事で済むハズがない!! 難なくひっくり返す、あの人なら―――

 

千両役者。

しばらくすると、後ろから声ともとれない音が聞こえてきた。急いで振り向くと、U先輩の台でCTが始まっているではないか! スグさまデータ表示器を確認すると――

478G!!

天井まであと一歩のところで被弾。こ、これはさすがに見てはいけない。そしてそのCTも、当然の如くART非当選でスルーである。

――「………(かける言葉が見つからない)」

もう自分の台に専念しよう。とりあえずU先輩との対人戦としては、まず勝ったと思っていい。あとは自分の台で出せるかどうか。肝心の設定が、まだ高低すら見えていない。

REGからのSH当選はナシ。しかしベルからの高確移行率は高設定域だ。幸いボーナスも引けているので、焦ってヤメる必要はない。ゆっくり時間をかけて設定を見抜いていけ……

「オォォ~~~!!!」
――「えっ!? なに?」

突然、背後から歓声が! 振り向くと、そこにはディレクターとアシスタントの友人Sが立っており、顔を見合わせ笑っているではないか。すぐにSに声をかけた。

――「え? どうしたの?」
S「UさんのARTが200Gスタートで……」

――「に…にひゃくぅ~???」

天井経由のARTなら100G以上スタートだ。それをさっき逃したばかりなのに、ナチュラルに200Gスタートを射止めたということか――!?

S「ART当選後も結構CT続いてたから」
――「おい~、ウソだろ……」

チートである。

 

折れない心。

走り出したU先輩は止められない。俺にできることは自分の台で出すことだけだ。もう自分の台だけに集中しよう。そう心に決めレバーを叩き続けた。

通常時のチェリーからのZT当選率はすこぶる良好。低設定とは思い難い数値で推移している。相変わらずREGからのSH当選はないが、感触的には中間設定以上だ。設定6ではないにしろ、設定4・5は十分期待できる。

SHへも何度か入ったが、いずれも伸びることなく500枚以下で終了。しかし本当に中間設定以上であれば、1度くらいは大きな波が来るハズ。さらに設定推測を進めながら、そのデカい波を待てばいい―――。

すると、やっとSH中にスーパーBIGが当選して100Gの上乗せに成功! これが大きく伸びて1,600枚超の出玉を獲得!! 投資は朝イチの2Kのみだ。仮にU先輩が3,000枚を出していても、投資の差で勝っているハズ。そう思い、おそるおそる振り返ると―――

――「い、いないっ!!!」

U先輩の姿はすでになかった。データ表示器のスランプグラフから察するに、あの200GスタートのARTは少しも伸びなかったらしい。

このホールにおいて、ギラ爺より一撃性の高い機種はない。残り時間を考えても、U先輩とのバトルには勝っただろう。そうなると次なる目標は「出玉3,000枚オーバー」だ。出玉が3,000枚を超えると、1,000枚ごとに勝ち点を獲得できる。

2位に終わった前シーズンでは、この出玉ポイントを獲得できず決勝進出を逃した。これを取らずしてリーグ制覇は不可能と言っていい。ここからさらに1,400枚。厳しい道のりだが、さっきのSHと同じことをやれば達成できる―――!


しかし、ライバルが姿を消して気が抜けたのか久々の400Gハマリ!! やはり俺には収録で3,000枚など無理なのだろうか。そんな風に己の無力さを呪っていると、500G直前で3連チェリーからスーパーBIGが当選!

スーパーBIGはART確定だが、終盤のエピソード演出が重要。扉が開いて銭形が出現すればZTで、お宝が出現すればSHとなる。 通常時の低確と思しき状況で引いたスーパーBIGだ。高設定でなければ、あまりSH当選を期待できない。

低確中_スーパーBIG成立時
SH当選率
設定 当選率
1 12.5%
2 16.7%
3 20.0%
4 25.0%
5 37.5%
6 50.0%

エピソード演出にもチャンスパターンは複数あるが、たったの1つも発生せず!! いや、ZTがあれば十分だ。そこでまたREGやスーパーBIGを引き、SHに昇格させれば……

――「は? はぁぁぁぁあ?」

なんと、扉から現れたのは銭形ではなくお宝!! 予想を裏切る形でSHに突入! 収録時間は残り2時間。高設定でなければ、これが最後のSHになるかもしれない。ここで出玉3,000枚を超えるしかないっ!!

するとほどなくレバーON時にベンツに乗ったルパンが登場。上乗せorボーナスだ! リールでは通常リプレイが揃い、そのままボーナス告知が発生。

これがREGだったものの、REG入賞時のバトルタイトルが赤背景! バトル勝利=SHの+100G確定! その後もREGとスーパーBIGで100Gずつ上乗せし、さらに―――

「カタカタ…カタッ、カタッ………カタッ!!」
――「キター! フリーズです!!」

ロングフリーズからのスーパーBIGで、またもやSH+100G! 結局、収録終了時間までSHが途切れることはなく、200Gを残して実戦終了となった。


20分後――
――「では結果を振り返りましょうか」
U先輩「振り返ることもないんだけども」

ラッシー
総投資  2,000円
獲得   3,483枚
差枚数 +3,383枚

U先輩
総投資  85,000円
獲得     0枚
差枚数 -4,250枚

俺はこの1戦で勝ち点を5pt獲得。対するU先輩は0pt。

――「ということで、今回は俺の圧勝ということで……」
U先輩「でも君、これでまだ6pt差だからね」
※U先輩は別日の初戦で-1pt

――「え!? …たしかにそうっスけど」
U先輩「まだいくらでもひっくり返せるから」

差枚数で見れば、この一戦は7,633枚の差だ。圧勝と言っていい。しかしU先輩が言う通り、番組はあくまで勝ち点で順位を競う。

これだけ大差で負けてもなお「まだ6pt差だからね」と言うU先輩に、少しばかり恐怖を覚えた。この人は少しも折れていない――! 一矢報いたと思っていたが、U先輩にはまったく効いていないのだ!!

 

カメラが止まると、マイクの回収がてら友人Sが近寄って来た。

S「お疲れさまー。スゲー出たね」
――「いや~、粘ってよかった」

S「Uさんが200Gスタート引いたときはマクられると思ったよ」
――「ホントにね」

S「でも、たまたまルパンにチカラ入れてそうでラッキーだったね」
――「え? たまたま? ラッキー?」

S「たまたま爆裂したんでしょ?」

そうだ、SはちょっとサイコでSっ気があったんだった。

――「違わい! ちゃんと設定推測したからだな…」
S「ちょっと機種選択で置きにいったじゃん」

――「あ? 置きにいってねーわ!!」

いや、たしかに新鬼武者やギラ爺に比べれば「置きにいった」と言えなくない。しかし、俺には臆せずギラ爺に特攻できるほどの余裕はない。ならば、俺なりの機種選択で爆裂を狙うしかない。

チキンにはチキンの戦い方だってあるハズだ。

S「ハハハ、次戦以降も頑張ってね」
――「ったり前だっつーの!」

ディレクター「おいS! こっちの撤収手伝え!」
S「はーい! じゃあ、また来月……」

――「うん、お疲れさま」

収録現場に学生時代の友人がいる。不思議な気分だ。俺の知らない間に、彼は映像の世界で成長していたのだろう。俺は彼に見せられるだろうか。ライターとして成長した姿を。

リーグ戦で勝ち残り続けるのは難しい。次シーズンも出場できる保証なんてない。彼と仕事ができるうちに、どうにか結果を出したい。そんな気持ちが芽生えていた。
 

8

180

共有する

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ