パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロ攻略ライターの思考ルーチン
  4. パチスロ『消えていったシステム』(5号機以降編)

パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

2020.10.06

パチスロ『消えていったシステム』(5号機以降編)

佐々木真 佐々木真   パチスロ攻略ライターの思考ルーチン


あちらこちらで書いている持論で恐縮ですが。2018年に施行された遊技機規則をまったく評価しておりません。ボーナスの枚数が減らされたとか、出玉率の許される幅が小さくなったところではありません。その中身です。

数字以外では、管理遊技機(コインレス)を作れるようにクレジット関係の文言が加わったのみ。“パチスロ機の作り方”に関する規定は一切変わっていないのです。平たく言ってしまえば、出玉を規制しただけで新たなものを生み出す余地がなさすぎるのです。


一応、法律を作ったお上のフォローをしておきますと。賭博に当たらない範疇にすること(その時々の社会情勢などでラインは変化)が目的なのであって、面白いものを作れるかどうか。パチンコ業界が盛り上がるかどうかを考慮する義務はないんですけどね。

5号機から6号機への流れと似ているのは、2号機から3号機への改正です。出玉を削り、フルーツゲームを廃し。新たに許された大きなものはゼロ。当然、不人気となりました。それにより、違法改造された裏モノが席巻。その排除を目的に短いスパンで、大幅に遊技機規則の文言を変えた4号機時代となります。

誰もが気軽にSNSなどで発信できる今の監視社会なご時世にあって、裏モノが蔓延ることは考えにくいです。3号機と同じようにはならないでしょう。とはいえ、何かしらの不法行為を誘発させるリスクは比較的高くなるのが当然でしょう。作った法律が良いものでなければ、結果的に取り締るのに忙しくなるというのが3号機時代の教訓です。今回はそうならないことを願っております。


脱線しましたが、6号機も5号機と中身はほぼ同じ。評判のよろしくない有利区間とかはありますよ。ただ、システムやゲーム性という大きなククリの前では些末なものでしょう。というか、有利区間どころか押し順ナビに関しても遊技機規則には書かれていません。

5.5号機で1Gあたりの純増が2.0枚未満になったのもそう。5.9号機で有利区間ができたのもそう。遊技機規則より頻繁に変わる内規(自主規制)によって加わったり中身が修正されたりするものです。なので、6号機のうちに“有利区間廃止!”なんてことがあるかもしれませんし、逆に“押し順ナビ禁止!”となってしまうかもしれません。ただ、リアルボーナスの枚数と出玉率は絶対に変わりません。変わるとしたら「遊技機規則の変更=7号機」となる際です。

そんなわけでございまして。6号機になったからといって、5号機を最後に消えていったシステムを論ずるにはまだ早い気がしております。ビデオリール機や擬似遊技も6.1号機から復活しますしね。

と、5号機移行編をこれで終わりにしてしまうのもなんですので。確実に復活しなさそうなシステムを紹介したいと思います。ほぼ『ルパン三世-世界解剖-』の話となります。

 

★『ルパン三世-世界解剖-』に入る前に。

1機種しか登場しなかったので、なんと呼べば良いのか(笑)。普通にコインが減っていく通常ゲームが実はボーナス消化中となっているシステムのことです。言葉にすると簡単ですが、これを実現させるための工夫が凄すぎます。
 

▲『ランブルローズ』(KPE:2006年)

遠回りのように思えますが『ルパン三世-世界解剖-』を理解するには、2種BB(第二種特別役物)のマイナーな活用方法を理解しなければ始まりません。そのためには、時計の針を12年遡ることとなります。うん、その12年の間に1回も採用されなかったアイデアです。

『ランブルローズ』は5号機初期のノーマルタイプです。特徴的なのが、青7揃いから突入する2種BBのランブルチャンス。2種BBといえば、ジャグ系のRBのようにパパッと小役が連続入賞するものを思い浮かべるのが一般的ですが、まったく違うものとなっていました。

規定払い出し枚数到達まで、1G限りのチャレンジボーナスが高確率になるものでした。この間、BIGを抽選することはありません。しかし、REGやSINは搭載しており、成立すると2種BBはその時点でパンクした(遊技機規則で決められているので)のです。

青7が揃っても、小役確率は通常ゲームと同じ。チャレンジボーナスをササっと引いてくれなければコインの増加速度は低くなります。おまけにBIGは抽選しないどころか、突然のパンクもあります。実際はゲーム性の一部として楽しめる機種でしたよ。でも、ノーマル機のボーナスとして出玉面を考えると、いろいろ残念ですよね。

しかし、発想を転換するとメリットだらけとなるのです。

・2種BB消化中は通常ゲームと同様にコインを減らせる
・REGとSIN以外が当選することもない
・最大253枚払い出しと天井も作れる

内部に“減るボーナス”を隠し持つAT機や、ボーナス内部成立中に他のボーナスを抽選しない“リノタイプ”など、コインをより減少させられる区間の重要性がクローズアップされた5号機後期。12年越しに、この2種BBの特殊な使い方が見直されることとなります。そうして出てきたのが『ルパン三世-世界解剖-』なのです。

ちなみに。ここで扱っているように『ルパン三世-世界解剖-』はもう作れませんが『ランブルローズ』式の2種BBは否定されていないかと思います。理解を深めるために取り上げさせていただきました。

 

★『ルパン三世-世界解剖-』システム(5号機のみ)

▲『ルパン三世-世界解剖-』(オリンピア:2018年)


=====================
『ルパン三世-世界解剖-』のゲームの流れ(1)
=====================
1)ハマリ用の2種BBが入賞
2)外見は通常ゲームへ
3)253枚の規定枚数到達
4)2種BBが終了しヒーローズロードへ
=====================

難しいことを取っ払って、まずは『ルパン三世-世界解剖-』の基本的な流れから理解しましょう。

ハマリ用の2種BBが入賞すると、当たり前ですが2種BBが開始されます。この消化中は、1G限りのチャレンジボーナスを抽選する状態となりますが、小役確率がアップすることはありません。この2種BBは、規定枚数である「251枚を超える払い出し(通常小役分もOK)」となるか、パンク役となるREG成立で終了します。

REGはややこしいので、ひとまず置いておきましょう。規定枚数到達で2種BBは終了し、純粋な通常時となっているヒーローズロード(HR)に移行します。このHRでは、ハマリ用の2種BB消化中に抽選できなかった“コインがちゃんと増える”2種BBやBIGを高確率で抽選してくれます。『リノ』でトマトを消化した後のようなものです。
 


この2種BB(2)がハマリを作るもの。(1)はHR中に揃いまくってコインを増やしてくれるものです。この役構成の1ページ目にはHR中に抽選するBIGがありますが割愛させてください(笑)。
 


1回の遊技で終了するCBは、そのハマリ用2種BBで抽選するもの。純粋な通常時よりも高確率であれば良いので、必ずしも揃いまくるというわけではありません。
 


後回しにしたREGの解説に移りましょう。どの機種でも、2種BBはREGかSINが成立したらパンクしなければなりません。2種BBがパンクした後は自動的に他の状態に移れないので、純粋な通常時に移行します。『ルパン三世-世界解剖-』であれば、HRとなるはずです。しかし、そうはなりません。CZ扱いとなっているREGで条件を満たす必要があります。その条件を確認してみましょう。

異色REGのクリア条件は、最終ゲームがリプレイ以外同色REGのクリア条件は、リプレイ以外の小役を5回揃えるか、最終ゲームがリプレイ以外となっていますね。ここで、もう役構成の写真をもう1回よく見てみてください。同色はREGの終了条件が「5回の入賞」となっているでしょ? こんなところにヒントがあるのです。


小役を5回揃えてクリアした場合と、最終ゲームがリプレイ以外で終了した場合には、ある共通点があります。それは、MAXベットボタンを叩けることです。純粋な通常時の1G目から3枚がけ遊技できます。それに対して、最終ゲームがリプレイだった場合は、純粋な通常時に移行してもBET枚数は「その前のゲームの消化枚数」から動かせません。REG中はどちらも2枚がけ消化です。

REGが終了した後は、漏れなく純粋な通常時に移行します。3枚がけであれば、いろいろなボーナスを高確率で抽選するHRとなります。しかし、2枚がけだと超高確率でハマリを生み出す2種BB(2)を抽選してしまいます。

REGのクリアに失敗するとイチからやり直しとなるのは、こういった仕組みだから。新たな2種BB(2)が入賞して開始されるので、REG失敗で天井は再セットせざるを得ないのです。

このような作り方なので、HRに突入してもうっかり2枚がけをしてしまうとあっさりハマリの2種BBが当選してしまいます。MAXベットボタンでは2枚がけにならないように(2枚がけするにはコイン手入れが必要)なっているなど、その辺りも工夫はちゃんとされていますよ。そこを含めて、改めて凄い機械だと思わされます。まあ、個人的な相性は最悪すぎるのもあって勝てるビジョンは見えなかったんですけど(笑)。

 

★『内規』がある理由。

ここまで『ルパン三世-世界解剖-』の基本的なシステムを紹介してきました。2種BBをハマリに使うと言葉にするのは簡単ですが、それを実現するために様々な工夫がなされていることが分かるかと思います。これだけ多くの要素があれば、どれか1つを禁止されると作れなくなりますよね。実はAT機も同じように多くの工夫の上に成り立っているのです。

他の機種のとばっちりで、アレも作れなくなったとなりかねないんですね。そんな危険を感じ取ったか。6号機が世に出てくるタイミングの2018年9月5日にこれを封じる内規改正がなされました。この改正前であれば、6号機でも作れたような気もします。まあ、他の部分で落とされるんでしょうが(笑)。


具体的には、すべての消化ゲーム数のうち、ボーナス消化中が半分以上になるのはダメとされました。通常ゲームが実はボーナス(2種BB)消化中なので、純粋な通常時がほとんどありません。『ルパン三世-世界解剖-』のシステムはこれにて終了となってしまいました。

内規は単なる自主規制ではなく、本当に守りたいものを守るためにあるんですよ。メーカーの方から伺った話を思い出しました。

まあ、こういう細かい1機種だけ使えたものとか他にもあるかもしれませんが、システム・ゲーム性という大きなククリにすると、5号機以降はこの機種だけかと思います。タイミングによって、現時点を含む“この瞬間だけダメ”というのはありそうですけど。

 

11

66

共有する

佐々木真
代表作:パチスロ攻略ライターの思考ルーチン

裏モノ全盛期に“ギャンブル”としてパチスロを始めたが、技術介入機時代に最適手順を模索するなど“遊技”としての魅力にはまり、履歴書に大きな穴をあけてしまう。2000年よりパチスロ雑誌などで編集兼ライターの活動を開始。現在は、ほぼすべての機種の発表会や取材に参加。法律・規則などの知識をもとに、根幹システムの推測をライフワークとしている。

  • twitter
  • HomePage


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー