パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-
  4. 新台入替自粛中のビタ祭り【前編】~名機ウーロン~

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

2020.05.12

新台入替自粛中のビタ祭り【前編】~名機ウーロン~

ラッシー ラッシー   パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

濃密な3日間のはじまりも、やはり1本の電話だった。

K氏「今ヒマ?」
――「ええ、大丈夫です」

すかさずCtrl+Sを押し、書きかけの原稿を閉じた。担当機種が2つあるため、実際そこまでヒマではない。しかし、拾える仕事は1つとて逃したくなかった。

K氏は攻略誌「H」の副編集長だが、誌面作りにおいては実質的に編集長の立場を担っている。

K氏「しばらく新台出ないじゃん?」
――「そうすね、サミットですもんね」
 

入替自粛の影響。

【北海道洞爺湖サミット
第34回主要国首脳会議は、2008年の7月7日から7月9日まで北海道の洞爺湖町で開催された。通称は「北海道洞爺湖サミット」。それに伴い全国のホールでは新台入替が自粛された。


ご存じの通り新台入替には警察官(生活安全課)の立ち合いが必要。しかしサミット期間中は警備・警護にあたるため、全国から多くの警察官が派遣される。そういった警察機関の事情を考慮し、各都道府県の遊技業組合が入替を自粛するのである。


入替できないホールだけでなく、新台をリリースできないメーカーにとっても大きな痛手となる。そして、我々メディアにとっても……。

こういった国際的な会議やスポーツ大会があるたび、パチンコ・パチスロメディアは打撃を受けるというわけだ。とはいえコロナ禍の自粛と比べれば遥かにユルいのだが。

K氏「巻頭で特集する機種がないから、特別企画をやろうかと」
――「いいじゃないですか。どんなです?」

K氏が語った企画内容は以下の通り。

【タイトル「ガチのりBATTLE」】
■3人一組で3日間ノリ打ち実戦を行う
■打てる機種は各チーム1機種のみ
■4チーム(4機種)でのバトル形式
■勝敗はシンプルに総収支で決定
■立ち回りに制限はナシ
 ※店移動アリ、ゲーム数ノルマなし

K氏「これで今1番勝てる機種を決めるんだ」
――「なるほど。シンプルだけど面白そうですね」

K氏「どう? 参加してくれる?」
――「もちろんです!」

K氏「よかった。実はもうチーム編成を決めていて」
――「はぁ…」

K氏「ラッシーにはチームリーダーをやってもらおうかと」
――「は? 俺が…リーダー?」

K氏「そうは言ってもまとめの文を書くくらいだけど」
――「はぁ、それくらいなら。…メンツは?」

K氏「Gさんとマコトくんなんだけど」
――「は!? 2人とも圧倒的に先輩じゃないすか!」

K氏「いや、だから面白いかなって」
――「なんでですか! さすがに畏れ多い」

G先輩は攻略誌「H」を読んで育った我々からすれば、まさにレジェンド的な攻略ライターだ。エロ本の編集長からパチスロライターになったという異色の経歴を持ち、パチスロのシステムに対する知識量も並みのライターを大きく超えている。ビタ押しの精度も極めて高く、攻略ライターのお手本のような人物だ。

K氏「いやね、実戦で1番活躍できないのラッシーだと思うんだよね」

何だって!? たしかに立ち回りでは先輩方に劣るだろう。しかし、俺も毎月そこそこの収支を上げている(※2008年当時)。収支で負ける気はしないが…!?

K氏「ラッシーたちにはウーロンを打ってもらおうかと」
――「なっ! ウーロン!?」
 

▲5号機「パチスロ格闘美神ウーロン」(サミー)

2008年の春にサミーから登場したノーマルタイプ。基本的にはBIGとREGだけで出玉を増やすオーソドックスなゲーム性だが、当時としては珍しいバリバリの技術介入機だった。完全攻略時の出玉率は設定1でも100.9%とかなり甘め。加えて演出バランスやBGMも秀逸で、5号機ノーマルタイプを語るうえで欠かせない名機だ。ちなみにBIG後999G消化、REG後777G消化で天井RTに突入するが、これはあくまで救済機能としてのRTである

ボーナス確率&出玉率
設定 BIG確率 REG確率 出玉率
1 1/397.2 1/736.4 100.9%
3 1/366.1 1/668.7 104.6%
5 1/341.3 1/601.2 108.4%
F 1/309.1 1/541.6 113.1%

肝心の技術介入は要ビタ押し。BIG中のレバーON時に予告音+カットインが発生すれば単独チェリー成立の合図だ。

BIG中 小役確率
単独黒チェリー(15枚) 1/4.03
単独赤チェリー(15枚) 1/4.03
共通チェリー+スイカ(14or15枚) 1/8.19
ベル(15枚) 1/2.62

単独チェリーは黒or赤の実質2択で、2つを同時にフォローすることはできない。ここでビタ押しが必要となる。

予告音+カットインが発生したら、中リール中段に赤7をビタ押し。ビタ止まりすれば赤チェリー、黒BARが中段までスベって来れば黒チェリーと判断できる。なお、ビタ押し成功時は出目だけでなく、液晶とランプでも狙うべきチェリーの色がナビされる。対してビタ押し失敗時はノーヒントとなるため、勘で左リール枠内にいずれかのチェリーを狙うこととなる。ちなみにビタ押し成功時はお馴染みの効果音「ジュワ~ン♪」が発生。


――「マジすか! ウーロンか~」
K氏「あれ? ウーロン嫌い?」

――「むしろ大好物です! でもビタ苦手だからなぁ~」
K氏「そう。だから実戦で活躍できないぶん、リーダーとして働いてってわけ」

――「なるほど…」

G先輩とマコトさんは、我が攻略誌「H」において最もビタ押しが達者な2人だ。そんな2人がウーロンを打つのは卑怯だから、あえてヘタクソな俺を投入し、他チームとのバランスを取ったのだろう。つまり俺の存在はハンデ。完全なるオチ要員である。

――「…分かりました。ちなみに他の3チームは?」
K氏「打つ機種は『キン肉マン』と『エヴァまご』と『パワフルアドベンチャー』で、各チームのメンバーは…」

聞けば聞くほど膨れ上がる重圧。俺を除く出場者は、全員が誌面やCS番組で活躍するスターばかり! 完全なる場違いである。もしもウーロンという「絶対的安パイ」で負けてしまえば……。

K氏「実戦日と実戦店はメンバーと話し合って決めて。僕も同行するけど」
――「分かりました。先輩方と調整して、また連絡します」

K氏「オッケー。じゃあヨロシク」
――「お疲れ様です。失礼しまーす」

こうして俺は形ばかりのリーダーに就任し、3日連続実戦を取り仕切ることに。先輩に恥をかかせるわけにはいかない! 焦った俺はスグに先輩2人と連絡をとった。

マコトさん「どうせ負けないし、実戦店はラッシーが決めてよ」
――「ええ!? …分かりました」

G先輩「ラッシーがリーダーなんだから、決めた店に文句は言わないよ」
――「はぁ…そうですか」

おおおいぃぃぃ! 全然参考にならない!! たしかにウーロンはビタ押し成功率が50%を超えていれば出玉率100%超と言われている。つまり等価店で打てば理論上は負けない。しかし、それでは不十分だ。

いくらビタ押しの達者な2人がいるとはいえ、他チームも相当な手練れ揃いだ。優勝を狙うには、やはり1以外の設定が必要となるだろう。しかし、激甘マシンのウーロンに高設定を使う店など存在するだろうか。


いや、アノ店なら……。
 

勝負開始。

およそ1週間後――

通常営業にもかかわらず、ホールの前は開店待ちの客で溢れていた。その客の多さが、この店の信頼度を物語っている。実戦店に選んだA店は、その名を全国に轟かせるほどの名店だ。看板機種以外にも高設定を使う印象があるうえ、通常営業でも何度か高設定と思しき台に座った経験がある。

問題は台を確保できるか否かだ。設置台数は6台と、ウーロンにしては多いと言える。しかし、一部プレイヤーから熱狂的な支持を得ている機種だ。朝イチから狙ってくるライバルがいてもおかしくはない。

が、その心配は杞憂に終わった。3人とも入場抽選の結果は散々だったが、どうにか並びで3台を確保! とはいえ選び放題ではない。シマに人が雪崩れ込んできたため、データをじっくり見る余裕はなかった。

それでも我がチームの優位に変わりはない。設定1でも理論上は負けないのだ。設定がいくつであれ、とにかく1Gでも多く回す! そのため、あえて小役は数えない。あわよくば1以外の設定を…。その程度の心持ちがちょうどいい。


そして、いざ打ち始めると――

G先輩「お、1KでBIG当たった」
――「マジすか? 早っ!」

マコトさん「あ、こっちも2KでBIGだわ」
――「ええ!? 早すぎぃ!!」

先輩2人が好スタート! 設定1のBIG確率はかなり低めなので、これだけ早いと少しばかり期待してしまう。

Gさん「やば、ビタ2回もミスった! もう引退かな」
――「ちょ、1回目のBIGで引退考えないでくださいよ!」

マコトさん「あ、俺も2回ミスっちゃった!」
――「ちょ~、先輩方が頼りなんですから!!」

2人のミスにより、俺の緊張がほぐれたのは言うまでもない。さあ、次は俺の番だ! 収支はノリ打ち。俺も早くBIGを引いて貢献しなければ――!!
 

立ち込める暗雲。

1時間半後――

リール上でREGが揃うや否や、俺はイスの背もたれに崩れ落ちた。データ表示器には「886」の数字が浮かんでいる。そう、朝から元気に886GハマってREGである…。

G先輩「まあ、気にすんなって」
――「す…すびばぜん…」

マコトさんは目を合わせてくれなかった。無理もない。こんな展開のヤツに掛ける言葉などないだろう。感触的には言うまでもなく設定1。しかし、移動しようにも空き台がない。出玉はスグにノマれ、再び追加投資が始まった。が……

レバーを叩いた瞬間に強カットインが発生! ウーロンにおいて、最もアツい演出の1つだ。

Gさん「おっ、ココは当てておきたいな!」
――「小役否定ならボーナス確定ですけど、どうかな…」

左リールを止めた時点でチェリー・スイカを否定! まだベルやリプレイの可能性はあるが、強カットイン発生時はそれらが揃っても十分アツい。

中リールは場所を選ばずフリー打ち。すると、ズルッとスベってリプレイがテンパイした。

マコトさん「お、リプっぽいな? 期待度4割あるよ」
――「く~~~、お願いします!!」

予想通りリプレイが揃い、次ゲームでボーナス判別を実践。右リール枠上・上段に黒BARを狙うと、ズルっとスベって青7が下段に停止した。文句ナシのBIG確定目である。

G先輩「おめでとう。やっとBIGだな」
マコトさん「頼むよ、リーダー」

――「…頑張ります」

そのまま青7を揃え、ようやく1回目のBIGがスタート。この時点で投資はすでに20,000円に達している。ここはミスできない状況だ。先輩方に比べればビタ押しの精度は低いものの、俺だってライターの端くれ。ノーミスで完走し、少しでもドハマリで失った信頼を取り戻すんだ――!!
 

緊張の初BIG。

台「プァ~ン♪(予告音)」
――「あっ…」

台「プァ~ン♪(予告音)」
――「ギャァァァァ~」

台「プァ~ン♪(予告音)」
――「………(悟り)」

台「プァ~ン♪(予告音)」
台「プァ~ン♪(予告音)」
台「プァ~ン♪(予告音)」
台「プァ~ン♪(予告音)」
台「プァ~ン♪(予告音)」………

――「鳴りすぎぃぃぃ~!!」

BIG1回あたりの平均的な技術介入機会はおよそ14回。なのに、この初BIGでイキナリ20回である! よりにもよって1番ビタ押しがヘタな俺の台で…。

――「す…すみません。3回ミスりました」
マコトさん「うん、見てた」

G先輩「上出来でしょ。むしろ少し安心したわ」
――「…ありがとうございます」

その後も打ち続けたが、スグに別の台が空いたため台移動。その台も総ゲーム数541GでBIG3回、REG0回と微妙だったが、ほぼ設定1と決した俺の台よりいくらかマシだろう。
 

風向き激変。

台移動後6,000円を投じたところでREGが当選。その後、さらに1,000円を追加したところでようやくこの日2度目となるBIGが当選した。技術介入は14回で、ビタ成功は12回。俺の実力では、どうやらこのあたりが限界らしい。その後しばらく追加投資ナシで遊べているが、当たるのはREGばかりで出玉は伸びない。

それでも1つだけ希望があった。やたらコイン持ちがいいのである。台移動後は1,000円あたり50G程度のペースだ。1台目とは明らかに異なる感触である。
 

50枚あたりの平均ゲーム数
設定1 47.2G
設定3 48.6G
設定5 50.1G
設定F 51.2G

設定1ではナイのでは!? そんな期待を胸に打ち進めると、遂に俺のターンが訪れた!

147 BIG
    7 BIG
  39 BIG
149 BIG
  46 BIG
143 BIG
  82 BIG……

150Gすらハマらず、1時間弱で7連続BIG! BIG1回あたり2回のペースでビタ押しをミスしたが、それでも出玉は急激に増加。優秀なコイン持ちにも助けられ、収支は一気にプラス域へ!

先輩方も負けてはいない。2人とも1台目は設定的な感触がイマイチだったらしく、すでに2・3台目へ移動済み。ビタ押しの精度をメキメキと上げ、数時間に亘りほぼノーミスの状況が続いている。

特に目立ったのがマコトさんの活躍。実戦終盤では17連続BIGという離れ業をやってのけ、ドル箱が驚異的なスピードで積み上げられていった。そして3人全員が閉店時間まで粘り倒し、大事な初戦を終えることに――。
 

バケモノの巣窟。

ジュ~ッと食欲をソソる音が鳴ると、スグさま甘辛い香りが広がった。

Gさん「やっぱ勝った日は肉だな」
マコトさん「気持ちイイほどの圧勝でしたね」

閉店まで打ちきった俺らは副編集長のK氏を伴い、A店のスグそばにある焼肉店に入った。

――「いや~、先輩方には力の差を見せつけられました」
Gさん「いやなに、衰えを感じた実戦だったよ」

マコトさん「いやいや、まだ初日ですから。明日からもっと精度を上げていきましょう」 ――「はぁ…気が重い」

Gさん「ハハ…でも初日の収支は俺らがダントツだろうから、そんな気負わなくていいだろ」
マコトさん「そうっすね!」
 

3人の収支…+126,000円
1人あたり… +42,000円


俺とマコトさんは設定1ではなさそうな台に辿り着き大勝ち。特に凄かったのがマコトさんの3台目。投資わずか3,000円で、獲得枚数は驚愕の5,646枚! くどいようだがウーロンはノーマルタイプである 。

K氏「気持ちよく肉焼いてるとこ申し訳ないんですけど」
Gさん「おう、Kくんも食えよ」

K氏「はい、いただきますが…1戦目を終えた他チームの結果が届きまして」
マコトさん「お、2位にどれくらい差付けれたかな」

K氏「キン肉マンチームが+132,000円、エヴァまごチームが+93,000円、パワフルチームが-30,000円で…ウーロンチームは暫定2位です」

一同「は?」

――「ウソ…コレで1位じゃないの?」
Gさん「マジかよ、みんなヤルな」

マコトさん「なんでキン肉マンそんな出たんすかね?」
K氏「6を2台ツモったらしいよ」

――「マジかよ!! やりすぎでしょ!」
K氏「エヴァまごチームも6を2台ツモったって」

――「え? なにソレ…コワいんですけど」

大量出玉で気分がよくなり、すっかり忘れていた。他チームも相当な手練れ揃いだということを。まさか初日から設定6をツモられまくるとは!

Gさん「まあ、焦ったってしょうがねーよ」
――「はぁ…」

Gさん「やっぱウーロン打つには今日のA店がベストだと思う」
マコトさん「あの状況ならそうですね」

Gさん「あとはブン回して、ビタ押しをキメまくる。俺たちがやるべきはそれだけよ」
――「そうですね。また明日頑張りましょう!」

たしかにGさんの言う通り。立ち回りのバリエーションが少ないぶん、稼働量でカバーするしかない。稼働量で捻じ伏せるっ!!

そしてここから俺たちは、ますますウーロンの光と闇を知ることとなる――。

つづく

前の記事 記事一覧 次の記事

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報