パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロ新台評価&レビュー3選!
  4. 【2020年2月】新台評価レビュー3選『#01バジ絆2:鬼くん』編

パチスロ新台評価&レビュー3選!

パチスロ新台評価&レビュー3選!

2020.03.19

【2020年2月】新台評価レビュー3選『#01バジ絆2:鬼くん』編

ラッシー ラッシー   パチスロ新台評価&レビュー3選!

▲実は試験的に突発生放送もやっていました(笑)

★企画主旨

ほぼアクロスにしか興味がなくなったパチ7編集長。しかし「出ては消えていく新台の中にも面白い機種があるはず!」と思い至り、ライターからオススメの新台をプレゼンしてもらうことに。編集長が「その新台を打ちたい!」という気持ちになればOK!  ようするに、打ったことがない人に向けたプレゼン企画、ということですね!

毎月末にプレゼン会を実施予定だが、対象となる機種は当月及び前月の機種となります。
 

★第2回でさっそくリニューアル(笑)

当企画はすでに第1回が公開されているものの、参加したラッシー・マコト・編集長の3人全員があまりに偏った好み(※具体的にはアクロス好き)だったため、もう少しフラットな目線が必要との結論に。そこで、今回から若者目線代表として「鬼くん」に参加してもらう運びとなりました。
 

★2020年2月デビューの主な機種

①SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2(ミズホ)
②Sファンタシースターオンライン2(サミー)
③スロまる(JPS)


3人のライターがプレゼンするのは、この3機種のうちのどれか。もし該当ナシの場合は、ひと月前(今回なら1月)にデビューした機種もヨシとします。まずは2月デビューの主な機種について、4人の反応からスタート。


マコト「そもそも2月は新台少ないですからね」

編集長「少ないですね。絆2と……」

ラッシー「ファンタシースターオンライン2(PSO2)と……」

マコト・ラッシー・鬼くん「………JPSの何か」

編集長「JPSの何かって(笑)」

──JPSの「スロまる」はPB(プライベートブランド)機で、九州の大手チェーン「まるみつグループ」で稼働している。それゆえライター陣も実物を見たことがないのだ。

編集長「鬼くんが2月の新台でアノ機種を選ばなかったら、俺らもうてんてこ舞いですよ」

ラッシー「もう終わりですね。この企画」

鬼くん「ええ、僕の役割は分かっています。アノ機種しか無いんだろうなって思っています」

──果たして、鬼くんがプレゼンするのはアノ機種なのか。

 

▲#02マコト:ファンタシースターオンライン2

▲#03ラッシー:パチスロ花伝


他の2名のライターのプレゼンは画像クリックでご確認いただけます!

 

★鬼くんプレゼン:『バジ絆2』

鬼くん「僕がオススメする新台は……バジ絆2です」

編集長「よかった~」

一同拍手!
 

▲SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2

【鬼くんの推しポイント】
★前作バジ絆好きは違和感なく楽しめる
★ユニメモの機能が充実
★設定示唆が豊富かつ紛らわしくない
★通常時でも色んな打ち方が出来る(ペナルティがない)
 
【鬼くんのムムムポイント】
▼BCが自動停止で揃う
▼いわゆるバジキッズ目のインパクトが弱くなった


ラッシー「これ鬼くんが突き放したら終わりだからね」

編集長「絶対選ばないから、この2人(マコト・ラッシー)は!」

マコト「なんでですか!!」

編集長「ははは。ちなみに3人(編集長・マコト・ラッシー)とも、前作『絆』好きじゃございません!  そのつもりでプレゼンしなさいね」

ラッシー「いやいや、そんな言い方はナイ!」

マコト「好きじゃないんじゃなくて、そんなに打ってないだけ!」

鬼くん「打ったことは……もちろんありますよね?」

マコト「もちろん!」

ラッシー「お、おう、バカにすんな!」

編集長「ナメるなよ! あまり俺らをナメるなよ」

冗談はさておき、鬼くんが惹かれたポイントとは──
 

前作バジ絆好きは違和感なく打てる!

追想の刻中は全役で絆玉獲得抽選が行われる。当選すると画面下部にストックされ、争忍の刻突入時に消費。基本的に絆玉1個につき絆高確が1つ発動し、ストックが4個あればば絆モード濃厚。


鬼くん「前作を打ち込んでいる人からすると、バジ絆がそのまんま6号機になったんだなって感覚です」

編集長「あれ? 今回『玉集め』になったんだよね? そのへんも違和感ナイの? まぁ玉を何に使うかあんま分かってないんだけど」

ラッシー「玉集め???」

編集長「ちょ (ラッシーさん)知らなすぎじゃない?」

ラッシー「違う違う! 知ってるけど、玉要らんでしょアレ」

マコト「まあね」

──俗に言う「玉集め」とは、北斗転生やエヴァ勝利のように玉(に類するもの)を使ってAT・ARTを継続させていくシステムのこと。

ラッシー「だって普通に玉なくても…」

鬼くん「そうですね、絆高確行きますから」

編集長「あ、玉があると絆高確に行くんだ?」

ラッシー「オメーが知らねーんじゃねーかよ!!」

編集長「ふはは(笑)」

鬼くん「あと今作はATがシナリオで継続率管理されているですよね」

編集長「ああ、そうだよね。前作みたいな継続率じゃナイんだよね」

鬼くん「そうです。そのシナリオによって継続期待度が違ってくるんで。前作も絆高確は叩きドコロでしたけど、今作は『このシナリオだから、絆高確でココさえ頑張れば…』みたいな叩きドコロが増えた……みたいな。継続させるほどシナリオが見えてきて、自分が今どうすればいいのか、今ここで絆高確へ行けば……みたいなのが分かるんです」

編集長「ここ乗り切れば次セットは継続するだろう…みたいな?」

鬼くん「そういう予測ができる面白さってのが結構増えたかなと」

編集長「なるほどね」
 

滞在テーブルの答え合わせも! ユニメモの充実!

▲ミッション達成具合で機能拡張されるユニメモ

絆2のユニメモでは、画像の通り『どのモードテーブルにいたか』を確認することが出来る。通常モードテーブルは、ミッション達成率が40%以上になると解放され、達成率が上昇するほど、より詳細な情報が見られるようになる。


鬼くん「あとはユニメモですね。例えば……前作もそうですけど『モードテーブル』ってあったじゃないですか?」

マコト「ありましたね、Zまであるやつね」

鬼くん「そうです。前作は朧BCの演出とかで次回のモードを予測しながら、テーブルも予測していたんですけど……」

マコト・ラッシー「うんうん…」

鬼くん「今作はユニメモでも滞在していたモードテーブルが見られるっていう機能があるんですよ」

編集長「ふーん」

マコト「……編集長、ユニメモやったことあります?」

ラッシー「まずユニメモの会員になってます?」

編集長「会員にはなってますよ! ……多分。いつも回収を忘れて、どうでもよくなっちゃうんです(笑)」

──こんな男がユニバカに呼ばれていたとは!!

マコト「コレ(ユニメモによるモードテーブル示唆)、結構話題になったよね」

鬼くん「そうですね」

編集長「でも絆打ちの人ってさ、そのモードテーブルを予測するのが楽しかったんじゃないの?」

鬼くん「それもありますけど、やっぱり(予測が)難しいんですよ。上級者なら予測ができてたんですけど、初心者からすると見るべきポイントが多すぎて」

編集長「滞在テーブルが分かるってことだよね? つまり答え合わせが出来る?」

鬼くん「そうですね。どれに行ってたか…みたいな」

マコト「このテーブルに何回行ってました…みたいな」

鬼くん「打てば打つほど解放されるっていう、打ち込み要素もちょっとあるんですよね

編集長「あーなるほどね。その試みは面白いね!」
 

『勝手に揃うBC』と『バジキッズ目の弱体化?』

鬼くん「僕が1番ムムムって感じたところは、BCが勝手に揃うってとこですね。まあ、最近の機種で多いんですけど」

編集長「自動停止なんだね。でも絆だし別によくね?」

鬼くん「でもテンパイした時に、テンパイボイスがあるじゃないですか? それなのに自動で止まるから。うーん、なんかなぁって」

編集長「え? 自動停止でもテンパイボイスあるの?」

ラッシー「ある! あるね」

編集長「え? やけにラッシーさん詳しいっすね」

ラッシー「いや、この企画に向けて打ってきましたよ」

マコト「当然打ちましたよ。なんなら完走もしました」

編集長「え?」

マコト「打ったら全然……面白かったっす」

ラッシー「マコトさんが何かに媚びはじめた(笑)」

マコト「いや、そういうのじゃなく! やっぱりすんなり入れるってのもあるし、純粋によくできてるなと思いました」

鬼くん「あとは、いわゆるバジキッズ目のインパクトが、ちょっと弱くなったなぁと。バジキッズ目で皆さんが何を想像するか……ですけど、王道は前作で言えば」

編集長「中押しの赤い塊ね」

鬼くん「そう、あの2連赤を中押しでバンと止める。で、今作は中押しで赤いBC絵柄を狙って、下段に止まると巻物1確。2連赤ではないので、ちょっとインパクトが弱い。僕は止まった瞬間に音が鳴るくらいで良かったかなって。まぁでも通常時でも狙えるって良いところもあるんですが」

編集長「なるほどなぁ。まあ、まだ俺 (絆2の)実物見てないっすから、ピンと来ないす」

ライター3人「ええっ!?」

ラッシー「(普段)目隠ししてんの?」

マコト「ホールの中、下向いて歩いてんのかな?」

編集長「何も考えずに、すぐアクロスコーナー行っちゃうから(笑)」
 

【鬼くんの結論
前作の絆を知っていればすんなり入れるし、6号機感があまり無いっていうのもイイと思います!  ホントに打ってる感覚は前作と変わらない。そしてBT中のシナリオは絆2ならでは。シナリオの予想をしたりという楽しみ方が増えた! 叩きドコロを意識するとアツくなれますよ!

▲SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2の機種情報


 

マコト&ラッシーのプレゼンは下記から!

▲#02マコト:ファンタシースターオンライン2

▲#03ラッシー:パチスロ花伝


他の2名のライターのプレゼンは画像クリックでご確認いただけます!

 

2020年3月の注目台!


★2020年3月の新台はコチラで!


編集長「じゃあ最後に3月導入の注目する新台ですね。オススメの新台でもいいですけど」

マコト「3月は結構出るんですよね~」

編集長「結構出ますね。話題機も出ますね。物語シリーズとか、新鬼武者も3月かな。ケロット4……あとスナイパイ71も3月みたいなもんか。よし、じゃあ鬼くんから」

鬼くん「僕は地獄少女ですね」

 

S地獄少女 あとはあなたが決めることよ

編集長「お、意外。なんで?」  

鬼くん「なんと言っても出玉率ですね。設定6で114.9%。6号機の中でもトップクラスのスペックですから。もちろんまだ試打もできてないんですけど、さすがにガチ勢としては注目したい機種ですね。設定6がどういうスランプグラフを描くのか」

編集長「ホールの『ここぞ!』ってときの見せ台になるヤツだ」

鬼くん「6号機の出玉率高い機種って、あまり使われないイメージがあるんですよ。イノキとかもそうだったんですけど。でも地獄少女シリーズは最近人気ですし」

マコト「喰霊もそうだし、最近の藤商事は頑張ってるもんね」

編集長「ちなみに設定1だと出玉率何%ですか?」

鬼くん「約97.4%」

編集長「お、いいんじゃないですか? 低設定域は低いほうがいいからね」

マコト「ちゃんとホール側が抜ける台のほうが、高設定を入れやすいってのありますから」

鬼くん「出玉率がコレなんで、これからどう扱われていくのか気になるところですね。特に設定6の挙動が気になります。分かりやすい挙動なのか、分かりにくい挙動なのかにスゴく興味があります。それで狙いやすいか否かが決まるので」

編集長「なるほど。了解で~す。じゃあマコトさんは?」

マコト「僕は……新鬼武者ですかね」

 

新鬼武者~DAWN OF DREAMS~

編集長「僕、まだ全然情報知らないっすね」

マコト「新鬼は何回か試打させて頂いてるんですけど、言ったら3回バトルものなんです。昨今流行の」

​編集長「要するに〇鯨的なヤツが?」 

マコト「打った感じとメーカーさんの話からすると、3回のバトルはデキレースではナイ

ラッシー「ほうほう」

マコト「ATがもうずっとバトルです。なんだったら出玉の出るところが全部バトルなんです。1番のメインのATが3回戦って1セット。で、2勝したら継続、3勝したら特化ゾーンも付いてきます」

ラッシー「へ~」

マコト「2敗したらそのセットで終わり。また通常時から頑張りましょうって感じ。そこがちゃんと抽選されてる。っていうのも、他に3回バトルモノってあるじゃない? でも抽選に対して、少し疑心暗鬼になるじゃないすか?」

ラッシー「まあ、そうすね」

マコト「実は今日も打たせて頂いたんですけど、ATが単発で終わったの。単発で終わるって良いことだと思って

ラッシー「ガチじゃんってことね?」

マコト「そうそう! 同じ3回バトルもので、単発で終わらないヤツあるでしょ? でも新鬼武者が終わるってことは、ちゃんとガチで抽選してるんだなって。もちろん単発時の出玉は少なかったけど、ガチで抽選してるのは良い点だなと。あとAT初当たり契機の6割強がレア役からの直撃っていう」

編集長「へえ~、珍しいっすね」

マコト「そうなんすよ。規定ゲーム数による当選が約22%」

編集長「レア役が仕事するヤツだ」

マコト「そうなんすよ。だから強チェリーとか引いて前兆行って……みたいな、メーカーは違いますけど過去の鬼武者シリーズの流れなんですよね」

編集長「5号機っぽさがありますね。楽しみっすね! はい、じゃあラスト、ラッシーさん」

ラッシー「う~ん、難しいなぁ。触ったのはエヴァフェスと、4月ですけどスナイパイ71。まだ現段階で詳しくは話せないですけど、スナイパイ71は時代を変える機種になるんじゃないかと」

 

スナイパイ71

編集長「ほ~う! 言うね~」

ラッシー「現状では詳しく言えませんが、たぶん業界に衝撃は与えると思います。たぶんスナイパイ71を真似るメーカーも出てくると思うし、むしろ『パクれ!』と思うくらい。それくらい斬新なことやっている機種」

マコト「なんか出玉率高いんだよね?」

ラッシー「そう、技術介入AT機なんですよね。でも技術介入AT機というだけではない衝撃があると思うんです。でも、現段階ではコレ以上なんも言えないっす」

マコト「ビタ押しとかするんだよね?」

ラッシー「しますね」

マコト「NETの筐体のビタ押しは難しいんだ」

ラッシー「いや、もうその話するのオッサンだから! 4号機のときは確かに難しかったけど、もうあの頃とは筐体が全然違いますから」

編集長「リオデカとかモグモグ難しかったですもんね~。枠上が見えすぎる、というか……」

ラッシー「いや、そんな話は居酒屋でせぇ! ここですんな! いや分かるけど、酒飲みながらする話ですよ」

マコト「でもホント、スナイパイ71は気にはなってる」

編集長「筐体デザインもトリッキーですもんね」

鬼くん「どっちのモードがオススメですか?」

──スナイパイ71にはスタンダードとプロフェッショナルという2つのモードが存在。各モードによって技術介入の難易度と出玉率が変化する。

ラッシー「ちょっと待って! これ以上はまだ何も言えない!!」

編集長「大丈夫大丈夫、怒られたら謝ればいいですから!」

ラッシー「おおぃ! 守秘義務があるんじゃ!!」

マコト「これモードって何なの? だって設定って概念がなくない?」

ラッシー「マコトさん、もうそのくらいに止(とど)めてください。もう怖くて…」

マコト「まだ攻略誌にも詳しく載ってないんですよ。モードが2つってしか」

ラッシー「ちょ、マジで事故起こるからココでヤメよう?」

編集長「はい、というところで今回はこれまで。コロナ騒動で自粛・自粛と続いておりますが、皆さんにも楽しい新台を見つけて頂ければ幸いです!」


鬼くんが参戦し、またしてもボリュームが増してしまった当企画。果たして、3人が挙げた3月・4月の機種はプレイヤーに受け入れられるのでしょうか? では、また次回更新でお会いしましょう!

 

★『プレゼンター』募集!

第2回で鬼くんが加わるというプチリニューアルを行いましたが、またもやプチリニューアルをしようと考えております。それは、と言うと……!
 


はい。パチ7は困ったらユーザーさん、という訳ではないのですが、最近のユーザーさんの熱量はとんでもなかったりしますからね!  私やライター陣に『この新台のここが面白い!』を語りたい方、ご応募お待ちしております!  同業の方からのご応募もお待ちしております!  

【募集要項】
●18歳以上のパチスロ好きなお方
●パチ7編集部にお越しになれる方(東京都千代田区神田)または、オンラインで(スカイプ等)参加出来る方
●日時:3月31日 19時~予定
●報酬は、特にございません。現地に来て頂いた方には、編集部行きつけのお店でご馳走させていただきます(笑)
●顔出しや実名記載は不要です(モザイクやニックネームで問題ございません)

【応募方法】
●下記編集部メールアドレスに以下をお送りください
・2月or3月リリースのパチスロ新機種を1機種挙げてください
・挙げて頂いた機種の魅力をひとつに絞って挙げてください
※主観で構いません
※提出形式は問いません
※当日のプレゼン時間は5分を予定しております
●応募者の中から、1名選定させていただく想定です
※メンバー全員で協議させていただきます
●応募期間:3月25日(水)まで
・発表は3月27日(金)を想定
●編集部アドレス:pachi7@ml.gendai-a.co.jp
・質問事項等も上記アドレスまでお願いします!

皆様のご応募、お待ちしております!

 

前の記事 記事一覧 次の記事

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ