パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

【回胴狂時代①】破られた封印シール

★フリーテーマ | コラム

【回胴狂時代①】破られた封印シール

プロフィール画像
貯金爆弾さん
楳図かずお先生の新作が楽しみすぎて震えるアラフィフ野郎。特技はオヤジ打ち。好きなゲーム︰グラディウス・むちむちポーク。好きな漫画︰あしたのジョー・火の鳥・わたしは真悟。
投稿日:2021/11/22 19:17

自分がパチスロデビューした2号機・3号機時代。
人それぞれだと思うが、個人的な「パチスロ黄金時代」は、この頃だったと思う。全てが狂っていて、文字通りの無法地帯。グレーを通り越して真っ黒な、ダークサイドの世界を垣間見る。そんなスリルが、あの頃のパチ屋にはあった。

というわけで、今では考えられないような当時の出来事を、思い出すたびに投下していこうと思います。


◆   ◆   ◆   ◆


1991年。4号機が登場する1年以上前の話。

この頃、自分は近所のパチ屋「N店」がお気に入りで、よく通っていた。

N店は1年前にオープンしたばかりの優良店。連日多くの客で賑わっていた。
パチスロのラインナップは『ドリームセブンJr』『トライアンフ』『アラジンII』の3機種で、その全てがバキバキの裏。地域性にもよるが、3号機が主流だった当時はどこの店も裏モノばかりで、ノーマルを見つける方が難しい時代だった。


さて、当時のパチ屋と言えば、朝イチは当然のようにモーニング(BIGを成立させた台を、店があらかじめ数台用意しておくサービス)が仕込まれており、どの店もモーニング台の争奪戦が風物詩となっていた。
想像してみて欲しい。オープンと同時に、客が一斉にパチスロのシマへ雪崩込み、全員が千円分のコインを手に1Gずつカニ歩く。まさにカネに群がる餓鬼である。台取りのトラブルなんて日常茶飯事で、混んでる店ではそこかしこで怒号が飛び交っていた。


しかしN店の朝イチは、とある先進的なシステムを採用しており、それが個人的にN店を好きになる理由にも繋がっていた。

というのもN店の場合、パチスロ全台の電源を落とした状態でオープンする。そして客が着席し、サンドに千円札を投入した所で、店員が個別に台の電源を入れてくれるのだ。
店としては「カニ歩き防止」になるし、同時に客同士のトラブルも防げるという、まさに一石二鳥の施策であった。これによりN店の朝イチは、他の店と違って平和そのものだったと思う。


しかし、自分にとってN店の魅力は「朝が平和だから」だけでは無い。
先述した通り、朝イチ台に着席すると、目の前で店員が台を開けて電源を入れてくれる。この時は「筐体の内部」を目の前で観察できるという、貴重な瞬間だった。そして、ほんの数秒ではあるが、筐体内部を何度か観察しているうちに、気づいたことがある。それは・・・


パチスロは全機種全台、「封印シール」が切れていた。


パチンコ・パチスロ台の基板には、中身を勝手に変えないように封印シールが貼られている。しかしN店のパチスロ台は、その全てがぶった切られていたのだ。しかも、せめてカッターナイフで綺麗に切ればいいものを、まるで手で引きちぎったかのように雑に破られており、そのインパクトは絶大。まさに「この台は裏モノですよ~」と、猛アピールしているようだった。


その破られた封印シールに気づいてからは、自分はますますN店が好きになった。
オープンしたばかりの綺麗な外観とは裏腹に、その内情は真っ黒くろすけに違いない。まるで裏社会に通じるような怪しげな魅力に、自分は虜になっていた。実際、N店のパチスロは他の店よりも連チャン性が高かった。推測の域を出ないが、全国的に出回っている裏モノを、さらにカスタムしたのではないだろうか。



そんなある日のこと。

開店20分前。自分はN店の行列に並んでいた。
すると、目の前にいるチンピラ風の兄ちゃん2人が、デカい声でこんな会話を始めたのだ。


チンピラA「お前、気づいてる? この店のパチスロ台、ぜんぶ封印シールが破れてんのよ」

チンピラB「シール? なにそれ?」

チンピラA「なんだ知らねぇのかよ。普通は中のROMをシールで封印してるんだけど、この店のシールは破かれてるんだわ」

チンピラB「へぇ~、つまり?」

チンピラA「この店の台は、インチキし放題ってこと」


自分は2人の会話を、笑いをこらえながら聞いていた。シールが破れていることに気づいているのは、自分だけではなかったのだ。
すると店の横の扉から、開店準備中の店員がノボリを片手に出てきた(髪型がリーゼントなので、以下リーゼント)。そして、このリーゼントの登場により、会話は思わぬ方向に転がっていく。


チンピラA「あ、店員が出てきたから聞いてみようぜ。おーい店員の兄ちゃん、ちょっとこっち来てよ」

リーゼント「ん? なによ?」

チンピラA「この店のパチスロ台、ぜんぶ封印シールが破れてるよね? どうせインチキしてるんだろ?」

リーゼント「うははは、台の中まで見ないでよ。スケベだな~」


このリーゼント店員、いつもパチスロのシマで睨みを効かせているが、今日は妙にフランクである。まだ開店前だし、店の外だからだろうか。ちなみに当時、店員は客に対してタメグチなのが普通だった。


チンピラB「で、実際インチキしてるの?」

リーゼント「してないって。つーか、どの店も一緒だよ。封印シールなんて飾りみたいなものだし」

チンピラA「嘘つけ。シールが破れてる店なんて、見たことねぇぞ」

リーゼント「他の店は新しいシールを買って、上から貼ってるだけなの。うちの店はケチだから、買ってないだけ」

チンピラA「ぎゃはは、何だそれ」


・・・凄い話になってきた。店の外とは言え、こんなこと喋っていいのだろうか。


リーゼント「ちなみに、シールはどこから買うか知ってる? ケー〇ツなんだよね」

チンピラA「げっ、マジで?」

リーゼント「いや本当。〇〇署にアコギな奴がいてさぁ。シール1枚10万とかで売ってくれるの。うちの店長は値切ろうとして失敗したけどw」

チンピラB「ひえ~、いつの時代も、お代官様はワルよのぅ」

3人「ぎゃはははは」


・・・強く断っておくが、この会話の真偽は定かではない。
しかし若いころの自分は、この話を頭から信じ込み、改めて「パチ屋に正義など存在しない」と思ったものである。それに比べ、今のパチ屋は健全になったものだ。少なくとも、封印シールが切れてる店なんて全く見ないしね。




ちなみに余談ではあるが、件のリーゼント店員。
彼の姿を見たのは、この日が最後、、、いや最期であった。


合掌。

6

貯金爆弾さんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(12 件)

プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2021/11/29
岡井モノさん

まさに「そこに痺れる! 憧れるゥ!」状態でしたよ。
プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2021/11/29
ドライヤーをパチスロにあてる謎の技すら使わないストロングスタイル!
プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2021/11/23
ししょーさん
アラ2はバージョンが多すぎてカオスでしたね。
自分がよく打ってたのは、BRとアラチャンが入り乱れて連チャンする奴でした。
変換攻略は羨ましい!

トライアンフ、雑誌には貯金と書いてあったけど、N店のはハマリが浅めで遊べたので、単純な上乗せだったと思います。
空振りは自分もしてましたねw
プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2021/11/23
FLEAさん
サ〇ーンは行ったこと無いんですよね。あの狂った空間、1度体験したかったなぁ

4号機の裏は、生息地が限られてましたよね。あ、大東音響だけは全国的かな?
プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2021/11/23
枠下蒼7さん
どくいり きけん たべたら しぬで
って、懐かしいw
今後、剥がした時の開封済み文字を見るたびに、グリコ森永が頭に浮かびそうですよw

あのシール、職人はドライヤー片手に綺麗に剥がしますからねぇ…
プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2021/11/23
Alisaさん
さすがにリーゼントはアホすぎましたね。
彼が無事でいることを、祈るばかりです…
プロフィール画像
ししょー
投稿日:2021/11/23
このころはアラチャン入らないアラ2のビッグ変換バージョンでめちゃ勝ってましたね。バケフラッグ引いたら7ゲーム(だっけな?)の間、ビッグ狙ってると、それなりの確率でビッグが揃うってバージョンのやつです。
ドリセブとトライアンフはきつかったことしか記憶にない。
ついでにトライアンフは毎回空振りしてたなあwww
プロフィール画像
FLEA
投稿日:2021/11/23
ガチガチのガチってのを体験出来たのは姫路サルー○。3号機のバッキバキもさることながら、4号機のですらどっちつかずのユルユルしか地元には無く‥‥いや、ちょい年上の先輩に最近聞いた話だと命のやり取りをする裏パピーがあったそうで、当時の情報網の無さにゲンナリしました。まぁだからこそ当店オリジナルが生き残っていけたのでしょうね。
プロフィール画像
枠下蒼7
投稿日:2021/11/23
自分が業界に入ったときには封印シールは剥がすと開封済みのような文字が残るタイプになってました。
グリコ森永事件で使われるようになったシールです。
これで不正対策はバッチリ!


んなわけない。
こいつは貼るときに糊面にニベアを塗るんですよ。
クリームの粘着力と、透明感で表からは普通に貼ってあるように見えます。
検査後にカバン屋が匠の技wで綺麗に剥がして元気なROMにします。

一度だけ塗ったけど、店内から店長含めて全員が外出した場所で孤独な作業でしたね。
何かあったときに勝手にやられたと言い逃れするためです。
プロフィール画像
Alisa
投稿日:2021/11/23
ちょっと?アウトローな感じがして憧れちゃう時代ですね!
え?最後?え?最期?怖いんすけどw

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー