パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. 「ユーザーの声はメーカーに届くのか?②」:1GAMEてつ氏直撃インタビュー

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2016.06.02

「ユーザーの声はメーカーに届くのか?②」:1GAMEてつ氏直撃インタビュー

パチ7編集長 パチ7編集長   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

左:1GAME代表てつ氏 右:1GAMEメンバー南極7号氏

「ユーザーの生の声をホール・メーカーにフィードバックする」

これを目的とした1GAMEアンケート企画(企画詳細はコチラで)。この企画を仕掛けた「てつ氏」にその意図や今後の方向性を、珍しく真剣に聞いてみました。
 

 

宛名書き&梱包作業について

メーカーさんと一緒に感謝の宛名書き梱包作業の図


まずは感想を(笑)
 

準備している最中と、作業の開始直後は不安でいっぱい。途中で楽しくなってきて、最後は「やめときゃよかった」と思いました。 みんなよくやり切ったなと・・・
 


この作業をメーカーさんにやってもらった目的・狙いは?
 

「感謝の気持ちは汗で返す」という、僕の根性論です。 メーカー(作り手)だって人間だし、ユーザー(打ち手)だって人間。 効率の良い方法はいくらだってありますが、やっぱり「気持ち」って大事だと思うんです。 作り手と打ち手の接点を作るキッカケとして、僕たち1GAMEも含めて「気合い」を態度で表したかった。 という狙いです。
 

 

アンケート企画を実施した目的


アンケート企画の最終目標は?
 

2つ目標がありますが、まず1点目。
僕自身が機械作りをやっていた身なので、打ち手の意見を全て機械に反映させることなど不可能だということはわかっています。開発は年単位で取り組むものなので、今のユーザー意見が1年後、同じとは限らない。むしろ、変化するのが当然だと思っています。ただ、現状を正しく分析・把握しない限り、先々の予想が見当外れになる可能性が非常に高い。

「何故ウケたのか」「何故不評だったのか」 「機械が悪いのか」「運用が悪いのか」 こういった分析を継続的に行っていくことで、SIS(機種稼働データ提供サービス)では見えない真のユーザー動向を把握してもらう。 これが1点目の目標です。 稼働数値は大事ですが、そこに人間の感情は含まれていないんです。打ち手は人間だし、人間を楽しませるのがエンターテインメントだと思います。

次に2点目。
この業界、ユーザーにとってブラックボックス過ぎるんです。世間のイメージは、今や最悪です。既存のプレイヤーに不信感を持たれた状態で、新規ユーザーの獲得なんて望めるハズがないと思っています。キャンペーン打ったり見た目を綺麗にしたり、そういったことが「クリーンなイメージ」に繋がるとは思えないんです。 作っている側がどれだけの想いで作っているのか。 運用している側がどれだけの想いで運用しているのか。 こういった姿勢をさらけ出していくことが、イメージ改善のキッカケになると思っています。

なので、第一歩はまず「聞く姿勢」を見せること。 エンドユーザーを無視していないという、姿勢を見せることが大事だと思っています。 初回でメーカーが2社も賛同してくれたことを受けて、「え?聞く気あるんだ」と、意外に思った人も多いと思います。 真の意味での信用回復を図っていくこと。 これが2点目の目標です。
 


今回はWEBアンケートのみ&スロに寄ったものだったが、今後の展望は?
 

第2回はパチンコに特化した内容。 第3回はホールに関して。それ以降は賛同企業からの意見も参考にしながら、調整していく予定です。単発のデータに意味は薄いので、積み重ねることによって有益なデータにしていかなければなりません。同じ質問を定期的に投げ、意識の変化もデータとして取得していきます。最終的には実際のホールで爺さん婆さん掴まえて、ヒアリング調査をしたいですね。
 

 

アンケート企画を実施してみて


率直にアンケート企画をやってみた感想は?
 

当初は1ヶ月で1,000件集まれば万々歳だと思っていましたが、予想に反して半月で2,000件を突破したことに驚きました。 どんだけメーカーに言いたいこと溜まってたんだよと(笑) ユーザーとメーカーを繋ぐ新しいルートを作れたことを、嬉しく思います。
 


今回の結果がどのような効果を発揮するか?
 

上記した2点の目標の内、2点目の目標に対する効果が先に表面化すると思っています。メーカーの人に、直接自分の意見を聞いてもらえる。その意見に対して、真摯に検討する姿勢を見せてもらえる。 この感覚は、今までに無かったものだと思います。いきなりクリーンなイメージにはなりませんが、ダーティーなイメージは薄まっていくでしょう。作っている方だって、ただの人間ですよ。
 

 

メーカー賛同について


今回のメーカー賛同は2社。想定と比較して?
 

多すぎるくらいです。 コンセプトをぶっ放した時は、まさか本当に実現するとは思っていませんでした。1社参加してくれたら奇跡だなと。奇跡が起きました。
 


賛同メーカー2社に対して
 

気合い入ってるなあ・・・と思いました。ユーザーの意見に耳を傾ける姿勢があるってだけじゃないです。 メーカーがこういう企画に協力してくれるって、前代未聞なんですよ。 本当に嬉しく思います。
 


賛同して欲しいメーカーはある?
 

特に個社に対して思い入れはありません。 強いて言えば、遊技機を開発しているメーカー全社です。 賛同メーカーが増えるにつれ、変化が大きくなると思います。
 


ホール賛同は無かった?
 

申込みは当然あるんですが、メーカーとホールをいきなり同時に混ぜると話がややこしくなる・・・ というのは半分言い訳で、僕たちの対応が追いつきません(笑) メーカーに比べて数が多いので・・・ なので、しばらくはメーカーメインで進め、慣れてきた頃に本格的にご協力いただこうと思っています。
 

 

アンケート回答に対して


回答者数は予想と比較して?
 

予想の4倍でした。 (半分の期間で、倍の数)
 


回答の質は予想と比較して?
 

罵詈雑言が飛び交うストレス発散会場になることを危惧していましたが、全然違いました。 やはりアンケート形式は良いです。 掲示板のような場だと、他人の意見に流されたり、乗っかる人が多いんですが、個別に切り離すとみんな真面目なんです。 機械の悪いところだけでなく、良いところも書いてくれる。 ネタに走ったりもしませんし。 年齢層が分散してくれたのも良かったです。

しかし女性が少ないだろうとは思っていましたが、5%とは思いませんでした・・・男臭すぎます。
 


一番聞きたかった設問をお教えください
 

ノーマルタイプと純増2枚以下ART。 どちらかしか無くなったら、どちらを打つかという設問です。 僕が知りたかったのは「どちらも打ちたくない」という回答の割合。 少なくて良かったです。
 


ユーザーへの結果開示
 

全部ではありませんが、一部を公開する予定です。
 

 

パチンコパチスロメディアに対して


本来、メディアが果たすべき役割・企画だった?
 

そうですね。
僕も1GAMEの活動が大きくなり始め、色々なメディアの方とお会いする機会に恵まれましたが、現状のビジネスモデルではメディアが尖ることは不可能なんだと痛感しました。

もう、そういう構造になってしまっているんです。悲しいことですけど、メディアの人だって言いたいことを我慢していたりします。生活かかってますからね。その閉塞感を打破するためには外圧しか無いと考え、こういった活動をしています。思い通りには動かない。でも敵ではない。そういう生意気な立ち位置で、真のメディア復活を企んでいます。
 


メディアに対して期待すること
 

僕はコントロールできない生意気なメディアが増えることを望んでいます。そのためには既存のモデルを変えるか、クライアントが柔軟になる必要がありますが、これはとても難しいことです。 なので、とりあえずは1GAMEがクライアントを柔軟にする役目を担おうかなと。どこまでできるかわかりませんが、うまくいったら後は任せます(笑)

プロ(メディア)が本気出した時の凄さは知っていますから。
 

 



今回のアンケート企画に賛同してみた私の感想は「今までにない動きが出てきたな」ということ。結果だけを見ると、簡単にトントン拍子で進んでいるように見えるかもしれませんが、一般ユーザーの主催企画にメーカーさんが賛同し、微力とはいえ、そこに第三者たるメディアパチ7が存在している。これは今までにないもので、意外と大きな一歩だと私は考えます。

メーカーさんも社内で承諾取るのは本当に大変だったと思いますよ。しかも前例の無い初回ですからね。メーカーさんもお為ごかしではなく、ユーザーの声を聞きたがっており、ホールの先にいるユーザーの存在を無視できなくなって来ているのは間違いありません。これはパチ7を運営していて肌で感じる部分もあります。

この傾向はホールさんも一緒です。

ユーザーの声を聞く。色んな手法があるとは思いますが、てつ氏の手法はユーザーにとっても分かりやすく、納得性が高いものと言えるでしょう、少なくとも公平性・透明性は高い。メーカーさんホールさんも上手く使えるようであれば、この企画を活用すればいいですよね。当然、反対するメーカーさんホールさんもいて然りです。

仮に1GAMEさんのアンケートへの賛同メーカーが増えて、1GAMEさんが妙な力を持ち始めたら、ということも考えられなくはないのですが、結局は彼らが重宝されるのは「ユーザーの皆さんの支持が大きいから」という事実があり、彼らが業界活性化のために尽力しているから、ということ。もし彼らがヘンな方向に進んだとしたら、そこには既に重宝される価値が無くなっているハズですよね。


てつ氏とは取材をきっかけに交流もしております。説得力が無いかもしれませんが、いわゆる「なぁなぁ」の関係ではなく、ユーザーの存在感を増していきたいという点で共鳴してるので、歩む道が近い、ということ。

今回のアンケート企画もそう。正直「してやられた!」というのが本音だったりしますが、メディアである我々が主催であったならば、てつ氏が言うように残念ながら実現出来なかったでしょう。設問にも結果にも色々なバイアスがかかったことは想像に難しくありません。それがくやしい。

てつ氏への最後の質問はメディアとしてナンセンスなのかも知れませんが、ユーザーが業界活性化に向けてこれだけ動いているのに、メディアはどうしたんだ?という自戒の念。ユーザーとメーカー及びホールとの関係性は変わろうとしていると私は思います。メディアも変わらなければならない、そう思えてなりませんし、そう動いていこうと改めて思わせてくれた。

今回のアンケート企画は私にとってそういうものです。

アンケート参加者の皆様、初めてこの企画を知った皆様、ホールさん、メーカーさん、業界関係の皆様。皆様にとって今回の企画はどういうものとなりましたでしょうか?
 

前の記事 記事一覧 次の記事

パチ7編集長
代表作:ゆる調

パチ7の編集長やっています。1978年生まれ。嫁と息子一人ずつ。スロ歴18年パチは苦手。歴代好きな機種は「花火、ホロQ、キュロゴス、初代ルパン」など。どうぞよろしくお願いします。

  • twitter

2020年6月度自由帳大賞&新人賞

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報