パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 機種調(キシュチョウ)~機種のオモシロポイント調査隊~
  4. 知ってるとレバーオンが2倍楽しめる。パチスロ モンハンワールドのススメ(BB編)

機種調(キシュチョウ)~機種のオモシロポイント調査隊~

機種調(キシュチョウ)~機種のオモシロポイント調査隊~

2021.01.19

知ってるとレバーオンが2倍楽しめる。パチスロ モンハンワールドのススメ(BB編)

マコト マコト   機種調(キシュチョウ)~機種のオモシロポイント調査隊~


前回は状況に応じて引きたいフラグが変化する通常時編をお届けしましたが、BB中も同じく状況に応じて欲するフラグが変わるんですよ、「パチスロ モンハンワールド」という機種は。ということで、今回は出玉増加を担うBB編。まず、この機種のボーナスはBB モンスターハンターワールド(以下、BB)とアイルーボーナスの2種類。
 

ボーナスの性能

■BB(赤7or青7揃い)
出玉増加のメイン契機で、狩猟パートとフォーメーションラッシュ(以下、FR)を繰り返し、モンスター討伐を目指す。モンスター討伐後は報酬パートを経由して、次の狩猟へ。FRと報酬パート中は押し順ナビが発生し、その間の純増枚数は1Gあたり約+3.0枚。

■アイルーボーナス(赤7・赤7・BAR揃い)
押し順ベル8回で終了するAT。消化後は基本的に作戦会議へ移行し、最終的にゾラ・マグダラオスを撃退すればばBB確定。


通常時のクエスト成功後は次ゲームのレバーを叩くとリールが逆回転し、赤7or青7が揃えばBB確定(青7揃いは集中ロングからスタート)。赤7・赤7・BARだとアイルーボーナス確定。上記の通り、両ボーナスの性能差は歴然で、BBを引けなければ出玉が増えない仕様である。

ここでは7揃いを願いたいけれど、その前に気にすべきはボーナス確定画面の色。通常は緑なんだけど、赤なら嬉しいBB確定。だから、クエスト成功後は「背景は赤でお願いします。…あらら、緑かぁ。でも、まだBBの可能性はある。赤7揃って下さい」 って気持ちで逆回転するリールを眺めるのが吉です。


ここからはBB中の展開と抽選について。

▲BB中のフローチャート

BB初当たり時はまずベルの押し順ナビが8回発生する導入パートから始まり、その後味方キャラと討伐モンスターが告知されます。ここで重要なのはモンスターの種類。

モンスターの種類と特徴
モンスター FR継続
期待度
調査pt
期待度
肉質
クルルヤック ★✕1.5 ★✕1.5 柔らかい
トビカガチ 標準
ドドガマル やや硬い
ウラガンキン ★✕2.5 ★✕2.5 硬い
ディアブロス 標準
リオレウス やや
柔らかい
クシャルダオラ ★✕3.5 ★✕3.5 硬い
テオ・テスカトル 標準
ネルギガンテ ★✕1 標準

※「肉質」は、硬い<やや硬い<標準<やや柔らかい<柔らかい の順でモンスターにダメージを与えやすい

体力ゲージが多いモンスターほどFR継続期待度が高いという特徴があるのですが、FRが継続するか否かというのがこの機種の大事なところであり、ひとつの叩きどころでもあるんです。それを踏まえたうえで、次は狩猟パートへ。
 

狩猟パートはハズレが重要

狩猟パートはベルの押し順ナビが発生しないFR高確率状態

 押し順ナビが発生しないので、BB中は狩猟パートが長引くとコインが減っていくのですが、そんなことを気にしている暇はナシ。なぜならば、狩猟パート滞在時はBB終了の可能性があるから。モンスターが攻撃を仕掛けてくるたびにハラハラするはめになるから。

そんな不安を一発で解消してくれる存在がFRってわけです。狩猟パート中はハズレを含む全役でFR抽選が行われるのですが、ここで活躍するのも『ハズレ』なんですよね。

狩猟パート中のFR当選率
成立役 FR非前兆中 FR本前兆中
ハズレ 25.0%
通常リプ2 35.2%
弱レア役 50.0% 50.0%
強レア役 100% 100%
上記以外 1.6%

※通常リプレイ2成立時にFRに当選した場合はYOUを狙えカットインが発生してYOU絵柄が揃う
 

上記の通り、ハズレ時は4回に1回の割合でFRが当たるので、狩猟パート中は通常時の探索中同様、ハズレを引きたい場面になります。弱レア役なら50%で、強レア役なら必ずFRが当たるものの、それらをピンポイントで引くのは簡単じゃないですから。

▲順押し時のハズレ目

なお、FRは前兆を経由して告知されるので、ハズレ目後に以下のような強演出が発生すればFR本前兆の可能性大。

FR当選に期待できる演出
・アイルー2体出現→右のアイルーが残る
・白アイルー2体出現


また、BBは集中モードと呼ばれるモードで管理されていて、集中モードは「通常」「集中ミドル」「集中ロング」「無限」の4種類。また、集中モードとは別に「DANGER」と呼ばれる状態があり、通常滞在時のみDANGERに移行する可能性アリ。

DANGERはその名の通りBB終了のピンチで、実戦上9G継続(マイハウスに戻った直後の1G目も含めると10G)するのですが、9G継続するとBB終了。集中ミドル・集中ロング滞在時はDANGERに移行しないので、外見からこれらを察知できればひと安心って感じです。ちなみに、無限に移行するとエンディング確定。なお、モンスター討伐時に集中モード昇格抽選が行われ、上位モンスターほど昇格率が高いという特徴があります。

モンスター討伐時の ​集中モード昇格率

集中モード:通常
滞在時
モンスター 昇格ナシ ミドルへ ロングへ
クルルヤック 87.5% 11.7% 0.8%
トビカガチ 83.6% 15.6%
ドドガマル 79.7% 19.5%
ウラガンキン 75.0% 23.4% 1.6%
リオレウス 69.9% 28.5%
ディアブロス 66.4% 32.0%
クシャルダオラ 59.8% 37.9% 2.3%
テオ・テスカトル
ネルギガンテ 50.0% 46.9% 3.1%
集中モード:ミドル
滞在時
モンスター 昇格ナシ ロングへ
クルルヤック 87.5% 12.5%
トビカガチ 83.6% 16.4%
ドドガマル 79.7% 20.3%
ウラガンキン 75.0% 25.0%
リオレウス 69.9% 30.1%
ディアブロス 66.4% 33.6%
クシャルダオラ 59.8% 40.2%
テオ・テスカトル
ネルギガンテ 50.0% 50.0%

集中モードの転落契機は通常リプレイの一部で、演出ナシ+通常リプレイはDANGER移行のピンチになるとのこと。表面上はモンスターの攻撃を3回喰らうとBBが終了しますが、液晶演出とモードは完全リンクではないので注意。

ちなみに、DANGER滞在時はレア役成立でFR確定となる反面、ハズレではFR抽選が行われないので、モンスターの攻撃を2回喰らったあとのハズレはFR抽選が行われていない可能性大。これは覚えておきたいポイント。それ知らないと「また 25%スルーしたよ」っていらない負の感情が生まれちゃいますからね。
 

FR中のハズレは“いらない子”

BB初当たり時はFR2個の保証アリ

FR中は押し順ベル・レア役成立時にモンスターを攻撃し、継続ゲーム数は10G・20G・30G+α。狩猟パート中はハズレが欲しかったのに、ここでのハズレ・リプレイはいらない子になります。FR中のハズレ・リプレイはいわゆる小休止で、攻撃ナシが確定。
 

▲同じ押し順の連続がアツい

▲状態異常の蓄積状況が確認できる

FR中はとにかく押し順ベル、そしてレア役を引きたい。もっというならば、同一第1停止ナビを連続で引きたい。というのも、左・中・右・レア役にそれぞれ味方キャラが振り分けられていて、同一キャラの攻撃が連続するほど攻撃力が増すんです。

さらに、味方キャラの攻撃にはそれぞれ属性があって、同じキャラが攻撃するほど毒・転倒・睡眠などの状態異常に近づいていく…という法則があるので(状態異常ダメージの蓄積量は十字キーの上を押すと確認できる)、同一第1停止ナビが5連続ぐらいすると高揚感がハンパない。ちょっと声が出そうになるほどにね。
 

▲「まだまだー」発生でFR継続!

そして、継続の区切りとなる10G消化後はレバーON時に「まだまだー」が発生すればもう10G継続確定。ただし、レバーON時に継続の合図が発生するのは押し順ベル・レア役成立時のみで、ハズレ・リプレイ成立時は狩猟パートへ移行したと見せかけて、第3停止後に「まだまだー」が発生する。またここの見せ方が上手いんだけど、その際はレバーON時に何も演出が発生しないという法則アリ。継続しなかったと見せかけて、演出非発生で実は継続の期待大っていう瞬間が気持ち良い。

ただ、FRがなんでもかんでも継続すると思ったら間違い。モンスターによってFR継続期待度が異なり、FR20G以上に期待できるのは★2個半以上のモンスターから。★1個半のモンスターは基本的に10Gで終わると思っておくのが無難。この辺のことを押さえておくと、FR中もよりスマートにレバーを叩けるってもんです。
 

モンスターを討伐すると、報酬パートへ

報酬パートは上記3種類で、いずれも押し順ベル8回成立まで継続。次セットで消費するFRストック当選率に差があり、狩人の宴<狩人の宴(赤)<剥ぎ取りラッシュの順でFRストック期待度が変化。

剥ぎ取りラッシュ中は毎ゲーム50%以上でFRをストックできるため、次セットを超優位に戦える優れもの。また、狩人の宴開始画面はキャラや背景で主に集中モードを示唆しており、Riz。・†混沌の剣†はミドル以上が、全員集合ならロングor無限が確定するため、BBロング継続の期待大。

ちなみに、金背景は次回報酬パートが剥ぎ取りラッシュになるため、是が非でもモンスターを討伐したいところです。
 

古龍の乱入でモンスターをボッコボコ

クシャルダオラ乱入

基本的にこれらの流れをループさせて、BBを継続させるのですが、古龍種の狩猟はモンスター同士の争いが発生する可能性アリ。

最もよく見るシチュエーションは
調査ポイントMAX⇒ネルギガンテ出現⇒クシャルダオラ乱入

こうなると、乱入してきた古龍が味方になり、モンスターをボッコボコ。古龍対決初体験だと、「あれ、なんだか置いてけぼり感がすごいぞ」と思うこと必至ですが、みるみるうちに減っていくモンスターの体力ゲージを見ていると、そんなことどうでもよくなるというか、味方古龍を応援したくなる気持ちでいっぱい。

古龍乱入(内部的にはFRG)中は大ダメージの連続なうえ、20G以上継続する可能性も高いので、たった1度のFRで大半の体力ゲージを削ってしまうことも。ネルギガンテを討伐すれば狩人の宴(赤)以上が確定するから、味方古龍の奮闘にテンションが上がること請け合い。ただ、乱入してきた古龍がいなくなってしまうと案外苦戦を強いられたりもするんですけどね。
 

アイルーボーナスについて

▲すずらんネコロッド

▲壺爆弾

アイルーボーナス消化中は選んだ演出によって、設定示唆やその後発展する作戦の成否を示唆する演出が発生します。個人的に勧めたいのは設定示唆系の「すずらんネコロッド」「壷爆弾」どちらか。「はげましホルン」は十数ゲーム先の結果を示唆するだけですからね。
 

アイルーボーナス終了後は戦会議を経由して、ゾラ・マグダラオス誘導作戦に発展する可能性アリ。誘導作戦が成功すればBB確定で、失敗なら通常時へ。詳細は分かっていませんが、ここからのBB当選率に設定差があり、高設定ほど優遇されているのでは…と言われていたりもします。ちなみに、作戦会議非経由で誘導作戦に発展した場合は、実戦上BB確定。

作戦失敗時はアイルーボーナスで獲得した出玉が無くなってしまうので、作戦は成功させたいところだし、それ以前に初当たりはBBであってほしいところかなと。
 

最後に

以上がBB解説編です。これらを覚えておけばBB中の叩きどころや、引きたいフラグが明確になるハズ。なんとなく押し順ナビに従うのではなく、今欲しいフラグを頭に浮かべつつ、いちいちアツくなりながらレバーを叩いてほしいなと思います。
 

 

 




(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


 

共有する

マコト
代表作:名機のそこ~マコトがメーカー開発インタビュー~

岐阜県出身。3本のリールが織り成す出目演出に魅せられて、当時読者だったパチスロ必勝本に携わる仕事ができたらなという気持ちで履歴書を送付。無事、ライターとして採用してもらい、ほぼパチスロライターという仕事しか経験したことのない男が生まれてしまう。現在はパチスロ必勝本などを中心に執筆しているほか、DVD・CS番組・ネット動画などにも出演中。とにかく出目でアツくなれる機種が好き。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ