パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-
  4. 3枚戦争~譲れない戦い。閉店保証~

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

2020.03.03

3枚戦争~譲れない戦い。閉店保証~

ラッシー ラッシー   パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

宵越しの書き仕事が片付いたのは、日が傾きかけた頃だった。冷めたコーヒーを飲み干し、PCの電源を落とす。そして電源が落ち切るのを待たずに身支度を進めた。

――「んじゃ、ちょっと出て来るね」
カミさん「帰りは?」

――「夕飯までには戻るよ」
カミさん「じゃあ用意してるね」

――「ありがと! いってきます!」

跳ねるように家を出た。爆裂ART機が市民権を獲得して久しいが、この時間から高設定をツモれるとは思えない。となればやることは1つ――。

遊び打ちしかない!

大きな仕事を終えたあとは、いつもガードが甘くなる。仕事終わりに打ち散らかし、大敗することも珍しくない。しかし、分かっちゃいるけどヤメられない。もはや店選びなどどうでもいい。仕事を無事に終えた今日くらいは、好きな機種を思い切り打ってやろう!

そんな破滅思考で、駅前の小さなホールへ飛び込んだ。

 

かつての名店。

小さなホールと言うと、少しばかり語弊がある。関東圏では誰もが知るチェーン店だが、我が街の駅前店は規模が小さく、パチスロの設置は130台程度。4号機時代はオール設定イベント(※) などで遠方からも客を集める名店だったが、5号機時代に入ってからは客が離れ、今ではすっかり高齢者の社交場となっている。
 

オール設定イベントとは?
各シマに必ず設定1から6までが投入されるイベントのこと。3台ジマなら2機種合わせて1シマ扱いになるケースもある。12台ジマなら設定1から6までがそれぞれ2台ずつ投入される


案の定、2階パチスロフロアは閑散としていて、時代遅れのユーロビートだけが虚しく響いていた。それもそのはず、このホールには爆裂ART機がほとんどない。戦国無双が4台あるだけで、マーベルもマジハロもなかった。これでは若い客が離れて当然だ。

ボックスで入っているのはジャグとニューパルくらいで、あとはマイナー機が1・2台ずつ置かれている形である。この「デカいバラエティーコーナー」と化している現状からも「すでに戦うことをヤメた店」だと分かる。プロなら踵を返すところだが、同じく戦う気がないこの日の俺にはピッタリの場所だった。

そして俺のお目当ては、フロアのちょうど中央にあった。
 

5号機「空手バカ一代」(ゴールドオリンピア)

2007年の1月にデビューしたボーナス+RT機。ゴッドハンドの異名を持つ極真空手の創始者「大山倍達」が主人公の漫画「空手バカ一代」とのタイアップ機だ。ベル・ベル・リプレイの突入リプレイが揃えばRT「百人組手」に突入。通常時からの突入は稀で、ボーナス後のチャンスゾーン(CZ)からの突入がメインとなる。

ボーナスは大別すると空手BIG・ノーマルBIG・チャンスボーナス(CB)・REGの4種類で、各ボーナス後はそれぞれ異なるCZへ移行する。要するにボーナスの種類により、RT期待度が大きく変化するわけだ。

この機種の最大の魅力はRT性能にある。純増こそ約0.5枚/Gと控えめだが、終了条件は①10000G消化or②ボーナス成立の2つのみ。つまり、実質的には次回ボーナスまで継続する無限RTなのである。


残念ながら空手バカ一代の出玉率は低い。
 

各設定の出玉率
設定 出玉率
1 96.6%
2 98.5%
3 100.9%
4 102.3%
5 104.1%
6 105.7%


設定6でも105.7%、設定1に至っては96.6%とかなり厳しい。それでもライター仲間にはファンが多かった。理由は言うまでもなく一撃性。RT突入ルートはほぼボーナス経由で、そのRTもボーナス成立を契機に終了する。つまりRTにさえ入れてしまえば、ある程度まとまった出玉が得られるのである。

俺も例に漏れずハマっていたが、本気で立ち回ろうと思ったことはほとんどない。言うまでもなくホール側の扱いが悪いためだ。導入から半年が経ち、設置そのものも激減。その結果、入替に消極的なこの店だけに残った形となっていた。

設置はわずかに2台。すでに18時になろうとしているが、いずれも朝イチ0Gのまま放置されている。どちらに座っても設定はお察しなので、なんとなく右の台へと腰かけた。

さて、今日はいくら負けるだろう。小さく自虐的に笑い、サンドに千円札を投じた。

 

はじまり。

最初のチャンスは投資2Kで訪れた。リプレイが連続し「牛殺し演出」に発展! この機種は通常リプレイでもボーナス同時当選を期待でき、ボーナス成立後はリプレイ確率がアップする。言うなれば「アクアビーナス」(平和)と同様の流れだ。リプレイが3連もすればボーナス成立後の可能性が高い。主人公の大山倍達が雷電号(牛)を倒せばボーナス確定だ!

しかし、これがまさかのスカ!! 呆然とする俺。しかし、ハズれるのも無理はない。空手バカ一代のボーナス確率は、当時においてもかなり重めの部類だった。
 

設定別のボーナス合算確率
設定 ボーナス合算
1 1/341.2
2 1/324.4
3 1/293.8
4 1/284.9
5 1/274.2
6 1/269.7


そう易々と当たってくれる機種ではない。ちなみにリプレイの同時当選期待度も、決して高くはなかった。
 

通常リプレイ同時当選期待度
設定 同時当選期待度
1 0.87%
2 0.94%
3 1.03%
4 1.10%
5 1.15%
6 1.14%


閑散としたホールの中でも、特に不人気の機種なのだ。まず設定は1と見ていい。期待した俺がバカだった。そう肩を落としていたが、そこから追加2Kで1・2枚役(※) から対決演出に発展。対戦相手はエクスキュースナー。この機種において、最も勝利期待度の高い相手である!
※1枚役と2枚役の重複フラグ

牛殺し演出をハズして間もないため不安はあったが、連続演出中にリプレイが2連続し勝利を確信。大山先生の必殺技「虚空空中三段蹴り」も炸裂し、危なげなくこの日はじめてとなるボーナス確定画面へ。

ここで重要となるのがボーナスの種類。それにより獲得枚数とRT期待度が大きく異なる。
 

各ボーナスの獲得枚数と移行先CZ
ボーナスの種類 獲得枚数 移行先CZ
空手BIG 約320枚 荒行CZ
ノーマルBIG 約200枚 修行CZ
CB 約100枚 陳修行CZ
REG 約100枚 隠れ修行CZ

各CZの継続ゲーム数とRT期待度
CZの種類 継続ゲーム数 RT期待度
荒行CZ 最大5000G 約50%
修行CZ 最大5000G 約25%
陳修行CZ 最大3G 約70%
隠れ修行CZ 1G固定 約10%


実は各CZのRT突入率に設定差があるが、CZの強弱は概ね上記の通り。最上位ボーナスの空手BIGなら、約320枚を獲得できるうえにRT突入も期待できる。また、CBは獲得枚数こそ少ないものの、RT突入率は約70%とかなり高い。つまり、最も恐れるべきはREG成立ということになる。

肝心の初ボーナスは、まずまずと言えるノーマルBIG。消化後に移行する修行CZのRT期待度は約25%と低めだが、それでもどうにかできそうなのが、この台の面白いところ。CZの仕組みは極めて単純だ。

CZ中に突入リプレイが成立すればRT「百人組手」へ移行し、転落リプレイが成立すれば文字通り通常時へ。継続ゲーム数が長い荒行CZと修行CZは、いかに早く突入リプレイを引けるかの勝負だ。

ちなみに修行CZの各リプレイ確率は……
 

修行CZ中の特殊リプレイ確率
設定 突入リプレイ 転落リプレイ
1 1/199.8 1/50.0
2 1/194.5 1/65.0
3 1/199.8 1/50.0
4 1/194.5 1/65.0
5 1/179.6 1/50.0
6 1/187.3 1/65.0


設定1だと仮定すれば、約1/50より早く約1/200を引くとRTに突入するわけだ。なお、陳修行と隠れ修行は継続ゲーム数が極端に短いため、規定ゲーム数消化による終了がほとんど。こちらも3Gと1Gの間に突入リプレイを引けるか否かがカギとなる。


ボーナスを消化し終え修行CZへ。とはいえ、RTは実質「無限RT」だ。こちらも易々とは入ってくれない。あまり期待せず淡々と消化していると、レバーONで液晶に月夜が浮かび上がった。突入リプレイ成立を期待できる代表的な演出で、大山先生が手刀で石を割ればRTに突入する。恐る恐るリール上に拳絵柄(BAR)を狙うと…

難なく中段(無効ライン)に拳絵柄が揃い、液晶で石がパカリ! 一発目のボーナスから早速RTへと突入したのである!

 

名曲。

こうなると次に目指すべきは大ハマリだが、最初の目標となるのが「百人斬り」。消化中はほぼ毎ゲームで組手が発生し、大山先生が男たちをバッサバッサと倒していく。倒した人数は液晶左上にカウントされ、それが百人に達すると…至福の時間がスタートする。

「チェスト~」

「お次!」

大山先生の力強い声が響く。俺はボーナスが当たらないよう、慎重に一定のペースでレバーを叩き続けた。徐々に迫る百人斬り達成。

――「もう少し、もう少しだ(ハァハァ)」

リプレイ・ベル成立時は高確率で組手が発生するが、稀に発生せず、人数のカウントが進まない。そのノーカウントゲームがもどかしい。

――「98…99………100!!」

RT突入から140Gほどで、いよいよ百人斬りを達成! 遂に待ちに待った『アレ』が始まる!!  静かに始まるギターサウンド。そして徐々に大きくなる男の声。

「ホッ、ハッ、ホッ、ハッ…」

――「キタキタキターッ!!」

「砕け散れば~地獄へ~ひきずりこまれる定め~」

――「くぅぅ~、カッケェ~」

先程、この機種の最大の魅力は一撃性だと記したが、撤回すべきかもしれない。俺が思う1番の魅力はサウンド。この曲名すら分からないRT中の歌付きBGMが、むせ返るほど男臭くてカッコイイのである!! 純増0.5枚/Gなのに、まるで純増12枚/Gのような気分にさせてくれるのだ!

「戦うことしか知らない男の生き様~」

――「くぅ~、アツすぎるぅ~」

鳥肌が立ったままプレイを続けていると、リプレイから組手とは異なる対決に発展! これはつまり…

――「ちょ、いや…早すぎる」

無情にも液晶にはボーナス確定の文字が浮かんだ。

――「まだ歌始まったばっかなのに…」

大山先生は、俺にさらなる試練を与える。液晶に表示されたボーナスはREG! 獲得枚数は約100枚、RT突入率はわずか約10%だ。せっかくアノBGMが聴けたと思ったのに、よりにもよってREGで即終了とは。次のRT突入は一体いつに…

――「ああ!!」

REG後1G目に何気なく左リールを止めると、中段に拳絵柄が停止しているではないか! まさか…いや、待てよ。この停止形ならベル揃いもある。ちなみREG後1Gの隠れ修行は通常画面だ。その名の通り「隠れ」なのである。 なお、RT期待度は約10%と言われているが、これは設定6での話。設定1~4なら、突入リプレイ確率は1/32。これを1Gで引かねばならない。土台無理な話だが…

中段ラインに拳絵柄が揃い、まさかのRT突入!!

――「マジか~~~!!」

この窮地を乗り切った俺は、そこから順調にハマり、出玉を徐々に増やしていった。

 

3枚を巡る争い。

「遅くなるから晩御飯は先に食べてて」 そうカミさんにメールしたのが19時頃。その後もボーナスとRTのループはほとんど途切れず、出玉は緩やかに2000枚を突破! どのCZからでもRTに入るような状況である。

そして、案の定RT中に閉店を迎えることに。取りきれない形にはなったが、これだけ出れば文句ナシだ! データ表示器のスランプグラフを見る限り、出玉は3000枚近くある。まさか遊び打ちでこんな幸運を拾うことになるとは。よし、肩トン(※) される限界まで回そう。そう思ったのだが――
※店員から肩を叩かれ閉店を知らされること

店員「はい、遊技ヤメてください」
――「あ、でも今リプレイでクレジット落とせないから、リプレイ途切れるまで回していいすか?」

店員「ダメです!」
――「ええ!?」

驚いた。RT中やART中に閉店を迎えた際は「リプレイが途切れてクレジットを落とせるようになるまで回してOK」というのが一般的。しかし、ココではそれも認めないということだろう。ひとこと言いたいところだが、ハウスルールを把握していなかった俺が悪い。ここは折れるしかない。

――「じゃあクレジットの50枚は保証してくれるんですね?」
店員「いいえ、保証は47枚です」

――「え? なんで!?」
店員「クレジット47枚じゃないですか」

――「は? いやいや、ここに3枚BETされてありますよね?」

BETの3枚を指さす俺。しかし店員は真顔で首を横に振った。

店員「それは無効です」
――「はいぃ? なんで?」

店員「それもう抽選終わってるんで」
――「ええ? まだレバー叩いてないのに?」

店員「パチスロはBETした瞬間に抽選ですよ。知らないんですか?」
――「はぁ~???」

店員「店員の僕が言うんだから間違いありません
――「な…んなバカな!!」

たかが3枚だ。これだけ出ていれば3枚くらい有ろうと無かろうと大差はナイ。しかし――

これはこの大手チェーンの公式見解なのだろうか。だとしたら、なかなか大きな話である。この店舗に限れば1日1~2人程度の犠牲で済むが、チェーン全体で同様の対応をしていれば、ひと月で結構な額になっていく。そこをクリアにしない限り譲りたくはない。

彼が実際どれほどパチスロを理解しているかは分からない。でも、彼は日頃からこの対応をしているのだろう。きっと彼は俺を「パチスロを知らないヤツ」だと決めつけ、誤った持論で論破しようとしているのだ。

ここで俺が屈したら、きっと明日以降も同様の対応が続けられる。この店に集まる老人たちは、きっとなす術なく論破されるだろう。そんなことがあっていいのか――。


――「いやね、正直3枚はどうでもいいです」
店員「では47枚お渡ししますので」

――「いや、申し訳ないけど上の人とお話させてもら…」

すると、我々の様子を見ていたのだろう。幹部社員らしき店員が駆け寄ってきた。

幹部「どうされました?」
――「いや、この方がね」

俺がことの経緯を説明すると…

幹部「お客様の言う通りでございます」

幹部は1つも否定せず素直に聞き入れ、すんなりと50枚を保証してくれた。

幹部「お手間を取らせてすみませんでした」
――「いえ。ただパチスロに詳しいヤツはゴロゴロいます。あまりヘタな対応をすると、○○○○(大手チェーン)の看板に傷がつきますよ」

幹部「おっしゃる通りです」

幹部曰く、普段はBETぶんの3枚もしっかり保証しているそうな。彼がたまたま「BETぶんは保証しない」と思い込んでいただけらしい。このチェーン店が「行ってはいけない店」でないことに、少しだけホッとした。


流したメダルは約2900枚。およそ54000円の大勝ちだったが、少しモヤモヤした気持ちで帰宅することとなった。

客側が「たかが3枚」と捉えるのは構わない。でもホール側が客のメダルを「たかが3枚」と捉えるのは許し難い。ホールにとってはウン万枚・ウン十万枚ある中の3枚でも、客にとっては大切な3枚なのだ。


あれから干支が一周し、我ながら面倒な客だったなと今になって思う。今でも不当にメダルを取られるのは1枚だってイヤだが、だいぶ丸くなった気はしている。それを象徴するような出来事が先日あった。

ホッパーエラーが発生し呼び出しボタンを押すと、研修中の名札を付けた女性店員が対応に来てくれた。重いドアを開けホッパーを引き出し、どうにかメダルの補充を終えリセットボタンを押した。すると、チョロチョロと出て来た払い出しメダルを手に取り、再びホッパーの中に戻したのである! 貰えるハズの数枚が、不当に貰えなかったのだ。

オジサンは、もう何も言わなかったよね。ニッコリ笑っていましたよ。女性にだけ甘いって? そりゃそうでしょう、男ですから。

 

11

128

共有する

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ