パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロ サラリーマン金太郎~MAX~ 特集
  4. 【攻略・立ち回り】パチスロ サラリーマン金太郎〜MAX〜 ラッシー直伝の初打ち攻略術!!

パチスロ サラリーマン金太郎~MAX~ 特集

パチスロ サラリーマン金太郎~MAX~ 特集

2019.11.07

【攻略・立ち回り】パチスロ サラリーマン金太郎〜MAX〜 ラッシー直伝の初打ち攻略術!!

ラッシー ラッシー   パチスロ サラリーマン金太郎~MAX~ 特集

我々おじさんスロッターにとって、サラリーマン金太郎は特別なコンテンツ。今作はメーカーこそ違うものの、AT継続時の「まだまだ~」やルーレットなど印象的な部分は健在。開発陣の「従来シリーズに対するリスペクト」が感じられます。オマージュというやつかな。すでに機種ページが出来ているので、ここでは通常時・AT中などの重要ポイントや、試打から分かった叩きドコロを紹介していきます。これを読めば初打ち対策はバッチリ! 要点を押さえてアツく打ちましょう!
 

 

スペック

設定 金太郎ルーレット 金太郎チャンス 出玉率
1 1/319 1/760 97.5%
2 1/309 1/736 99.3%
3 1/303 1/713 101.2%
4 1/296 1/695 104.0%
5 1/289 1/669 107.7%
6 1/282 1/653 112.0%

※1000円(50枚)あたりのゲーム数:約50G

金太郎ルーレットに当選すれば(擬似)ボーナスor金太郎チャンス(AT)確定。要するに金太郎ルーレット=初当りということ。その出現率に極端な設定差は存在せず概ね1/300前後。出玉率は設定3から100%超で、設定6に至っては112%と結構高め。設定5も107.7%と平均的なノーマルタイプの設定6に匹敵するため、粘る価値は十分ある。

純増約8枚/G×直乗せ頻発!!

AT「金太郎チャンス」は純増約8枚/Gと、現役最高の出玉速度を有している。しかし、特筆すべきはそれだけではない。AT中のレア役は全てナビ回数上乗せ確定。レア役合算確率は1/33~1/35なので、上乗せ頻度も1/35以上と極めて高いのだ! 高純増ATは初期ゲーム数や初期ナビ回数で勝負が決まるイメージだが、金太郎チャンスは消化中の細かな上乗せも勝負を大きく左右するぞ!
 

 

天井は750G+α

通常時を750G消化すると金太郎ルーレット(初当り)が当選。ただし有利区間移行の関係で少し後ろに少しズレたり、当選後に前兆を経由するため、実際の発動は750Gより30G程度あとになると思われます。狙う際は余裕を持ちましょう。
 

 

レア役の停止形

レア役は全てリプレイフラグ

レア役の停止形は機種ページ(打ち方)をご覧ください。チェリーの停止形は一見複雑ですが、弱と強ではリールフラッシュがまるで違うので、それで判別しても問題ありません。派手なフラッシュなら強と判断しましょう。なお、レア役は全てリプレイフラグなので、目押しをミスしても損はナシ。
 

 

通常時の打ち方

機種ページ(打ち方)は⑤番白BAR狙い推奨。個人的に強めの演出で青7が上段までスベって来たら、中リール上段までに青7を狙うかな。懐かしの激アツ目、青7上段テンパイを拝みたいので。ただし青7上段テンパイは「確定役」なので確率は約1/4096。効率が悪いので、よっぽどじゃない限り狙う必要はナイかと。

あと小役狙いは⑭番黒BAR狙いでもOK。左リール上段にハッピがスベって来たら、中・右リールにハッピを狙う。それ以外なら残りリールはフリー打ちで構わない。基本の停止形は⑤番白BAR狙いと変わりません。視認性は白BARより黒BARのほうが高いかも!?
 

 

ゲームフロー

細かなゲームフローは機種ページ(スペック)をご覧ください。ここからは各状況で「何を目指すか」だけ紹介していきます。
 

 

通常時

金太郎ルーレット(初当り)までの基本ルートは以下の3つ。
①CZ経由
②レア役から直撃
③規定ゲーム数消化


通常時はハッピでCZ抽選が行われ、強チェリーやチャンス目は直撃に期待。また、通常時には複数のモードが存在し、それにより規定ゲーム数振り分けが変化する。つまりアツいゾーンはモードによって変わるということ。

 

さらに通常時で重要なのが「鉄拳制裁レベル」。簡単に言えば「次回CZに備えアイコンのレベルアップを目指す」といった感じ。このアイコン(鉄拳制裁レベル)を狙った立ち回りも可能です。ちなみに通常時の弱チェリーは、このレベルアップに役立ちます。

通常時で何より嬉しいのは、ただ規定ゲーム数到達を待つだけでなく、自力で金太郎ルーレット(初当り)を目指せる点。レア役それぞれの役割が明確に分かれているので、弱レア役が空気にならないのもイイ。
 
金太郎ルーレットのレア役直撃抽選

成立役 金太郎ルーレット直撃率
(全設定共通)
弱チェリー 0.78%
強チェリー 2.50%
チャンス目 2.50%
確定役 100%

通常時は、滞在モードや状態などを問わず、ハッピ以外のレア役出現時に金太郎ルーレット直撃抽選が行われる。(トータル直撃確率は1/2068)
 

 

CZ「鉄拳制裁」

CZ開始から10G目までは拳を貯める。拳=初当り抽選回数と解釈してOK。できればココで複数回レア役を引き、大量の拳を獲得しておきたい。
 

最終の11G目は鉄拳制裁レベルを参照し、獲得した拳の数だけ初当り(金太郎ルーレット)抽選が行われる。抽選はPUSHボタンを押すたび行われ、液晶上で拳役モノが落下&フラッシュすれば初当り確定! 詳細は後述の「ラッシー的叩きドコロ」で。

※2019/11/18 パチ7編集部追記
鉄拳制裁レベル別のCZ抽選
通常時は、鉄拳制裁レベルと成立役に応じてCZを抽選。レベル3以下ならハッピでのみ抽選するが、レベル4(MAX)だとリプ連や弱チェリーでもCZ抽選が行われる。

成立役 鉄拳制裁レベル
1~3
鉄拳制裁レベル
4
リプレイ
2連
12.50%
リプレイ
3連以降
50.00%
弱チェリー 50.00%
ハッピ 12.50% 50.00%

※上記抽選当選時は1~8Gの前兆を経てCZが発動
※「サラリーマン道」中は持ち越される
 

 

金太郎ルーレット(初当り)

金太郎ルーレットは最大2G継続。1G目の50%をクリアすれば2G目へと継続し、2G目の50%もクリアすればAT確定。つまり50%を2回パスすればAT確定というわけ。なお、1G目失敗なら赤7ボーナス、2G目失敗なら青7ボーナスとなります。

※2019/11/14 パチ7編集部追記 
注目演出
・第1停止でカットイン発生
・第3停止長押しで椎名ボイス発生
・金太郎のまゆげが吊り上がっている

これらの演出が発生した場合は、「継続」or「金太郎チャンス」濃厚! なお、まゆげの形はよく見ないと気付きづらいぞ。
 

ちなみにストック獲得=1Gぶんクリア確定となる「金爆」も存在。
 

 

ボーナス

ボーナスはサラリーマンボーナス(赤7)と金太郎ボーナス(青7)の2種類。いずれも消化中はAT昇格抽選が行われるが、実戦上はそう簡単に昇格しないので過度な期待は禁物。ボーナス中はハズレが特に昇格のチャンスとなるようです。獲得枚数・AT昇格期待度ともに、赤7より青7のほうが優秀。
 

 

AT「金太郎チャンス」

レア役は全て上乗せ確定!

ATはナビ回数管理で、消化中に目指すべきはナビ回数上乗せ。レア役は全て上乗せ確定なので、弱でもいいから引きまくりたい! また、AT中にハズレが連続すると上位AT「SPACE金太郎チャンス」突入に期待できる。入ってしまえばエンディング到達も見える!?
 

各レア役獲得時の上乗せナビ回数の振り分けは以下のとおり。

上乗せ
ナビ回数
弱チェリー
ハッピ
強チェリー
チャンス目
3 98.83%
5 87.50%
7 10.16%
10 1.17% 2.34%

弱役で最低3ナビ、強役なら5ナビ以上が上乗せされる。既述のとおりレア役の合算確率は1/33~1/35なので上乗せ性能は高いと言える。
 

 

試打での印象

超高純増AT機は通常時が退屈になりがち。でも今作は各レア役にしっかりした役割があるし、いわゆるハイエナに役立つ要素も多いので退屈しない印象でしたね。そしてAT中のレア役=上乗せ確定というのが嬉しい! しかも上乗せ時の次のレバーが…、それはのちの「ラッシー的叩きドコロ」に譲ります。
 

 

判明している設定差

※2019/11/21現在

 

小役確率

設定 チャンス目 弱チェリー 強チェリー
1 1/303.4 1/78.3 1/436.9
2 1/297.9 1/77.6 1/409.6
3 1/292.6 1/76.8 1/385.5
4 1/287.4 1/76.1 1/364.1
5 1/277.7 1/75.4 1/344.9
6 1/273.1 1/74.7 1/327.7

※一部ナビで出現しない状態あり

弱チェリー・強チェリー・チャンス目の確率には設定差が存在。全てをカウントするのもアリだが、弱チェリーとチャンス目は設定差が小さめ。面倒な場合は強チェリーだけでもカウントし設定推測に役立てよう。

※カウント時の注意点
既述の通りレア役は全てリプレイフラグだ。実戦で変則打ちした際、レア役の代わりに通常リプレイが揃うケースを何度も確認しているので、現段階では変則打ちをオススメしかねる。また、状況によっては押し順ナビが発生し、見た目上でレア役が出現しないケースもアリ。情報が確かでない現段階では、通常時のフラットな状況でのレア役出現率だけを頼りにするしかなさそうだ。
 

 

ボーナス終了後画面

ボーナス終了画面は設定を示唆している。夕方は奇数設定、昼は偶数設定示唆で、原画の金太郎ソロなら設定1否定だ。重要なのが家族画面。家族3人はAT非突入なら設定4以上確定。家族4人は条件ナシで設定5or6確定だ!
 

 

引き戻しゾーン中の示唆

引き戻しゾーン中は、残り何ゲームで竜太が出現したかに注目。残りゲーム数がゾロ目の際に竜太が出現すれば、AT残りセットありが確定するうえに設定推測にも役立つ!
 

出現
パターン
残り
44G
 残り
33G
 残り
22G
 残り
11G
通常竜太 設定4以上 奇数示唆 偶数示唆 設定2以上
上から竜太 設定5以上 設定5以上 設定5以上 設定5以上
デカ竜太 設定6 設定6 設定6 設定6

※上から竜太:残り1セット以上ストック保持
※デカ竜太:残り3セット以上ストック保持

残りゲーム数がゾロ目の際に「上から竜太」が出現すれば、残り1セット以上+設定5以上確定。同じく「デカ竜太」が出現すれば、残り3セット以上+設定6確定とまさに激アツ!!

通常の竜太は残り11Gでの登場なら設定1否定で、44Gでの登場なら設定4以上。22Gでの登場は偶数設定示唆で、33Gでの登場なら奇数設定示唆だ。とにかくゾロ目ゲーム数+「上から竜太」or「デカ竜太」だけは見逃さないよう注意しよう!
 

 

エンディング中のキャラによる示唆

※2019/11/14 パチ7編集部追記

ベル成立時の出現キャラ
チンピラ:基本パターン
ミイラ:偶数示唆
アメフト:奇数示唆
ペンギン:設定2以上確定
カンガルー設定4以上確定
グリズリー設定5以上確定

リプレイ成立時の出現キャラ
ペンギン:基本パターン
カンガルー:偶数示唆
グリズリー:奇数示唆
チンピラ設定6確定
ミイラ設定6確定
アメフト設定6確定

「有利区間1450G消化」もしくは「獲得枚数が2000枚到達」のどちらかを満たすと、エンディングATの祝金太郎チャンスに突入。祝金太郎チャンス中は、ベルやリプレイ成立時に出現するキャラに設定推測の秘密がアリ。ベルだとデフォルトで出現するチンピラは、リプレイ時に出現すると設定6確定だったりと、成立役によって示唆内容が変わるので注意!
 

 

モード移行率

※2019/11/21 パチ7編集部追記

設定 通常モードAへ 通常モードBへ
1 46.88% 15.63%
2 43.75% 15.63%
3 40.63% 17.19%
4 32.03% 23.44%
5 28.52% 25.00%
6 26.56% 25.00%
設定 通常モードCへ 天国モードへ
1 25.00% 12.50%
2 25.00% 15.63%
3 25.00% 17.19%
4 25.00% 19.53%
5 25.00% 21.48%
6 25.00% 23.44%

モード移行抽選は非有利区間から有利区間へ移行する際(AT終了後や設定変更後)に行われ、高設定ほど通常Bと天国へ移行しやすい。通常A滞在が多いと感じる場合は台移動も視野に入れよう。
 

 

初打ち攻略

 

狙い目・やめどき

※2019/11/18 パチ7編集部追記

狙い目

天井狙い

交換率 出玉率
105%目安
出玉率
100%目安
5枚交換 290G 150G
5.6枚交換
(持ちメダル)
300G 150G
5.6枚交換
(現金投資)
350G 200G

天井到達率自体はそこまで高くないが、
ハマるほどゲーム数解除期待度が上がる
金爆ストックや鉄拳制裁レベルの影響で、ハマるほどAT突入率が上がる
など複数のハマり恩恵があるおかげで、比較的浅いゲーム数から狙うことができる。

金爆ストック数・鉄拳制裁レベル・モード滞在率などは、すべて平均値で計算されているため、条件によって期待値が上下する点に注意しよう。

もし細かい条件は考慮せずに、ゲーム数だけ見て立ち回りたい場合は、350G付近を目安にするといいだろう。

 

内部モードごとのゲーム数別期待度

ゲーム数 通常A 通常B 通常C 天国
0~99
100~199 ×
200~299
300~399 ×
400~499
500~599 ×
600~699 ×
700~799

通常A・Bの天井は700G台、通常Cだと500G台、天国なら100Gまでに当選する。現在ゲーム数が500Gあたりの空き台は狙い目といえるだろう。

メニュー画面で滞在モードチェック!

メニュー画面の背景色をチェック!

PUSHボタンを押すと開くメニュー画面の背景色は3色あり、内部モードを示唆している。特に打ち始める際やヤメる際は、メニュー画面を開いて現在のモードを確認すると良い。赤背景なら必ず次回の当たりまで打とう。

・青:基本パターン(示唆ナシ)
・緑:通常Cor天国モードの可能性大(期待度75%以上)
・赤:天国モード確定
 

初当り分布

※シミュレート値

いずれの設定も50、200、500Gが当たりやすい。50〜99Gのゾーンに関しては、設定差も大きいようだ。
 

やめどき

ボーナスやAT終了後はKC直撃ゾーンに移行し、その間はレア役でKC直撃抽選をおこなっている。また、天国モードであれば100Gまでに初当りが引けるので、そこまでまわしてもいいだろう。

なお、ヤメる前は必ずメニュー画面の背景色をチェックしよう。赤なら天国モード滞在濃厚なので次回当たりまで打とう。
 

 

鉄拳制裁レベルが重要!

拳ポイント獲得契機
弱チェリー 1pt
リプレイ2連 1pt
リプレイ3連以降 連続するたび1pt

通常画面の右下にある拳アイコンに注目。弱チェリー成立やリプレイの連続成立(リプ連)で拳ポイントを獲得すると、指が1本ずつ点灯。全て点灯(=5ポイント獲得)すれば鉄拳制裁レベルが1段階アップし、拳アイコンの色が変化する。つまり拳アイコンの色は鉄拳制裁レベルを示しているというわけ。なお、鉄拳制裁レベルは4段階だ(青⇒緑⇒赤⇒紫)。

拳ブースト抽選
拳ブーストに突入すると、1契機での拳ポイント加算数が2ptになる。突入契機は、「拳ポイントが加算された際の10.16%」で、突入後は拳ポイントが加算された際の50%で拳ブーストが終了する。
 

鉄拳制裁レベルの影響

①CZ中の初当り当選率
②ハッピからのCZ当選率
③ボーナスからATへの昇格率


鉄拳制裁レベルが最も目に見えて影響するのが、CZ中の初当り抽選。CZの最終ゲームでは、CZ中に獲得した拳の数と鉄拳制裁レベルを参照し初当り抽選が行われる。
 

たとえば鉄拳制裁レベルが最小の1で獲得した拳が150個なら、当選率1/200の初当り抽選を150回行うことになる。鉄拳制裁レベルが最大の4なら、初当り当選率は1/30。それで拳が100回以上あれば、もう初当りは貰ったも同然…となるわけです。

さらに鉄拳制裁レベルはハッピからのCZ当選率や、ボーナスからのAT昇格率にも影響。レベルが高いほど、全ての抽選が優遇されるというわけ。なので空き台のレベルをチェックし、上位レベルを示す赤や紫が落ちていたらチャンス!
 

 

金爆ストックがアツい!

ストックした金爆は、次回初当り(金太郎ルーレット)で使用。ストック1個なら2G目への継続確定で、ストック2個ならAT当選が約束される。

金爆ストック契機
①前兆演出失敗時の一部
②CZ成功時の一部


長くハマれば前兆をスルーする回数が増えるため、金爆をストックする可能性も高まる。もちろん金爆をストックしている台も狙い目となるので、空き台は拳アイコンと一緒にココもチェック!
 

 

AT直撃ゾーンも存在

AT直撃ゾーンとは、文字通りレア役成立でAT直撃抽選が行われるゾーンのこと。この間はCZ抽選が行われないので、ハッピでもAT当選のチャンスとなる。通常画面のゲーム数表示がスパークしていれば、AT直撃ゾーンに滞在しているサイン。

移行タイミング
①引き戻しゾーン終了後
②ボーナス終了後(AT非当選時)
③設定変更後


①引き戻しゾーンとは、AT終了後に移行するゾーンのこと。ATセット数があればゾーン内に発動し、そこをスルーするとAT直撃ゾーンへ。要するに非有利区間から有利区間に戻ったあとの25G間がAT直撃ゾーン。つまり設定変更後もAT直撃のチャンスとなるわけだ!詳細数値は次項をチェック!
 

 

朝イチ・リセット

※2019/11/18 パチ7編集部追記

有利区間

設定変更 電断のみ
非有利区間へ移行 引き継ぐ

ステージ

設定変更 電断のみ
ヤマト本社昼 ヤマト本社昼

ゲーム数表示

設定変更 電断のみ
0Gからスタート 0Gからスタート


KC直撃モード

成立役 非有利区間 1~25G:
直撃「低」
1~25G:
直撃
「高」
弱チェリー 0.39% 0.20% 12.50%
ハッピ 0.39% 0.39% 12.50%
強チェリー
/チャンス目
25.00% 25.00% 50.00%
確定役 100% 100% 100%

設定変更後やAT終了後など、非有利区間から有利区間に移行すると25Gの金太郎チャンス直撃ゾーンに移行する。直撃ゾーンは2種類あり、直撃「高」は弱レア役でも引き戻しのチャンス。なお、非有利区間中も直撃抽選をおこなっている。レア役合算確率が約1/35(設定1)と軽いので、リセット後25Gはまわそう。
 
直撃モード振り分け

設定 直撃「低」へ 直撃「高」へ
1 75.00% 25.00%
2 75.00% 25.00%
3 75.00% 25.00%
4 72.66% 27.34%
5 70.70% 29.30%
6 68.75% 31.25%

高設定ほど直撃モード「高」が選択されやすい。弱チェリーやハッピで直撃した場合は「高」滞在が濃厚となる。とはいえ、大きな設定差ではないので参考にする程度で問題ない。直撃モード中は如何に強レア役が引けるかが重要だ。
 

有利区間移行時のKC直撃抽選

設定 有利区間移行時の
金太郎チャンス直撃当選率
1 1.56%
2 1.56%
3 1.95%
4 1.95%
5 2.34%
6 2.34%

有利区間移行時は設定に応じて金太郎チャンス直撃抽選も行われており、高設定ほど当選しやすい。当選時は、サラリーマン道経由で金太郎チャンス当選が告知されるぞ。高設定のほうが当選しやすいとはいえ、決して当たりやすい確率ではない。当たったらラッキーくらいに考えておこう。
 

 

ラッシー的叩きドコロ

 

鉄拳制裁

既述の通りCZ最終ゲームでは、鉄拳制裁レベル×拳の数で初当り抽選が行われる。実際の抽選タイミングは不明だけど、とにかく「目に見える抽選値に偽りはナイ」らしい。たとえばレベル4×拳100個なら、ガチで当選率1/30の初当り抽選が100回行われるということ。

拳が大量にあるうちは長押しで消化するけど、残り30個くらいになると怖くてね。あのヒリヒリ感が堪らない。もう全てを無視し、BET→レバーで一発告知にしちゃうのもアリ!?
 

 

金太郎ルーレット

近年「バトルを3回突破すればAT・ART突入」みたいな機種が人気ですよね。少々乱暴な書き方をすれば、金太郎ルーレットはその3回のバトルを2Gに集約してるわけです。50%の抽選を、たった2回パスすればAT! 金爆を1個ストックしていれば、たった1回パスするだけでAT!! だからこそ、失敗が続いた際の精神的ダメージもデカいんだけど…。
 

 

AT1セット目

ナビ回数 選択率(全設定共通)
5
10 67.19%
20 25.00%
30 6.25%
100 1.56%

AT1セット目はナビ回数振り分けが優遇されており10ナビ以上確定。30・100ナビの割合も約8%と十分現実的。まずは10ナビを超えるか否かに注目したい。

ちなみにATセット数の振り分けは2~20個で、基本的に単発はナイ。単発の場合は設定5or6確定なので、悔しいけど嬉しい! データ表示器から単発を見抜けるなら、高設定狙いにも役立つかも!?
 

 

AT中のレア役次レバー

既述の通りAT中のレア役は全てナビ回数上乗せ確定。しかもそれだけでなく、次ゲームのレバーONで「舐めんなフリーズ」が発生する可能性も! 舐めんなフリーズとは言わば追加上乗せで、フリーズが続いている間ナビ回数がどんどんカウントアップしていく。このカウントアップしていく間が最高なんですわ!! レア役を引いてナビ回数を上乗せしたら、舐めんなフリーズ発生を祈ってレバーを叩くべし!
 

舐めんなフリーズの発生確率
※ナビ直載せ時
・金太郎チャンス中:6.25%
・スペース金太郎チャンス中:1.56%

レア役でナビ回数上乗せを獲得した次のレバーオンで、上記の確率で舐めんなフリーズ発動抽選をおこなっているぞ。

舐めんなフリーズは「まだまだ〜!」時にも発生
舐めんなフリーズは、AT開始時と「まだまだ〜!」継続時にも発生する可能性アリ。発生の有無はシナリオテーブルで管理されていて、一度テーブルが決まると、むこう3回までのシナリオが決定される。初当り時と3回目の「まだまだ~」が発生した後にテーブルを抽選する。

テーブルは16パターンあり、以下の振り分けで決定される。

1回目 2回目 3回目 4回目 選択率
78.00%
4.39%
4.39%
0.73%
2.93%
1.46%
1.46%
0.37%
5.40%
0.17%
0.17%
0.10%
0.17%
0.10%
0.10%
0.05%

※「◯」で舐めんなフリーズ発生

初当り時は約15%で舐めんなフリーズが発生(初当りは10ナビ以上なので、必ず1回は継続)する。強い上乗せの割に発生頻度は高めではないだろうか。

舐めんなフリーズ発生時のナビ回数加算振り分け

ナビ加算回数 選択率
5 14.84%
6 14.84%
7 14.84%
8 7.42%
9 7.42%
10 6.25%
11 6.25%
12 6.25%
13 3.13%
14 3.13%
15 3.13%
16 3.13%
17 3.13%
18 1.56%
19 1.56%
20 0.78%
21 0.78%
22 0.78%
23 0.39%
24 0.39%
平均加算回数 9.59回

 

 

通常時のアツいパターン&ゲーム数

※2019/11/21 パチ7編集部追記

金太郎ルーレット当選までのフローは機種ページ(金太郎ルーレット当選フロー)を見ていただくとして、ここでは通常時のアツいパターンを紹介。簡易的な抽選フローの説明も記しているので興味のある人は確認されたし。

アツいパターン

通常A滞在時
200〜204Gで前兆が発生
400〜404Gで前兆が発生
600〜604Gで前兆が発生
⇒約45%で本前兆に期待。当該ゲーム数内に強レア役成立なら本前兆濃厚

215G到達時に非前兆状態
415G到達時に非前兆状態
615G到達時に非前兆状態
⇒その後前兆が発生した場合は本前兆濃厚

通常B滞在時
300〜304Gで前兆が発生
500〜504Gで前兆が発生
⇒約45%で本前兆に期待。当該ゲーム数内に強レア役成立なら本前兆濃厚

700〜704Gで前兆が発生
⇒本前兆濃厚

315G到達時に非前兆状態
515G到達時に非前兆状態
⇒その後前兆が発生した場合は本前兆濃厚

115G、165G、265G、365G、465G前後でレア役を引かず前兆が発生
⇒約45%で本前兆に期待。

基本的に通常Aは百の位が偶数、通常Bは奇数のゲーム数がゾーンとなっているが、その中でも上記はかなりアツい。また、当選ゲーム数が決まっているわけではなく、ゾーン中に毎ゲーム抽選しているので、それぞれのゾーンでは毎ゲーム気合を入れてレバーを叩こう。

 

金太郎ルーレットの抽選方法

通常時は必ずいずれかの状態(1〜7)にあり、滞在している状態を参照して毎ゲーム以下4つの前兆への移行抽選をおこなっている。状態は4種類のモード(通常A、Bなど)により決定。

※毎ゲームの抽選結果
①前兆に移行しない(ハズレ)
②ざわざわ演出のみでサラリーマン道に移行しない(フェイク)
ざわざわ演出+サラリーマン道に発展(フェイク)
ざわざわ演出+サラリーマン道に発展(金太郎ルーレット当選)

・① 実質ハズレ(サラリーマン道に発展しないパターン)
・② 基本ハズレだが、ざわざわ演出中に強役を引ければ③or④に移行
・③ サラリーマン道に発展するが基本ハズレ。前兆中に強役を引くと④への移行抽選がおこなわれる
・④ 本前兆のため、前兆消化後に金太郎ルーレットに当選

「状態」の分布

ゲーム数 通常A 通常B 通常C 天国
26~49 1 1 1 1
50~64 2 2 2 6
65 4 4 4 6
66~114 1 1 1 7
115 1 5 1 7
116~164 1 1 1 7
165 1 5 1 7
166~199 1 1 1 7
200~204 5 2 2 7
205~214 3 2 2 7
215 7 1 1 7
216~264 1 1 1 7
265 1 5 1 7
266~299 1 1 1 7
300~304 2 5 2 7
305~314 1 3 2 7
315 1 7 1 7
316~364 1 1 1 7
365 1 5 1 7
366~399 1 1 1 7
400~404 5 2 2 7
405~414 3 1 1 7
415 7 1 1 7
416~464 1 1 1 7
465 1 5 1 7
466~499 1 1 1 7
500~504 2 5 6 7
505~514 1 3 6 7
515 1 7 7 7
516~599 1 1 7 7
600~604 5 2 7 7
605~614 3 1 7 7
615 7 1 7 7
616~699 1 1 7 7
700~704 1 6 7 7
705~749 1 1 7 7
750~天井 7 7 7 7

状態1…強チャンス役以外で前兆移行抽選が行われない。強チャンス役の50%で前兆に移行
状態2…約1/20で前兆移行(期待度 低)
状態3…約1/4で前兆移行(期待度 中)
状態4…必ず前兆移行(期待度 低)
​・状態5…約1/20で前兆移行(期待度 高)
​・状態6…約1/4で前兆移行(期待度 激高)
​・状態7必ず前兆移行して金太郎ルーレット当選
※各期待度はサラリーマン道に移行した場合のもの
※いずれかの前兆状態中は「状態」による前兆移行抽選がおこなわれない
 

 

2大トリガー

 

SPACE金太郎チャンス

既述の通り、AT中にハズレが連続すると上位AT「SPACE金太郎チャンス(以下、スぺ金と略)」突入抽選が行われる。ハズレ2連でもチャンスで、3連以上はかなりアツい模様。特筆すべきはその継続性。10Gの継続保証があり、保証消化後はリプレイ2連で終了となる。文字で書くとインパクトに欠くが、言わずもがなAT役(※)が頻繁に成立するため、リプレイが連続することはあまりない。平均継続ゲーム数は93Gにも上るそうな。
※AT役=押し順+色目押しベル(15枚役)

さらにスゴいのは、スぺ金中のレア役でも必ず通常ATのナビ回数を上乗せする点だ。スぺ金が長く続くほど、上乗せも大きくなっていく。平均上乗せナビ回数は33回。長く続くうえに上乗せも大きいので、エンディング到達が現実的になるというわけです。


スペ金突入抽選
※2019/11/14 パチ7編集部追記  

ハズレ2連 調査中
ハズレ3連 調査中
ハズレ4連以降 25%

スペ金はAT中のハズレ連で抽選が行なわれている模様。ハズレ5連以降もハズレが連続すれば都度25%で突入抽選がおこなわれるぞ。
 

 

日本の元気だ!フリーズ(100ナビフリーズ)

AT中は継続演出の「まだまだ~」が発生するたび100ナビフリーズ抽選が行われる。当選すれば文字通りナビ100回が上乗せされるため、一気に大量出玉を獲得できる! ナビ100回の期待獲得枚数は1500枚にも上るそうな。1度は拝んでおきたい!
 

 

感想・あとがき

今後は「純増は高いけど、AT中は淡々と消化するだけ」という機種が増えていくと予想されている。でもこの「サラ金MAX」のAT中は、とにかくレア役を引けば上乗せるし、次のレバーONにもアツくなれる。そしてAT中のイライラ要素であるはずのハズレも、連続すればスぺ金突入のチャンスになるから捨てゲームにならない。AT中のナビ画面や「まだまだ~」も健在なので、古くからのスロッターも違和感なくプレイできるハズ。

なんて言ったって純増約8枚/Gですから。この出玉速度とカウントアップ上乗せの興奮は、ぜひ味わって頂きたいですね!
 


パチスロサラリーマン金太郎〜MAX〜の情報をもっと知りたい方はコチラもチェック!!
パチスロ サラリーマン金太郎〜MAX〜 試打・実戦動画まとめ
パチスロサラリーマン金太郎〜MAX〜 機種情報ページ
 




(C)本宮ひろ志/集英社/FIELDS


 

前の記事 記事一覧 次の記事

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報