パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

新米編集長奮闘記「なぜパチ7を立ち上げたのか②」

編集部の話 | コラム

新米編集長奮闘記「なぜパチ7を立ち上げたのか②」

プロフィール画像
パチ7編集長さん
パチ7の編集長やっています。 歴代好きな機種は「花火、ホロQ、キュロゴス、初代ルパン」など。どうぞよろしくお願いします。
投稿日:2015/04/15 15:40

前回からの続き


----------------------------------------------------------


・・・の前に、ちょっと寄り道。

イベントQに遂に元メーカー開発の方が登場しました。
はてさてどうなることやら。。。

{Photo01}



http://pachiseven.jp/qa/qa_detail/45#contents#contents

「ジ○グ連はどうして起こるのか?」というファンキーな質問をされた方がおりました(笑)

この質問をどう裁くのかが興味深いですね。

答えを知りたい、というよりセンスが問われますね(笑)


----------------------------------------------------------



我々業界特化型の広告代理店の命脈を断ちに来たのは、


「広告規制」と「イベント規制」の(我々にとって)凶悪な2トップ。


感覚的に言うとゾラとアスプリージャの2トップですね。
互いに足りないところを補いながら、DF陣をズッタズタにするやつらです。

実際、ホール数減少はこれをきっかけに加速した感がありますよね。
主に中小ホールやスロ専がトドメを刺され、我々のような業界関連企業も倒産したり、規模縮小したりと、相当数の会社が影響を受けました。


ここで広告規制とイベント規制をざっくり確認。


【イベント規制】
その名の通り「イベントの禁止」という内容。

「●●の日」や「機種イベント」など全てが禁止となった。
元々イベントは禁止されていたのだが、
なしくずし的に実施していたのがいよいよ規制された、
というのが実情。
実は特定の日、特定の機種を甘くする、出すということ自体が
元々やっちゃだめ、禁止されているんですね。


【広告規制】
新台入替以外の広告を投下してはダメという内容。
(地域によって多少異なる)

イベント禁止になるんだから、イベントの広告は打てない、
これは致し方ない部分ではあるが、
ただし「イベント広告の禁止」と「新台入替以外の禁止」は
似ているようで大きく違います。
新台入替以外禁止の方が適用範囲が広く、厳しい。
まぁガセイベントの広告が虚偽の広告にあたる、
という指摘も大いにありましたね・・・。


とまぁなかなかのもんですよ。ええ。
それまでのホールさんは集客手段のひとつとして「イベント」を活用していたわけです。
中小ホールさんもこれがあったから大手さんとなんとか闘えていた、という状況であったかと思います。

広告規制が入ったから広告代理店であるゲンダイエージェンシーは直撃でダメージを喰らう訳です。「売上ガー」となるわけです。
実際に1店舗あたりが広告に使用する予算は激減しました。最盛期の6~8割くらいでしょうかね。

ただし本当の脅威は売上の減少ではありません。

イベント規制、広告規制で最も大きな影響を受けたのは、
ある意味において「ユーザー」さんです。

打ちに行くきっかけが無くなる、打つべき機種が分からない。

要するに「イベント」というぬるま湯に浸かっていたのに、いきなり過酷な戦場にほっぽり出されたわけです。

すると当然ですが勝てなくなるユーザーが増えます。
私もめっきりと勝率を下げた一人なので、同じようなユーザーさんも多いのでは?

今までは勝てなくても「よし、次はあの店のあの日でリベンジ」という切り替えもできましたが、それも無い。

そらぁ止める人も増えますよ。
(もちろんそれ以外の原因も多く存在します)

参加人口の減少、これこそが真の脅威なんです。
(最盛期の参加人口は2000万近く。現在は1000万を切る)

我々広告代理店は「広告活動を代行する」ことが使命ではなく、
「広告を通してクライアントの利益に貢献する」ことが使命です。
要するに「集客のお手伝い」が出来なければ、我々の存在価値は低くなるわけです。

つか集客できない広告屋なんて存在価値は皆無ですよ。

イベント規制、広告規制、ユーザー減少。
ホールの集客支援を使命としながら、我々が出来ることが非常に限られている状況。
この状況下で闘わなければならない。

ホールもユーザーも苦しんでいる。
業界特化の広告屋としてなにが出来るのか。

逆に言うと、なんとか出来ないと、
我々もそう遠く無い日に消え去ってしまうかもしれない。

「…こりゃ、これまでの広告活動だけではどうにもならんぞ」

という流れでパチ7立ち上げの話が本流に乗りました。



次回に続きます。



※念のため、過去のイベント万歳期を推奨しているわけではありません。

15

パチ7編集長さんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー