パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. 優良ホールの課題はもはや『出玉の先』に向かっている

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2018.02.28

優良ホールの課題はもはや『出玉の先』に向かっている

パチ7編集長 パチ7編集長   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~


『これからは出玉だけでは生きていけない。ファンを作らなければ死ぬ』

えーと、ですね。あ、編集長です。 上のお言葉、ホル調グランプリ2017で受賞されたホール店長さんから出た言葉です。

しかもですね、話を伺った3店舗全て、です。もちろん口から出てくる表現は違いますが、仰る内容は同じ。本当はですね、トロフィー届けて、おめでとうございますぅ。いやぁ、店長、やりますなぁ。このぉ、やり手さん! なんて感じで終わろうと思ったんですがね。出てきた言葉はどちらかと言うと『危機感』の比重が高い。なんか思考のスイッチを押されちゃいました。

なんかいやらしい言い方ですが、ホル調グランプリを受賞されたホールさんですからね、集客も稼働も良いホールさん、いわゆる優良店。皆さんも優良店の店長さんの言葉を聞きながら、たまにはこれからのパチンコパチスロについて考えてみましょうや。
 

【ホル調GP受賞店舗】
サービス部門大賞 アリーナ岩槻本店
出玉部門特別賞 第一プラザ埼玉5店舗
出玉部門大賞 アリーナ柏

ホル調グランプリ発表記事はコチラでご確認頂けます!

 

 

記憶に残るお店『アリーナ岩槻本店』

店長プロフィール

40歳。業界歴約20年。アルバイト入社から現在までアリーナ一筋。結婚・出産で遊技頻度が減っていることが目下の個人課題。好きな機種は初代Fクイーンと初代サンダーV。
 


まずはサービス部門グランプリの受賞、おめでとうございます!

ありがとうございます。え~と、嬉しいんですが、いいんですか? ウチが受賞しちゃって。足湯があるだけですよ?

いや(笑)  本物の足湯があるホールが私も見たことありませんて。なんか温かい玉のやつは何回か見たことありますが。
 

▲いつでも入れる無料の足湯


やはりまずは足湯から。あれって作るのにお幾らかかるんですか?? あと維持費も気になります。

大体350万円くらい掛かっているみたいです。維持費は年間でザックリ70万円。こう考えると結構掛かってますね(笑)

掛かってますね(笑)  そもそも何故足湯を作ろうと?

それはですね『記憶に残る店舗にしたい』というお店の方針が大きく関わっています。あとはですね、好きなんですよ、地域密着というものが。この足湯に浸かりながら、常連さん同士が話をしていたり、スタッフがコミュニケーションを取っている光景をみると、最高に嬉しいですよ。

確かに否が応でも記憶に残りますね。ヤツ(足湯)のインパクトは相当なものです。

もうひとつ。あれ、広告代わりという側面もあるんですよ。広告費ってある種の掛け捨てじゃないですか。ランニング費用が発生してもいいから、継続して効果が発揮出来るものがあった方がいいんじゃ? という考えもありました。

あぁ、発想の転換でもあった、ということですね。あとですね、アリーナ岩槻さん、他にもなんか色々やってますよね? 毎回ホル調のレポートが楽しみなお店なんですよ。
 

▲詰め放題企画や縁日企画などを定期的に実施


これも記憶に残したい、地域密着でありたい、という想いからですね。駐車場で女子プロレスのイベントをやったこともありますよ。

女子プロ(笑)  一方で、どうしても出玉が注目されるケースが多くありますよね? それってちょっと相反する気もしますが?

そうですね。出玉で動く層は出玉で動く、つまりあまりお店に根付かないのは事実。ただ出玉面でも頑張る姿は多くのユーザーさんに見てもらいたいんです。でもそれだけじゃダメなのも分かっています。結局は地力が問われますからね。

よく言われることですね。1日だけ集客出来てもってやつですね。

それもそうですが、もっと重要なのは個性だったり特徴だったりなんですよ。これからは。ファンがいないお店はどんどん厳しくなっていくでしょうね。

あぁ、最たるものがチャレンジャー幸手かも知れませんね。そのために足湯だったり、各種企画ということですね?

そうですね。ただそれもキッカケにすぎないのかな、と。やっぱり、信頼感が土台にあって、お店やスタッフから醸し出される空気感とかが重要だと考えます。例えば、私はすっかりユーザーとして打つことが減ってしまったので、設定変更等はパチスロ大好きな若手に任せている部分もあります。これもユーザーさんが感じる信頼感とか空気感に繋がると思うんですよ。機種の知識が無い人間が設定を決めてはいけない。

……すんません。足湯なんか作っちゃうぶっ飛び店長さんなので、ノリで店舗運営されていると思ってました。もう一回最初からインタビューさせてもらっていいですか?

絶対イヤです(笑)
 

▲埼玉県さいたま市岩槻区のアリーナ岩槻本店さん


ふむ。素敵な店長さんでしたね。個人的にはウェーイな方を期待しておりましたが(笑)  インタビューでは触れていませんが『嘘はつかない』という方針もお持ちだそうです。

もちろん素晴らしいことですが、最近は嘘をつかないを言い訳にして、縮こまっちゃってるのでは? 壁を、限界を作っているのでは? と自問自答し、改善に動いているそうです。えーと、私と年齢同じなんですが、お父さんって呼んでいいですか?

あ、店長! 足湯使わせて頂いたんですが、コーヒー牛乳の販売をお願いします! これで完璧になりますよ(笑)

 

 

出玉以外の魅力も『第一プラザ埼玉5店舗』

▲左:イチプラくん 右:カフェてんちょ

カフェてんちょプロフィール

43歳。業界歴約15年。アルバイトからスタートし、第一プラザ坂戸1000立ち上げに携わる。現在は本社勤務で店舗と本社との橋渡し的な活躍をされている。好きな機種はジャスティとクランキーコンドル。
 


突然ですが、カフェさんって何やってる方なんですか?

お会いするの3回目とはいえ、ちょっと不躾ですね(笑)  まぁいいや。今は本社で店舗のサポートをしたり、企画を練ったりなどをしていますね。

なるほど。店舗と本社の橋渡し的なことをしながら、色々と仕掛けるかっこいい立ち位置ですね。フゥッ!  ところでお隣のイチプラくんは、第一プラザさんのマスコット的な存在ですよね?

そうですね。以前会社内で『自社のイメージってどう?』というアンケートをとったら、ほっこりとかゆったりとか、なんかギラギラした感じでは無かったんですよ。パチンコホールなのに。んじゃ、それを体現するようなキャラクター作っちゃえ、と。

中身はスタッフさんですか?  僕の予想では男性なんですよ。以前握手したら手がゴリッとしてたんで。

中身なんていないからね!  

 

▲実は生みの親も社員さん


ところで坂戸1000の立ち上げをされた、ということですが、今の集客と稼働を見ると、やはりオープンから稼働が良かったんでしょうか?

いや、全然です。むしろヤバい状況でしたよ。

ほへ? 本当ですか? では最近色々とやりだして、上がってきた、ということなんですかね?

 

▲私がお邪魔した時は500名以上の並びがあった坂戸1000店


そうですね。天草ヤスヲさんにも来店頂きましたが、他にも取材を受けたり。そこで出玉面で頑張った結果、これが大きいですね。ただ、これも痛し痒しな部分もあって……。

うん? まぁなんとなく想像はつきますが……。

ホールの頑張りよりも、ライターさんだったり、メディアさんが凄い、みたいな風潮もあるじゃないですか。で、それに合わせてユーザーも動く。そうなると、正直、ホールの体力が続かないですよ。出玉も大事ですが、それ以外の魅力の方がこれから重要になっていくと思います。

具体的にプリーズミー。

地力というか、やはりそのお店ならではの魅力を生み出して、そこにファンをつける。例えばパチンコのユーザーさんってそういう方が多いですよね。ひとつのお店からなかなか動かない。そういうユーザーを掴んでいかないと、増やしていかないと。簡単には出来ないことですが、だからこそ他所様が真似出来ない部分にもなるはずですから。

……ちゃんと考えてんすね。そういう魅力のひとつにイチプラダンサーズやカルチャースクールがあると?

 

▲ダンスを披露する謎の集団イチプラダンサーズ。中身はスタッフさん。

▲手芸などを学べる無料カルチャースクール


まぁそうなんですが、これだけでお店の魅力が出来る、とは思っていなくて。『こういうことをやるお店』という雰囲気作りの方が大事かな、と。

以前もお伝えしましたが坂戸1000さんは『ノリがウェーイ』な感じを受けます。個人的にはそれって立派な個性だと思いますよ。大丈夫、上手く行ってますって!

……なんか上からですね。まぁありがとうございます。
 

▲何回撮っても何故か目をつぶるカフェさん


言葉は違えど、アリーナ岩槻の店長さんと同じことを仰ってますよね。ホールの体力が続かない、第一プラザさん規模のチェーン店さんで、この言葉が出るとは……。

ライターさんメディアが凄いという風潮。これも身につまされる部分がありますね。全てはホールさんの頑張りがあってこそ。忘れちゃいけませんね。

 

 

いつ来ても同じホールを『アリーナ柏』

店長プロフィール

36歳。業界歴約17年。アルバイト入社から業界一筋。アリーナ柏の立ち上げから携わり、現在は店長。好きな機種は初代わんパラと大花火。
 


お、初めての年下店長! お若いですね。そして、大花火が好き!

はい。大花火は名機ですね。レバーで予告音が鳴るか、第一停止で動くか。それだけで楽しめます。大花火が打ちたい、という理由でホールに行ってましたね。

……店長、大花火の話は改めてにしましょう。エンドレスになります(笑)  まぁでもそうですね。あの時代は機械が強かった、という印象はありますね。 事前にご回答頂いた中で気になったのが『いつ来ても同じように遊べるホール』というお答えなんですが…。

偉そうなことは言えないんですが、個人的にはそれが本来あるべきホールの姿だと思います。まぁ当然ある程度の浮き沈みは必要ですけどね。今は色んなものが過剰に過ぎる、そう思います。イベント時代の方がまだやりやすかった。とはいえ、機種の魅力が弱くなった。これが一番の要因だと思います。

本音で言えば、あまりガチャガチャしたことをやりたくない、でもやらざるを得ない面もある、そういうことでしょうか?

そうですね。『極力そんなことをしなくとも成立する店舗』を目指したいという想いはありますね。

前から思っていたんですが、アリーナ柏さんって独特ですよね。出玉も稼働も凄いのに、なんかギスギスしてない、というかギラついたユーザーさんが少ないというか。あの朝の並び(並び順でモノでの確保が可能)が象徴的だと思います。


そうですね。常連さん、地元のお客様のおかげだと思います。私も独特だと思います。この方法が正解だとは思わないのですが、地元の方々がこれに馴染んで頂いているので、それを重視しています。

抽選にしたりもしないのですね。クレームとか来たりしませんか??

抽選は地域の規制でNGです。クレームが出て来る時は大体が初めて見るお客様だったりしますね。無視するわけではないですが、全てに対応するのは難しいですね。

なるほど。もう一点。大都さん直営のホールさんであること。これはユーザーさんご存知なんでしょうか?

ほぼ全ての方がご存知だと思いますよ。

ですよね(笑)  先頭くらいに並んでいるユーザーさんの大都機種選択率、異常ですもん。アリーナさん。
 

▲千葉県柏市のアリーナ柏



はい。ね? 3店舗ともほぼ同じことを仰ってますよね。まさに異口同音。

『これからは出玉だけでは生きていけない。ファンを作らなければ死ぬ』

面白いですよね。出玉で頑張っていて、稼働も良いホールさんが、口を揃えるというのは。確かに出玉は重要。そんなことは当たり前なんですが、そこを注視しすぎるのもどうなんだ。という流れになってきているのかと。決して『出玉を出さなくて済む店舗になりたい』と言ってるわけではないんですよね。3店舗とも。

極端な話、規制やら機械の出玉性能が低下した時、お店に残るのは何か。それは個性だったり、特徴だと。それを意識した上で、出玉でも頑張らないと、この先は生き残れない。そういうことだと思います。みなし機問題で各ホールさんの設置機種に特徴がなくなっていきますし、私も重要だと思います、店舗独自の魅力。ユーザーとしても『このお店だからこの店長だからこのホールで打ちたい』と感じさせるホールさんが増えてくれるのは大歓迎。色んな方法があると思いますが、少なくともそういう店舗をパチ7は応援したい。

以上、トロフィー渡して終了と思っていたのに、ガッツリ考えさせられた40歳編集長のインタビュー記事でございました。

 

前の記事 記事一覧 次の記事

パチ7編集長
代表作:ゆる調

パチ7の編集長やっています。1978年生まれ。嫁と息子一人ずつ。スロ歴18年パチは苦手。歴代好きな機種は「花火、ホロQ、キュロゴス、初代ルパン」など。どうぞよろしくお願いします。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報