パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. SENZIN伝
  4. 親父と妹の結婚式【後編】

SENZIN伝

SENZIN伝

2017.12.15

親父と妹の結婚式【後編】

タイルまん タイルまん   SENZIN伝


私の親父は怖い。

私の友達からはラオウ、鬼、歩く凶器、悪マリオと呼ばれていた程である。

ラオウ、鬼までは恐怖の象徴。 歩く凶器……なんとなく言いたい事は分かる。 悪マリオはただのワリオである。人の親を勝手に任天堂公式キャラクターにしないでいただきたい。

そんな周りから恐れられていた親父が涙を見せた妹の結婚式。

披露宴も終わり、母親が運転する車で宿泊先のホテルに向かっていた。助手席には親父、後部座席に私、母方の祖母が乗っていた。

祖母が 「良い結婚だったねぇ。」 と、呟くと親父が助手席で深く頷きながら 「んだねぇ(そうだねぇ)。」 そう相槌をうった。


「あのね?俺、自分どごを親バカだって分がってんのす。だども、やっぱ娘はめんこいもんね。泣いで手紙読んでだども、めぐさぐねぇし、何してもめんこい。どごさ出しても、しょうすぐねぇもの。」

さて、文章の意味が分かっただろうか?これを訳無しに理解した方々は立派な東北人である。

I. Qサプリの問題かと思われてモヤッとボールを目一杯投げつけようとしている方々に訳を発表しよう。


「あのね?俺は自分の事を親バカだと分かってるんです。だけど、やっぱり娘は可愛いんだよね。泣いて手紙を読んでだけど、みっともなくないし、どんな事をやっても可愛い。どんな場に出しても、恥ずかしくないです。」

スッキリしただろうか? 助手席で身内に娘自慢をしながら、披露宴の事を思い出したのかグスッ、グスッと鼻をすすりながら目頭を押さえていた。


ホテルに着いたので車から外に出ると、一瞬で身体の芯から冷える程の寒さが私を襲った。そそくさとホテルに入り、室内の暖かさを文字通り、身に染みて感じていると親父に「おい」と、後ろから声を掛けられた。


「お前の部屋と俺の部屋は一緒の階だな?」

確認すると、確かにそうだった。母親と祖母の部屋は別な階だった。2機あるエレベーターの片方に母親と祖母、もう片方のエレベーターに私と親父が乗り、また明日と軽く挨拶をしてエレベーターのドアが閉じた。

親父はエレベーターのドアが閉まった瞬間、


「行くだろ?」

泣き過ぎて、目と鼻先を真っ赤にしている貴方はどこに私を誘っているのだ?

「これだよ!これ!」

右手をグイングイン捻っている。

念の為に、この日の出来事を確認する。

数時間前まで親父の娘、つまり私の妹の結婚式だった。

その披露宴で、今、私の目の前でパチンコのハンドルをエアでグイングイン捻っている人間は、確かに号泣していた。

更に先程、車内で娘自慢をしながら再度泣いていた。

しかし、今はエアのハンドルで止め打ちまでする勢いである。今どんな心情なのか? こちら側としては軽いパニックである。


「ホテルの近場にパチンコ屋があるかを調べておいた。」

用意周到だなっ!

「でもラインナップ見るの忘れてた……。」

なんでだよっ!なんで近場のホール調べてるのにラインナップ見ないんだよっ!

エレベーターは我々が今夜泊まる部屋がある階に到着してウイーンとドアが開いた。


「10分後にエレベーター前集合で!」

そう言い残し、足取り軽く親父は自分の部屋へと向かっていった。 10分後。 私より早く親父はエレベーター前に待機していた。

ホテルから歩いて5分程の場所にホールはあった。時刻は19時。 店内はガラガラであった。

仮にも土曜日の19時である。 「選び放題だな!」 ポジティブシンキングな親父である。

一緒に店内の台を見て回り、親父が着席した台は、バラエティ島にあったヤマトONLY ONE。


「やっぱりヤマトだよな。」

そう言って諭吉をサンドに投入する親父。 私は親父の打つヤマトの隣台となる黄門ちゃまに座った。

数分後、何故店内がガラガラなのか少し理解出来た。

私が1野口を使い切った頃、親父は2野口消失していた。 それもそのはず。親父の台は1〜2回転してはデモ画面になるのを繰り返しているのだ。

違う台にしたら?と、声を掛けてあげたい所だが親父のジンクスを思い出して声を掛けなかった。

親父のジンクス。

『連れ打ちで打っている時はお互い声を掛けるな!』

声を掛けられると、途端に良い波が止まるらしい。ジンクスと言えば聞こえはいいがゴリゴリのオカルトだ。

しかし1〜2回転しか回らないなら良い波もクソも無い。声を掛けるべきか……。声を掛けると嫌そうな顔するだろうな。

そう考えていると、私の黄門ちゃまが画面上で騒がしくなり、赤保留に。


「おい!回らないぞ!」

このタイミングで隣で打っていた親父から声を掛けてきた。

何故今なんだっ!こっちは演出に集中したいんだよっ!何故あなたは自分のジンクスを否定する様な行動を取るんだ!

ジーッと私の台を見ながら、スーパーリーチの演出中にボソッと私の耳元で 「それハズれるぞ。」

おいっ!変な予言するなよ!

アッサリとハズれる。

「な?」

ドヤ顔するんじゃない! もっとマシな予言しなさいよっ!

「リーチが弱かったもんな!それ赤保留だけじゃ当たらないんだ。」

何故ここだけオカルトでは無く、まともな事言うのだろう……。

「回らない!回らないから移動する!」

痺れを切らした様に親父は席から離れた。私はその後も、しばらく黄門ちゃまを打ったが、パチスロを打ちたくなり止めた。

親父を探すとGANTZに座っていた。 一発逆転する気なのだろう。声は掛けずに私はパチスロコーナーへと足を向けた。


1時間後。 私はなんとかプラス域に到達して、1日の疲れもあり止めようとコインをドル箱に入れていた。

丁度、親父も止めたらしく、私の所に来た。


「駄目だぁ……。帰る……。」

負けたらしい。可哀想だったので端玉で親父にブラックコーヒーを取って店の外で渡してあげた。

親父は毎朝欠かさずブラックコーヒーを飲む。明日の朝もきっとコーヒーを飲みたくなるだろう。私はなんて親孝行息子だ。

「別にコーヒー好きじゃねぇ。」

この日2度目のパニックに陥る。

「癖で飲んでるだけで何が美味いか分からないし。こだわりも特にない。」

何十年飲んでて好きじゃない、しかも味も別に分からない、こだわりもないという初めて尽くしの発言に衝撃が走った。

「でもUCCのブラックじゃないと嫌。」

それをこだわりと言うんだよっ! 私が渡したのはBOSSのブラック。

BOSSのブラックしか無かったんだからそれで我慢してくれと伝えると「いや、別に飲めりゃいいんだ。」

じゃあUCCの話するなよ!


親父と今日の実戦結果を話しながらホテルへと向かった。

「あのレバー邪魔だよな。」

そういえばと、GANTZに何故座ったか聞くと、

「900ハマってたんだよ。900ハマってたらそろそろ出るべって思って。」

最後もオカルトでくるか。そもそもGANTZを打った事あるか聞いた。

「無い。」

遠征先で少し冒険したくなってるんじゃないよ!

「しかし、パチンコもこれからもっと厳しくなってくるんだべ?どうなんのかね?俺は病気だから打つがな。」

ケラケラと笑いながら親父は言った。

「この辺、昔歩いた事あるんだよ。随分変わったけどな。もっとスナックが多かったけど小綺麗な店が増えたなぁ。時代が変われば色々変わるもんだ。」

周囲を見回しながら、親父は少し寂しそうに呟いた。


「遊びだって一緒だ。時代に沿って変わる。昔みたいに大勝ち出来る時代じゃなくなったんなら、低貸で小遣いと相談しながら好きなもんチビチビ打つ方がいいのさ。昔っから手を替え品を替え、パチンコも変わってきたからよぉ。これからのパチンコがどうなるかなんて、なってみなきゃ分からないけどな?」

そうか。 私がそう一言呟いてから、しばらく沈黙が続いた。

大きく勝てなくなっても、親父の中ではパチンコを引退するという事は無いらしい。この人はヨボヨボになっても打ちに行くんだろうな……。

そんな事を考えて信号待ちをしていた。

「まぁ頑張りなさい。」 唐突に親父はそう言った。

……うん。

この一言だけ返して、親父が何に対して頑張れと言ったかは聞かなかった。

パチンコの仕事をすると言って岩手から飛び出して家族に心配ばかりかけている。周囲からは怖いと言われている親父であるが、本来の親父は皆が思う程、怖くない。ごくごく普通の父親だ。

頑張りなさいと言ったのも、不器用な親父なりのエールだったのだろう。その後、またしばらく沈黙が続き、


「本当……頑張って彼女作れ。」


そっちの話かよっ!

 

 

編集部からのお知らせ。

今回の更新を持ちまして、タイルまんのSENZIN伝は、誠に勝手ながら一旦休載・充電期間とさせて頂きます。

更新を楽しみにしていただいていた皆様、誠に申し訳ございません。再開または新連載が始まる際は、またよろしくお願いいたします。

パチ7編集部

 

21

前の記事 記事一覧 次の記事

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(6 件)

プロフィール画像
タイルまん
投稿日:2017/12/23
弱小チェリーさん
田中さんと肩を並ばせていただけるなんて…最高の褒め言葉です!
期待以上のものを作って戻ってきます!
プロフィール画像
タイルまん
投稿日:2017/12/23
ふるけんさん
とうとう最後まで…感動しました…ありがとうございます!
プロフィール画像
タイルまん
投稿日:2017/12/23
元職長さん
ありがとうございます!
近いうちに絶対戻ってきます!
プロフィール画像
弱小チェリー
投稿日:2017/12/15
「あの時俺はクズだった」並みに大好きなシリーズでした!

是非次回作にも期待しております。

プロフィール画像
ふるけん
投稿日:2017/12/15
最後まで、読んだよ!
お疲れ様!
プロフィール画像
元職長
投稿日:2017/12/15
次回のシリーズをたのしみに
してっからない
お疲れ様

タイルまん
代表作:SENZIN伝-僕らもいつかSENZIN-

祖母から父へ、父から自分へと脈々と受け継がれてきたギャンブルの血筋。何故か博才だけは受け継がれなかった哀れな駄目人間。
今日も貴方と同じ空の下の何処かで負けています。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • 必殺仕置人