パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 元・ホール店長カタギリのしくじり店長
  4. しくじり店長・第54話『老コンサルが残したモノ』

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

2017.10.05

しくじり店長・第54話『老コンサルが残したモノ』

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   元・ホール店長カタギリのしくじり店長


病気によってリタイアしてしまった老コンサル、ホウジョウさんが遺してくれたイベント『THE・宝探し』。


圧倒的な集客を見込めるようになった、この自店の看板イベント。とはいえネーミングセンスがイマイチだな、そう考えた私は『トレジャーハンター』と名前を変えて月に3回の開催に変更。それに加えて『スーパートレジャーハンター』という、お前のネーミングセンスもイマイチだろと突っ込まれそうなタイトルの月イチ大放出イベントも新設。おまけに日替わりのスロットイベントも次々と考案して連日開催。

これらのイベントによってパチスロフロアの稼働がアップした結果、私は一般職から主任へとクラスチェンジ。イベント企画に加えて調整担当、さらには導入機種の選定までを任されるようになった平成21年は、私にとって飛躍の年となった。

何故か利益が全く取れずに撤去せざるを得なくなった『悪魔城ドラキュラ』や、長期稼働に貢献してくれた『忍魂』、コアなファンに支えられた『初代マジハロ』や『ツインエンジェル2』はたまた『絶対衝激』、誤爆に悩まされ続けた『緑ドン』、高設定の出玉がインパクト絶大であった『うる星やつら2』など、思い出深い台が目白押しの1年でもあった。

中でもユーザー人気が高く、また個人的な思い入れも強かった機種がある。それがサミーの『交響詩篇エウレカセブン』である。純増1.5枚のA+ART機、その部分だけに目を向ければ特筆すべき機械とは思えないが、通常時やレギュラーボーナス中に訪れる『5択の押し順当て』によって展開が大きく変わる、原作の名台詞である「ねだるな、勝ち取れ!」を再現したとも言うべきゲーム性は、パチスロファンからの高い支持を得ていたのである。日曜日の早朝から放送されていたアニメを楽しみにしていた私も打ち手、調整担当者どちらの目線で見ても5号機屈指の名機であったと断言する。事実、連日のイベントによって集まってきたパチスロユーザー、彼らが朝イチから競うように台をキープしたのがこの『エウレカセブン』であり、その状況を維持するために、人気に伴った調整内容を心がけるのが私の仕事であった。


そんな状況の中でエウレカを看板機種として使い、根強いファンが残っている台にも高設定を投入。さらにはバラエティコーナーも稼働が下がり気味になったら設定6を使用。常連客の読みの裏をかいて、設定6から下げたとみせかけて、設定6への打ち直し。低設定台をガッツリ上げてくるだろう、その読みをあえて中間設定でお茶を濁す。本気で狙ってくる常連客たちと私の戦いの場となったスロットコーナーの稼働は、その年が終わりを迎える頃には年頭の2倍以上の数字を達成していたのである。

こうなってくると俄然、仕事が面白い。翌年には『新鬼武者』を大量導入してエウレカと並ぶ看板機種に育成。奇数設定の誤爆が目立つため偶数設定メイン、かつ設定6を毎日必ず投入するという配分によって安定した稼働維持に成功。機種の特性を把握した上で、設定毎の出率やIN枚数の上下を日々のデータから読みとって、営業に活かす。パチスロが好きだからこそ楽しめる、まさに天職だと実感した時期でもあった。

その頃には「パチスロコーナーは、カタギリに任せれば大丈夫」というオーナーからの太鼓判をバッチリと背中に押され、自由気ままに仕事をやらせてもらえる環境であった。バラエティコーナーの設定6を1週間据え置き、新鬼武者で1日の差枚数が5,000枚を超えるまで最高設定を放置したら44日間もかかってしまった等、実に様々な思い出が蘇る。  


そんな自身の飛躍のきっかけを作ってくれたのも、全てはホウジョウさんのお陰である。パチンコ店に関わるコンサルなんて、自分の利益しか考えない俗物。思いつきだけを現場に投げつけて汗を流さずに甘い汁だけを吸う害虫。そんな風に考えていた私にとってホウジョウさんは自ら汗を流し、孤独に耐え、オーナーからの社員達への苦言に対して盾となってくれていた、生粋の業界人だったのだ。

お前たちは現場だけ見ていろ、その傲慢の裏に隠された営業数値に関する責任。営業のことは俺がまとめて引き受ける、その豪語に秘められた自分に対するプレッシャー。私自身が再び調整に関わるようになって、ようやく理解できた業界の大先輩の言葉に改めて身が引き締まる。  


私はいつだって、大切なことに気付くのが、あまりにも遅過ぎるのだ。日々の業務に忙殺されることなく、人の言葉の真意を見抜かねばならない。自身が今、自由な仕事を任されているのは、同時に責任を与えられて、覚悟を背負わされているのだ。


ホウジョウさんが遺してくれたのは自身の飛躍のきっかけとなったイベントだけではなく、その不器用な生き方から学ぶべき多くの手本でもあったのだろう。
 

 

カタギリ・今週の1枚

9月23日に行われたパチンコメーカー『愛喜』さんの工場見学に参加させて頂きました。 私が最も感動したのが写真の釘打ち工程なのですが、1本1本の釘を丁寧かつ正確に打ち込んでいくマシーンの姿には感動すら覚えましたよ。

……が、配線や基板を取り付ける作業は正直、見ているだけでお腹いっぱいでした。

故障台を深夜に分解・組立する作業は店員時代に嫌と言うほど経験しましたからね!!

 

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(4 件)

プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/10/13
クギオレさま。

アドリブ店長は意識してましたね、この時期は(笑)。
特に「今日はバラエティコーナーのどこに設定6を入れようかな」とか考えている時はホント、楽しかったですよ。
ノーマルに6を入れるとスグにバレて終日ブン回されて、アッサリ読まれたのが悔しかった記憶があります。
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/10/13
あっきさま。

この時期はホントに仕事が面白かったですね!
自身が一番好きなことを真剣にやれることが、やっぱり一番楽しいですからね。
おっしゃるとおり、今は枯れていく一方ですが……
プロフィール画像
トリオレの三男
投稿日:2017/10/06
設定を入れていた時代のカタギリさんとアドリブ勝負してみたかったっす!ロマンを感じまねぇ〜(笑)
愛喜お疲れ様でした!
プロフィール画像
あっき
投稿日:2017/10/05
こんにちは、カタギリさん
凄い輝いていて、仕事が楽しいときだったのですね。
ということは、この頃は下半身も高度経済成長しましたな?笑←確りオチますよ笑

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー