パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 元・ホール店長カタギリのしくじり店長
  4. しくじり店長・第28話

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

2016.10.05

しくじり店長・第28話

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   元・ホール店長カタギリのしくじり店長



「あの店の北斗は、何かがおかしい」


その噂は「大当り確定演出がガセる」という理不尽な体験をした多くのユーザーによって、 口コミ、あるいはインターネットの匿名掲示板への書き込みを通じて瞬時に広まった。 打ち込み機の接続手順ミスによって、大人気機種『パチスロ北斗の拳』のシマは世紀末状態。 何が何でも北斗と吉宗の客は飛ばすな、という会社からの厳命に対する結果がこの有様である。
1年間で4人の店長が去ったこの店で、私が5人目の旅人となる日もそう遠くは無いだろう。 どうせクビになるのなら早いところバッサリやってくれよ、とすっかり不貞腐れた日々を過ごしていた。


そんな中、同様に打ち込み機を使用していたハズの『吉宗』では何故か液晶バグが発生しなかったため、 北斗の拳が死にジマになってからも安定した稼働をキープし続けてくれたのである。 711枚という大量メダルを1回のビッグボーナスで吐き出し、1G連チャンが続けば瞬く間に一発逆転。
数多のユーザーを狂わせた八代将軍の射幸性は、弱小店舗の営業を支え続けたのであった。 この時代、ケンシロウが救世主ならば吉宗もまた米将軍であったと言えるだろう。 無論、それはホールにとっての話ではあるが。


ところが、そんな人気機種でも「しくじり」をやらかしてしまうのが私というダメ店長なのだ。 その日、吉宗のシマを巡回していた私を呼びとめた金髪の若者からのクレームで、 しくじり店長の黒歴史にまた1ページ、新たな伝説が書き加えられてしまうのである。


「ちょっとこの台おかしくね!? さっきのビッグ、W7揃いしたのに連チャン1回で終わったんだけど!?」


喧嘩上等、とでも言わんばかりに大声で叫ぶ金髪少年。 その声に呼応するかのように、左隣で遊技していた肉体労働系の男性も同様のクレームを入れてきた。


「そうなんだよ! 俺の台もダブルで揃って1発だけだったよ! 何なんだこの店!?」


私はその原因を瞬時に見抜いていた。 吉宗のビッグ中に7がWラインで揃った場合は、2発のビッグボーナスが確定する。 初当りでのW揃いなら3連チャン、2連チャン目のビッグ中なら4連チャンという具合に、だ。 ただしリミッターである『5連チャン目以降のビッグボーナス』に関しては、複数ストック放出が発生しない。
つまりビッグボーナス5連チャン目以降に7がWラインで揃っても、放出されるビッグボーナスは1発だけ。 若者と作業服姿男性、その二人の頭上に積み上げられたドル箱の数、そして大当り回数から推測するに、 おそらく彼らのWライン揃いは、どちらも5連チャン以降の出来事なのだろう。


「ただいまデータを確認して参りますので、少々お待ちくださいね……」


私はただちに事務所に戻って、ホールコンで大当り履歴の確認を行う。 その結果は予想通りだった。 クレームの出た2台からは、いずれも短時間に引き当てた6回のビッグボーナスの記録が残っている。 この事実を説明すれば、納得して頂けるハズである。


「お客様、さきほどのWラインの7揃いは5連チャン目じゃなかったですかね? 吉宗は5連チャン目以降はリミッターによって、Wで揃ってもボーナスは1発だけで……」


私は丁寧に説明したつもりだが、血気盛んな金髪の若者には全く通じない。


「そんなモンいちいち数えてねーよ! てかこの店おかしいだろ? 北斗でもしょっちゅうバグが起こってんじゃん! 吉宗でも何かやってんだろ!」


若者の言う事はごもっとも、である。ウチの店がやらかした出来事は、来店客の多くが知る事実なのだ。 店に対して少なからず偏見があることは覚悟しなければならない。 それにも関わらず、既に仕事に対するヤル気をやや失いかけていた私は、ここで毅然とした態度を貫くことができなかったのだ。


「では、こちらとしてはどう対応すればいいんですかねっ!?」


私のとった対応は店長としてあるまじき逆ギレ、である。 


「わかった、じゃあ警察を呼ぶわ!!」


売り言葉に買い言葉、とは正にこのこと。 金髪兄ちゃんは現金払いで即、お買い上げだ。


「結構です、どうぞ好きにしてください」


どうせ近所の交番から1~2名のお巡りさんがやってきて、私と若者の双方から事情聴取。 しばらく話をして冷静になったお客さんが納得して一件落着。 そんなやりとりは日常茶飯事なので、私は完全に甘く見ていたのである……。


「て、店長!! 店の前がスゴいことになってますけどっ!?」


慌てふためいたアルバイトスタッフからのインカムに反応した私は、店頭に飛び出して言葉を失った。 そこに集まったのは路上を完全に塞いでしまった、激アツの県警パトカー群。 その数、なんと10台以上。 まるで人質を取った強盗がホール内にたてこもっているんじゃないか、というレベルの大騒動である。 そんなお祭り騒ぎの光景を目の当たりにした金髪兄ちゃんは、ますますヒートアップ。 さらには彼の友人達も続々と集まってきて、現場は完全にパニック状態になってしまったのだ。


「この店、もともとおかしいんスよ! 絶対おかしなことやっているから調べて下さいよ!」


追い打ちをかけるように集まった友人の一人が、私を指さしながら警察官に大声で叫ぶ。


「ああ、コイツが店に来てからこの店、いろいろヤバいんすよね~、マジで調べた方がイイっすよ!」


さらには若者の隣で打っていたガテン系の兄さんも興奮して、警官達と何やら会話をしている。 そんな中で私は恥ずかしながら大勢の警官と若者たちに囲まれて、完全に委縮してしまったのである。


「お前ら、こんなに大騒ぎしてどうすんだよ、馬鹿か」


大騒動の中に突然、割って入ったのは目つきの鋭い、作業服に身を包んだ長髪の男性だった。 静かな口調にも関わらず、そこにいた誰もが沈黙してしまう圧倒的な存在感。 いったいこの人は何者なんだろう、と呆気に取られているうちに彼は続けてこう言い放った。


「警察の皆さんも、ここまでパトカーを呼ぶのはいくらなんでも大げさすぎませんか? 自転車とか通れなくなっちゃってますから、数人だけ残して引き上げて下さいよ」


圧倒的な正論を前に我に帰ったお巡りさん達によって、一斉にその場から去っていくパトカー。


「で、お兄ちゃんも、いいたいことがあるなら警察じゃなくて店の人としっかり話をしなよ」


長髪の男性から肩をポンと叩かれて、先程までの威勢の良さがウソのように大人しくなる少年。 それから謎の男性は、同じ作業服を着たガテン系兄さんと一言、二言の会話を交わすと私に近付いてきて、こう告げたのである。


「あ、コイツは俺の同僚なんだけどさ、とりあえず彼、店長さんの言い方が気に入らなかっただけみたいなんだわ。 申し訳ないけどそこだけ頭を下げてもらっていいですかね? それでコイツも納得しますから」


もちろん断る理由なんて、何ひとつない。 私の言い方が良くなかったのが今回の騒動の原因である。 私は先輩と思わしき男性の隣で妙に神妙な顔つきに変わった兄さんに頭を下げた。 そしてもちろん、感謝の気持ちを精一杯込めて、長髪の男性にも深々と一礼をした後、 金髪の若者と一緒に事務所へと戻った。
すっかり大人しくなった若者に印刷したデータを見せながら説明すると、彼はアッサリと納得。 もちろん、こんなことは最初からそうすれば良かっただけの話である。


しばらくしてやってきたサガワさんに事の顛末を説明する。 大騒ぎを起こしてしまったことで怒鳴られることを覚悟していたにも関わらず、サガワさんは今まで私に見せたこともないような満面の笑みを浮かべながら、こう励ましてくれたのである。


「カタギリ、お前よく我慢したよな! 『アンタは納得したけど俺は納得してないよ、警察まで呼んで大騒動になった責任はどうすんだよ?』 って、あの若造に詰め寄ったって良かったじゃねぇかよ」


私のピンチを救ってくれた長髪の男性、そして何事も無かったかのように笑い飛ばしたサガワさん。 こんな二人と比べて自分は何という頼りの無い、小さな人間なのだろうか……。 本来であればそこから奮起するのが普通の男なのだろう、と今になってはそう思う。 が、私はこの一件でますます責任者としての自信を失ってしまうのであった。


 

 

カタギリ・今週の1枚

友人に誘われて『MADOGATARI展』に行ってまいりました。 パチスロでも人気を博した『魔法少女まどか☆マギカ』と『化物語シリーズ』のファンにはたまらない、 豪華な内容に目を奪われっぱなしでした!

『CR魔法少女まどか☆マギカ』の告知もありましたが、ファンの期待が大きい作品だけに期待と不安で一杯ですな。

 

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(8 件)

プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2016/10/14
長門龍希さま。

あの大物感はハンパなかったッスね~。
たぶん喧嘩もメチャメチャ強いと思いますよ、常人のオーラじゃなかったですものw
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2016/10/14
トリオレの三男さま。

この時期、ちょうど主役は銭形にハマってましたねw
とはいえ実際にあれだけのパトカーを目にしたときは焦りましたよ……!
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2016/10/14
すろ さま。

おっしゃるとおりですw
接客業であることを忘れちゃいけませんよね……
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2016/10/14
銀チャさま。

その気持ちがあるかどうかが一番大事ですよ!
失敗を恐れずに何事にも挑戦できるのは、若いうちですからね!
プロフィール画像
長門龍希
投稿日:2016/10/08
長髪の人から漂う首領のような圧倒的感覚……そして ん?といわんばかりの将軍…

てっきりタイトル的に銭形でやらかしたと思いましたが
プロフィール画像
トリオレの三男
投稿日:2016/10/05
パトカーがたくさん来たってことは…

主役は銭形ですね!w

カタギリさんの話、やっぱ、最高です!
プロフィール画像
すろ
投稿日:2016/10/05
まあ、そこは愛嬌だよね。
プロフィール画像
銀チャ
投稿日:2016/10/05
同じ長髪でもこうも違うと、わたしも痛感しております( ´・ω・`)

もっと自分を成長させなくちゃって感じました。

(伸びしろあるかなぁ…)


トホホン_(-ω-`_)⌒)_

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー