パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロ演出信頼度・法則まとめ
  4. SLOTマッピーの1枚役考察 - 1枚役の組み合わせの狙いとは?

パチスロ演出信頼度・法則まとめ

パチスロ演出信頼度・法則まとめ

2022.08.17

SLOTマッピーの1枚役考察 - 1枚役の組み合わせの狙いとは?

はせD はせD   パチスロ演出信頼度・法則まとめ

みなさんこんにちは! はせDです。

マッピーのゲーム性といえば、4号機のユニバ機種たちのリーチ目や、某機種リスペクトの演出と絡めてリールを楽しむのが面白いんですが、そんなゲーム性を活かすためのリール制御を実現している1枚役。ボーナス重複確定になるくらいに大事な役なので、この1枚役の存在を意識して打ってみるとまた違った面白さが見えてくるかもしれません。
 

【1枚役の大雑把な役割】
ボーナス重複役
という役割

『成立=ボーナス』という重複確定役
 

制御役
という役割
 
同じボーナスフラグでも異なる制御を持たせる
 

ということで今回は、マッピーに搭載されている1枚役は、なぜこの組み合わせにしたのかを考察したいと思います。

※実戦上の結果からのはせD考察となります。

 

▲リール配列(左)と見つけられた1枚役(右)

※全ての1枚役の中リールのチェリーはBARサンドのチェリー(6番)です。
 

青7・チェリー・BAR(通称:ナ・チェ・バ)

この1枚役は非常に大事な役割を担っています。というのも、左リールに青7上段に狙って、ハサミ打ちで…
 

こんなリーチ目が止まったとしましょう。このリーチ目で重要なのは、右リールの止まり方です。右リールのBARの4コマ上には青7がいます。右リールがスベって止まっていれば何の問題もないのですが、BARを枠内に押してこのリーチ目が止まる=青7を引き込んでないので、青7BBを否定してしまうのです。

しかし、このナ・チェ・バの1枚役が存在することによって青7を引き込まなくても青7BBを否定しなくて済むのです。

さらに凄いのは、この1枚役は左リール青7上段からはスイカと同時に狙えないんです。スイカをフォローしつつ1枚役も… という考えを持たなくていいので、純粋にリーチ目のことを考えることが出来るのです。

リーチ目1枚役はリール制御のために作られているので、開発側からしても取って欲しくない小役だと思います。そういう意味でも、小役狙いと同時に1枚役を狙えないような組み合わせにしているのかもしれないですね。
 

青7・チェリー・マッピー(通称:ナ・チェ・マ)

この1枚役ですが、左リールに青7を狙った時よりは、BARを狙った時に大事な役割を買っているのだと睨んでいます。
 

左リール下段にBARを押して4コマスベリで小役ハズレなど、まさかのパターンを演出しているのはこの1枚役でしょう。左リール青7狙い時も枠上青7からの小役ハズレのリーチ目が止まりますが、この時は青7を引き込んでないので、別の1枚役になります。

他の左リールの位置でもリプレイハズレ目などはこの1枚役が絡んでいるかもしれませんね。
 

BAR・チェリー・マッピー(通称:バ・チェ・マ)

この1枚役はナ・チェ・マの時の「左リール青7付近を狙った時の、青7枠上からの小役ハズレ目」になる役だと思います。

しかし、私が注目したいのは左リールBAR付近を狙った時のお話です。アツい演出(レバーオンルーレットやパワードア演出など)の時や、レア役対応の演出(ひょっこりにゃん演出)の時に、左リール下段にBARが停止している状態から、順押しで7番のBAR(BARサンドの上のBAR)を中リール中下段に狙ってみると…

 

下段BARテンパイはベルがハズれればボーナス(小役以上の演出時のみ)。ただ、右リールにBARを狙った際のリーチ目が、中段ベル・ベル・リプレイしかないと思うので、リーチ目の関係上当たるのは、ほぼRB。BBで止まる場合は右リールはハズレ目になるような位置が止まるでしょう。

スイカがスベってきた場合はハズればBB。不意にハズれるスイカがたまらないんすよ!
 

注目したいのがこの右上がりBARテンパイの形。ここから当たる場合は、バ・チェ・マが成立している可能性が高いので、全ボーナスの可能性があるんです。BB成立時はスイカがスベって来てハズれるのが全てではないっていうのが面白いですね。

そして、評価したいのが組み合わせです。1枚役を拾いにいくと、どのボーナスが成立しているか分かりません。マッピーは3枚掛け専用機のため、1枚役を取った次ゲームも3枚掛けで回すことになるので、RBの場合は1枚役を取るよりも直接BARを狙った方が2枚お得なのです。

しかも、RBを否定した際はBB確定になって嬉しい上に、BB確定時のボーナス判別は中リールマッピー図柄狙いで1ゲームで出来るので、ボーナス成立後のコインロスもかなり抑えられると、まさにいいことだらけなんです。

私、1枚役は拾えるなら拾いたい派の人間なのですが、成立していると分かっていても1枚役をこぼす選択をしたのは、このマッピーが初めてです。それほどまでに1枚役を気にさせていないかが、うかがえますね。
 

ベル・チェリー・マッピー(通称:ベ・チェ・マ)

ベ・チェ・マは普通に成立した場合は他の1枚役と同様にボーナス重複役ですが、注意事項がありまして、それがシングルボーナス(SB)の存在です。
 

シングルボーナス(SB)について

ボーナス+AT機のほとんどに搭載されているシングルボーナス(SB)。マッピーも例外ではなく搭載されています。

このSBが入賞した次ゲームにこのベ・チェ・マの1枚役が成立する可能性がありますが、成立してもボーナス確定にはならないので注意! SBを入賞させない打ち方をしていればベ・チェ・マ成立=ボーナス確定になるのでそこはご安心ください。
 

さてこの1枚役ですが、左リールにチェリーを引き込む位置で押していると7番のベル図柄を引き込めないので100%こぼします。小役狙いの打ち方をしていれば引き込まない1枚役なのですから、同時成立しているボーナス図柄を引き込まない限りはどういう目を止めるかは自由です。

なので、私はこの1枚役はハズレ目を引き込む… いわゆる1枚役Dと呼ばれる物だと推測しています。マッピーはハズレ目で連続演出に発展したりするのですが、1枚役を引き込むとハズレとは異なる制御になっちゃうので、本当にハズレの制御になって連続演出に発展したという時のボーナス期待度が下がってしまうんです。

ボーナスの期待度を下げないためにも、小役狙いをしていると1枚役を引き込めない組み合わせにしているのはいいですね!
 

まとめ

Aプロ機種でもそうですが、リール制御を変えるための1枚役はいわば裏方的存在なので、気にしない、取れないようになるのが最高なのです。

そこにおいては、マッピーのリーチ目役というのは頑張ったのではないでしょうか。1枚役を気にせずにプレイできるという点を評価したいです。これから先、1枚役ではなく1つのボーナスフラグでリール制御を複数持てるテーブル制御が復活して、1枚役の存在すらも気にせずに単純に出目にアツくなれる… そんな時代が来るといいですねぇ。
 

 


MAPPY™&(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
(C)Bandai Namco Sevens Inc.
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

共有する

はせD
代表作:パチスロ演出・法則まとめ

福島県出身。1999年生まれ。4号機ハナビで初めてパチスロに触り、魅了されていく。基本はノーマル・Aタイプを打ちますが、AT機なども色んな台も打ちます。リールの制御・出目で楽しませてくれる機種が好きです。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報