パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 俺よりヤバい奴に会いに行く。-岡井モノと全国のパチンコパチスロ異常愛者-
  4. ROUND4:vsだくお(攻略発信者)  期待値なんてどうだっていい!?『期待値見える化の男』

俺よりヤバい奴に会いに行く。-岡井モノと全国のパチンコパチスロ異常愛者-

俺よりヤバい奴に会いに行く。-岡井モノと全国のパチンコパチスロ異常愛者-

2021.01.23

ROUND4:vsだくお(攻略発信者)  期待値なんてどうだっていい!?『期待値見える化の男』

岡井モノ 岡井モノ   俺よりヤバい奴に会いに行く。-岡井モノと全国のパチンコパチスロ異常愛者-


パチ7編集部
「岡井さん、最近はパチンコ・パチスロでも有料攻略noteなんてのが話題ですよね、情報発信も個人の方が早いし、あれやってる人けっこうヤバい人だと思うんだよ。いい意味で」

パチ7編集部
「雑誌顔負けの情報量と精度のものも増えましたし、あれどんな人がやってるんでしょうね」

パチ7編集部
「え、なに? 岡井くん。知りたい? えーどうしよっかな、仕方ない、そんな欲しがりの岡井さんのためにアポをとってます!!」

パチ7編集部
「……(めんどくさいなこの人)」

 

どうもみなさん御機嫌よう、岡井です。そしてお久しぶりの『俺よりヤバい奴に会いに行く』でございます。

今や世間もステイホーム時代、それぞれが家でできることを探して取り組む昨今ですが、それはパチンコ・パチスロの世界も例外ではありません。一人で研究を続ける火傷しそうなアツい気持ちと、若干怖いくらいの行動力をもったナイスガイをご紹介するこの企画も今回で4回目。

今回のお相手はパチスロの攻略情報を求めていた人ならご存じの方も多いであろう、この方です。
 

今回のヤバい奴はパチスロ攻略情報サイト『期待値見える化』のだくおさん。旬の時期に複数の攻略情報を発信されているので、note記事の方で認知している方もいるかもしれませんね。

どうして期待値を見える化するのか、今まで謎に包まれていた裏側とは、今回のインタビューでだくおさんという人物を見える化しましょう。

 

だくおのヤバみ

圧倒的情報量を誇るだくおさんのサイト『期待値見える化』

★Twitterフォロワー数:約25,000人(2021年1月)
★パチスロ攻略情報発信を生業とする、ヤバい
各種設定判別ツールを作成し公開、さらにLINEツールも公開、ヤバい
★有料note記事を公開するとそれも売れまくる、ヤバい
★パチスロのみならずパチンコ期待値までカバー、ヤバい


 

パチ7編集部
「本日はよろしくお願いします、有料note記事を販売している人に聞きたかったんですけど、価格設定はどんな基準で決めてるんですか?」

パチ7編集部
「え、なんとなく……」

パチ7編集部
「そんな適当なの(笑)」

パチ7編集部
「この記事大変だったなとか、旬かな、とかは考慮しますけど」

パチ7編集部
「思ったよりふわっとした基準だった」


データを見極め期待値をはじき出すだくおさんなので数値管理は厳格な基準がある、と思っていたら案外そうでもなかった。だくおさんという人はどういう人なのかを掴むため、パチスロとの出会いから聞いていきましょう。

 

ヤバい町の早熟北斗世代

パチ7編集部
「ええっと、パチスロはいわゆる北斗世代(※)ですか?」
(※)4号機北斗の拳ブーム時にパチスロデビューした人の総称

パチ7編集部
「年代的にはその層なんですけどパチスロはもっと前から知ってましたね。初めては◯◯歳の時に友達に誘われて行って、そこからハマっていったみたいな」

パチ7編集部
「幼すぎる(笑)  やべぇなその町、モーニング(※)とかあったの?」
(※)台のボーナスフラグが成立した状態で開店するサービス

パチ7編集部
「いや、そういうのは無いです」

パチ7編集部
「あぁ、じゃあ1000円、2000円使って運試しみたいな感じだったんですか?」

パチ7編集部
「いや……もっと、かなり……」

パチ7編集部
「え、その年齢で?  大丈夫? なんか悪いことしてない?」

パチ7編集部
「してないです(笑)」

パチ7編集部
「ちなみに最初は何を打ってたんですか?」

パチ7編集部
「オオハナなんかがメインでしたね」
 

▲『大花火(1999年:アルゼ)』ノーマル機のゲーム性と大量獲得BIGの技術介入がスロッターの絶大な支持を得た

パチ7編集部
「おお、我らが大花火! ビタ押しとかできました?」

パチ7編集部
「いや、最初は全然できなくて、プレステのアルゼ王国(パチスロシミュレーター)買って練習しました。あとは他の機種ですが、雑誌読んで天井追ったりとか、ちょっとづつ勝てるようになった感じです」

パチ7編集部
「あぁ、わりと王道の」

パチ7編集部
「でも◯学生ですよ(笑)」

パチ7編集部
「そのちょっと後だけど、天井は確かに美味かった。俺も一時期『猛獣王』天井プロだったよ。でも期待値とか我慢できなくて、最終的に400Gくらいからオイシイって言って追ってた」
(※)低設定なら期待値マイナス

パチ7編集部
「もう病気だよ、それ」

 

稼ぎ過ぎてバイトを辞める

パチ7編集部
「じゃあ若いうちは学校行きながらホールに足を運んでって感じだったんですね、バイトはしてませんでした?」

パチ7編集部
「スーパーの品出しのバイトをしてたんですけど、途中からパチスロの方が稼げるようになって辞めちゃいましたね」

パチ7編集部
「親御さんとかは何も言わなかったの?」

パチ7編集部
「特に何も言われなかったですね」

パチ7編集部
「だくおさん、愛されてなかったのかなぁ」

パチ7編集部
「おいやめろ」

パチ7編集部
「いや、自主性を重んじる教育方針という感じで、両親パチンコやらないんであまりわかってなかったのかもしれないですが」

パチ7編集部
「その頃になるとけっこう勝つようになってたんじゃないの?」

パチ7編集部
「あー……収支つけてなかったんですけど、年にウン百万くらいは……」

パチ7編集部
「ヤバっ(笑) いやすごいね、まぁそういう時代よね」

パチ7編集部
「でもそうなるとパチスロで食っていこうという考えにならなかったんですか?」

パチ7編集部
「なんかそのへんは切り離してましたね。学生の時も就職の時もスロプロとかは考えたことも無かったです」

 

会社を辞めるためにできた『期待値見える化』

パチ7編集部
「じゃあそのまま就職して、パチスロも続けて、って感じだったんですか?」

パチ7編集部
「実は就職した後、一度パチスロから離れてたんですよ。普通の生活してみようかなと」

パチ7編集部
「そんな……引退するアイドルみたいな発言(笑)」

パチ7編集部
「辞めようっていうか、自然と行く気にならなくなった感じですね。ただある時に近所にいい店があるって知って、また戻りましたけど」

パチ7編集部
「パチスロ中心の生活再び」

パチ7編集部
「中心と言っても単にパチスロ稼働で勝つことをメインにする気はあまり無いんですよ。誰かの役に立ちたいって意識があるので。それがパチスロなら情報発信かなぁと」

パチ7編集部
「ああ、誰かの役に立ちたい。それが『期待値見える化』に繋がっていったと」
 

パチ7編集部
「ブログ始めた時はもう会社辞めるつもりだったんですよ。副業としてブログで喰っていけるようにしてから辞めようと」

パチ7編集部
「会社辞めるためにできたブログだったんだ(笑) 不安は無かったんですか、ブログ収益なんて補償も安定も無いでしょうし」

パチ7編集部
「ブログ運営を教わる機会があって、そこでノウハウを学びました。最初の頃は実戦記事メインだったんですけど、おかげで一日の睡眠が3時間とかになってました」

パチ7編集部
「そんなに!? もう会社辞めたくて仕方ない状態じゃん(笑)」

パチ7編集部
「そうですね(笑) でもお陰様で半年くらいで月収10万円くらいになって……」

パチ7編集部
「半年で月収10万いったのはスゴイですね」

パチ7編集部
「ある時、データを集める記事は絶対需要あると思って、そこにコミットしていったらドンとPVが上がりましたね。多分最初は『ウルトラマンウォーズ』だったかと」
 

▲『ウルトラマンウォーズ(ビスティ:2013年)』疑似ボーナス+ART機、プレミアフラグを引くと以降の内部数値が設定6に書き換わる

パチ7編集部
「へぇ、じゃあこの機種から今のスタイルに近くなったんだ」

パチ7編集部
「まだまだ全然でしたけどね。データもネットで集める方法知らなかったんで、毎日ホールに通ってデータランプポチポチしてメモってました」

パチ7編集部
「いやすげー努力、ホールさんは超イヤだったでしょうね(笑)」

パチ7編集部
「でもこの記事は絶対需要あるって確信があったんですよ」

パチ7編集部
「なるほど、それも苦じゃなかったと、これでPVがグンと上がったんですね」

パチ7編集部
「いや、それがそんなに……」

パチ7編集部
「確信あったんじゃないのかよ(笑)」

パチ7編集部
「いきなり結果は出ませんでした、ただその後の『吉宗』『まどかマギカ』の時にようやく検索上位になったりでアクセスが上がってきましたね」

 

記事を無料で見てる人ほど文句を言う

パチ7編集部
「情報サイトやってるとクレームみたいなのとか来ません? データ違うじゃねぇかみたいな」

パチ7編集部
「あー、たまにありますね」

パチ7編集部
「まぁぶっちゃけ、無料公開してる情報で文句言われる筋合いはない、ってのもあるよね」

パチ7編集部
「そういう気持ちも無くはないんですけど、僕は無料でも時間使って読んでくれてるって思うので、ちゃんとしようとは考えてます」

パチ7編集部
「むしろ情報として正しいが故に『オイシイ情報広めるなよ』的な文句言ってくる人もいる気がしますが」

パチ7編集部
「それも時々ありますね。ただそう言われて、仮に僕が辞めたとしても他の誰かが情報を広めるわけで結局不毛というか、自分自身を変えてもらうしかないというか……」

パチ7編集部
「確かにそうですよね。今は解析攻略ブログなんて探せばいくつもありますし」
 

パチ7編集部
「それこそ有料で記事を公開するって勇気いらなかった?」

パチ7編集部
「最初は怖かったですね。ただ流れをみて有料記事に抵抗が無くなった時期を見計らったのと、読者さんからむしろ有料にしてくれ、って声もいただいていたので」

パチ7編集部
「へぇ、有料記事を買った人からの文句とかは無かったの?」

パチ7編集部
「無いですね。これは発信者みんなが言うんですけど、有料記事を買う人よりも無料で情報を入手した人の方が圧倒的にクレーム的なことを言うんですよ」

パチ7編集部
「あぁ、確かにそういう話は聞きますね」

パチ7編集部
「そもそもnoteはドメインも強いですよね。同じ記事でもnote上にある方が検索上位に来る」

パチ7編集部
「note強いですね。直近だと有料記事販売額はサイトの広告収入の5倍くらいの割合になりました」

パチ7編集部
「おおすげぇ、パチ7もnoteで有料記事出そう! 『期待値もっともっと見える化』ってタイトルで!!」

パチ7編集部
「やめてください」

パチ7編集部
「(笑)」

 

記事を書く時は自分を信用し過ぎない

パチ7編集部
「記事にする機種ってどう選定してるんですか? やはり人気重視ですか?」

パチ7編集部
「その時の旬はもちろんあります。ただ最近だと『戦コレ4』とかはコレ数管理のシステム上、データグラフの動きだけ追ってても分析が難しいんですよ。だから中途半端な記事を出すくらいなら最初から出さないってこともあります」

パチ7編集部
「へぇ、そういう自分基準があるのね。他に記事書く時に気を付けてることはある?」

パチ7編集部
「自分を信用し過ぎないってことですかね。自分が正しいと思っちゃうと、都合のいい情報ばかり集めちゃったりすると思うので、できるだけ公平であることを意識してます」

パチ7編集部
「ちゃんとした記事を出したいってことね。もうプロ意識的な思考だ」

パチ7編集部
「ちょっと意地悪な質問ですけど、自分の記事によって稼働が止まったり、下がったりするって可能性は考えません? モード確認情報が広まったら朝イチ数ゲームだけ回されて放置みたいな、ある意味自分の首を絞めているというか」

パチ7編集部
「そういう側面は確かにあると思ってます。ただ情報が広まることイコール機種寿命の終わりではなく、意味があると分かればみんな回すと思います。全然チャンスじゃないのに演出だけで煽って回させようとする方がちょっと無理があるかなと」

パチ7編集部
「まぁ確かに。そういう機種作るメーカーも悪いよねって話ですし」

パチ7編集部
「結局情報を隠すことにはどこかで限界が来るので、メーカーさんの工夫に期待したいですね。でも即ヤメが広まるってことは、逆に詳しくない人が打っても無駄が出にくいってことなので、それはそれで悪いことじゃないと思うんですよ」

パチ7編集部
「短時間でとりあえずAT一回だけって遊び方は6号機らしいとも言えますしね」

 

パチ7編集部
「相当数の記事を書いていると思うけど、一番のモチベーションって何なの?」

パチ7編集部
「記事作る時って『ホントにこれできるのか? 有益な記事になるのか?』みたいな所からはじまったりするんですけど、試行錯誤して完成した時は達成感みたいなものを感じますね」

パチ7編集部
「あぁ、解明できたぞみたいな。好きなんだねぇ突き詰めるのが」

パチ7編集部
「一日の中で期待値見える化に使う時間はどれくらいですか?」

パチ7編集部
「うーん、日によって違うし、作業してなくても考えてる時間とかありますからね。まぁ強いて時間で言えば8時間くらいなのかなぁ」

パチ7編集部
「8時間!  やってるねぇ」

パチ7編集部
「同じように情報発信してる人と話した時に、あれ一人でやってるって言うとビックリされますね(笑)」

パチ7編集部
「ではそうして作った記事の中でも一番自信のあるものは?」

パチ7編集部
「うーん、常に一番最近のが集大成というかレベルが上がってると思うので、そういう意味では最新記事になるのかな」

パチ7編集部
「実際仕事辞めて、自立して自由にやってる感、感じてます?」

パチ7編集部
「確かに自由ですし、良かったとは思ってますが、なにしろ不安定ですし、それこそコロナの影響でブログのアクセス数95%減とかあったんで……」

パチ7編集部
「落ちたよねぇー、パチ7もガッツリ落ちた。でも、そしたら収入ほぼ無くなったでしょ?」

パチ7編集部
「無くなりましたね。だからそういう意味ではプレッシャーはありますし、自由と言っても逆に常に仕事を考えなきゃいけない状況です。あと自由過ぎると生活が乱れますね(笑)」

パチ7編集部
「話は変わるけど、例えば情報発信者として『だくおさんみたいに生きたい』って人いたら、オススメできる?」

パチ7編集部
「うーん……オススメかどうかはさておき、今はtwitterとかnoteとかで発信のハードルが下がって、誰でもできる環境になってるので、まずはやってみればいいんじゃないかとは思いますね」

パチ7編集部
「発信者として一番大事な事って何だと思います?」

パチ7編集部
「『人との縁』ですかね」

パチ7編集部
「縁? へぇっ意外!」

パチ7編集部
「僕は一人でなんでもやっちゃうタイプではあるんですけど、長く続けると、やっぱり結構しんどい時期もあるんですよ。そういった時を突破できるきっかけって人との縁なんですよね」

パチ7編集部
「ブログのアクセスが減ったりとか、収入がなくなりますもんね」

パチ7編集部
「表に出ない部分でもいろいろやったりもして、それが結果に出ないこともあるんです。でもそういった努力してる自分をみてくれる人がいて、そこから新たな方向性がみえたりしたんです。だからすぐに見返りを求めるんじゃなく目の前の人を大切にしなきゃって思ってますね」

パチ7編集部
「……すげぇいいヤツじゃん」

パチ7編集部
「インタビュー終盤にふさわしいいい話が出てきた」



 

実は期待値なんてどうでもいい?

パチ7編集部
「パチスロ攻略情報分野では既にトップクラスですが、だくおさんが考える“良い発信”って何でしょう?」

パチ7編集部
「noteは言い方悪いけど情報商材的な側面もあるわけで、その気になれば騙せちゃったりもしますよね。そんな中でのだくおさんのこだわりとかを教えていただければ」

パチ7編集部
「けっこう精神的なものを重視するんですよ。もちろん発信を続けるうえで利益があることも大切なんですけど、それを踏まえて『読者さんに寄り添う』というか、信頼されるってことが大事だと思います」

パチ7編集部
「読者さんに寄り添う……。それは読者さんに勝って欲しい、ということ?」

パチ7編集部
「うーん、なんというか、それほど強く勝って欲しいとは思ってないんですよ」

パチ7編集部
「確かにだくおさんは例えばタイトルとかで『これで勝てる!!』『期待値〇〇円!!』みたいな発信しない印象ですよね。フラットというか、あまり煽らない」

パチ7編集部
「そうですね。フラットであることは意識しています。どう活用するかは、読んでくれる皆さん次第だと思っているので。ただ、変なのに騙される人は減って欲しいとは思ってますね」

パチ7編集部
「ん?  変なの?」

パチ7編集部
「例えば今だと6号機のヤメ時はAT後0Gが多いですけど、メーカーや台の演出はAT後100Gまでチャンスみたいなことを言ったりするじゃないですか。データみてたら明らかにそうじゃないってわかるのに」

パチ7編集部
「ありますね。稼働を伸ばしたいって気持ちなんでしょうけど」

パチ7編集部
「知らない人を騙すみたいなやり方はしっくりこないんですよ。最近の台だと、モードや設定示唆をAT終了後しばらく回すと出やすくしたりと工夫があったりするので、そういうのはいいなと思うんですけどね」

パチ7編集部
「正義感じゃないけど、ちゃんとした情報で判断して欲しいってところなんでしょうね」

パチ7編集部
「読者に寄り添う、ってところ。気になるからもっと聞いていい?」

パチ7編集部
「ビジネスとして情報発信していくと、読者さんのためになる情報やPVが稼ぎやすい情報、noteが売れやすくなる情報と色々あるんだと思うんですけど、どれを出すかは結局こっちの都合であって、どこに重きを置くかはちゃんと考えなきゃいけないと思ってます」

パチ7編集部
「うーん、なんか耳が痛い気がする……」

パチ7編集部
「もちろんビジネス的な面も必要なんですけど、それだけじゃダメだぞと」

  パチ7編集部
「だくおさんから見てコイツ嘘ばっかりだなっていうパチスロ情報発信者っているんですか?」

パチ7編集部
「たまに見ますけど、そういう人は普段から適当な立ち振る舞いをするので、情報を買わなくてもすぐ見抜けるんですよ。適当な数字出して『最速公開!!』みたいな」

パチ7編集部
「適当な情報でも検索上位に来たりしちゃうからね」

パチ7編集部
「悪意もってやろうと思えば、適当な数値載せて知らんぷりってこともできちゃうので、検索パワーが強くなりすぎるのも考えものですね」
 

パチ7編集部
「これからのパチスロ界に望むことってあります?」

パチ7編集部
「この業界ってやったもん勝ちみたいな、出し抜いた人が結局得をする、みたいなことが多いんですよね」

パチ7編集部
「ああ、最近も撤去期限で一悶着ありましたね」

パチ7編集部
「そうです。なんか正攻法というかちゃんとするというか、真面目な人が報われるような世界になって欲しいと思ってて、そういう人はブログ紹介なんかでも手助けしたいなと」

パチ7編集部
「うんうん」

パチ7編集部
「誰かをあざむいて得をすることを良しとしない、硬派というか。期待値見える化のだくおさんって聞くと、それこそ期待値至上主義みたいな、もっとシステマチックなイメージがあったので、ちょっと意外な感じです」

パチ7編集部
「確かにそういう考え方はむしろアナログ派だよね」

パチ7編集部
「いや『期待値なんてぶっちゃけどうでもいい』んですよ」

パチ7編集部パチ7編集部
「えっ(笑)」

パチ7編集部
「まぁでもパチスロなんてその人が楽しいと思えばそれで勝ちみたいなところはあるからね。『期待値見える化』の主が言うセリフとしてはどうかと思うけど(笑)」

パチ7編集部
「サイト見てた人は多分『えっ、どうでもいいの!?』って思ってますよ、俺たちが信じてただくおさんがって震えてるかも」

パチ7編集部
「うん、いや、どうでもいいは違うか、えーっと……何だろ?」

パチ7編集部
「期待値も大事だけど、計算で出る部分よりも大切なものがあるんだよね。きっと」

パチ7編集部
「だくおさんの場合はそれが人の縁だったりと」

パチ7編集部
「あっ、うん、そう!! それです!!」

パチ7編集部パチ7編集部
「(笑)」



 

だくおはヤバい奴だった。

以上で今回のインタビューは終了、だくおさんはデジタルな手法とアナログな情熱を持つヤバい奴でした。


パチスロ6号機時代。それは台のシステムを理解し、天井や内部ポイントシステムを把握して実践する者が勝利する、まさに情報にこそ価値がある時代となりました。そんな価値を独自の目線で分析し提供するだくおさんに注目が集まるのも必然だったのでしょう。

ご本人はわりとラフな面もあるのでそのキャラクターに少々ギャップもありますが、むしろそこにパチスロ愛を感じたりもします。


★だくお語録
・すぐに見返りを求めるんじゃなく、目の前の人を大切にする
・読者さんに寄り添って、信頼されることが大事
・(最終的に)期待値なんてぶっちゃけどうでもいい



俺よりヤバい奴に会いに行く4回目は攻略情報発信者でした。ネットで見かける攻略情報は誰がどこから出してるのか、という部分が明らかになることで皆様のパチスロライフもより豊かになったのではないでしょうか。インタビュー中は私も編集長を止めましたが、自分も有料noteで生活できないかと心を動かされかけたことをここに告白します。


次回はどんなヤバい奴が出てくるのか、今から私も楽しみです。


 

10

78

共有する

岡井モノ
代表作:オカイ☆サロン

学生時代友人に連れられ、はじめて『ジャグラー』を打って負けたその日、悔しくてなぜか『サバンナパーク』のゲームを買った異端の猛禽。パチ7自由帳において「何か変なヤツがいるな」と思われていたが、何か変なヤツのまま編集部に捕獲されたトリックプレイヤー。日本全国を旅する渡り鳥としての経験を活かしたコラムを、旅情たっぷりに綴るかと思わせながら特にそういうコラムを書いたりはしない。今日も今日とて奇策縦横。

  • twitter


2020年12月度自由帳大賞&新人賞

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ