パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 『ノーマルAタイプ特集』 設置期限延長! 初心者も今から楽しめる! ノーマルが分かれば長く楽しめる!
  4. 『アクロス初心者・未経験者3つの壁(リーチ目暗記・取りこぼし・マウント)』を解決! 明日から打てるノーマルタイプ!

『ノーマルAタイプ特集』 設置期限延長! 初心者も今から楽しめる! ノーマルが分かれば長く楽しめる!

『ノーマルAタイプ特集』 設置期限延長! 初心者も今から楽しめる! ノーマルが分かれば長く楽しめる!

2021.03.09

『アクロス初心者・未経験者3つの壁(リーチ目暗記・取りこぼし・マウント)』を解決! 明日から打てるノーマルタイプ!

岡井モノ:ライター兼パチ7編集部員(別館) 岡井モノ:ライター兼パチ7編集部員(別館)   『ノーマルAタイプ特集』 設置期限延長! 初心者も今から楽しめる! ノーマルが分かれば長く楽しめる!

▲講師:編集長、生徒:せせりくん。ぜひ、動画も御覧ください!

アクロス初心者の3大思い込みを解決したい!

パチスロ初心者、あるいは対象機種の知識に自信が無い人が恐れる事態として、「チャンス状態の台をヤメてしまうかもしれない」「うまく打てないと損をしてしまいそう」「詳しい人にバカにされそう」というものがあると思います。

特にボーナス主体のノーマルタイプ台は、ジャグラーやハナハナといった完全告知機ならいざ知らず、アクロス系やパルサー系、その他液晶搭載機でもボーナス成立ゲームでランプや確定画面が出ることは稀です。慣れるとそこが面白い部分でもあるのですが、初心者にとって「ボーナス成立中の台を捨ててしまうかも」という不安は大きく、損をしたくないという思いからノーマルタイプ自体を敬遠してしまいがちです。

他にも適当押しでは取りこぼす小役があったり、アクロス上級者っぽい人が隣でチラチラ見ている気がするなど、『初心者が恐れる3つの壁』が存在します。
 


今回はそんな壁を乗り越えるべく、これからノーマルタイプを打ちたいという方に向けた3つの突破方法をお伝えしましょう。

知っていれば今日からあなたもアクロス上級者であり、Aプロジェクトリーダー。プロジェクトリーダーってなんだ。

 

【リーチ目の壁】実は覚える必要は無い!?

「チェスチェが──」
「ゲチェナが──」
「小山型のスイカが──」

ベテランスロッターが呪文のようなワードをつぶやいていることがありますが、これらはリーチ目関連の話をしていることが多いです。そしてこれこそがノーマルタイプ初心者の悩みの一つではないでしょうか。

リーチ目とはボーナスの成立状態を図柄の停止パターンで察知できるもので。覚えてしまえばボーナスを見逃す心配はほとんど無くなり、不意に出現する出目を味わうという楽しみも広がるものです。
 

バーサスでみられる小役ハズレ型リーチ目、チェスチェがえらそう

でもメーカーサイトとかで公開されているリーチ目ってやれ3000通りだ、やれ4000通りだ、とかあるし、そんなの全部覚えるのは無理だ! と思っている初心者のあなた、諦めるのは早いです。そもそもある程度打ち慣れた人でも、リーチ目を全種類暗記している人などほとんどいません。(一部変態を除く) 実際に動画にもあるように、我らが編集長も覚えているリーチ目は『10通りもないかも』だそうです。

ではまず『そもそもリーチ目ってなんなの?』について説明しましょう。

 

そもそもリーチ目とは?  その活用方法。

リーチ目とは『内部的にボーナスが成立している時にのみ出る図柄の停止型』であり、これが出れば告知ランプや液晶演出とは関係なく、ボーナスを揃えることができる状態を意味します。


リーチ目の仕組みを説明するには、パチスロの基本的な制御を知る必要があります。基本の基本なので、難しいことはありませんよ。大丈夫。

まず基本的にパチスロはレバーを叩く毎にフラグが抽選され、成立したベルやリプレイといった小役、もしくはハズレが揃います。この時、成立した役を引き込んで揃えようとする制御が働くため、ある程度アバウトに押してもリプレイが揃い、逆にフラグが成立していない役は、狙っても絶対に揃いません。

このように毎ゲーム抽選されたフラグによって制御されるリールですが、ボーナスフラグのみは成立した次ゲーム以降も有効となります。つまり一度内部的にボーナスに当選すれば、以降は『ボーナス図柄を揃えようとする制御』が働くことになります。

これによってボーナスを揃えられる状態となった台は制御が変わり、通常時には成立しない出目が出現します。これがリーチ目(ボーナス成立のサイン)なのです
 

液晶演出の状態に関わらずリーチ目が出現する機種は多くあります


とはいえ膨大な停止パターンを全て暗記するのは無理ではないか、そう、その通りです(一部パチスロ変態を除く)。その解決には先ほど説明した制御がヒントになります。

パチスロは基本的に成立した役を揃え、かつ図柄の引き込みは最大4コマまで。それはつまり毎ゲーム同じ部分を目押しすれば、通常時に出現するハズレの停止型は限られるということです。

例えば「いつもは枠上に停止する7図柄を中段まで引き込んだ」と言った場合には「いつもと違う」→「レア役orボーナスを引き込もうとした制御だ」と察知できるのです。リーチ目を全て暗記する必要はありません。

「いつもの停止型」を覚えることで『いつもと違う停止型』という違和感に気付けるようになるのです。その違和感こそがリーチ目だったりするわけですね。「いや、でもそれがリーチ目かどうかは、結局覚えていなきゃ確かめられないんじゃ?」……ご安心ください。覚えていただきたいリーチ目は3つで充分です。

 

まずはこれだけ覚えて!! 主要機種のリーチ目=ヤメ時の確認

違和感と説明しましたが、実際には毎ゲーム一切ズレの無い目押しを実行するのは困難ですし、ボーナス成立後も小役フラグが成立したりと、必ずリーチ目が出るわけでもありません。

そこでここからは現在ホールで活躍する主要ノーマル機で無理なく出せるリーチ目をご紹介します。毎ゲーム狙うのは大変だと思うので、ボーナスが成立している気がする、あるいはヤメる前にボーナス有無を確認したいといった場合にはここを狙ってみてください。

 

ハナビ

▲いわゆる2確の代名詞『ゲチェナ』

▲ザ・王道。小役のダブルテンパイハズレ

▲成立しにくい斜め氷ハズレ目

通常時の最もポピュラーな打ち方だと思われる『左リール上段BAR(暖簾)後に右リールを止めるハサミ打ちのリーチ目3種』です。

★左上段BAR(暖簾)停止時、右リール下段に赤7が止まればその時点でボーナス確定。いわゆる2確目であり、これがかの有名な『ゲチェナ』です。
★基本中の基本が、左リールと右リールで、風鈴と氷がダブルテンパイするカタチからの小役ハズレ型。中リールは氷を取りこぼす可能性があるので、赤七を目安に!
★右リールに暖簾・リプレイ・ドンちゃん停止時に、中リール中段に氷を狙って止まらなければボーナス確定! の小役ハズレ型です。暖簾は氷の代用図柄なので、右リール停止の時点で氷orボーナスが成立していることになります。


まずはこの3つだけ覚えて頂ければOK! 先述した通り、怪しいな? と思った出目が停止した次ゲームにこれらのリーチ目を狙ってみましょう。停止すれば、お見事! アナタの感じた違和感に間違いはございませんでした! ということですね。ヤメるときも、これらの出目を狙って、止まらなければほぼボーナスは成立していないので、ヤメて大丈夫です!
 

バーサス

『ハナビと一緒?』と思ったみなさま、大正解です。そう、ハナビとバーサスは共通する部分が多い、兄弟機なのです。なので、どちらかが打てるようになれば、もう一方も打てるようになりますよ。まぁ奥深さの方向性は違うのですが、それはまた別の話。
 

クランキーセレブレーション(クラセレ)

▲クラセレでも『ゲチェナ』は2確目に。『ゲチェ鳥』でもOK!

▲右上段に鳥or赤7が止まっていれば、中リールでスイカを狙ってハズレればリーチ目!

▲いわゆる『スイカズレ目』 クラセレを代表する2確目です!

クラセレも、ハナビやバーサスと似たリーチ目があります。といいますか、クランキーシリーズが先輩になります。ベルとスイカのダブルテンパイハズレは、右上段停止図柄に条件がありますので、ご注意を。
 

ゲッターマウス(ゲッタマ)

▲右下段に赤7orネズミが止まれば、2確目!

▲赤7は上段に止まっても、2確目!

▲中リール中段にオレンジが止まれば、2確目!

ゲッタマは狙う場所も多かったり、条件付きリーチ目が多かったりで、やや難しいです。ですがご安心ください。予告音演出がありますので、ボーナス察知は比較的カンタンです。
 

アレックス

▲アレックスでも2確目になる『ゲチェナ』

▲左・右でトリプルテンパイの形。中リールにブドウを狙ってハズレれば、リーチ目!

▲1リール小役ハズレ目。『羽・羽・鳥』の3枚役を狙ってハズれれば、リーチ目!

アレックスも割と分かりやすいリーチ目が多いかと。中段赤7停止時は、右リールに『鳥』を狙って、3枚役もフォローしてください。小役がハズれればお見事、ボーナスです。
 

ドンちゃん2

▲こちらの『ゲチェナ』はリプレイハズレでボーナス!

▲提灯テンパイハズレもボーナス(右上段ドンちゃん停止時のみNG)

▲これもシンプル! ボーナス図柄一直線でリーチ目です!

6号機ドン2で覚えて欲しいリーチ目は、この3つです。こちらのゲチェナは、リプレイがテンパイする形なので、リプレイハズレでリーチ目になります。

ご注意いただきたいのが、中段提灯テンパイハズレです。右上段にドンちゃんが停止している場合のみNGとなる、条件付きのリーチ目となるのでご注意を。
 

サンダーVライトニング

▲こちらも歴史ある形。『中段リプレイ・リプレイ・ベル』で通称『リリベ』のリーチ目

▲中段赤7停止時は、1リール確定の小役ハズレ目

▲これまた伝統の形。『右上がり赤7テンパイ』でリーチ目ですが、チェリーは付いている赤7のみOK!

サンダー系は、ハナビ系・クランキー系と異なる停止形が多い機種。やや難易度が高いですが、奥深さはピカイチ。アクロスに慣れてきたら、トライしてほしい機種です。
 


『アクロス機種の覚えて欲しい3大リーチ目』を紹介させていただきましたが、なんとなく共通の法則が存在しています。

【なんとなく共通法則】
★左リールと右リール、対角線上にボーナス図柄が止まると、小役ハズレ目や2確目になりやすい
★左リール中段にボーナス図柄が止まると、1リール小役ハズレ目になりやすい


上記の停止形になった場合、次ゲームに知っているリーチ目を狙って、ボーナス成否を確認してみましょう。まずはそこから始めてみましょう。

 

【目押しの壁】初心者が損をしやすいというのは誤解!?

なんとなくノーマルタイプは技術介入が大変だと思ってはいないでしょうか。

確かに15枚役の獲得やリプレイハズシ等の技術介入要素は、ミスをしてしまうおそれもあります。初心者の目線ではノーマル打ちの人々が成立小役を100%察知して、毎ゲームビタ押しを決め、一切の無駄がない打ち方をしているようにうつるかもしれません。しかしそれは違います。

現状毎ゲームビタ押しをしないと損をするノーマル機ほぼ存在しません。たまに見かける“通常時のビタ押しでフラグ判別”というのはあくまで上級者の遊びであり、知らないと損をするわけではないのです。

たとえば現在主流の打ち方として、「左リールにチェリー付近を狙ってスイカまで滑ったら~」というものがあります。これも左リールにチェリーが出現した時点で中・右リールは目押し不要。左リールにスイカが止まらなければ、これも中・右リールは目押し不要。必ずしも全てのリールを緊張して打つ必要は全く無く、大部分のスロッターはとりあえず左リールをアバウトに狙っている程度です。

ね? AT・ART機とそんなに違いませんよね?
 

▲左リールにチェリーもスイカも無し、この時点で残りリールは適当押しでOK

他にも右リールで小役を取りこぼさない機種や、特定予告が発生しない限りスイカが成立しない機種もあるので、実はわりと気楽に打てる仕様になっています、機種説明にあるような“基本の打ち方”だけでほぼ損は無いのです。

 

でもビタ押しは必須なんでしょ?

様々な機種がありますが、いずれもビタ押しを要求されるのは基本的にボーナス中かRT中です。現在主流のボーナス中の獲得枚数調整だと「予告音があった時に左リールに特定図柄をビタ押し」というものがあります。これはボーナス中に何度か訪れるチャンスの中で、1~2回だけ成功させればOKという機種がほとんど、かつミスをしても損はしないことが多いのです機種によっては20数回中1回成功すれば良いものもあります。何度もトライさせてくれるので、あせらずゆっくり狙ってみましょう。

目押し技術そのものは自分で身に付けるしかありませんが、誰もが最初はミスをしながら上達しました。狙った図柄が上に止まれば次はもう少し遅めに、下に止まればもう少し早めにを意識します。出現する図柄を直視できる人は少ないので、リールが一周するリズムを覚えてしまい、タイミング押しを実践するのも良いでしょう。

 

▲ちなみにハナビ・バーサスのリプレイハズシは2コマの猶予があります。


 

【ハラスメントの壁】ホントにやべーやつはネット上だけ!

昨今様々な面で問題となるハラスメントですが、残念ながらネット上にはノーマルハラスメント、アクロスハラスメントというべき問題も存在します。

SNSや動画サイトのコメントをみると「予告音発生時は、逆ハサミ上段赤7ビタ3コマすべりでゲチェナが止まれば条件付き2確」みたいなわけのわからん言語を喋る野郎や「この出目の時点で青7確定じゃん、そんなのも気付かないの?」とか言うマウント野郎が跳梁跋扈しており、初心者はうかつに聞くこともできません。怖くて泣いてしまいます。
(※編集部注 岡井さんの偏見です)

しかし実際のところどうなのでしょう、ノーマル打ちは本当にネット上で暴れてるような人ばかりなのでしょうか。気になった私はノーマル大好きおじさん集団にアンケートをとり、もし隣の人が目押しミスをしたらどう思うか、を本音で答えてもらいました。
 

ご覧のように、隣がミスしたところで別に気にしない、と言う人が98%という結果が出ました。なぜかお金を借りようとしている人も若干名います。

確かにネット上では騒ぐ人の声が大きく聞こえる気がしますが、実際ホールの中では良い意味で他人のことなど気にしませんし、自分のお金でどう遊ぼうがその人の勝手というわけです。仮に隣の人が心の中でバカにしていたとしても、それはあなたには全く関係ないことなので、気にせずリールに集中するのが良いでしょう。そもそもノーマル好きは、語り合える仲間を欲しがる習性がありますので、むしろ初心者さん大歓迎なのです。

 

けっこう簡単。ノーマルライフを楽しみましょう!

初心者からは敷居が高いと思われがちなノーマルタイプ。実際に紐解いてみると、案外適当に押しても大丈夫、気にしなくても損はしないということがご理解いただけたのではないでしょうか。

昨今のAT機も内部モードや示唆演出、有利区間、天井ゲーム数といった覚えるべきことも多いですよね。それを考えれば、やることが明確で、いつでもヤメれるノーマル機も気軽に楽しめる気がしませんか?

さぁ、あなたも明日から自信をもってノーマルタイプコーナーに入場しましょう。私も堂々とバーサスを打ってはたまにハズシをミスります。いや、あれなんか時々おかしくなるんですよホント、ねぇ……?


 

3

38

共有する

岡井モノ:ライター兼パチ7編集部員(別館)
代表作:オカイ☆サロン

学生時代友人に連れられ、はじめて『ジャグラー』を打って負けたその日、悔しくてなぜか『サバンナパーク』のゲームを買った異端の猛禽。パチ7自由帳において「何か変なヤツがいるな」と思われていたが、何か変なヤツのまま編集部に捕獲されたトリックプレイヤー。日本全国を旅する渡り鳥としての経験を活かしたコラムを、旅情たっぷりに綴るかと思わせながら特にそういうコラムを書いたりはしない。今日も今日とて奇策縦横。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ