パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. SLOT AIDに参加してきた!

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2016.04.04

SLOT AIDに参加してきた!

キモフラット3 キモフラット3   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

どうも、編集部キモキャプです。
さる3月20日(日)に巣鴨のパチスロ専門ゲームセンター「RISE(ライズ)」で行われた、チャリティーイベント「SLOT AID(スロットエイド)」に参加してきました。

「SLOT AID」とは、東日本大震災の被災者を支援すべくスロッター有志によって設立された非営利団体で、同名のチャリティーイベントを2011年3月27日より継続的に開催。チャリティーイベントなどでの収益は全額、慈善団体へ寄付している。第9回目の開催となる今回は東日本大震災に加え、2014年8月の広島土砂災害、および2015年9月の関東・東北豪雨への支援も行われた。なお、今回会場で集まった出玉レースの参加費、似顔絵・グッズなどの売上、募金の総額は84万4586円で、ボランティア団体の「ぴえろプロジェクト」と「SAVE THE HIROSHIMA」へ、42万2293円ずつ均等に寄付された。

ぴえろプロジェクト
SAVE THE HIROSHIMA


ちなみにパチ7編集部が同イベントに参加するのは、昨年の第8回に続いて2回目。約1年前の前回のパチ7編集部は、まだ機種以外の取材をあまり行っておらずフワフワ活動中……。私と編集長と右キモの3人で大勢の有名ライターさんにキャッキャしたり、出玉競争でアステカやデルソルに夢中になったり、取材であることを忘れて楽しんでいたのを覚えています。なので私ごとですが、「SLOT AID」に再びパチ7編集部として参加できたことはなんだか感慨深いです。あの頃はまだ自由帳もなかったし、つよパチ以外のコミックもなかったよなぁ。
 

さて、話を戻して今回の第9回「SLOT AID」の模様を紹介していきましょう。

出玉レース

ゲームセンター内のパチスロ台を使った出玉レース(事前予約、当日キャンセル分受付などで参加料を払えば誰でも参加可能)。注射台といわれる裏〇ノも設置されているので、それぞれの台に「(差枚数×)オッズ」のハンデがあり、白熱のレースが繰り広げられた。

チャリティーバザー

オープン前から行列ができるほど盛況だったチャリティーバザー。普通では手に入らないパチ&スログッズや実機など様々なアイテムが、激安&おまけモリモリで売られていた。ちなみに同行したパチ7ライターJPFくんは、「ワンダーセブン(高砂)」「ファイヤールーレットX(マックスアライド)」の下パネルを購入。渋い!

似顔絵コーナー

ケツノ少年先生、たなべみか先生、ひととせなつみ先生など有名な漫画家さんたちが似顔絵を描いてくれるコーナーは大人気。似顔絵を描いてもらっている間の、漫画家さんとのトークがとても楽しそうだった!

ニコニコ生放送

当日の様子はニコニコ生放送で生配信。写真の貴方野チェロスさんやバイク修次郎さん、和泉純さんをはじめ各メディアのライターさんが大勢参加する見応えのある番組となり、3000名を超える視聴者が訪れた模様。

出玉レース結果発表・表彰式

地下で行われた出玉レースの結果発表の様子。上位入賞者や、キリ番・最下位の人などにパチ&スログッズが贈呈された。賞品の中には牙狼-GARO-の雨宮慶太監督による直筆サイン色紙も!! なお、出玉レースの結果は下記の通り。ハンデ0.2倍で5位に入賞した「南国育ち(注射)」は、4時間30分のレースで16,000枚オーバー出たそうな!?

チャリティーオークション

当イベントのメインともいえるのが、パチ&スロのプレミアムグッズやライターさんたちの私物が出品されるチャリティーオークション。とはいっても、ちゃんとしたオークションが行われるのは最初だけで、途中からはライターさんたちが“自分の私物を高額で落札したり”“落札した物を来場者にプレゼントしたり”する即興のコント(茶番)が行われます(笑)。このライターさん同士の掛け合いを楽しみにしている人も多いのでは!?

※出玉レース参加料・バザー、オークション、似顔絵など全ての収益は全額寄付。

鬼くんとライターさんたちの2ショット、他

何を手伝うでもなく、ずーっと地下の廊下付近や外をうろうろしていたので、何かしなきゃと始めたパチ7ライター・鬼くんとライターさんたちとの2ショット撮影。快く撮影に応じてくださった皆さんありがとうございます。なお、もっと多くのライターさんがいたのですが、ナイーブな私と当日ガチガチに緊張していた鬼くんコンビでは、なかなか皆さんにお声をかけられず……。(写真は撮影順)

《ラッシーさん》

めっちゃ物腰が柔らかくて、話しかけやすかった! 「パチスロ必勝本」

《NIYAさん》

バジリスク絆のことをかなり濃く語ってくれた(笑)「パチスロ必勝本」

《ポロリさん》

笑顔で何でも答えてくれるナイスガイでした!「パチスロ必勝ガイド」

《角屋角成さん》

終始、裏方に徹していた角屋さん。立ち回り同様(!?)まじめだ!「パチスロ攻略マガジン」

《ゴトロニさん》

参加者さんに機種のことを色々質問されていた。「パチスロ必勝ガイド」

《山田銀河さん》

すごいイケメン!鬼くんの顔の丸さが引き立つ…「パチスロ実践術DVD」

《イトシンさん》

昔、某ホールで私とよく会っていたのに忘れられていた…「パチスロ実践術DVD」

《二星しょうたさん》

鬼くんと楽しそうに最近の稼働について話していた!「パチスロ必勝本」

《ダウニー澤さん》

私服姿を初めて見たけど、めっちゃおしゃれ!「大井ニュー東京」

《ヘルメットとおるさん》

ガチ系の鬼くんにとっては憧れの存在!「パチスロ必勝ガイド」

《ガル憎さん》

正直話しかけるのが恐かったけど、すごくやさしかった!「パチスロ必勝ガイド」

《佐々木さん》

我らが佐々木さん!安心感がハンパなかった!「777@nifty・パチ7他」

《鈴虫君(さん)》

パチ7でコラム連載中の鈴虫君。自ら写真を撮って欲しいと志願!「パチスロ必勝ガイド・パチ7」

《天草ヤスヲさん》

こちらもおなじみ天草先生! 取材終わりでギリギリ駆けつけた。「パチスロ7・パチ7」

《犬》

……。「パチ7」

サラッと紹介しましたが、当日の様子はこんな感じです。


 

参加してみて思ったのは、 ただ純粋に“楽しかった”ということ。 色々なライターさんと気軽に話せたり、メディアを越えたライターさん同士の掛け合いが見られたり、会場にいるだけでも十分に楽しめました。そして、当イベントを開催するにあたり様々な苦労があったでしょうし、主催側も参加側も皆さん震災や災害に対する想いはあると思いますが、チャリティーをしているという気負いを感じさせないのが、会場にいてとても居心地がよかったです。普通にめいっぱい楽しんで気が付いたらチャリティーをしている、言い方は悪いかもしれませんけど、ラフに参加できるチャリティーイベントだから、長く続いているし、沢山の人に賛同されるのだと思いました。SLOT AID運営事務局代表・山本コーラさんの「楽しんだ分を全額寄付!」という言葉がすべてだと思います。皆さんおつかれさまでした。

次回の「SLOT AID」は2017年3月20日(祝)にパチスロ専門ゲームセンター・RISEで開催されることが決定しているそうなので、行ってみたいという人は今のうちに予定を空けておきましょう!

前の記事 記事一覧 次の記事

キモフラット3
代表作:ゆるゆる調査隊

決してオーバーラップはしない守備一辺倒のパチ7編集部の3名。パチンコパチスロが好き、背中が丸まっている、仲間意識が強い、人にやさしい、自己主張はどこかに置いてきたといった共通項を持つ。

 


その他のコンテンツもチェック!
 

【パチンコ 新台】ぱちんこ AKB48 ワン・ツー・スリー!! フェスティバルをパチ7編集部せせりくんが試打解説!

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • ダンナくん