パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

徒然なるままにパチスロ② シャッター液晶とはパンチラである

★機種に関する話 | コラム

徒然なるままにパチスロ② シャッター液晶とはパンチラである

プロフィール画像
kamoさん
下手の横好き。 10年たってもやめられない。
投稿日:2017/12/11 21:40

チラリズムの語源ーWikipediaより引用
>チラリズムは元々、1951年の流行語。女優の浅香光代が舞台での立ち回りの際に太腿をチラリと見せたことから発生した語句であり、「ちょっとだけ見えることから気づかれていなかった欲求を励起し、想像力がかき立てられる」といった効果を引き起こすもの。「ティーザー」(teaser・焦らし)が該当する。


{Photo04}


いきなり浅香光代の文字が見えてコラムを書く気が失せてしまったが
今回はシャッター液晶について昔から考えていたことを書こうと思う。

シャッター液晶とはパンチラ、そうチラリズムである。
焦らすことによる煽りが射幸心を産む。
最初から当たりがわかってしまうなら興奮はしない。

吉宗から番長シリーズのシャッターを使った秀逸な演出は数多くある。

吉宗ではシャッターが閉まり高確率が始まり、チラチラしながらボーナスを煽るのである。
たらい落ちてきたぞ?忍者のスピードおせえ!など期待が最高潮に高まり対決へとうつる。
普通に対決演出するよりも数倍期待感が膨れてしまうのだ。

しかし、吉宗の高確中に何もなく、クソムカつく顔した吉宗が、「ん?」とかいって
何もないんやでとドヤ顔で煽る。
吉宗でも最高にイラつく高確対決なし演出であるが、
この演出を作ったやつを2,3時間正座させて説教してやりたいと思ってまもなく
番長で速攻改善してきたのである。これには若かりし私も大賛辞を贈ることになる。

続く液晶シリーズの番長では高確率は特訓となり、
シャッターとカメラのシャッターがかけられ
以前よりもさらにチラチラしながら煽るのである。
シャッター音が妙にセクシーに聞こえてはこないであろうか?

さらに番長の素晴らしいところはこの高確を無視して
先に当たりがわかってしまうすごいゲーム性を備えている。
そう前兆32G+6Gである。説明は省くが
これにより、第一消灯きた!というココだというスポットを見極めることで
パンチラゲットができるということである。

おまえさっき先に当たりがわかってたら興奮しない言ってたぞ!
と言う人もいるかもしれないが
誰にも知られていない、階段したからコッソリ除く。
言うなればパンチラスポットを発見することもチラリズムではないだろうか?

そんでもってさらにすごいシャッター演出が純ハズレである。
何気なくしまったシャッターからなんもねーなと思いきやパンチラゲット…
あるのか!おいおい!あるのかよぉ~!と思わせてしまうのである。
そして怒涛のシャッター+チャンス目。ないかと思ったらリールにまで
パンチラを仕掛けてくるこのセンス…やべえよまじで…

私がパンチラが決定的だと思ったのは、番長シリーズおなじみの舎弟引っ張り演出である。
これはもうそのまんまパンチラ。なんならモロもある(プレミア。青7確定)

初代番長を初打ちして、私はすぐ気づいてしまった。
やけにシャッター液晶第2弾!とか推すなと思っていたら
これはパンチラだ…
シャッターの隠語はパンチラだ!なんてハレンチ!
見事にパンチラしたら大連チャン!これはピンクなお店に行くしかねぇ!と。

吉宗、そして初代番長もイートレックジャパンにより演出が考えられ
この製作チームはSNK、タイヨーエレックと移り、球児や伝説の巫女などを作っている。
それなりの人気はあったが球児は5号機初期という時代に
伝説の巫女はゲーム性能から番長シリーズの人気を超えることはなかった。
本当に初代番長とは作り込まれた演出とさらに作り込まれたゲーム性能に
シャッター液晶が掛け合わさり産まれることとなった
奇跡のパチスロと言っても過言ではない。

また番長2,サラ番とシャッター液晶を使った演出は多数あるが
初代を超える演出はない。シリーズとしての継承のみだと思っている。

そして問題のシェイク2にいたってシャッター液晶のチラリズムを超えてドーンと
スゴビとかいうパンチラを超えたもはや性行為をおっぱじめてしまう。
こんなの見たかったわけじゃないんだよ!いや、やっぱ見たいけど…(笑)

そう、大都技研に足りなかったのはパンチラだったと大きな声で言いたい。

時を超えて番長3。やはりこの台は素晴らしい。
何故か、それは下の丸い小窓からパンダがチラッと見える演出があるからだ。
パンダがチラッと・・・ギャハハ!パンチラや!パンチラ!
番長3にはちゃんと継承されとったんや…と感じたのである…ふぅ(笑)

だが、おい!舎弟3人がかりでシャッター開けようとして何も無いやつ!
てめぇは別だ!あれはすごいイラつく!作ったやつ説教してやりたい!

興奮してしまったが話しをもとに戻して、
このシャッター液晶だが、他のメーカーもこぞって採用することになる。
モー娘。やエヴァ2の筐体のようなビスティの丸ごとパクりの台ならまだ良かったが
リオの汎用性のある筐体にシャッターをつけ
なんとシャッターが開いたらボーナスという熊酒場の登場、
さらにレーダー窓付きシャッターを使ったハーレムエースというすごい台も出てきてしまうのだ。
あの頃爺サマーを出していれば天下が取れたではないか…遅いんだよ…

※話はそれるがあの頃のネット筐体はすごかった。
「彩」「響」「操」「演」の4つのコンセプトを元に開発され、
 デザイン性の優れたフォルムと鮮やかなワイド液晶を備えていた。
 ネット話はまたいずれにしよう。ただ筆者がまだパチ屋で働いてとき、
 ネットの営業さんにレバー固いんでなんとかしてっていったら本当に改善された
 ということだけは覚えておいて欲しい。


色々と長くなってしまったが、そんなことを思い出させてくれたのが
先日うちに行ったクレア2である。
過去のパロディのRT中を見ているうちにシャッター液晶ってええなと改めて思った。
これがすべて薄いシャッターで何枚もあって吉宗や番長のシャッターも出せるとしたら
クレア2は史上最強のパチスロになっていたかもしれない。

いや、でもいいや。多分高設定台のクレア2をツモれて3500枚も出たし。
クレア2最高!!!!

{Photo01}

{Photo02}

{Photo03}


3

kamoさんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(5 件)

プロフィール画像
kamo
投稿日:2017/12/13
佐々木 真さん
ありがとうございます!
シャッターにこめた思いを開放してみました。

初代のバランスが素晴らしかったと本当に思います。
パンチラ台他にも探していきます!
プロフィール画像
佐々木 真
投稿日:2017/12/12
こういう目線、大好きです。

私は、初代番長けらいの演出発生率のほうがパンチラは活きると思ってます!
プロフィール画像
ひろし
投稿日:2017/12/12
kamoさん
なるほど
そう言われるとホームページ見た事ないかもです。
するどいっすね。
プロフィール画像
kamo
投稿日:2017/12/12
ひろしさん
大都技研のHPの機種情報には必ずシャッター液晶第◯弾!ていう枕詞が入っていて
何からしらの意図がある。と思い始めたのがきっかけです。
特に番長ではシャッター+チャンス目がアツいというのを自分で気づくことができ、それから純ハズレと勉強してシャッターの魅力に気づいた感じです。
プロフィール画像
ひろし
投稿日:2017/12/12
シャッターでここまで熱く語れるんだなって思いました。
自分が好きなのは継承進化と劣化ですね。
吉宗でダメだった部分が番長で改善された事
本前兆中の特定役の無駄引き改善です。
吉宗で一番面白いと思うのはガセ前兆抽選が当選して通過してる最中の純ハズレだと思ってます。
これは番長では延長してしまうので、思う事が特殊制御とビッグである事を祈るしかないってのが、
純ハズレ演出から32数える行為は好きです笑
吉宗の本前兆終了ゲームを当てるのも楽しいです。

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • PAA広告大賞