パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチンコパチスロ気になるニュースイントロ!
  4. 景品交換所もセルフ化!? デジタルサイネージシステム「DigiCo」と、業界のセルフ化・自動化。

パチンコパチスロ気になるニュースイントロ!

パチンコパチスロ気になるニュースイントロ!

2022.04.14

景品交換所もセルフ化!? デジタルサイネージシステム「DigiCo」と、業界のセルフ化・自動化。

ぐらん ぐらん   パチンコパチスロ気になるニュースイントロ!


「〇ポイント分、あちらから景品をお持ち帰りください」

端玉交換の際に、こうしたセルフサービスのホールが増えてきました。タバコが端玉で取れない値段となって久しいですが、端玉が多い時、ちょっと困りませんか? セルフではない交換だと、後ろに人が並んでいる時は気を使いますしね。「全部水!」とか雑になりがち。その点セルフならゆっくり選べるので、欲しいものが取れますよね。

それにしても、信頼をもとにセルフが許される国、すばらしい。

おそらくは世の中で最初にセルフ化を一般的にしたガソリンスタンドに続き、コンビニやスーパーにセルフレジが導入され始めました。ユニクロ・GUでは、タグに埋め込まれたRFIDというものを読み取ることで、バーコードスキャンすらしないレジのセルフ化もされています。凄い時代ですよね。

パチンコパチスロ業界でもセルフ化・自動化といった流れは進んでいます。主なところでは、

■メダルサンド
■ジェットカウンター
■各台計数(パーソナルシステム)
■メダル・玉の自動補給
■景品カウンター
■オンラインによる事前抽選システム

といったところでしょうか。個人的にはメダルサンドが台に直結したことで、昔よくあった隣の人とタイミングが被った時の変な読み合いが無くなってホッとしています。あれ気まずくなかったですか? もともとセルフではありますが、個別になったことでより快適になったのは歓迎です。

そんなホール関連のセルフ化・自動化の流れですが、ホールの中だけにとどまらず、いよいよ「景品交換所がセルフになる」時代が迫っているようですよ!

 

景品交換所がセルフに?「DigiCo(デジコ)とは」

どうも、オールドルーキーぐらんです。

我が千葉県には梨やあさりの無人販売がいまだにありますが、そうしたアナログなセルフではなく、今回はもうちょっとデジタルなセルフ化のお話。景品交換所がセルフになるというニュースを見た結果、なにやら面白くなりそうだったので紹介します。

 


今回紹介する景品交換所セルフ化のシステムは、(株)東和商事さんという、これまでもショップ用のデジタルサイネージ管理システムなど、次世代システムを開発してきた会社が新たに開発したシステムです。ちなみに「デジタルサイネージ」とは映像による電子看板や掲示板のことだそうです。電車のドアの上や乗り物の座席などで目にする機会は多いですが、私は初めて名称を知りました。

話を戻しまして、セルフ景品交換システムの使い方は以下の通り。

①景品計数ユニットに景品をセット
②計数開始ボタンを押す
③ユニットが景品を自動計数
④表示される金額を確認しボタンを押せば、現金が払いだされる

以上です。要は「景品を機械に入れてボタンを押すだけ」というかなり簡単な作業で、初めてでも困ることはなさそうです。まぁ、景品交換所がセルフに! ということ自体はともかく、作業や方法に関しては想像できる範囲内。さまざまなセルフ化を見てきていますから、さすがにそこまで驚きはしないです、防犯とかだいじょうぶなのかなぁとは思いますけど。

興味深いのは、この「DigiCo(デジコ)」という景品交換所のシステムはディスプレイでバーチャル接客を行う点と、そこに写す人物を任意でカスタマイズできるという点です。
 

ちなみに余談ですが「不気味の谷」と呼ばれる心理現象をご存知でしょうか。実写精度が人間に近いほど違和感や嫌悪感を持つって現象聞いたことあるなと思って調べたら、ちゃんと名称があったみたいです。正直デジコの3Dにはかなりこれを感じるのですが、2Dバージョンもあるということで、これは凄く良いアイディアだと思いました!

 

▲ちなみに2Dキャラには名前もあり、左が「いおな」で右が「はるな」


東和商事さんの資料によると、オリジナルキャラクターの作成・使用も可ということで、かなり可能性を感じます。具体的には、

■既存人気キャラの使用(海物語マリンちゃんなど)
■タイアップ芸能人などの実写使用
■アイドル店員ならぬアイドル交換員の爆誕

などなど。版権や芸能人を使うとなると、発生する諸費用と得られるメリットのバランスがどうだろうかという問題はありますが、ここに遊び心あっても良いのかなと思いました。

アイドル交換員、個人的にはTwitter開設させたり、ワンチャンある気がしますけどね、それこそVチューバーみたいに。あとは、映像を更新したりキャラを変更したりコスチュームを変えたりもできれば、さらなるアイドル化が見込めそう。マダムに人気がでそうなイケメン男子もありかもしれませんね。

 

業界にセルフ化・自動化が進む背景

さて、昨今のパチンコパチスロ業界を考えると、セルフ化自動化されていく理由はコスト削減・人材不足が大きいのでしょうが、それだけではないと思います。そこで浮いた資金を客への還元にというホールもあるでしょうが、運営資金をなるべく抑えるため、という色が濃いのではないでしょうか。みなさんご存知でしょうが、ホールが潰れるということがもう珍しい時代ではありません。

思えば、ここ数年は業界にとって激動の年でした。

■2019年10月:消費税の増税
■2020年4月:ホール内原則禁煙化(改正健康増進法)
■2020年4月:コロナ禍による緊急事態宣言で全国95%超のホールが休業
■2022年1月:一部を除き5号機・CR機の撤去

もともとわかっていた増税と禁煙化だけでも危ぶまれていたのに、そこにコロナ禍が発生してしまいました。

その結果、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が発表した2022年1月末時点営業中の組合加盟店舗は7,544店舗となっています。増税前の2018年度末では9,237店舗なので、一連の出来事を経て約1,700店舗減ですね。ちなみに1995年18,000店舗超(警察庁発表)の最盛期から店舗数は毎年減少しています。

今年と同じく節目の、4号機から5号機に変わる2007年のタイミングではどうだったのかなと調べてみましたが、2007年度は1,000店舗超の廃業が記録に残っていました。こちらも大きな数字ですが、もともとの店舗数が現在とは違うので、今年の店舗減少は当時よりも厳しいものかもしれませんね。有名店でも閉店に追い込まれたニュースをみると、本当に厳しい現状なんだなというのがよくわかります。

この難局を乗り越える、というより耐え忍ぶためにさまざまな努力がなされていて、そのうちの一つにセルフ化自動化があるんじゃないかなと思います。

今後もこの流れは続くと思いますが、どういうものが現状よりさらにセルフ自動化したら、よくなっていくんでしょうか。現場サイドの話が聞いてみたかったので、友人のホール関係のちょっと偉い人に話を聞いてみました。

 

ホールさんの意見を聞いてみた

Q.景品交換所のセルフ化についてどう思いますか?
A.他所の景品持ち込まれたりするかもしれないし、現状もあるかもしれない。窓口が複数の交換所では人件費の面で助かるかもしれないね。

Q.パチンコ・パチスロで今後セルフ化・自動化してほしいものはありますか?
A.設定した回転数になってくれる機能。楽だけど、出来たとして絶対営業中に設定回転数変えた論争生まれるなぁ。これはパチスロの設定を、一括で事務所のPCから変更とか出来るようになっても同じだろうね。

Q.ホールの機械やシステムで、セルフ化・自動化してほしいものはありますか?
A.今のオートメーションってかなり優秀で充分足りてる。大きい法人ならなんかあるかもしれないけど、機材には特に不満ない。強いて言えば、新台入替が楽になるといいかな。

Q.Kさんのホールだから欲しい特別なモノってありますか?
A.うちのホールコン(ホールコンピューターの略称。ホール内の出玉状況や不正検知などを行うシステム)の会社って、年配の人がやってるとこなのね。で、ホールコン調子悪くて電話入れると、必ずぼやくんだよ。「もう他所のホールコンに変えてください、私もう辞めたいんですよこの仕事」って(笑)

Q.それは(笑)
A.いやまあ毎度なだめて対応してもらうんだけどさ。新台案件の営業マンもだけど結構癖あるし、なんなら買わないといけない圧もある。売る台のことあまり知らない人もいる。このへんが人を介さず自動化されて、便利になったらいいなとは思うかな。いや、ホールコンのじいさんめっちゃ好きだけど(笑)


私はゲームセンターによく行っていたのですが、Kさんもゲーマー。某有名格闘ゲームで最近もたまに遊んでいます。ゲームセンターには1つの筐体に複数ゲームがはいっているものがあり、パチスロもそうなれば安く済むのにねなど、いつか役立つ未来のモノというより今コストが抑えられるモノのほうがありがたいとのことでした。やっぱり業界、コロナ禍の影響大きいそうです。

そんな状況の中、Kさんのいう「未来のモノ」にあたるであろうモノが、近々に登場することが決まっていますよね。設備投資など現場は大変でしょうが、ユーザーは楽しみにされている人もいるんじゃないでしょうか。

そう、スマートパチスロです。

 

新時代! メダルレス遊技機「スマートパチスロ」

スマートパチスロの特徴として、

■メダル不要の遊技機
■有利区間ゲーム数上限ナシ
■メダルの計数・補給・洗浄なども不要に
■エラーの代表格であるホッパーエラー・セレクターエラーがなくなり店員対応が激減

などがあります。データはこれまで同様ホールともちろん繋がっていますが、いってしまえばスタンドアローンでの稼働が可能になります。メダルレスのパチスロとして以前から話題になっていましたが、名称が「スマートパチスロ」に決定。セルフ化自動化のひとつの到達点と言っていいのではないでしょうか。

なお、スマートパチスロの登場は当初予定していた2022年7月販売から、2022年11月納品目標へと変更されました。昨今の世界的な電子部品不足が原因とのことです。

 

最後に

DigiCoやスマートパチスロなど、今後も業界には変化が起こっていきます。究極的にセルフ化自動化が進めば、ワンオペ営業のホール経営も可能になるかもしれませんよね。脱サラしてコンビニ経営を始める感覚で、ホール経営を始めることも一般的になるかもしれません。

みなさんは今後、どういったセルフ化自動化ができたらいいなと思いますか?

 

 



 (C) TOWA

  

2

8

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(1 件)

プロフィール画像
ししょー
投稿日:2022/04/15
補給の時の店員さんとのちょっとした一言の会話も捨て難いけど、時代の流れで、こうなって行くんだろうなあ

ぐらん
代表作:新機種リリース情報など

アラフォーにしてまさかのライターデビューを果たしたオールドルーキー。スロ歴20年超。Aタイプをこよなく愛するガチ風エンジョイ勢。バラエティ島の住人でもある。得意技は、甘いと言われる機種での大敗。

  • twitter


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー