パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. 『新卒さんいらっしゃい!』現役ライターがパチンコホールに体験入店してみた!【PR】

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2020.10.22

『新卒さんいらっしゃい!』現役ライターがパチンコホールに体験入店してみた!【PR】

あしの あしの   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~


みなさま。現在パチンコホールを取り巻くとある問題についてご存知でしょうか。

筆者もたまにホール関係者さんのお話を聞いたりするのですが、例えば中小ホールさんにとっては今「人手(社員)不足」が大きな問題になってるそうです。曰く、求人広告を出しても応募がない。新卒求人に関しては「減った」というレベルじゃなくてゼロという会社さんも少なくないそうです。

理由として挙げられるのは「新型コロナウイルス」の流行の際に吹き荒れた全国的なパチンコバッシング。これが大きな要因となって、現在パチンコホールは新卒採用に悪戦苦闘されているとの事。


で、なんでいきなりこんな事を書いてるかといいますと、実は「パチンコホールBBステーション」を運営する「株式会社大善」さんからパチ7編集部に向け、こんな相談があったからです。

「パチ7の力を使って、なんとか新卒さんの採用エントリーを増やせない?(超絶苦戦中)」

なるほど! 面白い。新卒採用支援ってことですね! そしたらコリャ実際に一日体験入店して、そのレポートを記事にしちゃいましょう! それがてっとりはやい。

というわけでコチラの記事はズバリ! ㈱大善さんへの新卒エントリー支援記事です! それもただの支援記事じゃありません。一応は現役のぱちんこライターである筆者が、ガチでホールの営業日に一日働いてきたレポートになります。

パチンコ業界での就職を考えているけども、実際の業務がわからないのでちょっと二の足を踏んでるぜ、みたいな方のお役に立てば最高ですが、そうじゃない方も単純に、自分が普段通ってるパチンコホールというものを別の角度から見る良い機会になるかも。なんか違った発見があったりして。

というわけで、早速レポート行ってみましょう。いざ入店入店ッ!

 

体験者のスペック

▲入店ブリーフィング時の筆者。こんなスタッフがいたらイヤです。

5秒で分かるあしの
あしの(41歳)
・浅草在住フリーライター
・スポーツ経験なしのもやしっ子
・接客業経験あり
・腰に爆弾
・猫が好き

 

身だしなみをしっかり! まずは入店準備から。

はい、今回筆者が体験入店したお店は東京都は荒川区日暮里駅前にある『BBステーション日暮里店』さんです。

BBステーションさんは現在北関東および都内の合計3店舗で営業されていますが、その中で今回入店させて頂く事になった日暮里店の店長をされているのは『ぴぃ』さんという方でして、こちらパチ7では『日暮里の悪魔』としてすっかりおなじみですね。

筆者も何度もお会いしたことがあって普段は仲良くさせて頂いていますが、今回は一日体験入店とはいえ一応は上司と部下の関係になるので、ブリーフィングの段階からしっかり真面目にお話を伺ってまいりました。

【ブリーフィング及び入店当日までにやった事】
・制服のサイズ確認
・従業員名簿の作成
・店内のハウスルール確認
・当日もってくるもののチェック(メモ・腕時計・黒のスニーカーor革靴など)


筆者の場合は体験入店なので結構アッサリしたものでしたが、実際にアルバイトスタッフさんや社員さんをスタッフとしてフロアに立たせる前には、別途事前のレクチャーが入るそうです。んでそのレクチャーも厳密に「何時間!」と決まってるわけではなく──。

「ンー、そこはあんまりガッチリ決まってませんね。ひと次第かなぁ。すぐフロアに立つひともいるし、時間がかかるひともいますし」

とのこと。まあ考えてもみればパチンコ・パチスロ未経験の方とバリバリのユーザーさんではレクチャーにかかる時間も違いますもんね。
 

▲午前8:30集合でした。


さて数日後。いよいよ体験入店予定日がやってきました。当日は地下フロアに工事が入った関係で時差オープンになっておりまして普段よりかはちょっと余裕があったそうです。が、それでも集合時間は8:30。ホールの朝はやることが沢山!
 

▲制服は靴とパンツ以外全部貸与です!

▲ネームプレートも作ってくださってました!


当日メインで仕事を教えてくださったのは株式会社大善の社員さんである厚地さん。チキンかつ人見知り気味の筆者は「当日スタッフさんたちにいじめられやしないか」とか心配してたのですが、全然そんな事なかったです。てかアルバイトのみなさまを含め、全員サービスのプロだけあって言葉遣いなどが非常に丁寧で安心しました……! よかった! 上手くやっていけそうだ!
 

▲ネクタイに悪戦苦闘する40代


この表情。「ネクタイしたくないからフリーライターなったのにさァ」みたいな感情がバッチリ出てるところを激写されてましたがそれは横に置いといて、お店から貸与してもらった制服セットは以下の通り!

・スラックス
・ワイシャツ(半袖)
・ネクタイ
・ベスト
・ウェストポーチ


それと、業務をこなす上で必要になるアイテム類が以下です。

・インカム(無線機)
・鍵束
・リモコン
・ダスター2枚/消毒液


はいそれらを完全装備したところがこちら。

 

▲意外と似合ってた。


よし! これで普段ぼくらがホールで見かけるスタッフさんの格好になりました。

なお、2020年10月現在、新型コロナウイルスの感染防止の観点からBBステーションのスタッフさんは全員マスクを装着した状態で日常業務にあたっておられます。したがってマスク込みで正式な制服セットになります。……ヒゲ剃ったのに!

ではここで折角なので入店前と入店後のあしのを比べてみましょう。
 

▲人生を見つめ直す良い機会になりました。

開店準備で基本的な動きを覚える!

▲おそらく本邦初。ライターがガチで挑む朝礼。


ホールスタッフさんの一日は「朝礼」からはじまります。サービス業はどこも基本は一緒だと思いますが、朝礼でやることと言えばズバリ「申し送り事項の確認」「接客用語唱和」ですね。

さっきもちょっと触れましたがこの日のBBステーション日暮里店さんは地下に工事が入っておりそれにより業務フローに若干の変更があった模様で、申し送りは主にそれについてのオペレーションの確認。そしてやっぱりこういう明らかに異質な謎の男が一日だけ入店しますみたいな感じなので、それに関する情報共有、及び配置の調整なんかもここで一気に行われました。

朝番のスタッフは5名。それプラス社員さんが2名でした。んでこのタイミングで実は「清掃業者のスタッフさん」がすでに入店しており、店内をバリバリ掃除してくれてます。

そう。実はホールってホールスタッフさん・社員さんだけで運営してるんじゃなくて、ほかにも色んな業者さんが入ってるんですね……!
 

▲接客用語の唱和。昔ゲーセンのバイトでやってた奴!


頭下げるとハゲがバレるんであんまり載せたくない写真ですが、これが「接客用語唱和」ですね。いらっしゃいませ、ありがとうございます、しょうしょうおまちください……みたいな業務上マストで使う「ことば」の唱和です。何かあった時にパッと出てくるように、全員で毎日唱和します。筆者昔ゲーセンで働いてた時にやってたんでスッと入って来ましたが、もしかしたら接客業経験がないとビックリするかもしれません。

ちなみに待機状態での手のひらの組み方は基本的に「左前」が正解です。筆者だけ間違ってますね! みんな流石プロ。
 

▲分からない所を先回りして教えてくださる。ありがたや。


業務開始前からすでにネクタイがボロボロになってるのは無視してください。これはスケジュールの確認のところですね。この日は開店が11時。抽選開始前にはみんなで外に出て声出しや整理などを行います。ホールスタッフさんは朝礼からオープンまでの間に朝の準備を行うので、実際に朝礼が行われるのはオープンの1時間ほど前ですね。

んで、ここからは厚地先輩からワン・オン・ワンでのレクチャーしていただきながら作業をこなしていきました。教えて貰った内容と実際にやった作業の内容がこちら。


・鍵の使い方を覚えよう!
・データマシンのリモコンの操作について!
・メダルの補給とエラー解除のやりかた!
・サンドのエラー解除とメダル洗浄の仕方!
・パチンコの玉づまり!
・台をしっかりクリンネスしてコロナ対策!



こんな感じです。普段ホールでスタッフさんの仕事を見てるとなんとなく想像がつくものもありますが、全く知らないのもありました。個人的にグッと来たのはメダルサンドにまつわるあれこれ。ICカードが切れるとエラーになるんで適宜補充が必要で、そのためにスタッフさんはみんな空のカードを持ち歩いてたり。あとエラーもランプの点滅速度によって「メダル補給」なのか「ICカードエラー」なのかが違ったり。この辺はたぶんスタッフさんじゃないと知らない知識かもしれません。

ちなみに日暮里店さんの場合、シマの端っこの上側に据え付けられてるランプが赤く点灯してたら、そのシマのどこかで呼び出しボタンが押されてます。この辺は普段お客さんとして打ってる筆者も微妙に知ってる事でしたが、それとは別に小さいランプがフラッシュする事があり、これは「アウト玉がそろそろ一杯になるから洗浄に回そうぜ」という意味。これは全然知りませんでした。

サンドのエラーに関しては「どういうエラーが起きてるか」がケースによって違うので、勤務に際しては「エラー表示の意味」を記した一覧のカードをくれました。先輩方は全部覚えてるそうですが、新人がホールに立つ際は必ず持つとの事。

結構覚える事たくさん! ちゃんとできるかなぁ……と不安になった方もおられるかも知れませんが、大丈夫です。新人は最初先輩とコンビで動きながらオン・ザ・ジョブ・トレーニングを行うとの事。分からなかったら聞けばオーケー!

 

▲補充用のメダルは自動で貯めてくれる方式。

▲パチンコの玉づまりについても勉強。

▲ホッパーエラーを解除するぜ。

▲サンドのカード補給だってできるんだから。


『台清掃』は新型コロナウイルスの関係上特に念入りに指導していただきました。データカウンターや椅子を含め、お客様が触る可能性がある部分を全部消毒液を使って拭いたあとに乾いたダスターで2度拭きして消毒済の札を立てる。この一連の工程を40秒で終えるのがひとつの目安だとの事。ワオ!

ちなみに実際の業務フローには定期的に「台」以外のクリンネスが入ります。自動販売機や精算機。などなどなど。とにかくお客様が触る所全部ッス。筆者もこの半年くらいさんざんコロナ記事書いてるんで当然やってるのは知ってましたが、実際に体験してみると徹底っぷりが身に染みた次第。こりゃあスタッフさん結構たいへんだ!
 

▲マシーンのように正確に素早く清掃。消毒液は持ち歩いてます。


 

いざ開店! お客様のお出迎えだ!

さて抽選参加券配布のお時間となりました。ここからはスタッフさん全員で朝の重大業務である「入場整理」を行います。ここで教わったのは以下の通り。

・並びルールの確認と周知
・並び場所と時間のアテンド
・不正行為禁止の周知徹底


はい! 声出しタイムです。実は筆者はコレが得意です。なぜなら家電量販店マンだった時代があるからです! ウェーイ出すぜ声!
 

▲ビギナーである筆者用に作ってくれたカンペ。

▲むちゃくちゃ噛みました。

▲問い合わせにもしっかり対応!


この日の抽選は50人超え。盛況です!

んで気づいたんですが、このタイミングで結構お客様から喋りかけられる機会がありました。たしかに、自分もホールに取材に行ったり、あるいはプライベートで遊びに行ったりする時に、店員さんとコミュニケーションを取るのはだいたい並びのタイミングですもんね。

それがあるからか、先輩スタッフさんたちもここでは積極的にお客様とコミュニケーションをとっていらっしゃいました。長く勤めてると常連さんともある程度親しくなることもあるでしょうし、そうするとこの「入場整理」の仕事も一気に楽しくなるんじゃないかと予測。

あと面白かったのが「抽選まであと1分です!」以降のかけ声。なんと厚地先輩は10秒前から大きな声でカウントダウンをされていました。これが毎日のフローなのかこの日だけ突発的にやったのか分かりませんが、なんか量販店時代のノリを思い出して笑っちゃいました。残りあと1個です! お急ぎください! みたいな声出しすげーやってましたもんね。へへ。

ともあれ、再整列まで終わっていよいよ入場時間!

筆者も店内に戻り、客様のお出迎えをします。いらっしゃいませ! BBステーションへようこそ!
 

▲精一杯の笑顔でお出迎え。楽しんでいってください!


 

まるでスポーツ! 営業中のスタッフさんは忙しい!

▲遊技札の回収。

▲サンドのエンプティエラー解除!

▲スキを見てクリンネス!

▲常にホール巡回。仕事を探す!


誤解を恐れず言うならば、ホールスタッフさんのお仕事は「反射神経が試されるスポーツ」に近かった気がします。遊技してくださっているお客様は決して少なくはないお金を使っておられるわけで、しかも接客の中心になるのは「台」です。ゆえにホールスタッフさんは「勝負以外の部分でストレスを感じさせてしまう事がないよう」台のアシストに全力を尽くします。

エラーが起きたら即解除。メダルが切れそうなら即補充。カードが無いなら入れる! アウト玉は定期的に洗浄へ! 灰皿(加熱式用)を持ってない人には配る! メダル流す! レシートにサイン! ぬ! ジュースですか! メダル7枚です! あ、自動販売機の清掃時間だ!

と。店舗によってももちろん違うと思いますが、厚地先輩いわくBBステーションさんのスタッフさんは「5秒以上立ち止まらないように」という事で指導がなされているようです。最初は「結構厳しいな!」と思ったのですが、やってみてわかりました。立ち止まってるヒマはそんなに無いです。

あ、サンドが高速点滅してる! 補充! エラーランプついた! ダッシュ! なにッ。移動されたお客様がいるぞ! クリンネス! こんな感じです。

また、自分で気づく以外にもインカムで呼ばれる事もあります。例えば他の作業を行なっている最中に、すぐ近くで呼び出しボタンが押された場合。当然手が一杯なので自分では対応ができません。ゆえにインカムでは、こんな内容が飛んでおりました。

「どなたか、セイクリッドセブン、ホッパーの補給お願いします」
「ぼく、行きます!」
「ありがとうございます」
「すいません。どなたかコードギアスのエラー対応してください」
「わたしが行きます!」
「ありがとうございます」


と、こんな感じ。あと横道に逸れますが、インカムが一番活用されてたのは実は開店してからの10分間だったと思います。

「凱旋のお客様、トイレです」
「まどマギ2のお客様、飲み物を買いに行かれました」
「凱旋のお客様戻られました」
「同じく、まどマギ2のお客様も戻られました」


こんな感じ。要するに「掛け持ち遊技禁止」やその他のハウスルールの徹底のためですね。可能な限り個々のお客様の動きをバッチリトレース。ここまで報告が飛んでというのは筆者知らなかったのでちょっと驚きました!

ちなみにこの日筆者がやった作業はスタッフさんの仕事内容のうちたぶん10%くらいです。確実に筆者がいる事により足を引っ張ってた部分もあると思うのですが、それだけに指示される前にエラーに気づけて解除できた時なんかは、すごく嬉しかったですし、なんと「やり甲斐」を感じました。

単純にホールの空気が好きだというのもありますし、もちろんこの日は9割くらいお客さんとして扱って頂いたからなのですけども、にしても、これは常日頃あらゆる事にやる気がない筆者としてはかなり異例の出来事だったと思います。

そして営業中の現場での作業を体験してみて、個人的に一番楽しかったのは「メダルの計数」でした。いわゆる「流す」作業ですね。流れとしてはメダルを流す、おしぼりを渡す、コミュニケーションをとる、ハコを拭く……みたいな感じなんですが、実はこれ、体験するまでは怖かったんですよね。上手くできるかなぁみたいな感じで。でも、やってみると何か楽しい。何が楽しいんだろうと思ったんですが、実はここの部分が一番「接客」なんですよね。

筆者はもとから接客が嫌いじゃないんで、「明日は○時オープンなので、またぜひお越し下さい!」みたいな感じでコミュニケーションを取るのも全然苦になりませんし、なんならお客様から「はいありがとう」みたいな感じで言われると単純に嬉しい。なので筆者と同じように接客業経験のある方なんかは、きっと営業中の仕事の中でメダル・玉の計数が最初に好きになる仕事だと思います

なお、お仕事以外の部分でいいますと「休憩」はお昼に長めに一発。そして途中に適宜小休憩が入りました。食事に関しては筆者は近所のそば屋で済ませましたが、正式なスタッフさんの場合は福利厚生の一環としてお弁当注文時の補助がでる模様です(BBステーションさんの場合はね!)
 

▲ここまでツーマンセルで動いてくださった厚地さん。ありがとうございました!


 

折角なんでちょっとスタッフさんインタビュー

▲休憩室の近くには目押し練習用のマシンあり。

さて現役のホールスタッフさんって、どんな経緯でホール入りしたのでしょう。あるいは、やり甲斐や大変な事はどこだろう? 流石に勤務中に話を聞くのは邪魔すぎるかなぁと思ったのですがあんまりこういう機会もないですし、ワンチャンお願いしてみた所普通に「いいっすよ」との事だったのでちょっと小休憩がてら話を聞いてみました!

BBステーション日暮里店に勤務中のY先輩。23歳の男性ッス。


「Y先輩すいません。お時間頂いて──!」
「いえ全然。ぼくで答えられる事ならなんでも聞いてください」
「ありがとうございます。ではなるべくサクッと手短にいきますね! 最初に……Y先輩ってホールに入ってどれくらいですか?」
「いま半年くらいですね」
「半年前は何を?」
「パチスロ打ってました」
「あ、好きなんですねパチスロ」
「大好きです。である時求人をみて『好きなことが仕事になるのって楽しいかな』と思ったんで応募しました」
「なるほど……。どうです? 実際やってみて」
「やっぱり楽しいです。店側に立ってお客様に喜んで貰えるとやっててよかったなと思います」
「あー、喜んでもらえるっていうのは良いですねぇ。ちなみに、働く前と店に入ったあとで、ホールスタッフさんの印象って変わりました?」
「はい、変わりました。前はメダル補給とかの時『早くしろよ』とか思ってたんですけど、それはなくなりましたね」
「そりゃそうだ(笑) なんか仕事上で大変な事はありますか?」
「足痛いですね。あしのさん痛くないですか」
「めちゃくちゃ痛いです。これ毎日だと確かにヒラメ筋ムキムキになりそうですね」
「(笑)あと大変な事といえば……まあ接客業全部そうだと思いますけど、やっぱお客様とのコミュニケーションで大変な場合もあります」
「まー色んなお客さんが来ますからね」
「はい。でも、それを含めていい経験になってますし楽しいですけどね」
「なるほど。わかりました。ちなみになんですが、今後ぱちんこホールのスタッフさんになろうかなぁと考えてる人。例えばY先輩の本当の意味での後輩になるかも知れない人に一言何か言うとしたら、なんかありますか?」
「えー……。そうですね。やっぱり、ぱちんこホールって世間からみるとあんまりよく見られないことが多いんですね。だけど実際働いてみたら全然そんなことはなくて、ホントに普通の仕事というか。……やり甲斐もありますし。いいことばっかりじゃないですけども、世間で言われてるようなことはないです」
「確かに。雰囲気も明るいですよね。それすごい思いました。じゃあ最後にY先輩、いまアルバイトスタッフですよね? 今後なんですけど、BBステーションで社員になってのし上がっていきたい! とか、そういうのはありますか?」
「社員ですか……。そうですね。──機会があったら、社員になりたいです」
「はい! 以上です! ありがとうございました!」


以上、現役ホールマンのY先輩でした。

んで、のちにぴぃ店長にも聞いたのですが、やっぱり「パチンコ・パチスロ好きが高じて」ホールスタッフに応募してくる方は多いそうです。もちろん全員じゃないんですけども、好きなことを仕事にしたい! というのは動機としてはいかにも最大勢力だと思いますし、そっちの方がモチベーションが保てるだろうことも確か。

そしてなにより、BBステーションさんは現在「パチンコ・パチスロ好きな新卒さん」を絶賛募集中とのこと。パチンコ・パチスロが好きな就活生の方。「好き」を「仕事」にしてみませんか?

 

深夜作業潜入! 新台入替にも立ち会わせて貰ったぜ!

▲日暮里の悪魔、店長ぴぃさん登場


毒食わば皿まで!(意味違う)

ここからはホールマンが避けて通れない道である新台入替えの作業をレポート。ちょっと無理を言って閉店後の深夜作業にも立ち会わせていただきました。バディはパチ7ユーザーにはすっかりおなじみの店長ぴぃさんです。例によってめっちゃ親切に色々教えていただき恐悦至極。なかなか立ち会えない深夜の締め作業も見せていただきました。が、流石に機密情報の塊ゆえ写真はナシ。

教えてもらった内容だけ列挙するとこんな感じ。ハイドン!

・インカムで『POSオーケー』って言われたら景品カウンターの集計開始。
・サンドやデータマシンの集計も別にある。
・設定表はクラウド管理。だけど紙でやってる店もまだある。
・設定変更は一台あたり10秒以下で終わらせないと夜が明ける。


これらは入替えに関係なく、台風だろうが大雪だろうが毎日行われてる作業ですナ。

 

▲店内の掲示物更新も毎晩の大事な作業!


入替えに関しては専門業者である「遊技機設置業者」さんがいますが中古機の場合は自分たちでやっちゃうそうです(台数にもよるとのこと)。この日はスタッフさんが行う入替えが複数台あり、実際に立ち会わせていただきました。
 

▲ベテランの社員さんによる入替えレクチャー

▲うっかり防止のため、撤去機にはこんな紙が。


なお、ぴぃさん曰く入替えは「学園祭の準備の雰囲気に近い」との事。たしかに、お客様がいないホールは「夜の学校」の雰囲気に似てなくもないですし、深夜のハイテンションも相まって似た感じに思えました。ただし、作業内容はたぶん学祭よりずっとヘヴィー。
 

▲こういう細かい作業から。

▲腰イワしてる筆者には100パー無理な作業まで。

▲びくともしねぇ!


「これねー、絶対書いてほしいんだけど、重すぎるんだよパチンコ」
「え、ちょっと持ってみていいですか?」
「いいけど、腰やらないでね。ホント危ないからこれ」

みたいなやり取りの後に撮ったのが上の写真。ミリも持ち上がりませんでした。もちろん筆者がもやしっ子クラブだというのもあるのですが、単純に持ちづらい。なんかバキって壊しそうで無理でした。んでこれでちょっとした疑問が。

「ぴぃさん、女性店長とか今結構いらっしゃるじゃないですか。入替えとかどうするんです?」
「いやァ。わたしはねぇ、それは全然いいと思うのね。結局ひとってやれることをやればいいわけだし。やれない事はやったって出来ないわけだから。役割分担じゃない? それは」
「ということは、この入替え作業はもう絶対出来なきゃいけないってわけじゃあ……」
「それはない。それはないね。できるに越したことはないけど、出来ないからって店長になれないとかはないです。だって【入替え作業って準備8割】だから。実際の作業だけじゃなくてやることはいっぱいあるのね。そこで頑張ればいいわけで」

とのこと! おー! これは筆者「絶対できなきゃ駄目なやつ」だと思ってたんで目からウロコでございました。たぶんですが、日本全国にはこの「入替え作業」が心配でホールへの就職とかを躊躇してる人が一定数いると思いますし。これは朗報かもしれません!(あ、BBステーションさんはね! 他違ったらすいません!)


 

ミッションコンプリート! 全業務終了です!

▲やりとげた男の顔。最初と表情がぜんぜん違う!


はい! とうわけで本日の業務、無事終了です。無事故で終わることができました。朝礼から深夜作業まで、とりあえずなで斬りで体験させていただきましたが、たった一日働いただけでもホールマンの感覚みたいなのを味わうことができて超楽しかったです。

というわけで最後に筆者がこの日感じた事を羅列!

【楽しかった事・楽しかろう事】
・業務自体、意外にもスポーツみたいで楽しかった!
・開店前や深夜作業など、普段のホールとは違った一面をみる事ができた。
・とりあえずこの日は理不尽なお客様はいなかった!
・というかむしろ『ありがとう』と言われる場面が多々あった。
・スタッフさんの平均年齢が若かったので自分も若返った気がした。


まずは楽しかった事がこんな感じ。我ながら月なみな感想ですが、「理不尽なお客様がいなかった」のはちょっと予想外。去年ちょっとだけ知り合いのたこ焼き屋を手伝ったんですが、初日から最終日まで余すこと無く理不尽でした。それ考えると「ぱちんこホールのお客さんって意外と丁寧なのかもしれぬ」と思った次第。いや、ホントに意外。

ではつぎ、ネガティブな感想も出さなきゃ公平じゃないよね!

【キツかった事・キツかろう事】
・足がめちゃ痛かった!
・インカムが聞こえ辛くて反応に困ったことがあった!
・パチンコやパチスロの知識がないとピンと来ない事があるかも!


こんな感じ。足はとりあえず激痛。これは筆者が調子にのって革靴で勤務したせいかもしれませんが、少なくとも同じ立ち仕事である家電量販店時代より完全に痛かったです。フットワークが必要な仕事だからだと思います。ただこれは「やってりゃ慣れるよ」との事。

インカムに関してはやっぱ周囲の音がまあまあ大きいんで聞こえづらかったです。んでこれがひっきりなしに飛んでくるんで途中ちょっとテンパりました。でもみんな普通に応答してたんで、もしかしたらこれも慣れが関係してるのかも?

パチンコ・パチスロを知らないと難しいかも問題ですが、これに関しては「知らない人の場合、鍵を持つまでに1~2週間くらいかかることもあります」とのことで、やっぱ一定の苦労はしそうです。台の名前を知ってるだけでも知らないよりかなり有利なのは間違いないでしょう。

 

何を学べるのか? 何が身につくのか?

さあ、いよいよこの記事もラストです。一日体験してみて感じた、職場としてのBBステーションさんのオススメポイントについて。


【何が学べるか・何が身につくか】
★お客さんとの距離の近さは中小ならでは。接客のなんたるかをバッチリ学べます!
★大手では不可能! 上役がバンバン現場へ。あなたの上昇志向を刺激する!



パチンコ業界全体というよりもBBステーションさんに的を絞るとこの二点がか特殊でオススメ。日暮里店さんで言うとぶっ飛んだ店内装飾や、朝の呼び込み時の謎のハイテンションなど、「地域密着」というカビが生えそうなほど使い回された言葉に実感がこもってます。法人としても、株式会社大善さんはコロナによる営業自粛中に駐車場を使ったお弁当販売を通じた地元支援、なんかをいち早く取り入れられた事で知られていますが、そういう意味でも近隣のお客さん何かを巻き込んだ、広い意味での「接客」をばっちり学べそう。

上役がバンバン来るというのもちょっと驚きました。これも大手では絶対無い事だと思うのですが、ブリーフィングの日と入店日、両日とも「この役職の方は確実に本部の人よね」みたいな方々がめっちゃ見えました。(しかも超フレンドリーだった)

なんでこれがオススメポイントかというと、年長者・役職付きの上長の経験談というのを直接聞けるタイミングというのが、たぶん大手より絶対に多いです。もしかしたら他の中小ホールさんも同じ感じなのかも知れませんが、少なくとも入店してみた感じBBステーションさんは確実にそう。これは単純に社会経験としても大きなオプションだと思います!

というわけで、結論。BBステーションさんは、パチンコ・パチスロが好きな新卒の方の職場としては充分に「アリ」だと感じました! イエイ!

……はい! ここまで読んでくださった就活生のみなさん。いかがでした? 興味出ました?

求人エントリー支援記事を作るために軽いノリでやってみた体験入店でしたが、個人的にはこれホントにやってみて良かったです。今までよりも深くホールについて知る事ができました。もちろんだいぶお客さん扱いをしてもらった上で、というのを割り引いても「ちょっとマジで働いてみたいな」と思っちゃいましたもの。筆者。

んで、もし「ちょっとホールスタッフに興味がある」あるいは「ホール運営に関わってみたい!」と思っている人で、イマイチ自信がなくて躊躇してる人がいたら、筆者が「大丈夫だぜ」と言ってあげたいです。

なんせ筆者みたいな40代の腰に爆弾抱えたオッサンですら、初日ですでにやり甲斐みたいなのを感じましたからね!

では! 良き就職活動を! チャオ!


【今回ご協力いただいたホールさんなど】
・株式会社大善 公式サイト
・株式会社大善 リクルートサイト
・BBステーション日暮里店:店長ぴぃさんTwitter
 

▲ご協力ありがとうございました!

株式会社大善:新卒採用情報

▲会社案内動画の予告編!

【限定動画公開中】
今、リクナビでプレエントリーをしていただくと『兎味ペロリナさん・ハニートラップ梅木さん・パチ7編集長とBBステーション現役店長3人』による座談会動画を視聴可能となっています!  普段は聞けないような、深いところも聞いているので、ぜひぜひ。まぁなんだかいい雰囲気の会社だなぁってなると思いますよ!  新卒の皆様、なにはともあれ『リクナビでプレエントリー』を!

※プレエントリー後、URLが送信されてくるみたいです。
※新卒の方以外は、エントリーしちゃダメだぞ(笑)  見たい! という方は、一般公開されるようにパチ7で頑張って交渉するから、ゆるーく期待していてください!


パチンコホールを運営する㈱大善では、店舗運営業務、会社運営業務に携わる新卒さんを募集中です! 詳しくはリクナビさんでご確認ください! 

※新卒さん以外にも、中途採用・アルバイト採用も行っています。詳しくはBBステーションさんにお問い合わせください!

 

BBステーション日暮里店データ

 BBステーション日暮里  
■住所:東京都荒川区東日暮里5-51-12
■最寄駅:JR日暮里駅・京成 日暮里駅 南口から歩いて1分
■営業時間:10:00 ~ 22:45
■台数:パチンコ 110台 / スロット 155台
■貸し玉:パチンコ [4] / パチスロ [21.74]
■特徴:パチンコ・スロットが大好きなスタッフが働くお店!専用駐輪場完備!


その他詳細情報はコチラをクリック!

15

117

共有する

あしの
代表作:インタビュー・ウィズ・スロッター(稀にパチンカー)

あしのマスクの中の人。インタビューウィズスロッター連載中。元『セブンラッシュ』『ニコナナ』『ギャンブルジャーナル』ライター。今は『ナナテイ』『ななプレス』でも書いてます。

  • twitter
  • HomePage


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ