パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

メーカーの苦労|パチンコ・パチスロ ブログコミュニティ

【お題帳RUSH!佐々木】パチンコ屋があって良かったと思う話 | コラム

メーカーの苦労

プロフィール画像
弐依(にい)さん
ゲス(´๏౪๏`) 何とかこの世を生き続ける者下衆。 暗闇に蠢く者げす。 猫を愛する者ゲス。
投稿日:2020/04/27 01:23

19歳の時に初めてパチンコ屋でバイトをした。
当時はパチンコを1回打ったことがあるくらいで、知識については皆無といっていいくらいだった。

少しずつパチンコ台への理解を深めながら働いていたある日、サンセイR&Dさんから『CRパチクエBA』という潜伏確変のややこしい甘デジが出た。

当時潜伏確変自体は珍しくなかったが、あくまでもモード移行時に潜伏する台が多く、そこまでややこしいモード移行を繰り返す台はほぼ無かった。

僕の中で興味本意と義務感のようなものが目覚め、店員としての立場からお客さんに説明出来るように、内部状態も含めたフローをメモ帳に書き記した。
今と違ってネットで情報が気軽に出てこなった時代、店員に台のことを聞いてくるお客さんは存外居たものだった。

中身から台を理解する行為はとても楽しかった。
仕組みや演出を紐解いていきながら謎を解明していくような、ある種のミステリ小説を読み解くような面白さがあった。

パチンコ屋で働くのをやめた今でも「P天昇姫相撲」のような複雑な台は、導入前から仕組みを予想し、情報を調べ理解し、実機で答え合わせをしていく。
メーカーさんの努力を肌で感じながらパチンコ台と真っ直ぐ向き合う。
理解しているからこそ熱くなるポイントも分かるし、遊戯機として感心もする。
その楽しみを教えてくれたのは、間違いなくあの時働いていた環境のおかげだ。

8

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(2 件)

プロフィール画像
弐依(にい)
投稿日:2020/04/27
佐々木 真さん
何も頭に入れずに無心で楽しむのも遊び方の一つだと思いますが、謎解きも楽しいものですよね!

自己満足的なものでも、誰かを楽しませたい、魅力を伝えたいという気持ちは、モチベーションの向上に繋がりますよね(^^*)
プロフィール画像
佐々木 真
投稿日:2020/04/27
おおっ。 店員さんの鏡ですね!

私もその謎解きが楽しすぎて。絶対に何の情報も見えない状態で打てるとライターになったのでした。

最初に書いた原稿(?)は常連のオジサマに「落としそうなリーチ目集」。やはり、目の前の人を上手くしたい、楽しませたい。そんなモチベーションがあると、勉強も進みますよね!

弐依(にい)さんの
前のコラム コラム一覧 次のコラム

他の投稿を見る

パチ7お題帳トップに戻る

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • パチンコパチスロ機種情報と言えば! パチ7機種情報