パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

サボイジ懐古厨_#1

★フリーテーマ | コラム

サボイジ懐古厨_#1

プロフィール画像
さん
投稿日:2018/01/28 16:29

ツイッターでつぶやいたのですが、色々あって昨日の夜が暇になったので
今日、突然2本連続投稿になってます。板汚しの連続投稿は、これで終わりです。
パチ7のコンテンツはこの後色々見返します。あと、岡井モノさんの質問は今月はなし。

このコーナー説明はこちら

http://pachiseven.jp/columns/column_detail/12668

3月から書いて行く予定でしたが、案外多くなりそうなので少しずつ。

第1回はサミーとアルゼの昔話。

しっかり調べて、きっちり話せば非常に話が長くなるところでもあり、
今ここで、このタイミングで話すことでもなかったりします。
しかし、爆裂仕様機を取り扱う上で、まず誰もが考えるところでもあるので、初回に持ってきました。

まず、話は去年のギャンブル依存対策問題について。新しい規制ができる時、メーカーの意見、ホールの意見、ユーザーの意見、世間の意見。いろいろあったと思う。なかでも、意思疎通が物理的にしやすかったのはメーカーの意見だったように思う。今回の、ぱちんこの封入式を認める代わりに、設定をつけるとか。

で、話は2000年に戻ります。爆裂機の対策として日電協から意見を聞くが、当時の日電協のトップがサミー。コンチネンタルの検定取り消しから日電協脱退してたミズホ。サミー系のロデオの灼熱牙王の発売取り消しとほぼ当時に、ミズホのミリオンゴッド発売。この時からアルゼは、サミーなどに対してCT特許訴訟を含めて特許訴訟を行う。要は、このころのパチスロメーカーってバラバラだったのかなあって思う。

サラリーマン金太郎、アラジンA、ミリオンゴッドの検定取消処分。一度検定を通過した機種が、検定の取消され、ホールからただちに姿を消す。それが4号機爆裂機を表立って打ってた人が目のあたりにした風景。ネットでの情報から、憶測でしかない、それまでのいきさつを見て来て思う事は。結局は、メーカーが自分の台を売ろう、売ろうとして、新しいスペックや面白い演出などを切磋琢磨していたけど、それが行き過ぎて、ばらばらだったメーカー同士のつながりを作る切欠。それが4号機爆裂機とその問題だったのかな。と思う次第。で、4号機末期から5号機時代の10年間近く、メーカーが「独自路線で、新しいものを作り出すことの努力」とともに、「横のつながりや縦のつながり」も重要視されてた様に思う。

4

さんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー