パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. Pぱちんこ 新・必殺仕置人 特集
  4. 【新台試打レポ】真・北斗無双並み!?ぱちんこ 新・必殺仕置人の出玉増加速度に驚愕!

Pぱちんこ 新・必殺仕置人 特集

Pぱちんこ 新・必殺仕置人 特集

2019.07.03

【新台試打レポ】真・北斗無双並み!?ぱちんこ 新・必殺仕置人の出玉増加速度に驚愕!

ハニートラップ梅木(ガチますく) ハニートラップ梅木(ガチますく)   Pぱちんこ 新・必殺仕置人 特集

おはザンス!パチ7のパチンコガチ勢ライター『ハニトラ梅チャン』です。

今回は京楽産業.さんの新台『ぱちんこ 新・必殺仕置人』を試打取材して参りました。大人気の定番タイトル『必殺仕事人』と同様の必殺シリーズという事で、今後の立ち回りの軸になる機種と読んでいます。

過去を振り返ると、実際に『ぱちんこ 必殺仕事人』シリーズは、僕の立ち回りのメインになっており、素晴らしく勝ち越しております。大人気タイトルは稼動も高くなり易いので、店舗側も大事に使える要素が豊富にあるのでしょうね。

そして、今回の『ぱちんこ 新・必殺仕置人』は事前情報によると、確変時の出玉増加速度が旧基準機に迫る性能だとか。これは人気出そうな香りがプンプンしますね。それでは、その出玉増加速度に焦点を当て、他の現行機種と比べながら、性能の高さを紐解いていきたいと思います!

 

 

★スペック紹介『ぱちんこ 新・必殺仕置人』は約85%継続&高速消化のSTがウリ!

大当り確率 約1/319.9→約1/69.8
確変突入率※ ヘソ:50%(時短引き戻し込み約63.4%)
 電チュー:100%
ST130回
賞球数 4&1&2&4&15
ラウンド 10R or 3R
カウント 10カウント
出玉 約1500 or 約450個
※払い出し
電サポ 100 or 130回
※確変突入はV入賞が条件
大当り割合
特図1 ラウンド 電サポ回数 比率
3R確変 130回 50%
3R通常 100回 50%
特図2 ラウンド 電サポ回数 比率
10R確変 130回 60%
3R確変 130回 40%

★貸玉4円ボーダーライン


 
4円
交換
3.57円
交換
3.3円
交換
3.0円
交換
ぱちんこ
新・必殺仕置人

20.2
 

21.1
 
21.9 22.7

※数値は1000円(250玉)あたりの回転数
※大当り出玉は実獲得出玉で算出
※電サポ中は出玉増減なし
※ハニートラップ梅木調べ

 

ST継続率は約85%。爆発力、安心感共に◎

本機はV-ST機。V入賞すれば、大当り確率1/69.8、130回転限定のSTに突入します。平均連チャン数は約6.53回。大連チャンの期待も高まるスペックとなっております。単発で終わる可能性が少ないのも安心ですね。

右打ち時の10R(約1,500個)比率は60%!偏ったら凄い事に!

右打ち時の大当り振分は60%が10R。3Rに比べて10Rに偏り易いスペックになっております。継続率約85%、平均連チャン数約6.53回という高継続率のSTが10Rに偏ると考えたら、大量出玉獲得も容易に想像出来ますね。


 

ST中の出玉増加速度は新基準機トップクラス

ST中は旧基準機に迫るスピードで出玉が増えていきます。その秘密はST中の消化速度。平均で1分間に約25.7回転のスピードで消化されていきます。消化速度が速いという事は次の当たりまでの時間も短く、ひいては出玉が増加する速度も高くなるのです。

スペックから読み解く『ぱちんこ 新・必殺仕置人』の1番の魅力はST時の出玉感。継続率約85%、右打ち時の10R割合60%という高性能STが、現行の新基準機屈指のスピードで消化されていく。他の新基準機とは一線を画したボリュームある出玉感を実感できると思います。

 

 

★STの実時間計測!新基準機では考えられない驚愕の出玉スピード!

連チャン数
(出玉は実獲得)
消化時間
(初当りのアタッカー
開放時から測定)
6連、7,402個
(10R5回、3R1回)
27分38秒
11連、8,522個
(10R4回、3R7回)
47分57秒
2連、1,815個
(10R1回、3R1回)
9分23秒
21連、19,522個
(10R11回、3R10回)
84分43秒
2連、1,812個
(10R1回、3R1回)
10分13秒
3連、2,227個
(10R1回、3R2回)
11分21秒
12連、11,858個
(10R7回、3R5回)
50分25秒
10連、12,022個
(10R8回、3R2回)
34分41秒
6連、4,462個
(10R2回、3R4回)
22分10秒
5連、5,026個
(10R3回、3R2回)
21分15秒
合計大当り回数 78回
(10R:43回、3R:35回)
平均連チャン数 7.8連
ST獲得出玉 74,668個
ST合計消化タイム 319分46秒
(5時間19分46秒)
大当り間の消化時間
(大当り中の消化も含む)
4分05秒
(1回あたり)

本機の大きなウリであるST中の出玉増加速度。それを支えるST中の消化速度。本当に現行の新基準機で屈指の性能なのか?調査する為に、初当りからST終了画面までの時間を計測しつつ、何度もSTを消化してみました。それが上記のデータです。

ST後半での大当りが続く等、状況により消化時間にブレが出てますが、試行回数を増やす事で平均的な数値になったのではないかと思います。

この後、更に出玉増加速度や消化速度を実感して頂く為に、現行の高稼働機種でも同様にSTや確変消化時間を計測して、データをまとめてみました。是非見比べて下さい。驚きの数値になりましたよ!
 

 

★禁断!旧基準機『真・北斗無双』『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』と比べてみた

スペック性能比較
  ぱちんこ
新・必殺仕置人
ぱちんこ
CR真・北斗無双
CR真・花の慶次2
漆黒の衝撃
スペックタイプ V確ST機
(130回転)
V確ST機
(130回転)
転落機
確変中の
大当り確率
約1/69.8 1/81.2 1/145.31
(転落約1/270.8)
確変突入率 50% 50% 55%
時短回数 100回転 100回転 100回転
継続率 約85% 約80% 約65%
電チュー出玉
振り分け
■1500個
60%

450個
40%
2,400個
51%

1,200個
8%

600個
42%
■2,400個
100%
確変時
平均出玉
※1
約5,814個 約6,664個 約5,006個

※出玉数は払い出し個数
※1ハニートラップ梅木調べ
 

出玉性能比較
  ぱちんこ
新・必殺仕置人
ぱちんこ
CR真・北斗無双
CR真・花の慶次2
漆黒の衝撃
計測した合計
大当り数
78回 28回 29回
計測した
合計
出玉数
74668個 32141個 53299個
所用時間
319分46秒 135分32秒 305分14秒
1分毎の
出玉数
約233個 約237個 約174個
1万発の
予想到達時間
約42分54秒 約42分12秒 約57分47秒

現行の高稼働機種の中でも出玉性能に優れている旧基準機『真・北斗無双』と新基準機『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』の実戦データを元に比較してみました。

特に注目して頂きたいのは、1分間あたりの出玉増加数。複数回のSTや確変を消化して得た出玉を消化時間で割った数値ですが、新基準機である『ぱちんこ 新・必殺仕置人』が、旧基準機である『真・北斗無双』に肉薄しております。

勿論実戦値ですし、『ぱちんこ 新・必殺仕置人』は今回サンプルが多く取れていますので状況によって誤差は出るかと思いますが、『真・花の慶次2 漆黒の衝撃』と比べると差は歴然ですね。データを見る限りは『ぱちんこ 新・必殺仕置人』のST中の出玉増加速度は新基準機では屈指といっても間違いないでしょう。

 

★梅チャン的お得な打ち方

 

大当り、電サポなどの右打ち開始タイミング

▲大当り開始時にこの文字が出たら打ち出し開始

▲確変開始時はこの文字が出たら打ち出し開始

先ずは大当り開始時のお得ポイントを紹介。大当りが確定した後、スルーに玉を打ち込むと大当りが始まりますが、画面に『右を狙え!』という指示が出る前に打ち出すと、スルーが反応せず無駄玉になります。落ち着いて、指示が出てから右打ちを開始しよう。

ST突入時も同様で、画面に『右打ち』と指示が出てから打ち出しを開始すれば無駄玉を防げますよ!

 

アタッカー開放間の無駄打ちを止めよう

▲V入賞時以外は盤面下部のBONUSと書いてるアタッカーに玉を打ち込む

アタッカー開放のラウンド間にタイムラグがある為、ボーナスを打ちっ放しで消化すると、1ラウンド毎に2個ほど玉が無駄になりました。85%という高継続で多くの大当りを獲得するだけに、たった2個でも出玉に大きな差が出る事になります。

玉を打ち出して、アタッカーに到達するまで時間がかかるので、アタッカーが閉じてから打ち出しを止めると無駄打ちに。ボーナス時はアタッカーに玉が8個程入ったら打ち出しを止め、10個に到達するまで丁寧に1玉ずつ打ち込みましょう。この無駄を防ぐだけで、1日にすると数千円分の玉を得する事になりますよ!

 

★きっと立ち回りのメインになる!!

▲今作はこの死神が大活躍!ロボコップみたいでカッコ良い

今回『ぱちんこ 新・必殺仕置人』の試打をして、感じた事は消化速度の重要性。文中では出玉増加速度に焦点を当てて、消化速度の速さを紹介しましたが、メリットは出玉感だけでは無いんですよね。

STが早く消化されていくという事は、いわゆる無駄なリーチが少ないのです。結果、リーチ1つ1つの信頼度が高くなっており、リーチがかかるだけで熱くなれます。消化速度が速い事でパチンコの楽しみも増しているんですね。

更には、短時間で多くの出玉を得る事が出来るので、閉店間際であっても、STを取りこぼす事が少なくなります。仕事終わりに短時間しか遊技が出来ない方も安心ですし、我々ガチ勢からするとギリギリまで打てるので、多くの期待値を稼ぐ事も出来ます。

京楽産業.さんに「限界に挑戦して成功した奇跡のスペック」とまで言わしめた『ぱちんこ 新・必殺仕置人』を是非体感して頂きたいです。

ホール導入日は7/22(月)予定!




※この記事で掲載している数値はパチ7調べです。
 



(C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOJ-111 (C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証 YCA-239

前の記事 記事一覧 次の記事

ハニートラップ梅木(ガチますく)
代表作:ホル調~パチ7ホール調査隊~

ハニートラップというコンビの芸人でもあるが、ゾロ目の日の仕事はだいたい休む。
主にパチンコで生活する男。
出しちゃうボーイズという芸人パチンコ軍団を作り、パチンコネタをやったり、ノリ打ちしたり、、、
年間だいたい+100万発。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • 必殺仕置人