パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. 噂の『山佐塾』にしくじり店長が潜入!! パチスロH.O.T.D.で濡れるッ!! 【パチ7独占取材】

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2018.07.12

噂の『山佐塾』にしくじり店長が潜入!! パチスロH.O.T.D.で濡れるッ!! 【パチ7独占取材】

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

「山佐さんの塾? ど、どういうこと……!?」

どーも、しくじり店長ことカタギリです。

パチ7編集部から届いたメールの中に『山佐塾』という文字を見つけた瞬間、 私の脳裏には不敵な笑顔を浮かべて仁王立ちする山佐の偉い人達の姿が浮かびました。

もちろんパチスロメーカーの山佐さんについては存じ上げておりますが、 恥ずかしながら山佐塾に関してはイメージすら掴めません。

リノの三択をハズしたら鬼教官から腐ったトマトを顔面に全力投球されるとか、 ニューパルの目押しをミスしたら部屋の隅に追い詰められて蛙の大群をけしかけられるとか、 そういったスパルタ式スロッター養成講座みたいなものに参加させられるのかもしれない。

嫌だな、怖いな、どうやって上手く誘いを断わろうかと頭を悩ませていると、 数日後に関係資料が送られて参りました。 そこには私の不安を打ち砕く、夢のような誘い文句が並んでいたのです。

パチスロ好きのための山佐塾開講!
山佐社内で行われる新機種最速試打会!

●ホール導入前の新機種が先取りで打てる!
●開発者の話が聞ける!
●著名ライターによるわかりやすい解説が聞ける!
●山佐オリジナルグッズの豪華お土産セットがもらえる!


……ちょっと話が上手すぎませんか、私、騙されていませんか? ニコニコしながら参加してみたら会場で惑星の形をした変なオブジェを、 税込み54万円で売り付けられるのかもしれないぞ、 そんな一抹の不安を抱えたまま、遂に山佐塾の当日を迎えてしまいました。
 

 

不安しかないパーティー編成だが、いざ潜入。

さて、当日。上空には私の胸の内を象徴するかの如き暗雲が立ち込めておりました。

山佐塾スタッフさんに同行されつつ人質のような気分で会場に向かうのは、合計3名。今回のメールを送りつけてきた、やや体脂肪率が高めのパチ7の編集者、夫として、父として、そしてパチスロ養分として活躍中のパチ7漫画家のダンナくん、そしてパチスロ4号機時代にガセイベントに騙され過ぎて人間不信になった私。

わかりやすく書くとプチ肥満児と中年男性2名というバランスの悪いパーティーで、 山佐塾という名の未知のダンジョンへと今まさに突入しようという状況でした。
 

待ち合わせ場所から歩くこと約5分、見えてきたのは巨大なビルディング。


さて、エレベーターの扉が開いた先に見えるのは鬼か、それとも蛇か……?
 

けろ〜ん♪

カエルちゃんでした。

しかも到着と同時に出迎えてきてくれたスタッフの皆さんたちの素晴らしい笑顔!

私も様々なメーカーさんに足を運んできましたが、お世辞抜きでトップクラスの元気さですね。テンションが高いだけの不自然な接客ではなく、もてなしの気持ちに溢れた明るい表情。

スタッフさんたちの振る舞いに、さすがの私も人を信じる気持ちを取り戻せそうです。
 


そして用意された会場に足を踏み入れた瞬間、さらに幸せな気分に! 壁際にズラリと並んだ最新台の『パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』、 そして正面にいらっしゃるのは特別講師である『でちゃう!』の、こしあん氏。
 

開講まであと5分。こしあんさんの柔らかいトークで和む会場。

まだホールではお目にかかれない未知なるパチスロ台と、誰でも知っている業界の有名人。

この状況でテンションが上がらない人は、そもそもこの場所にいる訳もなく。 寝不足で会場に到着したため表情は完全にミドルエイジ・オブ・ザ・デッドな私ですが、 心の中では闘いのドラムが鳴り響いてまいりました。

ぬおおっっっ、楽しくなってきやがったぜぇぇぇ!!!
 

 

まずは自己紹介。

さて、いよいよ山佐塾の開講です。まずは、今回の参加者による自己紹介からスタート。
 

皆さん結構ノリノリ!

ダンナくんの自己紹介は50点くらい(笑)

集まったメンバーは、ダンナくんと私を含めて13名(編集者はカメラマンとして参加)。 文字通り老若男女が集まってきたようですね。 山佐ファン、前作のファン、新台好き、こしあん氏のファン等々……

参加者の顔ぶれと同じく、目的も様々ですが新台を前にした瞳の輝きは、みんな一緒。

中には富山県から参戦しているファンの方もいらっしゃるようで、その熱意に脱帽です!

さあさあ、今日は一緒に楽しみましょう!!
 

 

いきなり開発スタッフ降臨。

なごやかな雰囲気の自己紹介に続いて壇上に現れたのは、2名の男性。
 

この2人の視線の先に降臨中。

向かって左側に立ったのは、なんとなく将棋か囲碁あたりが得意そうな長身の方で、 右側に佇んでいるのはマイナーなスポーツが得意そうな、弱気なイケメンという印象。

実はこのお二方こそ、何を隠そう今回の新台『パチスロH.O.T.D.』の開発者でありまして、 ここでパチスロ開発者の方々への質問コーナーと相成った訳でございます。

ホール関係者であった私もメーカーの営業マンと話す機会はたくさんありましたが、 開発者と話すチャンスなんて、ほとんどありませんでしたからね、これは大チャンスです。

……とはいえ、ね。

こういった場で聞いてみるのって、なかなか難しいものですよね。お互い初対面だし、周りには大勢の人がいらっしゃいますし、緊張しちゃいますよ。

ちなみに私からの質問は……
「今後、4号機時代のマシンをリメイクする予定の機種をヒントでも良いから教えて欲しい」
「4号機をリメイクする際に最も苦労する点は何ですか?」

という内容でしたが、やはり開発中の機種に関しての返答は難しかったようです。 でも、お二人の自信に満ちた表情を見逃しませんでしたよ、私は!

そしてリメイク時に大変なのは4号機時代と現在では全く違う『リール制御』とのこと。 こちらの質問に対しては即答でしたので、その苦労は相当なものだと伝わりましたよ。
 

 

お待ちかね、試打タイム。

質問タイムの後は、いよいよ待望の試打タイム!

参加者にはそれぞれ1台ずつ新台が用意されるのですが、ここで山佐のスタッフさんから、 「あ、パチ7さんはペア参加なので、お二人で一台という形でお願いします」という伝達が。

という訳で私は、新台に着席したダンナくんの隣に置かれた補助イスに、 パチ屋に無理やり連れて来られたダメ男の彼女みたいな気分で着席。
 

どうみてもオッサンです。

黙々と遊技する彼氏…… じゃなかった、ダンナくんを見守りながら、小冊子を片手に「さっきのヤツが弱チャンス目で、今回は強チェリーね…」と、バスガイド気取りでアナウンスしているうちに、私は自分の生まれた意味について考えるようになりました。

そして懸命にレバーを叩くダンナくんの隣では富山からやって来た青年が、平均280ゲームの上乗せが期待できるアポカリプスラッシュ(Ver.「奴ら」)で900ゲーム以上も乗せる快挙を達成。
 

前作の大ファンだという青年。

やはり遠方からやってくるだけあって、レバーを叩く気合いが我々とは違いましたね!


それにしても新台をショールームの一角に座って一人で黙々と打つのと違って、こうしてホールさながらの臨場感に溢れた状況で試打するのは非常に楽しいですね。

今作は前作の魅力でもあった一撃性を5.9号機の枠の中で可能な限り再現したスペックで、有利区間を完走する確率が非常に高い特化ゾーンを3種類も搭載しているとのことですが、短時間の試打中にもあちらこちらから景気の良い上乗せ音が鳴り聞こえていましたよ。

ホール導入前の新台を、まるで店内のような感覚で試打できる興奮と感動は、ちょっと他では味わえませんよ!
 

 

聞けば意外と答えてくれる、質疑応答コーナー

その後は再び壇上に登場した開発者のお二人へ、試打後の質疑応答タイム。

気になる示唆要素や毒島無双の秘密など、会場に来た人しか知れない情報を聞き出しつつ、 こしあん氏がボーナス揃いの最速手順を紹介し、開発陣が「正解です!」と答えて会場から拍手が巻き起こる等、大いに盛り上がっていましたね。
 

一手目は中リール青7狙い!


印象に残ったのは開発陣の方が漏らした「ユーザーさんが喜んでくれているのを見てひと安心しました」というコメントでした。

確かにホール導入前の試打は基本的に業界関係者に向けてしか行われないので、開発の方々がそのタイミングでユーザーさんの反応を見る機会って無いですからね。

ユーザーが導入前の機種で遊べて、開発者も事前の反応を窺い知ることができる。どちらにとっても素敵なことですよね。いいぞ、山佐塾!!
 

 

ドンドンパフパフッ♪ 上乗せ大会〜!

そして最後は参加者全員による、特化ゾーン上乗せチャレンジ大会。

三大特化ゾーンのひとつ『スーパーアポカリプスラッシュ』で上乗せ出来たゲーム数によって、ゲット出来る賞品が変わってくるという『引き勝負』のイベントですね。
 

こしあん氏によるデモンストレーション。

全台特化ゾーン! ホールではなかなかお目にかかれない光景…!

……が、パチ7が誇る弱小スロッターである中年男性2名によるチャレンジは、 ダンナくんが350ゲーム、私が250ゲームと二人のルックス同様、華の無い結果に。 ダンナくんは飴ちゃんを、私はカエルの絵が描いてあるポケットティッシュを手渡されて、 今回の山佐塾はジ・エンド。
 

いざという時が来るまでポケットに入れておこう…。

塾なので、朝礼・終礼は当然あります。

最後は「塾」らしく、皆で一礼をして解散。

終始、なごやかな雰囲気に包まれていた会場を後にしたのでありました。
 

 

手厚いお土産と、本当にお得な『山佐プレミアムメンバー

で、帰り際にスタッフさんから手渡されたのが、謎の手提げ袋。

てっきり開けたらもっとお爺ちゃんになる煙が出てくる箱でも入っているのかな、みたいなことを考えていたのですが、「豪華お土産セット」と言うだけのことはある、想像以上に素敵な詰め合わせでした。

・パチスロH.O.T.D.のパンフレット
・ケロットのBOXティッシュ
・山佐オリジナル金太郎飴
・山佐さんプロデュースのバーチャルYouTuber『虹河ラキ』ちゃんのポストカード
・スーパープラネットのゴルフボール

 

ポケットティッシュがBOXテッシュに昇格した…!?


これだけでも参加した価値のある十分なお土産なのに、さらに!! 何と!!! 山佐塾に参加されたユーザーさんはもれなく『山佐プレミアムメンバー』として、 豪華なメンバーズカードを手にすることが出来るのです!!

しかも、その特典として……
・新機種情報の先行解禁!
・新機種パンフレットやガイドブックをゲット!
・山佐オリジナルノベルティグッズのプレゼント!
・メンバー限定イベントの開催!


その他にも山佐ファンを名乗るなら絶対に見逃せない企画も予定されているようなので、 こちらの山佐塾公式HPは必ず一度はチェックしてみてくださいね!

そして勿論、次回の山佐塾には是非とも皆さん、奮ってご応募してみてください! 私のような中年男性にも優しく丁寧に接して下さる山佐のスタッフさん達が、しっかりとアナタを楽しませて下さるはずですよ!
 

 


 

(C)佐藤大輔・佐藤ショウジ/KADOKAWA/H.O.T.D.製作委員会 (C)YAMASA
 

前の記事 記事一覧 次の記事

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報