パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 『朝コラ』あしの朝の連続コラム~60日後に1位になるはずのSEO~
  4. 『朝コラ~29日目:パチスロ ハイスクール・オブ・ザ・デッド~』ゾンビ作品ってなんで全部オブザデッドってついてるんだ!について

『朝コラ』あしの朝の連続コラム~60日後に1位になるはずのSEO~

『朝コラ』あしの朝の連続コラム~60日後に1位になるはずのSEO~

2021.08.20

『朝コラ~29日目:パチスロ ハイスクール・オブ・ザ・デッド~』ゾンビ作品ってなんで全部オブザデッドってついてるんだ!について

あしの あしの   『朝コラ』あしの朝の連続コラム~60日後に1位になるはずのSEO~

チワッスあしのです。今回のキーワードは「ハイスクールオブザデッド」だ。筆者はそんなに検索した経験は無い気がするけど、何気にキーワードの人気はかなり高め。手元の資料によると全体の中でも相当上の方だった。

では「パチスロ_ハイスクールオブザデッド」で検索して、パチ7の位置を確認してみましょう。ドン!

 


1.パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド(一撃)
2.パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド ゴールド(ぱちガブ)
3.パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド(ぱちガブ)
4.パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド(P-WORLD)
5.パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド ゴールド(P-WORLD)
.
7.(HOTDG)スロット 新台(パチ7)
 


パチ7は6位。だけど今回はちょっと特殊でDMMさんが入ってない代わりにぱちガブさんとP-WORLDさんが2個ずつランクインしてる。いわずもがな、5.9号機と6号機でダブル稼働中だからですね。「リング」の時にも同じ現象が起きてたけど、おそらくキーワード自体の人気が高いのは実質2機種分検索されておるからだと思われます。

さて、まずは「ハイスクール・オブ・ザ・デッド(HOTD)」の解説。

元は原作・佐藤大輔さんと作画・佐藤ショウジさんによるマンガ作品。いわゆる「オブザデッドもの」なので当然ゾンビが出てくる作品です。佐藤大輔さん原作のマンガというと「皇国の守護者」なんかも知られていますが、タイトルの作品と共に、原作者病没により未完作となってしまいました。両方とも人気が高いマンガだったので急逝を惜しむ声が大変に多く、筆者も第一報を聞いた時はとても悲しかったのを覚えています。

パチンコおよびパチスロ版はメーカー関係がちょっとややこしいのが特徴。初出のパチスロ版はスパイキーから、5.9号機と6号機版は山佐から、パチンコ版は高尾から出ています。

筆者がガッツリ打ったのはスパイキー版。あれは名機でした。スパイキーといえばHOTDの他にも「ブラックラグーン」「鉄のラインバレル」「猛虎花形」などが思い出深い方も多いと思いますが、それらは全部2012年から2013年の極めて短期間に連続してリリースされています。当時のスパイキーは「破竹の勢いだった」と言って良いんじゃないでしょうか。

山佐から出た5.9号機と6号機のほうは筆者はあんまり触ってないのですが、まあそれは時期が時期なので。別にHOTDのせいじゃないです。打ち込む機種ほどの方がレアなご時世ですからね。

さて本日は「オブ・ザ・デッドもの」について少々。
 

★『オブ・ザ・デッド』にルーツあり。

HOTDにも含まれる「オブ・ザ・デッド」、実はこれルーツと歴史がある言葉なんです。そのルーツとは、ゾンビ映画の金字塔やホラー映画の新時代を築いた作品と言われる、ジョージ・A・ロメロ監督の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(以下、NOTLD)」です。

これはゾンビとか抜きにして超絶有名な映画なので観たことある人も多いと思います。いわゆる「モダンゾンビ」とか「ロメロゾンビ」と言われる、現在の「ゾンビ」の雛形はこの作品で誕生。人が生き返って襲ってくるってめっちゃ怖いやんけ、という概念を広めるきっかけになった作品です。もちろんHOTDの「奴ら」も属性でいうとロメロゾンビなので、その影響力の凄さは推して知るべし。

それまでのゾンビはあくまでも「仮死状態の人間」であって、NOTLDのように「生ける屍(リビングデッド)」ではないんですな。ここが革命的だったわけです。

つまりゾンビの始祖的な存在がロメロゾンビであり、手本にされていったという経緯があるわけですね。だから、敬意を払ってなのか、ゾンビが出てくる作品だよをわかりやすくするためか、作品名に「オブ・ザ・デッド(またはオブ・ザ・リビングデッド)」がつけられるようになっていったわけです。「ハイスクール・オブ・ザ・デッド」もその例にならって、となっています。

編集長なんかはこのルーツを全く知らなかったようで、意外と知らない豆知識としてお届けしてみました。


時を経て現在。「オブ・ザ・デッド」の認知はかなりアップしていて、今ではだいたい「ゾンビモノだな」と分かるようになっています。今ではオブ・ザ・デッドとついてない方が珍しいので、そこをまた逆手にとったアニメ版の「がっこうぐらし!」みたいな演出も出てくるようになりました。

また今のゾンビ映画は以前に比べてストレートでコメディの要素が強く、「オブ・ザ・デッド」とついてる作品ほどその傾向が顕著です。これはおそらく2004年に大ヒットした「ショーン・オブ・ザ・デッド」の影響が強いと思うのですが、以降は「ありえないもの」と「オブザデッド」を組み合わせるタイトルの作品が激増してます。

「エクスタシー・オブ・ザ・デッド」
「レディオ・オブ・ザ・デッド」
「暴動・オブ・ザ・デッド」
「アルマゲドン・オブ・ザ・デッド」
「インスタ・オブ・ザ・デッド」

これらとかですね。「ハイスクール」と「オブ・ザ・デッド」もまさにありえないものとの組み合わせと言えますね。

はい本日は以上! 今日も頑張って!

 

5

55

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(8 件)

プロフィール画像
あしの
投稿日:2021/08/22
トロンボーンさん
おはざす! 並んでる時にそれすげー思いますw
プロフィール画像
トロンボーン
投稿日:2021/08/20
財布が空になっても、翌日ホールに虚ろな目で現れる私たちもまたゾンビの一種ではないだろうかw
プロフィール画像
あしの
投稿日:2021/08/20
えびやんさん
おお! 失礼しました。たしかに編集長そんな所ありますね!(おい) えびやんさんゾンビ好きなんですね! オイラもランドオブ~は劇場でロメロ監督のサイン付きパンフ買いました(そして紛失した)。懐かしい! ゾンビランドは観てないんですよね……。観ないと。
プロフィール画像
えびやん
投稿日:2021/08/20
おはざす!
文体でわかりますよw
ほら、編集長、たいがいの事、知らない。で済ませるじゃないですかw
最近だとゾンビランド1、2が面白かったですねー。ロメロ監督だとランドオブザデッドが好きです!
プロフィール画像
あしの
投稿日:2021/08/20
えびやんさん
おはざす! あ、これ書いてるのあしのです(笑)
プロフィール画像
あしの
投稿日:2021/08/20
ししょーさん
おはざす! 何気にラインバレルとか名機ですよね。時期が違ったらもっとバリバリに人気出てたと思うのですが、なんせ似たようなスペックが乱立しておりましたなぁ。そうだ、ヴェニスオブザデッドもありましたねw
プロフィール画像
えびやん
投稿日:2021/08/20
最近はもう編集長は何なら知っているかが気になります
プロフィール画像
ししょー
投稿日:2021/08/20
あの頃のスパイキーは面白かったねえ。
オブザデッドと言えば不二子ちゃんのヴェニスオブザデッドがすぐに思いついた。あー不二子ちゃん打ちたい

あしの
代表作:インタビュー・ウィズ・スロッター(稀にパチンカー)

あしのマスクの中の人。インタビューウィズスロッター連載中。元『セブンラッシュ』『ニコナナ』『ギャンブルジャーナル』ライター。今は『ナナテイ』『ななプレス』でも書いてます。

  • twitter
  • HomePage


▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー