パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日のチラシ
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ

  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 珍古めりこみ隊が行く! パチンコ珍店珍道中!
  4. おじさん連の思い出! Flashを使ったパチンコパチスロコンテンツが2020年末で見られなくなる件

珍古めりこみ隊が行く! パチンコ珍店珍道中!

珍古めりこみ隊が行く! パチンコ珍店珍道中!

2020.11.30

おじさん連の思い出! Flashを使ったパチンコパチスロコンテンツが2020年末で見られなくなる件

ティムますく ティムますく   珍古めりこみ隊が行く! パチンコ珍店珍道中! ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

お世話になった方も多いはず!


2000年代初頭、PCの回線はADSLが主流で、基地局の近い家が勝ち組だった時代。ネット環境やサイト等がまだまだ確立しておらず、みんな手探りでネットというものを楽しんでいました。

そんな中、数年前まで第一線を走り続けてきたソフトウェアがあるのはご存じでしょうか。その名は「Adobe Flash」webサイトのリッチコンテンツとして、2000年初頭から爆発的な人気を獲得。つい数年前までは企業のHPなどでも採用されていたソフトウェアでした。有名なFlash作品としては、ラーメンズのコントが元ネタの「千葉!滋賀!!佐賀!!!」や開国してくださぁ~いよ~が癖になる「ペリー来航」など。2chや個人HPが盛んだった頃に出てきたコンテンツは今でも印象に残っています。

そんなFlashですが、最近では他の技術の進歩や、PCからスマホへの移行、セキュリティ面の脆弱性により、開発元のアドビ社が2020年末を持ってのサポート終了を公表。これにより、1つの文化が終わろうとしています。

パチンコ業界とFlash

初代吉宗の公式機種ページ(2003年6月導入)

パチスロ輪廻のラグランジェの公式機種ページ(2014年1月導入)

機種シミュレーターを公開しているメーカーも(画像はオリンピアの黄金神)


パチンコ業界とFlashの付き合いは10年以上と長い付き合い。遊技機メーカーもFlashを採用した機種ページ作りをしており、初期の頃は演出の内容を動画(形式はFlash)で組み込んだ内容で表現するなど、注目ポイントをFlashで作っていたようです。また、高速回線などの普及により、快適にWEBを見られるようになってからは、機種ページ全体をFlashで構築し、魅せ方に拘った作りに進化していきました。後のセキュリティ問題により使用される事は少なくなりましたが、パチンココンテンツとしてみると、5年前くらいまではFlashを使った公式機種ページが多かったように感じます。
・参考リンク:吉宗(大都技研) パチスロ輪廻のラグランジェ(サミー)


中でもFlashで魅力的なコンテンツだったのが、機種の公式シミュレーター。オリンピアや山佐が主に提供しており、「めざせドキドキ島」「南国育ち25」「27」「カンフーレツデン」など4号機時代を彩った機種たちを無料で遊べるとあって、当時としてはかなり画期的なコンテンツでした。私なんかはめざせドキドキ島のレースが大好きだったので、大穴当たり狙いでよく打ったのを覚えています。……あぁ哀愁。

ちなみにアプリやブラウザで楽しめるパチンコ・パチスロゲームと言えば、777town.netが真っ先に思い浮かぶ方が多いと思います。こちらの運営開始日が2005年8月ですので、Flashでのシミュレーターはその先駆けとも言えるのではないでしょうか。

 

シミュレーターの今

上記でご紹介した2メーカーの機種シミュレーターですが、実は両メーカー共に公式サイトからのアクセスができなくなっています。また、山佐のシミュレーターは404表示となっているので、現状遊ぶのは難しく。

ただし、オリンピアのシミュレーターの機種ページはそのまま残されており、検索するとプレイが可能となっております。

【プレイ可能な機種】
・めざせドキドキ島
・南国育ち25
・黄金神
・荒野のマンボウ
・マジックモンスター
・それ行けマンボウ
・島娘-30
・ドリルギャング
・ゴールド&ゴールド
・大吉倶楽部
・スペースバニー
・ラスベガス
・トリックモンスター
・レースクイーン
・アイスストーリー
・ホットロッドクイーン

上記の通り、公式サイトを経由してのプレイが現状できないので直リンクは避けますが、過去の思い出に浸りながらプレイするのも一興ではないでしょうか。(検索やプレイは自己責任でお願い致します。)

 

実際に「めざせドキドキ島」をプレイしてみた!

まずは画面をクリックしてAdobe Flash Playerを有効に。有効にならない場合はブラウザの設定や公式サイトを確認してみてください

画面が切り替わったら準備OK!残り30km地点まで移行する強制フラグもあるので、レースを体験したい人はこちらを活用すべし!

残り10kmになるとワクワク島に向かう演出が発生。普段と違うパターンだと期待度アップ!

船に乗って夕方背景もたしかチャンスアップでしたね! 最近でいうパチスロのやじきたに近い感覚で打てます

レースはカンガルー以外がゴールすれば大当り!レア度が高い動物で当たれば連チャン期待度アップ!

何故か最後の直線にいなかったペンタンが1着に(笑) 何はともあれ大当り確定♪

BBはキャンセル可。時間を短縮しながら遊べます。懐かしのBGMも聞けるので一度は消化して欲しい!

勿論ボーナス終了後のお楽しみ、ソワソワタイムも遊べちゃう! 懐かしさを感じながらプレイできます

恐らく5年以上ぶりにプレイ。正直液晶はカクカクで画像の解像度もかなり荒くはありますが、完成度はかなり高いと感じました。

操作は基本スペースキーオンリーでOK。ボーナス時の逆押しはエンターキーに対応。また、マウスで各ボタンを押しても操作可能です。機種によりますが、強制フラグが立てられたり、ボーナスを短縮できるのもありがたいところ。個人的にはSEやBGMが聴けるのがめちゃくちゃ嬉しく、当時の大負けがフラッシュバックされました(笑)

あの頃は回線速度も安定しなかったし、WEBは結構無法地帯でしたが、こういった面白いサービスもあって、自分で色々調べるのが本当に楽しかったなぁ。

さいごに

グロエロ鬼畜、何でもあったFlash(画像はトラウマ)


今回の記事を作成するにあたって、有名パチスロメーカーであるユニバーサルのサイトを確認したところ、2013年発売の初代まどマギには機種サイトが確認できるものの、鬼の城や神々の系譜などに機種サイトは確認できず。それ以前の台も簡単な機種紹介だけになっておりました。これが直接今回のFlash終了と関係しているかは定かではありませんが、何かしらの要因とはなっているかもしれませんね。ちなみにネタ的に使った上記の「プニキ」ですが、こちらも12月16日で終了となるそう。鬼畜ゲーを楽しみたいかたはお早めに。

ちなみにFlashコンテンツを今主流のHTML5へ変換・移行する手段もあるそうですが、コストや手間暇を考えるとわざわざ改修するのは現実的ではないと思うので、現状なくなると思ったほうがよさそうです。 また、スマホでの閲覧は元々想定されていませんので注意されたし。見る際はPCを使っての閲覧をオススメします。

サポートは2020年末に終わってしまいますので、お正月前のふとした空き時間などに、自分の思い入れのある機種などを振り返ってみてはいかがでしょうか。

 


(c)ラグランジェ・プロジェクト, (C)Sammy
(C)DAITO GIKEN,INC.
(C)OLYMPIA
 

9

21

共有する

ティムますく
代表作:ホル調~パチ7ホール調査隊~

まんまるいマスクが来たら赤保留クラスで私の可能性アリ。パチンコパチスロ歴は4号機北斗の拳からの量産型スロッター。立ち回りは割りとガチでノーマルタイプで万枚出すのが夢。
変な店や変な事をしている店が大好物という変わった面もある。

  • twitter

2020年11月度自由帳大賞&新人賞

【コラム部門】本当は怖い三店方式町田某店編/権田マンさん

【漫画部門&新人賞】パチンコに触れたこともない女がパチプロに惚れた話/つっちゃんさん

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ