パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 若年性パチンコ研究脳
  4. 研究#01:大工の源さん超韋駄天から『速いパチンコがなぜ生まれ、人気なのか』を研究する。

若年性パチンコ研究脳

若年性パチンコ研究脳

2020.10.30

研究#01:大工の源さん超韋駄天から『速いパチンコがなぜ生まれ、人気なのか』を研究する。

rara rara   若年性パチンコ研究脳


いやー、凄いですね。大工の源さん人気。

当初の導入台数こそ多くはなかったものの、口コミをきっかけに人気が急加速。あまり人がいないホールでも源さんだけは客が付いているという光景も珍しくありません。大量増台もされましたし、このタイプの熱気は数年前のシンフォギア以来でしょうか。

さて、そんな大工の源さんですが、人気の秘訣は言わずもがな圧倒的な出玉速度にあります。時速36,000発ですから、パチスロで言うと時速約7,000枚……4号機のAT機並です。いくら純増が高かろうと、リミットが存在する現代のパチスロでは逆さになっても敵わない性能であり、人気が出るのも当然かも知れません。


ただしですね、ご存知でしょうか。源さんは元々出玉速度が売りのシリーズなんです。前作に『CR爆走 大工の源さん外伝京都もいただき編』という演出的にはいつもの源さんで、どのへんが外伝なのかさっぱり分からない台がありまして……その発売時には『2万羽のニワトリが産む卵vs1台の源さんの出玉でスピード勝負』という狂ったプロモーションが行われる程には昔から出玉速度推しのシリーズなんです。(余談ですが、ニワトリが圧勝していました)
 

▲ニワトリとの出玉?スピード対決に負けた前作源さん


しかし、こう言っては失礼ですが……前作は、今作程の人気が出た訳ではありませんでした。類まれな出玉速度を持っていながら何故流行らなかったのでしょうか……? 

それは、他の台がそんなに遅くなかったからです。所謂MAXタイプの全盛期でしたからね。昨今と違って、“出玉速度が早い”という感想があっても“出玉速度が遅い”という感想はあまり見受けられなかった頃で、出玉速度という概念がまだ重視されていない時代でした。

そんな良くも悪くも過激な時代を終わらせたのが、2018年2月から施行され、現在も続いている出玉率規制の新基準です。


この基準に関して、「旧来に比べるとかなり厳しい基準となっているため、今後は短期間でいっぱい出るような台は作りにくくなるらしい」「新台の○○めっちゃ遅い」「源さんや絶狼が通ったのは出玉規制が緩和されたからなんでしょ?」……と、完全に間違っているものも含め多くの声が聞こえて来ます。ですが、具体的に“どれぐらいの時間”に、“どれだけの出玉”が出るとアウトになってしまうのか、という点は意外と知られていないのでは無いでしょうか。かつてなく出玉速度が注目されている今だからこそ、改めて基準を確認してみましょう。

基準等に関しては、公表されているものですが、内容に関しては私の推測も含まれていることをご了承ください。

 

★まずは出玉率の基準をおさらい

まず、旧来の基準がこちら。
 

旧出玉基準
  下限 上限
1時間 無し 300%
10時間 50% 200%
 

こう事務的に表記するとちょっとわかりにくいのですが、要約すると1時間で打ち出した量の3倍以上出てはいけない。という事になります。

出玉試験時には止め打ち等は一切されないため、1時間で発射される玉の数は6,000発。その3倍までなので、1時間で18,000発の払い出しがあるとアウトということになります。

一見時速18,000発という十分過ぎる数字かのようにも見えますが、重要なのは“純増”ではなく“払い出し”であるという点。大当たりによる“一般ユーザーが出玉と認識する球”だけではなく、電サポ中の電チュー入賞による“現状維持の為の出玉”や、通常時のヘソや一般入賞口による“通常時のベースになる出玉”もここに該当します。ユーザー心理として、増えてないものを出玉と認識はしないので、それら払い出しが速度に影響するという意識も中々持ちにくいと思いますが……ココはかなり重要なポイントになります。


すごくザックリとした例なのですが……。

1時間右打ちを続けて、そのうちの40分が現状維持の電サポを消化する時間だったとすると、それだけで4,000発の払い出しが発生します。つまり、残りの20分で消化する大当たりで14,000発以上払い出しがあると試験に落ちてしまう。という事ですね。この数字はあくまでも仮定ですのであしからず。

とまあ、なんだかキツい制限であるかの様な書き方をしてしまいましたが……はっきり言って緩いです。正直、時速14,000が出せるのであれば、遅いと感じるような速度でも無いですからね。しっかりとレギュレーションに収まる設計をしたところで特段文句が出るような条件ではありません。

さらに言うと、なかなか1時間も継続なんてしない……もとい、払い出しの合計が18,000発を越えてしまうような、純増14,000発を超える当たりなどそうはありません。通常時の払い出しは大した量ではないので、“試験でうっかり一時間続かない事を祈る”、“終了後の通常で即当たったりしないように祈る”、“もし落ちちゃったらそれはそれでしょうがない”という前提の上で、時速14,000発を上回るもっともっと攻めた速度の設計も可能となります。

とはいえ、その枠内に収まっていないであろうという性能の台も、実際に出ていた……というより『ガンガン出ていた』というのが事実です。

そこはまあ、アレです。今は使用できなくなったとある秘策が存在していました。具体的に書くことは控えますが、現在は釘問題の勃発により使用不可能に。まぁそんなやり方が通ってた事の方がおかしいのかも知れません。

なお、10時間200%については出玉速度にあまり関係しない部分の為、割愛致します。しっかし、長期試験115%とか言ってるパチスロと比べると随分景気のいい数字が飛び出しますよね。

 

★新基準の『出玉率の下限』が曲者。

さて、ここからが本題です。この緩かった規制が、2018年にはこうなってしまいました。
 

新・出玉基準
  下限 上限
1時間 33% 220%
4時間 40% 150%
10時間 50% 133%


どうですかこの凄まじい規制具合。1時間の出玉率上限が220%ということは、1時間で払い出せる総量がたったの13200個となります。

当然、電チュー等の戻しを含めてこの数字内に収めなくてはなりませんので、先程と同じ「1時間右打ちを続けて、そのうちの40分が現状維持の電サポを消化する時間」という条件だと、13,200発から電チュー戻りの4,000発を引く事に。結果として、1時間に大当たりで払い出せる玉の余地は9,200発となってしまいます。この時点で時速万発割れ。

勿論、“試験でうっかり1時間続かない事を祈る”“終了後の通常で即当たったりしないように祈る”という例の運試し前提の上で、もっと攻めた数字を追求することは出来るのですが……


ここで、新たに追加された出玉率下限33%が曲者となります。1時間、一切の当たりや電サポ無しでも33%、約2,000発を払い戻さなければなりません。

一見、遊技者を守る為の規則にも見えますが……通常時で削りにくくなったという事は、攻めた出玉速度の台が作りにくくなったという事です。 また、これら出玉規制とは別に“ベース規制”というものが存在します。

通常時の還元率を表すベースが30以上になるように、というお達しで、100発打ち出したら30発は還元しろよって事ですね。 そして、最も重要なのが上で触れた秘策が封じられた事。この秘策は“通らないであろう台“を通す為に使っていただけではなく、”多分通るけど引きによっては落ちるかもしれない“という性能の台を通す為にも使われていたはずです。

レギュレーションに従って時速9,200発で設計したとして、偶然ST中に早い当たりが続いたり、ラウンド振り分けで勝ってしまった場合、出玉率上限を上回ってしまう事だって当然あります。そんな不幸なパターンをカバーしていた秘策が使えなくなったことにより、制限内の設計ですら落ちる可能性が高くなってしまったのです。いやまあ本来の形に戻っただけ、なんですけどね。

 

★では、なぜ速い台が出来たのか……は次回に続く!

……纏めてみると、本当に速度のある台が作りにくくなったと分かります。実際には時速万発を上回る台が源さんを始め、多数排出されているのは皆様もご存知の通り。そこには、ベース規制の撤廃により生じた狂気とも言える理詰めとチャレンジ精神が渦巻いているのです。

ということで次回は、厳しい規制の中、出玉試験を通す為に行われている様々なアプローチ方法と、早い台を通すための理論を解説します。(唐突なシリーズ化宣言)

 

6

90

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(2 件)

プロフィール画像
rara
投稿日:2020/11/13
モジャさん

続編公開後の返信で申し訳ありません!
読んでいただけるとわかるのですが、まあ、その、運です……!
プロフィール画像
モジャ
投稿日:2020/11/04
続編楽しみにしてます!

私はてっきり『源さん』は運で通したと思っていましたが、どうやらそうではなさそう?ラスト保留の変動を長くすることである程度はごまかせそうですが……

rara
代表作:

北海道に蠢く24歳のスロパチ好き。珍古店を探して全国を駆け巡ったり、大きいホールに一台だけ置いてあるマイナー台を打って、悦に浸ったりするタイプの人。最近のマイブームはパチスロミルキィホームズ。

  • twitter




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチンコ パチスロ新台カレンダー

  • パチ7スロッコ