パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチ7自由帳・匠
  4. 【2人から大規模まで!】初心者にもおすすめの『連れ打ち』の魅力を語る!

パチ7自由帳・匠

パチ7自由帳・匠

2020.09.18

【2人から大規模まで!】初心者にもおすすめの『連れ打ち』の魅力を語る!

ぐらん ぐらん   パチ7自由帳・匠

どうも。オールドルーキーぐらんです。

パチンコパチスロは、言わば個人戦です。あらゆる判断を自分でして、黙々と台と向き合うというのが基本。だからこそ、不意に訪れる理不尽なハマりや、アツい状況・演出を頻繁にハズしたりすると、パチンコパチスロってメンタルスポーツという側面もあったりするので、やり場のない感情で心が折れることも多々あるかと思います。

遊びにきたはずなのに「もう帰りたい……打ちたくない……」なんて経験、ありませんか? 私は結構あるんですよね(笑)  特にディスクアップってやつを打っている時は……

毎回楽しいばかりではない、というのはもちろん承知していますが、できればそうお願いしたいという図々しい希望が本音。 実はね、いい方法があるんですよ。楽しい感情は何倍にもなりつつ、つらい感情は何分の一かになる、という魔法が。


そう、それが【連れ打ち】です。
 

▲ディスクアップ連れ打ちの模様。感情や出目の共有が楽しい!

「連れ打ち」とは

読んだまま、誰かと連れ立って打ちに行くこと、ですね。並びで連れ打ちを経験したことがある人はわかると思いますが、たったこれだけでいつものパチンコパチスロが、劇的に楽しくなるんです。ちょっといくつか具体的な例を挙げてみましょう。


〇相方の台も自分の台

普段、隣の台というのは気にしていないようで気になるもの。隣の他人が調子よく当たっていれば、ズルいとか、ふざけんな当たりこっちによこせとか、俺以外みんな天才かとか、いろいろ思いますよね? あれ? 私性格悪いですか?(笑)

ところが連れ打ちならば、相方の座る隣の台も「自分の台」という気持ちになるので、単純に2倍楽しくなるチャンスがあるんです。見たいリーチ目が出る確率も2倍。フリーズを引く確率も2倍。仮に凱旋を100人で連れ打ちしたら、1ゲームごとのGOD確率は驚愕の1/81.92です。数の暴力とはこのことかもしれません。


〇遊技の共有

はい、これメインになるポイントです。打っている機種の、例えば「スイカorボーナス」みたいな状況を相方と楽しむのもいいのですが、共有の真骨頂はそこじゃあない。個人的に楽しいのは「知識の共有」です。

ちょうど編集長のハナビの遅れについての記事があるので便乗すると、遅れが発生して逆押し。枠上にドンちゃんが止まったとして、「おー! 赤7確定!」と相方と声を揃える瞬間。ディスクアップで言えば、「2スベり黒下段! 青同色!」とサムズアップを交わす瞬間。こういう瞬間がたまらなく楽しいのです。

二人とも当たりなくハマっている状況でも連れ打ちは輝きます。ハナビはストック機だの、斜め氷(ボーナスよりも重いフラグ)出てきたから、今はハマりモードに滞在してるだの、くだらないオカルトを言いあったり。レアなリーチ目の話をしたり。なんなら、なんの関係のない雑談をしたり。

こうした、ひとりでは出来ない楽しみかたができるのが、連れ打ち最大の魅力です。


〇運命共同体

これは場合によりますが、ノリ打ちをするのも魅力かもしれません。ノリ打ちと言うのは、投資と回収をそれぞれ相方と共有すること。例えば、自分が投資3000枚回収0枚・相方が投資1000枚4000枚ならば、トータル投資4000枚回収4000枚でトントンになる、というものです。

勝った側は勝ちがしょぼくはなりますが、リスクの分散をしつつ遊技を楽しめるといったメリットがあります。投資上限を決めたりしておけば、仮に自分が投資上限までいったとしても、あとは相方の出玉で負けを軽減する可能性しかないんですよ!(ゲス顔)

とはいえ、ノリ喰い(ノリ打ちをして負けている側の通称)は申し訳ないし、最低限の礼節を持っていないと友人関係の破綻に繋がりかねないので注意(笑)。特にやっちゃダメなのが、勝ってる側が負けてる側を、おふざけの範囲を超えて必要以上に煽ることです。


こんな感じで、連れ打ちをすることをオススメしたいですね。できれば並び打ちならさらに良い。強いて連れ打ちのデメリットがあるとするなら、撤退を見誤ってついつい打ち続けてしまうことくらいでしょうか(笑)

もちろん、2人でとは言わず、人数が増えてもOK。私が昨年末(2019年12月)に参加した「ディスクアップ大忘年会JAM」という、大規模連れ打ちの様子を紹介します。

 

「ディスクアップ大忘年会JAM」

トータルの参加者はなんと50人超! 近隣4店舗に分かれチームを組み、基本チームメンバーでノリ打ちという大規模イベントとなりました。

参加者には、誰が誰だかわかるようにTwitterアイコンの入った名札と、自作したTシャツと缶バッチが配布されるという手の凝りよう!


チームの一体感を演出するために、チームの対抗戦も同時開催。

上記画像のような、ミッション系ビンゴカードを有志が自作し配布。その達成率でポイントを争おうという、なんとも楽しい催しもありました。

打っている時間はもちろん賑やか。そこかしこで「ペラポン(ボーナス期待度約30%の予告音演出)鳴りました!」や「スクラッチ(ART中限定の激アツ演出)来た!」の声があがるなど、冒頭の相方の台も自分の台理論でいくと、常になにかアツい状況が起きているディスクアップという状態。普段一人で打っている時の、碇ゲンドウかお前はという、沈黙し続け微動だにしない私のディスクアップとは雲泥の差です!

飛び交う「ナイスー!」の声。SNSに住まう制御出目変態ども(褒めてる)による「あ、今1スベりだからそれ1枚Cの可能性は無いよ」などといったディープな知識合戦。その全てが、一人では味わえない、連れ打ちならではの楽しみなんです。

 

▲当日の私のディスクアップのスランプグラフ。地味(笑)


打ち終わったあとは、これまた楽しい飲み会の時間。おしゃれなBARを貸し切ってのすし詰め状態(笑)  当日のビンゴミッションの結果発表や、ネタで用意された賞品のスクール水着に着替えちゃうやつ(30代男性・画像自重)が飛び出すなど、常時「リア充爆発しろ」思考の私でも雰囲気を楽しむことができました。

▲集合写真パシャリ。一番怖そうな人が主催で、一番ピースフルです(笑)


 

「連れ打ち」してみませんか?

今の状況下で、連れ打ちのススメを書くのはどうかなという葛藤はありましたが、勝ち負けだけじゃない、「こういう形の楽しみかたもパチンコパチスロにはあるんだよ」ということを是非とも紹介したくて書かせてもらいました。どうでしょう、連れ打ちしたくありませんか?

「連れ打ちはハードルが高いなあ……」なんて思う気持ちもわかりますが、行ってみたらなんてことはありません。現に、私はアラフォー老害スロッター。肥大化と抜け毛が止まらないといったパラメーターですが、あたたかく迎え入れてもらっています! ……よね?

幸い、パチ7には「ホル調」といったコンテンツがあり、これはホール調査という名目ながら、パチ7ユーザー同士の連れ打ちという側面が色濃いと思います。ここから始めてみる、というのも大いにアリな選択肢かと思いますよ! 私は残念ながら参加したことが無いのですが、タイミングと財布事情が許せばいずれ参加したいです! 特に、「ノーマル部(仮)」の連れ打ち企画を今か今かと待っております!

なんなら、Twitterで私をお誘いいただくのも歓迎です! 綺麗な女子ならなお大歓迎東京近郊の人はお気軽にどうぞ。ただ、私は連れ打ち高確率でタコ負けするので、そこはご了承ください(笑)

あ、連れ打ちのデメリットについて一つ追加。一度楽しい連れ打ちを経験してしまうと、普段一人で打つパチンコパチスロがちょっと寂しくなるかもしれません。アツさもつらさも共有できませんからね……私は大忘年会JAM後、副作用としてすごく独り言が増えたので、いつも隣の人に危ない人を見る目をされています……

もしみなさんが連れ打ちをする機会に恵まれましたら、ホールと周りのお客さんに迷惑が掛からない範囲でめいっぱい楽しんで欲しいと思います!


※画像協力⇒ディスクアップ大忘年会主催者『ヲまん』さん



 

前の記事 記事一覧 次の記事

ぐらん
代表作:

アラフォーにしてまさかのライターデビューを果たしたオールドルーキー。スロ歴20年超。Aタイプをこよなく愛するガチ風エンジョイ勢。バラエティ島の住人でもある。得意技は、甘いと言われる機種での大敗。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報