パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 演出の奥底
  4. 【SLOTギルティクラウン】RT状態移行の奥底「レバーONが数十倍アツくなる!」

演出の奥底

演出の奥底

2020.07.03

【SLOTギルティクラウン】RT状態移行の奥底「レバーONが数十倍アツくなる!」

マコト マコト   演出の奥底

ただ漠然と打ってもギルティクラウン(以下、ギルクラ)は面白いけれど、やっぱりRT状態を追いながら、今欲しいフラグを意識したい。どうも、マコトです。
 

ということで、久しぶり浮上した当企画『演出の奥底』では、ギルクラのRT状態を追いながら打つことのメリットを詳解していきます。特定ゲームのレバーONが数十倍もアツくなるだけでなく、朝イチのリセットを見抜けるケースもあったりするので、設定変更の精度も上がるのです。

ただアツい瞬間を察知できるだけでなく、立ち回りの幅が広がる可能性もあると。それらを踏まえてRT状態の仕組みを解説していきましょう。
 

RT状態の種類を把握しよう

ギルティクラウン(以下、ギルクラ)にはRT状態が6種類存在します。

RT状態は特定のフラグが入賞したり、特定の出目が止まったり、一定ゲーム数消化することで、別のRT状態へ移行します。RT状態の法則を覚えておけば「今欲しいフラグ」が明確になるわけで、次ゲームでこのフラグを引きたい…ということを頭に思い描きながら打てるようになると。

この思考が実現することこそが、ギルクラにおける至高の瞬間であり、アツい瞬間なんです。ということで、これからRTのシステムと、各RT状態で引きたいフラグを詳解していきます。

そもそもRT状態とは?
RTって聞くと、ハナビなどのリプレイが連続するイメージを持ちますよね? 今回説明するギルクラのRT状態はちょっと違います。ココで言うRT状態とは、決められた規則に則ってART機を作るために必要だった内部的な仕組みのようなもの。本来は気にしないものですね。しかしそんな仕組みをもゲーム性として楽しんじゃおうというマコト氏は、生粋のパチスロ変態なのです。

RT状態とその特徴

通常時は主にRT0・1・2を行き来していて、ART中はRT4・5を行き来します。これがギルクラの基本。

ただし、通常時もRT4・5に移行する可能性があるうえに、RT5に辿り着けば赤7orBAR揃いによる直撃ART当選のハイチャンス。通常時にRT状態を追うメリットはRT4・5を把握し、直撃ARTのチャンスを意識することにあるのです。まずはRT状態移行フローをご覧ください。
 

RT状態の移行フロー

赤い矢印で記したRT2、RT4、それと出玉に大きく関わるRT5のレバーONは特に重要。力が入るポイントですね。詳細は各RT状態で説明します(ほぼ通常時の挙動と思ってお読みください)。
 

【RT0】起点となる状態

いわゆるボーナス後状態で、ボーナス後は必ずここからスタート。

成立役 移行先
ベルこぼし0枚 RT2
平行リプレイ RT1
上記以外 RT0(移行ナシ)

 

移行役の停止形

※順押し時の停止形

ちなみに、RT0滞在時の弱チェリー・弱チャンスリプレイ・強チャンスリプレイはボーナス確定なので、RT0滞在を把握している際にレア役対応演出が発生した場合はこれらのレア役成立を願いたいところ。ただし、これらのレア役確率は低いので、RT0のままCZへ突入してしまうとART当選率は若干下がる。
 

【RT1】通常時の大半はRT1に滞在

10G消化でRT0へ。若干、弱チェリー確率が高いこと以外にメリットがない状態なので、さっさと10G消化してRT0へ移行させたいところ。

成立役 移行先
10G消化 RT0
上記以外 RT1(移行ナシ)

 

【RT2】通常時はまずココを目指す

通常時に最も滞在させたい状態。

成立役 移行先
弱チャンスリプレイ RT4
弱チェリー RT3
平行リプレイ RT1
ベルこぼし(1枚) RT0
上記以外 RT2(移行ナシ)

 

移行役の停止形

※順押し時の停止形

リプレイの大半は平行ラインで揃い、ベルは3択の押し順で管理されているから、リプレイと押し順ベルが成立すると、RT状態転落のピンチ。ここでの弱チャンスリプレイの大半は6択の押し順で管理されているから、常に押し順当てを意識しながら打ちたい場面でもあります。

ちなみに、RT2滞在時に弱チェリーが成立するとRT3への移行が確定。RT2滞在時の弱チェリー確率は高設定が優遇されているので、RT2滞在を把握している際に左リール下段にチェリーが止まれば激アツ。強チェリーは勘弁して下さいという瞬間です。
 

【RT3】是非ともたどり着きたいところ

超絶嬉しいART当選が確定する状態。

成立役 移行先
20G消化 RT0
上記以外 RT2(移行ナシ)

RT3は20G継続する弱チェリー高確率状態で、消化中は1/3.5で弱チェリーが成立します。RT状態を把握していなくても弱チェリーが頻発するからRT3滞在を気付けるけど、移行の瞬間を察知できれば喜びは増すハズ。ARTが確定するうえに、高設定の可能性も高まるのだから。

ちなみに、ART準備中にRT3へ移行すれば激アツ。ART準備中の弱チェリーはVC(ART1セット消化後に突入するCZ)のゲーム数上乗せが確定するから、ART開始前にVCのゲーム数を大量に上乗せするチャンスになるのです。
 

【RT4】いわゆるART状態

通常時にも移行する可能性はあるが、基本的にART時に滞在。

成立役 移行先
強チャンスリプレイ RT5
ベルこぼし(0枚) RT2
平行リプレイ RT1
ベルこぼし(1枚) RT0
上記以外 RT4(移行ナシ)

 

移行役の停止形

※順押し時の停止形

リプレイ確率が大幅にアップしている状態なので、即RT1へ移行する可能性が高いけれど、ここで1/6.7の3択リプレイを引き、3択の押し順に正解すると強チャンスリプレイが入賞する。つまり、RT5へ。

ただし、3択リプレイ成立時もそれを示唆する演出は発生しないので、RT状態を把握していないとRT5移行のチャンスを知らずにプレイすることに。ここのアツさを体感するためにも通常時はRT状態を追っていたい。

RT4滞在時のアツい打ち方

滞在時は中→左→右の順にリールを止めると、強チャンスリプレイの期待感を引っ張りやすい。リプレイ系のフラグ成立時は中段にリプレイが停止。左を止めて、中段にリプレイが止まった時点で平行リプレイor強チャンスリプレイ確定(下段リプレイ停止時は斜めリプレイ濃厚なので現状維持)。つまり、RT1orRT5移行が確定。右を止めて、上段にリプレイが止まれば、おめでとう強チャンスリプレイです。
 

左から止めると、強チャンスリプレイ濃厚目が見られるかも。左リールに青7・リプレイ・チェリーが停止すれば、強チャンスリプレイor弱チェリーor強チェリー確定。弱チェリーは同時当選確定なので出現率が相当低く、強チェリーは状態不問で確率が変わらないものの、こちらも出現率は低め。となると、1/6.7を引いて3択を当てた可能性大。逆に青7が中段に止まると、平行リプレイの可能性が高くなります。

ちなみに、RT4滞在時も赤7揃い(1/4096)orBAR揃い(1/16384)を引けばART確定です。相当レアな現象だけど、カットイン発生時は赤7orBAR揃いに期待!
 

【RT5】いわゆる「エンピレオ」状態

通常時にも移行する可能性があるが、おもにART中のセット数上乗せ特化ゾーンの状態。

成立役 移行先
弱チャンスリプレイ RT4
ベルこぼし(1枚) RT0
上記以外 RT4(移行ナシ)

 

移行役の停止形

※順押し時の停止形

通常時はここまで来れば筐体上部のヴォイドゲノムランプが紫に点灯し、直撃ART突入のチャンスですよ…と教えてくれる。ここで1/9.6で成立する赤7揃いを引ければARTが確定するので、叩きどころ中の叩きどころ

ここが紫に光ってればRT5滞在!

赤7を狙えカットインが発生することを願いながらレバーを叩きましょう。カットイン非発生ならRT転落のピンチで、弱チャンスリプレイ入賞でRT4、ベルこぼし目出現でRT2、ベルこぼし1枚役入賞でRT0へ。

カットインが発生しなかった場合は高確率で6択リプレイが成立しているので、是が非でもリプレイを斜めラインに揃えたいところ(斜めリプレイならRT5を維持)。まぁ、ほぼ弱チャンスリプレイが入賞してRT4へ転落しちゃいますがね…。

ちなみに、RT5滞在時の弱チェリー・強チャンスリプレイはボーナス確定。エンピレオ中ならエンピレオ延命に繋がるからどちらもありがたい存在だけど、通常時のRT5滞在時は出てこないでほしい存在。赤7揃いによるART当選が一番近い状態だからね。
 

設定変更の判別が可能

設定変更時はRT0スタート。朝イチから打つ場合は、RT0滞在を仮定してRT状態を追うことで設定据え置きを見抜けるケースがある。

例えば、仮定RT2滞在時に弱チェリーが成立したのにもかかわらず、RT3へ移行していないとか、同じく仮定RT2滞在時に弱チャンスリプレイが入賞したのにRT4へ移行していないなど。

ボーナスやARTを引く前にRT状態のズレを確認できなければ設定変更の可能性アリ。ただし、前日RT0で閉店を迎えた場合は設定変更の有無を見抜けないから確実ではないけどね。

 

解説ライター

マコト(攻略ライター)

機種ページはコチラ

パチ7機種ページ

 


 

(C)ギルティクラウン製作委員会【MUSIC】Licensed by Aniplex Inc.
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

前の記事 記事一覧 次の記事

マコト
代表作:名機のそこ~マコトがメーカー開発インタビュー~

岐阜県出身。3本のリールが織り成す出目演出に魅せられて、当時読者だったパチスロ必勝本に携わる仕事ができたらなという気持ちで履歴書を送付。無事、ライターとして採用してもらい、ほぼパチスロライターという仕事しか経験したことのない男が生まれてしまう。現在はパチスロ必勝本などを中心に執筆しているほか、DVD・CS番組・ネット動画などにも出演中。とにかく出目でアツくなれる機種が好き。

  • twitter

2020年6月度自由帳大賞&新人賞

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ




会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報