パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

店舗
 
店舗情報トップ
本日の打ちいこ情報
取材レポート
機種
 
機種情報トップ
新台カレンダー
設定判別ツール
演出信頼度まとめ
新台レポート
コンテンツ
 
コンテンツトップ
特集記事
マンガ
動画
お知らせ
コミュニティ
 
自由帳
マイページ
パチポイント
スロッコ
  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ|ブログコミュニティ
  4. コラム(ブログ)詳細

アツくしてサムくした店長の本気2:50

【佐々木真のお題】ホールであったサムい話 | コラム

アツくしてサムくした店長の本気2:50

プロフィール画像
岡井モノさん
自由なんだからもうみんな寿司のこと書けばいいんだよ
投稿日:2016/07/02 20:00

それはもう10年以上も前の話だろうか。

【今月◯日は18:00オープン!店長の本気、魅せます】

スロット専門店「パーラーD」にそんなチラシが貼りだされた。

駅から離れたといっても、郊外大型店というわけでもなく、
中途半端な立地にあり、設定も中途半端。
客入りもまばらで、繁盛店には程遠い店だった。

はっきり言って優良ホールという店ではなかったが、
当時『ジェロニもん』『ポリネシアンドリーム』といった、
他店ではあまり見ない台が導入されており、私はそれらを目当てに時折通っていた。


そんな「パーラーD」が店内外に大々的に18:00オープン日のイベントを宣伝しだした。
メールにも「激熱設定」「特別予算営業」といった刺激的なワードがちりばめられており、
とにかく期待してくれといわんばかりだった。

当時時間差オープンをする店はそれなりにあったが、
せいぜい12:00前後のオープンであり、設定状況もまぁまぁ期待できるという程度。

それが「パーラーD」は大々的に18:00オープン。

おそらくライバル店との差別化をはかり、
短期営業で出玉をアピールするイベントだと想像するのが自然な流れだった。


【イベント前日22:00】

普段は並びなんてほとんどない「パーラーD」に、
前日営業時間中から翌日のための並びの列ができた。
私はそれを横目に帰路に着いたが、入場は先着順のため、人気台を抑えようと思えばそれくらいの覚悟で臨んでいてもおかしくはない。


【17:00】

そして迎えた当日、店に到着した私の目の前には、
信じられないほどの熱気をまとった集団が店を囲んでいた。
今からでもなんらかの台には座れると店員に説明され、私も列に加わる。

「こんだけ気合入ってるなら、かなり期待できるな」
「もしかして全6とかあるかも」
「閉店は23:00だから、当たりが早けりゃ万枚も夢じゃないぞ」

周囲からも景気の良い話が聞こえてくる。
今夜伝説を目撃できるかもしれない、私の期待も高まるばかりだった。


【17:40】

入場開始

北斗、吉宗といった人気台や機会割の高い台からうまっていく。
私の並び順では当然選択肢はなく、
あまり人気のなかった『ウルトラマン倶楽部ST』に着席した、
この際贅沢は言うまい、打つ台があっただけでも御の字だ。

「本日はご来店ありがとうございます、18時の遊技開始時間まで、あと少々お待ちください」

店内アナウンスが流れる。
いつもは眼鏡の店長が開店アナウンスをするのだが、
その日は胸に「主任」と書いたプレートをつけた、ふくよかな女性がマイクを握っていた。
そういう日もあるか、気にも留めずサンドからメダルを借りて時間を待った。

【18:00】

遊技開始の合図とともに、一斉にメダルが投入される。

もしかすると、高確やボーナスが仕込まれているかも…
高まりきったその期待は、私にそんな妄想までさせていたが、
残念ながらそうした仕込みは無かった。
無かったが、それはさすがに期待しすぎというもの、高設定が打てれば大満足だ。

【18:30】

私の台はメダルを飲み込み続け、2枚目の諭吉に手を伸ばす。
周囲の状況を見ると、出玉のお祭り騒ぎという様子でもない。

まぁ30分程度で何を判断するというのか、高設定の不発なんて珍しくも無い。
ここで私は店の設定状況を判断するため席を立つ。

向かった先は『カイジ』のシマ。
設定6のカイジはエクストラ仕様で、300Gを越えることはほとんどない。
私と同じ考えの客は多く、複数の人間がカイジのシマの様子をうかがっていた。

確認すると、この時点で複数の台が300G越えをしていた。
全6はまず無い、456を混ぜているのか。
そもそも設定変更されているのか、挙動からはそれすらもあやしい。
なんとも言えないが、手放しで投資を続けるのは危険ではと思い始めていた。

【19:00】

出ている台はいくつかあった。
ただしストック機が全台フル稼働の状況のため、箱を使用している=高設定ではない。
私の台も単発で一度ボーナスが当たったきり、沈黙を守っていた。
いや、正確にはマンクラSTは演出音量が異様に大きく、
当時「騒音台」と揶揄されていた台。やかましくて仕方なかったのだが。

いずれにせよ、開店から1時間を過ぎ、
周囲にも「期待したほどでは…」といった空気が流れはじめた。

しかし、高まりきった期待は「何も無いはずは無い」という祈りにも似た気持ちを含み、
投資がかさんだ者は、いよいよ天井狙いに切り替えようかというゲーム数になっていたため、
席を立つ人間は誰一人いなかった。

【19:45】

「ご来店いただきありがとうございます、お客様にお知らせいたします、店内メンテナンスのためー」

ホール主任のアナウンスが、騒がしい店内に途切れ途切れに響く、
皆稼働に集中しており、アナウンスなど右から左だ。

しかし直後に衝撃的な言葉が店内に流れる

「ー本日この後10分少々、20:00をもちまして営業終了とさせていただきます」



……

………おい、聞いたか?
なんて言った?営業終了?
聞き間違いだろ?天井まであと250Gなんだぞ。

にわかに店内がザワつきはじめた、

18:00に開店して20:00閉店、そんな馬鹿な。
そもそも短縮営業だと納得できるような、それに見合う設定状況にも見えない。
出玉が予想より多くて緊急対応というのは考えられない、
はじめから2時間だけの営業予定だったのだ。

「お手持ちのメダルは速やかにジェットカウンターまでお持ち下さい」

空気が読めないのか、あえて読まないようにしているのか、
稼働の音も少なくなった店内にアナウンスが流れ、
ぽつり、ぽつりと数人がドル箱を持って列をつくる。

暴動でもおこるのではと少し心配した私だったが、
皆意外なほどおとなしく指示に従い、出玉の無いものは出口に向かいはじめた。

…まぁ、そうだよな、ガセイベント自体は珍しくはないし、
高設定入れるなんて約束はどこにもない。
店が営業時間を変更したら、客が勝手に期待して、勝手に負けただけ、
それだけのことなんだ。










【20:10】

「オイっ、店長どこいったンだよ!」

店内BGMが切られたカウンター前で怒声があがる、
やはり「それだけのこと」では終わらなかった。

見ると上下スゥエットにピアス、カラフルな髪色のいかにも無茶しそうな集団がホール主任を取り囲んでいた、
北斗の拳に座っていたらしい彼らは、おそらく相当長時間開店を待ったのだろう。

「て、店長は本日お休みで…」

ホール主任がその体格に反比例するような、消え入りそうな声で店長の不在を告げる。

「なんだこのイベント、ナメてンのか!」
「閉店20時ってどこにも書いてねぇだろ!わかってりゃ追わなかったぞ!」
「設定もサッパリだ、何時間待ったと思ってんだ!」

主任を囲む集団が声を荒げ、さらにそれを見守る野次馬が集まり二重の輪をつくっていた。

丸一日近くの時間を待ち時間に費やした人間に対し、事前告知無しの2時間営業。
設定状況も褒められたものではないとすれば、店の対応はあまりにも不誠実だ。
私を含む輪の中の人間のほとんどは同じ気持ちだったのだろう、誰も止めなかった、
何なら店側が少し痛い目を見た方が良いとさえ期待していた。

しばらくは「店長出せ」「保障しろ」という集団に対して、
「申し訳ありません」と壊れた機械のように繰り返す主任がいた。
おそらく保障等の権限も無いのだろう、そう思うと板挟みの主任が少し気の毒にも思えたが、同情はできなかった。

【20:30】

数十分間なんの進展もないやり取りに飽きてきたのか、野次馬も帰り始め、
主任に詰め寄っていた集団も「ラチがあかねー」と解散していった。
「店長の本気」とうたったイベントに店長がいない、
思えばはじめからこの店の姿勢が表れていたのかもしれない。
「店長の本気」は「本気で回収」の意味だったと考えるべきか。

   「もう二度と来ねーよ」

スロッターの期待を一身に集めた「パーラーD」に吐き捨てられた言葉だった。
実際に口に出さずとも、訪れた客のほとんどが同じ気持ちだっただろう。
はち切れそうな希望と熱気でいっぱいだった彼らの心は、
店内にいた約2時間50分の間にすっかり冷え込んでしまった。

一言もの申したい気分でいっぱいだったのだろう。
私も帰宅後に気持ちを抑えきれず、姉の黒タイツを穿き上半身裸になって暴れた。

{Photo01}



【2016年】

かつてホールのあった場所には、全く無関係のオフィスビルが建っている。
例の件で完全に客を飛ばした「パーラーD」はその後半年ほどで廃業した、
ある意味伝説となったとも言える。

使い古された言葉だが、信用を得るのは難しいが失うのは一瞬だ。

「法律上問題なければ」「嘘にならなければ」

そんなスタンスのホールさん、どうか気を付けてほしい、
裏切られた客は簡単には戻らないのだから。

そして姉のタイツにも気を付けてほしい、毛玉がいっぱいだから。

14

岡井モノさんの

※本記事はユーザー投稿コンテンツです。

共有する

コメントを送る

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(18 件)

プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2016/07/12
はらいそさん

おまわりさんこの人もです。

通販購入が安全ですが、こだわりがあるならば友人・家族に申請してみましょう。ただしその後のはらいそさんの立場に関しては責任は持ちません。
プロフィール画像
はらいそ
投稿日:2016/07/11
タイツはどちらへ行けばいただけるのでしょうか?
プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2016/07/07
あきうめさくらさん

いつもコメント感謝致します。
これもひとえにご支援いただいた皆様のおかげでございます。
プロフィール画像
あきうめ
投稿日:2016/07/07
実践レポートパーフェクト受賞おめでとうございます(*´ω`*)
プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2016/07/04
鬼倉みのりさん

アメリカンコミックのヒーローを思い浮かべてほしい、
彼らのほとんどは体にフィットしたコスチュームだろう?
そう、タイツやモモヒキもヒーローのいわば正装さ。
だから通報するのはやめて欲しい、マジで。
プロフィール画像
鬼倉みのり
投稿日:2016/07/04
なんともすごい話ですね…
勝手に思い込んだと言われればそれまでですが
完全に騙された!!!って気持ちですよね
そしてみなさん(?)狂うとタイツやモモヒキになるのですか(((隠
プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2016/07/03
くりくり。さん

おまわりさんこの人です。

行動はともあれ、人間一人のエネルギーはバカになりません。
私はフラれると最終回の矢吹丈みたいになります、動きません。
プロフィール画像
岡井モノ
投稿日:2016/07/03
佐々木 真さん

設定5なら…と思ってしまいますが、初代『ハナビ』の時代は5と6でかなり差がある機種も多いですよね。また中途半端なごまかしとサービスだ(笑)

フォーゲルパーク拾っていただきありがとうございます、そんなところまで見ていただいて感激です。
プロフィール画像
くりくり。
投稿日:2016/07/03
僕は自分のモモヒキ一丁でリビングでセルフィしてましたね。
あれは高校生の時、フラれた後のことだっけ…へへ
案外、江頭さんのやるように、追い込まれた人間のとる行動なんてものはたかが知れてるんですかね。
プロフィール画像
佐々木 真
投稿日:2016/07/03
姉のタイツ……(笑)。

地元のホールが営業停止開けで、18時オープン、全台設定6というDMを送ってくれまして。信用ならんと初代『ハナビ』に座ったら設定5(笑)。

やはり全台設定5だったようで、若い子は店員を取り囲んで阿鼻叫喚。それはまあ温かく見られるんですが、隣の7枚交換のコインを大量にジェットへ流してくれまして。若者との温度差で涼しくなりました(笑)。

あ、フォーゲルパークは良いところです(^^)

他の投稿を見る

パチ7お題帳トップに戻る

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • 全日本遊技産業政治連盟・