Pトキオブラック4500
新台パチンコ 導入日 スペック 動画

機種概要

目次読みたいところまで飛べます

Pトキオブラック4500

Pトキオブラック4500
導入日
2019.10.07
メーカー名
アムテックス

機種説明

「TOKIOシリーズ」第6弾となる本機は、一度当たれば10R×4回=約4500個を獲得できる荒波スペックを採用。基本的なゲームの流れはシリーズを踏襲しているが、今回はてっぺんにあるV入賞で初めて大当りとなる。ラウンド振り分けはなくなっており、当たれば必ず10R継続(最初の羽根入賞を含む)。大当り中や時短中は右打ちで消化する。時短中は羽根開放時間が大幅に長くなる上、てっぺんがVで固定されるので、次回大当りを楽に獲得できるはずだ。

スペック・遊び方
ギミック モード情報 大当り情報

スペック

賞球数 5&2&3&6&14
ラウンド(※1) 10R×4回
カウント 9カウント
出玉 約4500個※払い出し

大当り割合
ラウンド 電サポ回数 比率
10R(※1) 100回(※2) 100%
※1…初回羽根入賞時が1ラウンド目となります。
※2…4回目の大当り後は時短なし。

遊び方

盤面下部に2つある始動口のどちらかに玉が入ると②のハネが開放。役モノ内に進入した玉が③のミニタワーを経て④の穴に入れば、リフトに持ち上げられて⑤の中段ステージへ移動する。なお、③ではミニタワー手前のスペシャルルートを玉が通ると④に入る確率がアップする。(④に玉が入った時点でのV入賞期待度は約16.7%)

⑤の中段ステージでは、玉が「UP」に入るとリフトで⑥の上段ステージへ移動。V入賞成功で大当りゲットとなり、終了後は時短に突入する。時短中は⑧を玉が通過するとハネがロング開放するだけでなく、タワー内のギミックがストップするため大当りが矢継早に発生。以降は、計4回の大当りを消化するまで右打ちを続ければOKだ。

 


各ギミックの詳細
 

《役モノ内 左のミニタワー》

回転するミニタワーを経て手前の「SPECIAL」と書かれたルートを玉が通ればチャンス。それ以外のルートは通常ルートとなる。

《タワー最下部の回転体》

中央手前の穴入賞を阻むギミック。時短中はこのギミックが回転しなくなるため、玉が中央手前の穴に超高確率で入るぞ。

《タワー中央の上中段ステージ》

「UP」の穴に玉が入れば上段ステージへ。「UP」の穴は2つでハズレ穴が4つあるため、上段ステージへの到達率は1/3だ。ただし、時短中は超高確率で「UP」に入るぞ。

《タワー最上段の上段ステージ》

V入賞口とハズレ穴が2つずつあり、V入賞成功で大当り。通常時は回転しているためV入賞率が1/2となるが、時短中は回転が止まって「V」穴が手前に来るため、超高確率でVに入賞する。

【動画 大当り発生までの流れ】

モード情報

時短中はハネがロング開放!

全大当り後(※)に突入。次回大当りまでハネの開放時間が大幅に長くなるため、実質次回大当り当選濃厚だ。

※リミット到達(4回目)の大当り後は時短ナシ

大当り情報

本機の大当りは10Rのみ。V入賞後、右打ちを続けるだけで約1125個の出玉を獲得できる。大当り終了後は、次回大当りまで続く時短に突入(※)する。

※リミット到達(4回目)の大当り後は時短ナシ

攻略(ボーダー・止め打ち)

ボーダー

■出玉増減 有り

4円
交換
3.57円
交換
3.3円
交換
3.0円
交換
12.9
13.2
 

13.4
 

13.7
 

※数値は1000円(250玉)あたりの羽根開放回数
※羽根拾い率は約41%で算出
※羽根拾い時のV入賞率は約1/87で算出
※大当り出玉は実獲得出玉の2%減で算出

■出玉増減 無し

4円
交換
3.57円
交換
3.3円
交換
3.0円
交換

12.6
 

12.8
 
13.0
13.3
 

※数値は1000円(250玉)あたりの羽根開放回数
※羽根拾い率は約41%で算出
※羽根拾い時のV入賞率は約1/87で算出
※大当り出玉は実獲得出玉で算出

連チャン中の打ち出しタイミング

機種攻略情報TOPへ

【データ・数値はパチ7編集部調べ】