パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 特集
  4. ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 シリーズ初のミドルタイプ! 過去シリーズと比較してみた!

ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 特集

ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 特集

2018.12.07

ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 シリーズ初のミドルタイプ! 過去シリーズと比較してみた!

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   ぱちんこAKB48-3 誇りの丘 特集

2012年、初夏。私は都内某所のパチンコ店の責任者として『CRぱちんこAKB48』の発表会が開催される横浜アリーナへと足を運んでおりました。大人気アイドルグループの名を冠したパチンコ台が、ヒット機種を量産する一流メーカーの京楽産業.から発表される。これ以上の話題性を持った機種には滅多にお目にかかれないだろう。もはや導入すべきか否かの話では無い。今回の大注目機種を果たして何台導入すべきなのか、まだ見ぬ最新台の価値を見定めるために、そして店長としての手腕を発揮するために会場入りしたのです。

その後、CRぱちんこAKB48は会場で確信した通りの大ヒットを納めてホールの主力機種となりました。ユーザーが好きなメンバーを選べる推しメン選択機能や、1時間毎に新曲が週替わりでシマ全体に流れるRTC機能といった、本機を語る上で欠かせない魅力的なシステムが長期稼動の柱となっていた事実に関しては、今さら語る必要も無いでしょうね。

2012年におこなわれた初代の発表会。たくさんの人が押し寄せた。

初代の導入から2年の時を経た2014年には後継機『CRぱちんこAKB48 バラの儀式』がホールデビュー。新たに搭載されたランクアップボーナスや、推しメンに追加されたメンバー等といった若干の様変わりはあるものの、前作を踏襲したスペックには安心感があり、紆余曲折あった私は店長としてではなく、一人のパチンコファンとしてあちこちのホールに設置された、2代目「ぱちんこAKB48」の変わらぬゲーム性を楽しんだ記憶があります。

そして2018年、『CRぱちんこAKB48-3 誇りの丘』が満を持しての導入間近となっております。そして私、カタギリは初代の時のようにホールの店長としてではなく、また2代目の時のようにユーザーとしてでもなく、ライターとして3代目となる本機種の情報を皆様へお伝えする役割を担うこととなったのであります。

気になるのは、やはり前2作とは違うスペック面。ライトミドルからミドルへの変更、それに伴って変化した大当り確率や大当り時の出玉振り分け。こういった基本情報は台を購入する店長としても、台を遊技するユーザーとしても真っ先に気になる部分であり、ライターであれば最初にお伝えすべき情報ですので当然ですが、それと併せて今回は試打を基にした演出紹介なども本記事内でご紹介しようと思います!
 

よっしゃ、いくぞ~! 

タイガー・ファイヤー・サイバー・ファイバー・ダイバー・バイバー・ジャージャー!
 

ミドルタイプだっていいじゃない!

基本スペック
大当り確率 約1/319.7→約1/45.2
確変突入率 65%
賞球数 4&1&4&5&10&15
カウント 10カウント
出玉 約600 or 約2400個
※払い出し
時短 100回
大当り割合
通常時&
SURPRISEコンサートST時
大当り・出玉 電サポ回数 比率
確変・約2400個 ブーストアタッカーモード 20%
確変・約600個 ブーストアタッカーモード 10%
確変・約600個 次回 35%
通常・約600個 100回 35%
ブーストアタッカーモード時 大当り・出玉 電サポ回数 比率
確変・約2400個 ブーストアタッカーモード 50%
確変 ※1 次回 15%
通常 ※1 100回 35%

※1…アタッカー開放時間は1Rにつき2.5秒

今作のスペックについては上記の通り。前2作との違いとして目を引くのは大当り確率の他には確変65%、2,400発の出玉、小当りRUSH、そして時短100回といったところでしょうか。また、1種2種混合機から確変タイプへと変化しているという点では、出玉システムそのものが一新されていると思っていいでしょう。


ということで、前2作との違いをざっくりとまとめてみました。


今作がミドルタイプで登場することには賛否あると思いますが、数値を並べてみますと、このご時世でよくやったと思える仕上がりじゃないでしょうか。初当りが重くなったものの、そこを埋め合わせても余りある小当りRUSH「ブーストアタッカー」の出玉性能。期待出玉約8700個ですよ!? 時代に合わせた最善のスペックを考え抜いて作られていますし、私個人としてもアリだと思っています。

前2作のライトミドルスペックでは約1/199の初当り後に、突入率50%のミュージックRUSHをゲットできるか否かが勝負の大きな分かれ目でしたよね? 残念ながらRUSHに当選しなかった場合、電サポ無しから再び大当りを目指さなければならないので厳しい展開になることも少なくありませんでした。

しかしながら、今作は大当り確率の約1/319で確変突入率65%、そのうち半数近い大当りで小当りRUSHの『ブーストアタッカーモード』へと直行。初当りからの2,400発という大量出玉の振り分けも20%と太っ腹な数値。さらに、確変突入を逃した場合でも時短回数はしっかり100回。そう、初当りさえゲットすれば大量出玉への糸口を掴むことが可能なのです。

50%でダメだった私も、65%なら大丈夫。ここ、京楽さんのショールームこそが私自身のパチンコ人生の誇りの丘なのだ。自分でも何を言っているのかサッパリわかりませんが、長年の経験に裏打ちされた過度の自信を私は信じています! 2018年のぱちんこAKB48もヤレます! (色んな意味で)    

本機の目玉『ブーストアタッカーモード』。ドキドキ・ワクワク・ハラハラが詰まっております!


サマ変わりした筐体、そしてそびえるボタンっ!

あらためてこちらの新筐体をご覧いただきましょう。

 

皆様、どちらに注目されましたかね?

 

……ですよね。

そう、この見るからに触り心地の良さそうな丸い物体、気になりますよね。

この柔からそうな丸い膨らみこそが、今作の注目ポイント『ぷにぷにボタン』なのです。液晶演出と連動しての振動、演出の最終局面での押下、そしてもちろん楽曲のリズムに合わせてのプッシュや長押しといった本来のボタンとしての役割の他にも、日頃のストレス解消のために揉んでみたり、健康促進のために握ってみたり、リハビリ感覚で掴んだり、好奇心のままに突いてみたりと、様々な楽しみ方の出来る新感覚ボタンなのです。

この未体験の触感、間違いなくクセになりますよ。押した時の力の入れ具合によって、左右のメーターが上昇・下降するのも面白いですね。


もちろんボタンだけじゃありません!
おなじみの三面液晶が演出するスケール感は本機でも健在、その他にもレーザーボールギミックや上に大きく迫り出した上部ユニットはインパクト抜群! 見た目は一新されていますね。


シリーズの遺伝子は演出に在り!

スペックや見た目はサマ変わりしましたが、液晶演出は打てばシリーズ機とすぐ分かるほど。なにより、大当りのきっかけとなる4大超絶演出は、すべて過去シリーズにも搭載されていた演出で、ファンならば初打ちからしっかりアツくなれること請け合いです。

おなじみの4大超絶ポイント


もちろんすべてが同じというわけではありません。新搭載のギミックや三面液晶で演出には厚みが増し、サウンド面もウーファーシステムにより過去シリーズとは一線を画す仕上がりとなっています。また、新たに〝タイマー〟や〝おとつ演出〟が加わったことで、新鮮さもちゃんとありましたよ。

新演出のタイマーとおとつは結構重要

タイマーは上述した4大超絶演出の呼び水となる大事な演出。そして、本機のおとつは捕まえればブーストアタッカーモードへ直行となるアツいキャラとして登場します。いずれも演出の良いスパイスになっていましたね。

そして、なによりも驚いたのが〝推しメンスキル〟システムです!

推しメンスキル一覧

本機の確変or時短モード「SURPRISEコンサートST」中は、16人の推しメンの中から1人を選ぶところから始まります。推しメンそれぞれにスキルが割り当てられ、モード中は選んだ推しメンのスキルが発動すると大当りのチャンスになるという流れです。たとえば、私が試打でお世話になったさくらたんは「宮殿の扉」というスキルを持っていて、モード中に扉が閉まれば大チャンスとなるわけですね。

確変中が単調になる台が多いなか、16タイプから選べるってのはスゴイですね。これには開発陣の愛を感じずにはいられませんでした。まぁ、ぶっちゃけ16タイプも要らんだろと思った自分もどこかに居りましたが(笑)

私にみたいなオジサンは素直に推しメンを選べばいいですし、そうでない方は色々な演出で楽しんでみて欲しいですね。


このような感じで、演出は新旧ファンともに楽しめる作りに仕上がっているのではないでしょうか。では最後に試打の様子を基に、演出の流れをお見せしたいと思います。
 

ショールームで試打してみた

基本的な演出は前2作のファンなら勿論のこと、パチンコファンなら誰でも違和感ナシで遊技できる馴染み深いものが多く安心です。

同色数字の3つ揃いの先読み、豊富な保留変化予告に始まり、今回は多彩なステージチェンジが一際、目を引きますね。私の個人的なお気に入りは、メンバーの表情がアップで画面に映し出される「秋葉原ステージ」、シリーズ初となる横スクロールでNMB48のメンバーが画面右から左へと流れて行く「なんばステージ」、そして何と言ってもメンバーの胸の谷間…… じゃなかった、水着姿が拝める「ビーチステージ」が最高。ずっとこのステージ固定で打てれば良いのに。

お気に入りのビーチステージ


……それにしても、ですよ。

初当りさえ引けば、なんとかなる。そう思っていた頃が私にもありました。さすがはミドルスペック、その初当りがなかなか訪れません。これはワンチャンあるか、と微かに期待を込めた赤保留も、4大超絶ポイントである「SURPRISEコンサート超絶SPリーチ」に発展することも「推しメン超絶カットイン」が発生することも無く、あえなくハズレ。

そういえば推しメンの松井玲奈ちゃんは「マジすか学園」でゲキカラという役を演じていたことを思い出したので、激辛から何となく甘そうなイメージのある「さくらたん(宮脇咲良ちゃん)」に推し変。が、それでも一向に大当りの気配ナシ……。

回転数も500回を超えてしまい、思わず同行していたパチ7編集部の右キモさんに、やり場の無い怒りを全力投球してしまいます。そして私の怒りが頂点に達しようとした、まさにそのタイミングでちょいアツな展開に。さくらたんの推しグループであるHKT48の活動拠点、博多ステージに移行するチャンスパターンから赤タイマーが発生しました。



そして4大超絶ポイントの『ゼブラ柄』と『熱狂LIVE ZONE』が複合して……
 


…コ、コレどうなのっ!?
 

6揃いからSPECIAL TIME BOUNSをゲット!

見事に初当りをゲットいたしました。なんとなくありがとう、秋元先生。じゃなかった、右キモさん。ここで私が引いたのは『SPECIAL TIME BOUNS』という4ラウンド大当り。果たして確率変動を引いていたのか、否か。運命は大当り終了後の電サポ状態『SURPRISE コンサートST』に託されます。次の大当りを迎えること無く100回転が終了してしまったら通常大当り&100回転の時短終了、という訳ですな。
 

SURPRISE コンサートST、推しメンスキル選択画面

上述した推しメンスキルによって演出が大きく変化するわけですね。私ぐらいのオジサンならば「推しメンが出てくればチャンス」と考えておけば良さそうです。私の推しメン、さくらたんのは登場するだけでかなりアツく、数十回転後の変動開始と同時に登場した扉の中から笑顔のさくらたん登場して見事に2連チャン目をゲット。

ということは、確変だったのでしょうかね。お次も同様の演出から3連チャン。なるほど、とにかくここでは推しメン登場を願いながら打つのが良さそうです。

が、ようやく私にも訪れたチャンスの順番は残念ながら4ラウンド大当り3回、つまり3連チャンで終了。残念ながら期待のブーストアタッカーモード(小当りRUSH)を体感することなく、電サポ終了となってしまいました……。

「もしかすると私は、さくらたんにあまり愛されていないのかも知れない」

 そう思った私は宮脇さんに別れを告げて、じゅりたん(松井珠理奈)へ推し変。京楽のショールームで「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら私の今後の展開はどう変わってしまうのか、その気恥ずかしい結論のようなものを、この目で確認しておきたいのです。

この推し変が功を奏したのか否か、私にはわかりません。わかりませんが、ここからの展開は正に怒涛の勢い。先程の出玉が全てノマれそうになった、まさにその直前。全ての激アツ演出を吹き飛ばす問答無用の超激アツ演出、ハンドルからのエア・バイブが炸裂して16ラウンド大当り+念願のブーストアタッカーモードへと突入。

とうとう大量出玉への期待が大きく膨らむ夢の扉が開かれたのですが、扉の向こう側にあったのは夢どころか、大逆転を現実のものとする大爆発出玉だったのです……!
 

見てくださいよ、コレ。16ラウンド大当り+ブーストアタッカーモードのループ、そして確変のループからブーストアタッカーモードへの再突入を繰り返した結果、勢いに圧倒されつつハンドルを握っているうちに、ふと気付けば2万発オーバー。序盤の苦しい展開を一挙にひっくり返す熱狂の時間を存分に堪能したところでタイムアップ。まさにミドルスペックにふさわしい、そして新生『ぱちんこAKB48』にふさわしい興奮、快感、満足感を味わえる大満足の試打結果となったのでした。めでたし、めでたし。(かなり出来過ぎ)
 

総括

前2作の『ぱちんこAKB』で50%の振り分け負け、つまりミュージックRUSH非突入の連発に泣かされた我が同士にとっては、確変突入率のアップと確変非突入時の時短100回転は素直に喜ぶべきスペック変更ですね。

また、苦しい展開の大逆転を可能にする16ラウンド大当り+ブーストアタッカーモードの超絶気持ち良さは、一度は体験しておくべき本機種最大の魅力であることは間違いありません。確変突入率&継続率65%に加えて、初当りでも20%、ブーストアタッカーモード中なら50%の割合で2,400発の大量出玉が狙える出玉特化型のスペックは、可愛らしいルックスの内に秘めた激しさを象徴するような、正に新生ぱちんこAKB48にふさわしい仕様変更であると言えますね。

さらに元・ホール店長からの目線で言わせて頂くと、今後ホールデビューするパチンコ機は内規の変更によって1回の大当り出玉が2,400発から1,500発へと大幅にグレードダウンしてしまいます。今作『CRぱちんこAKB48-3 誇りの丘』は旧規則機としての最終機種、すなわち最後の2,400発スペックとして年末のホールに導入されることもあって、パチンコファンが一斉に集まる年末年始に出玉をアピールするには正に恰好の機種なのですよ。

そう、注目機種であると同時に年末年始の「狙い目機種」なのです。そういった意味でも間違いなくこの冬、一番のオススメ台となるでしょうね。 さあ、これでアナタも推しメンと共に熱狂の超絶出玉を勝ち取るスタンバイ完了ですね!!


ホール導入日:2018年12月17日(月)
 

 



(C)AKS(C)KYORAKU

前の記事 記事一覧 次の記事

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザー投稿が集まるコミュニティ

▼【パチ7コミック】鴻池剛のつよパチ


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • ピノコのこどもえほん