パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. クズと虫~お題共有コラム~
  4. 【第13回:最終回】お題~クズと虫をやってみた感想~鈴虫君編

クズと虫~お題共有コラム~

クズと虫~お題共有コラム~

2016.05.27

【第13回:最終回】お題~クズと虫をやってみた感想~鈴虫君編

クズと虫 クズと虫   クズと虫~お題共有コラム~

 

最終回クズと虫をやってみた感想:鈴虫君編

田中さんはお題に対してどんな切り口でくるのだろう。ひとつのシンプルなお題を、まったく想像のつかないストーリーに昇華させる技術は、才能というか、その人の人間力だなと、なにかをなぞったようなものを書いてしまったときに恥ずかしくなったことがある。


ところで、何らかのお題がある…この制約は当初、良い流れだと思っていた。決まったものがあれば書きやすいし、何でも受けて立つストロングスタイルに惹かれたわけだが、書いてびっくり、これほど不自由なものなのかと。


誤解のないように言っておくと、お題や企画を批判しているわけではない。実力不足も重なって筆が進まないことが何度もあったし、とにかく苦労したのである。今まで同じ文字量のコラムや実戦記は幾度となく書いてきたけれど、ここまで時間を要する書き物はなかったように思う。


たしか、何回目かに「パチスロライターとは」といったお題があったけれど、書いては消し、書いては消し、たまにエロ動画を見て、書いて、消してを繰り返していたら丸二日もかかった。その時に思ったのである。俺、巨乳はあまり好みじゃないし、ロリ顔よりもキレイ系、痩せよりもぽっちゃりが好きだと。


ほとんどの原稿には何らかの制約がある。実戦記なら指定の機種であったり、そもそも企画として制約があったりと、自由とはほど遠い。昔から、原稿に関しては自由を求めていたような気がする。人間にはどこまでいっても自由なんてないのだから、せめてここだけは自由でいたいと、小さな水槽の中だけは好きに泳がしてほしいと思っていた。タイトルやサムネから厳選したエロ動画を見ようとしたら、「この動画は削除されています」の文字が出たときの絶望はもうこりごりである。


これまで、お題を提示されて何かを書くということが意外にもなかったから、たしかに新鮮だったけど、それ以上の苦しみもある。文章とは自分を映し出す鏡のようなもので、人間性や、その日の気分まで反映するもの。前向きなとき、落ち込んでいるとき、それらが見え隠れするようなものにリアリティがあると思っていて、受け取る側にはやや不安定にも思えるが、ひとりの人間が見えたような気がする文章が好きだった。 では、自分がそれを実践できていたか、そう問われるとNOだ。恥ずかしながら過去のコラムを読み返してみると自分をさらけ出すことなんかできていない。辛口で知られるイタリアのサッカー誌なら「鈴虫はピッチから消えていた。深夜のシュートを打つことだけ考えていたのだろう」と表現されてもおかしくないほどで、どこかこう手探りのまま試合が終わっていったような気もする。


それに気づかせてくれたパチ7には感謝している。新しい価値観は失敗から生まれることが多く、成長に変えることができるのは自分次第。わかっている、俺は学んだんだ。期限切れのエロ動画は、サイトを変えることでまだ生きている可能性があることを。あのとき、サイドチェンジならぬサイトチェンジを試みていれば、俺はピッチから消えることなく活躍できたはずなのに…と。


ああ、これで最後なのだから、もう文章で遊ぶのはやめよう。苦しいことはあったけど、物書きとして文章を書かせてもらって苦しいとか辛いと言うのは女々しいし、これから先、またこういう場を設けてもらうことがあればひとまわり大きくなった自分を見せたい。短い間ではあったけど、これまでクズと虫にお付き合いいただいたすべての方に感謝します。そして、すぐそばで最高の文章をいつも書いてくれた友に最大限のリスペクトを。

 

前の記事 記事一覧 次の記事

クズと虫
代表作:クズと虫~お題共有コラム~

ライターである元クズ田中と鈴虫君。ガイド時代に最も近しき先輩後輩関係で、とても仲良しな二人。競艇好きという大きな共通点もある。


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • 必殺仕置人