パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  1. パチセブントップ
  2. コミュニティ
  3. パチ7自由帳トップ
  4. コラム詳細

集中連載コラム アクロスと北電子が教えてくれたこと

フリーテーマ | コラム

集中連載コラム アクロスと北電子が教えてくれたこと

プロフィール画像
芥川パチ之助さん
初めまして!念願のパチンコを題材にした小説を投稿さえて頂きます。感想その他お待ちしています! ※中の人の詮索は絶対におやめ下しあ※
投稿日:2016/02/23 23:12

4号機の筐体にはリーチ目ステッカーが良く貼られていた。この出目が出ればボーナスだよと親切丁寧に教えてくれる素晴らしいシールだ。

ただ4号機技術介入全盛期、子役を取りきりながら打てば出現不可能な出目が目立ち、そもそも告知系のマシーンでは必要すら感じられなくも思った。あのリーチ目シール。

ジャグラーに貼られたシールには、チェリー矛盾の出目が載ってあったりしたのだが、そもそも小役の重複が存在しない頃だ。GOGOと豆球が照らし出した先にしかその出目は無い。

5号機ジャグラーは、成立時にそんな出目をみせてくれた。これは素晴らしいアイデアだと思った。折れず、曲げない、そして少しの遊び心。そんな北電子のジャグラーにかける思いはヒットへと繋がった。


昨年様々な場所で賞賛の声を受けたアクロスのHANABI。リプレイ時のノーアクションでの同時当選や、3連図柄中段でのビッグ揃いなど、あの頃夢中で打った人間であればあるほど、『無意味で無駄』だったことが、見事に5号機の特性を生かし、新たな演出要素へと昇格を果たした。

そしてその本来の面白さと言う物に、魅力を感じた新たな打ち手も多々いたと思う。



この2つのヒットが生み出した先に学ぶ答えは、「忘れていない」あの頃と、「面白ければ通用する」と言う、とてもシンプルで、純粋な答えだと思う。

もう随分昔の話に思えるが、任天堂が3DSやwiiでの大ヒットを飛ばし、「ゲーム本来の面白さ」と言うものを売りにした。
細かで洗練されたグラフィクスや高価格のハイスペックマシンを横目に、見事な売り上げを伸ばした。




誰かが言った、「思い出は金になる。そしてすぐ枯れる。」




話を遊技機に戻そう。元々この業界の作り手は夢が溢れていた、何も打ち手だけの物じゃない。作り手にも様々な一攫千金の夢があったのだ。シェイク→BANGBANGの後の吉宗、そして大都の完成系となった押忍番長。以降、大都は一流の肩書きを手に入れた。大都の歴史を考えれば、決して短い道のりでは無かった。

5号機最初のスロットEVAを一生懸命にホールで打った人間が何人いただろう、それが面白いか面白くないかは別として、少なくとも光の当たる存在ではなかったはずだ。今では光を当てられる側になった。面白いか、そうじゃないかは別として。



誰しもが夢見るあの頃を、誰しもが取り戻したいと思うのもとてもよく分かる。業界の異常な盛り上がりを、私自身この身で体験した。ここでもう一度先人の言葉を借りよう、思い出と言う井戸は大変金になる。だがその水は驚くほど早く枯れる。


枯れた井戸の底には何も映らない。誰かが再び水を与えるまで。願わくば再び井戸に満ちた水は、新しい味を感じさせてほしいものである。

8

ログイン・会員登録してコメントする

このコラムへのコメント(12 件)

プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
+馬ッ+さん

そうなんです。確実に「努力と愛」の詰まった遊技機は、出玉性能や遊技性能に関わらず存在しています。全てのメーカーが輩出する台を全てそうするのは不可能かもしれません。いやもしかしたらメーカーから言わせれば全てそうなのかもしれません。

しかしメーカーが遊技機作りの「プロ」である以上、やはり打ち手に届かなければ、意味の無い事実ですが。
プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
あきうめさくらさん

素晴らしい愛のあるコメントです。かっこいいです。僕自身はどこか遠く、技術と努力で作成され、ホールが必死の思いで入れ替えした新台を疑ってかかってしまっています。

俯瞰して行うギャンブルなど、くだらないとわかってはいあるのですがね。
プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
銀チャさん
「復刻」する以上は、他のシステムや時代背景を考慮しないわけには行きません。そしてそこに少しでも足を入れるのでアレば、ほとんどが不可能となってしまうのです。アクロスのゲッターマウスがリール配置を完全復刻致しました。ただならぬ努力と情熱が確実に存在していると思います。

そして何より「満足」と言う感覚は、比べる記憶が遠くなればなるほど美化されてしまいます。事実上復刻した遊技機と対面し、「思い出の中の元祖」を振り返って見れば、どちらに軍配があがるかは察しがつきます。

良かったのは果たして「時代」なのか「遊技機」なのか、はたまたどちらもなのか。たぶん、答えれる人はいないでしょうね。

僕は作り手の愛が感じたいだけです。そしてそれを打ち続けたいだけです。
プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
佐々木 真さん

言葉が重いです師匠・・・。以前足並みが揃わないことを嘆かれた文をどこかで読ませて頂いたことがありますが、せめてメディア様だけでも、足並みを揃えていただければ・・・なんて僕らオールドスロッターは思ったことがありますね。
プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
FLEAさん
次の上手いなぁまで10年。重すぎる。口にするには余りにも重過ぎる言葉だ。そして、深く同意いたします。

あの頃は数々の、「すごいなぁ」「よく考えたなぁ」があっただけに。
プロフィール画像
芥川パチ之助
投稿日:2016/02/29
おしょうさん
知らないことが幸せ なんて都合のいい言葉をパチスロに当てはめるならば、「4号機時代を経験していないコトは幸せ」なのかもしれませんね。今の時代のスロットを、心から楽しめるわけですから。

現場で体感した者のみが触れれた「あの異常な空気」は今の時代の遊技機を楽しむ上では、ある程度の足かせにはなりますね。

是非僕のパチスロアカデミアへの入学をお勧めします(笑
プロフィール画像
+馬ッ+
投稿日:2016/02/24
5号機から触り始めた自分からすると、
4号機からの変化と言うと出玉の量の違いぐらいかな~と思っていたんですが、他にも変化してる場所。しかも"良い感じ"に変化してる所もあったんですね。

なんとなしにジャグラー・HANABI打ってましたけどまた印象変わりましたわ・・・
プロフィール画像
あきうめ
投稿日:2016/02/24
深い。深すぎて何度も読み返してしまいます。
5号機の最初は評判悪かったような記憶があるのですが
私はエヴァやサクラ大戦、デビルマンなど
結構楽しく打ててました。
5号機になって様々な台が出て、また規制が強くなるけれど
いつの時代も「あの頃ああだったよな」と思いながら
いつものようにホールは向かってる自分が想像できます。
プロフィール画像
銀チャ
投稿日:2016/02/24
わたし思うのはですね、
完全復刻したらイイと思うんですよ。継承とか、そーゆーのではなく完全復刻です。

勿論、出玉やシステム的な問題は色々今の枠にはめてになるとは思うんですが。

ただ、あの頃の盛り上がった時代をただ単純に今の時代に合わせて作ればいいんじゃなかろうか?

打ち手を満足させるって、
あの頃は演出や煽りだったでしょうか?

液晶も無い、3つのリールの出目だけで熱くなれましたよね。ジャグラーは残念だった部分を改善させて、昔と変わらないを実践している。

今の台で過去の良かった時代の様な業界の盛り上がりを手にするにはその辺じゃないかなーなんて思いながら読ませて頂きました_( ´ ω `_)⌒)_
プロフィール画像
佐々木 真
投稿日:2016/02/24
思い出と言う井戸は大変金になる。だがその水は驚くほど早く枯れる。

ノーマル好きのコツコツ型のほうが、長くパチスロと付き合う術を持っているので、枯れたようにみせかけて山に蓄えられていることもありますね。逆に、射幸性ダウンや、押し順だけで遊技できるATが廃れていくことのほうが怖いです。

複数の井戸を掘らず、ほかの井戸からの水を奪い合う業界。“みなし機撤去”から10年間、まったく変わっていません。

芥川パチ之助さんの
前のコラム コラム一覧 次のコラム

パチ7自由帳トップに戻る

パチ7自由帳月間賞│特集記事

  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • おだち源幸先生インタビュー