パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 元店長カタギリのホール非攻略~パチンコパチスロ情報バラエティ~
  4. カタギリのホール非攻略『アルバイトスタッフ事情』

元店長カタギリのホール非攻略~パチンコパチスロ情報バラエティ~

元店長カタギリのホール非攻略~パチンコパチスロ情報バラエティ~

2019.01.11

カタギリのホール非攻略『アルバイトスタッフ事情』

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   元店長カタギリのホール非攻略~パチンコパチスロ情報バラエティ~

▲今回は『アルバイトスタッフ事情』について

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます! 本年も攻略要素ゼロの当連載のご愛読、よろしくお願いいたします。ついでに出世期待度ゼロのカタギリ先生にもハゲ増し(自虐)のメール、お待ちしております。


さてさて新年一発目の今回は、以前に人食いコアラことカモ原副編集長からリクエストを頂いておりました「ホールのアルバイトスタッフ事情」に関して書かせて頂こうと思います。アルバイトスタッフの新規採用や仕事内容、勤務体系や待遇等…… 気になることはいろいろあると思いますし、書いてみたいことも様々です。何が大変で、どこにやり甲斐を見出せるのか。働いて外から見るのと、実際に働いてみるのでは大違いのホールスタッフに関してあれこれ書かせて頂きます。


そして、読者の皆様の中には過去に、あるいは現在進行形でホールでの勤務経験をお持ちの方々もいらっしゃることでしょう。自分の時はどうだったかなと思い返してみたり、あるいはウチの店とは色々と違うのだな、などと思い巡らせて頂きたいのはもちろんのこと、これからパチンコ店で働きたいなとお考えの方のご参考にもなれば良いかなと思いましたので、実に年明けにふさわしい内容なのではないかしらと、カタギリは得意気な表情を浮かべつつ自画自賛してみます。あと、カモさんサンキューです。


 


★パチンコ店のアルバイトは、どうやって採用しているの?

基本的には求人媒体に費用(掲載サイズにもよりますが相場は2週間で約7万円)を支払って、求人募集広告を掲載。それらのサイトを見て応募してきた若者からの採用がメインルートとなります。


昔は新聞の折り込みやフリーペーパーといった紙媒体のアルバイト募集記事を見て電話をかけてくる流れが一般的でしたが、現在はスマホから求人サイトを見てメールで応募してくるというのが主流になりつつありますね。そういった人材を逃さないためにも即レスは基本。


慢性的に人員不足なパチンコ店におけるアルバイト採用の鉄則は、とにかくスピード命なのです。


それ以外では店頭に貼り出したアルバイト募集ポスターやパチンコ情報サイトに掲載された募集記事を見ての応募や、既存スタッフの友人・知人の紹介で入社するケースもありますね。


 


★アルバイトの勤務体系や待遇は?

勤務体系は基本的に2通り。9時から17時までの早番と、16時から24時までの遅番に分かれます。早番は開店準備のためにオープン時間の1時間前に出勤、遅番だと閉店後の後片付けのために1時間作業を行うというのが一般的でしょうね。これは東京都の場合なので、開店時間の早い地域などでは早番アルバイトスタッフの出勤時間は30~1時間ほど早くなるのではないでしょうか。


早番なら午後から、遅番であれば常に忙しい状況となるために、休憩時間が偏るというのも「業界あるある」です。早番だと開店と同時にスタッフの休憩時間が始まったり、遅番なら出勤直後にいきなり休憩に行かされたり。忙しい時間に合わせて不規則な休憩時間を取らされがちなのです。


それ以外に12時~14時頃に出勤して21時~閉店近くまで勤務する「中番(なかばん)」という勤務形態もありますね。忙しくなってきた時間帯に格好良く登場する中番スタッフは、早番と遅番の双方に顔が効き、なおかつどちらの仕事もこなせる格好良いポジションの戦力と言えるでしょう。社員から中番勤務を依頼されたら、それは一人前と認められた証拠です。遠慮なく時給アップを交渉しましょう!


さて時給の話が出たところで待遇面のお話。東京都の最低時給は現在、985円。時給1,000円以上は当たり前と言われたパチンコ店でのアルバイトも、決して高い部類では無い時代となってしまいましたね。とはいえ、それでもパチンコ店のアルバイトにおける最大の魅力はやっぱり高時給・高待遇。大手ホールだと一定の勤務時間を超えたスタッフにミニボーナスが支給されたり、頑張ったスタッフには人気の携帯ゲーム機が授与されたりと、報奨制度も豊富です。また最近よく見かけるのが入社祝い金制度。採用されたら時給とは別に現金支給。これ、なかなか魅力的ですよね。求人に苦労しているパチンコ業界、人集めに必死なのです


 


★ズバリ、採用されやすい人物とは?

「パチンコが好き」これが一番大事な志望動機だと私は考えています。ハッキリ言いますが好きじゃなきゃ厳しいです、この仕事。時給の高さに反応してパチンコ屋に入ったことすら無い若者が応募してきても、大半はスグに逃げるように退社してしまいますからね。紫煙と騒音、そして立ち仕事。高時給の理由は、劣悪な職場環境。その点を理解して応募してきたのかどうかが、採否に大きく関わってきますね。


ちなみに私が採用にあたって重視していたのは、容姿や経歴よりも年齢と性格。つまり、客ウケしそうなルックスであるとか、他店での豊富な勤務経験等は軽視。面接時における口調、笑顔で会話が出来るか否か、機転の利いた会話が出来るか、職場の雰囲気に馴染めそうか。そういったキャラクターを重視していたため、採用する割合は4人に1人程度でしたね。残りの75%は採用するには少し厳しい、体力に問題ありそうな高齢者やお金に困っていそうな妙齢の男女、見た目が既にヤバい電波系お兄さんといった方々で占められていたのです。いくら人手が足りないからと言って誰でも採用する訳にはいかないのは、パチンコ店が扱う金額の大きさが最大の理由であることは言うまでもありませんよね。 


 


★働いているスタッフさんは、どういった人たちなの?

若手のお笑い芸人、役者志望、声優の卵、バンドマン。夢を追う10~20代の若者がメインなのは、今も昔も同じです。30歳オーバーになると、ガッツリ稼ぎたいフリーターがメインになるのも、これまた昔と同じ。大きく変わったのは、いわゆる「訳アリ系」の人がほとんど見られなくなったことですね。


そのきっかけは、警察からの指導で従業員名簿の作成および管理をしっかりと義務付けられて以降でしょうかね。これによって現住所を証明できない、素性不明の人物をホールで働かせることは不可能になりましたからね。同時にホールスタッフの平均年齢もグンと若返りました。ウチの場合だと10年前あたりまでは40代のスタッフも何人か勤務していましたが、以前は現在では35歳以上のアルバイトは1名も在籍しておりません。


接客意識レベルの低い胡散臭い連中が蠢いていたパチ屋から、夢と現実の狭間で奮闘する若者が中心のパーラーへ。ホールで働いている若手スタッフの皆さんのお陰で、店内はキラキラしたイメージの漂う空間へと変貌を遂げました。


いずれにしても将来、ホールの社員として働きたいというタイプは絶滅危惧種。アルバイトで頑張って社員になるケースも少なくは無いのですが、社員になりたいという志を持ってアルバイトに応募してくる若者は、最近めっきり聞かなくなってしまいました。それは、ちょっと寂しい事実ですかね。


 


★カタギリ物語。

実は私、かつてパチンコ店の駐車場整理のアルバイトを経験したこともあります。勤務時間は朝の9時から夕方の5時まで。郊外店舗の巨大な立体駐車場の入り口に立って続々と出入りする車の誘導を行う、特に何の面白味も感じられない仕事を続けられたのは約2ヵ月間のみ。


期待を膨らませて店にやってくるドライバーの表情。遠くでホールの自動ドアが開いたと同時に漏れ聞こえてくる軽快な電子音。それらを見たり聞いたりするうちに血が騒ぐのはパチンコ・パチスロファンなら至極当然の話。どうせ働くならやっぱりホールだよな、という結論に至ってこの仕事は早々に挫折してしまいました。


……そんな若き日の出来事から23年。当時、赤い棒を振り回して車を誘導していたホールさんから、ツイッターでフォローしてもらったのが何とも懐かしいやら、恥ずかしいやら。今でも当時と変わらず繁盛しているご様子で、その後の人生でパチンコ店を3軒も潰してしまう私としては、これまた懐かしいやら、恥ずかしいやら。


 


★『バイトスタッフ事情』のまとめ

パチンコ店の営業が成り立っているのは、現場で汗水を流して働いてくれるアルバイトスタッフの頑張りがあってこそ。資本力によってキッチリと従業員を満足させている大手ホールで無い限り、その点を理解していなければ、そのホールの営業はこの先、そう長くは続けられないでしょうね。


店長さんの大事な仕事のひとつに「人を見ること」が挙げられます。人とはもちろん感謝すべきお客様だけでなく、排除すべき不良客、警戒すべきゴト師、来訪されるメーカーの営業マン、付き合いのある業者さん、そして何より愛すべきスタッフさん。彼ら、彼女らひとりひとりに目を向けて適切な対応を取ることが、非常に大事な業務なのです。


人材ではなく「人財」、つまり人は材料ではなく財産なのだという発想は、私が教わった言葉の中でも強く印象に残っております。


パチンコが好きで、ホールでの仕事に興味があるならば、是非とも一度はチャレンジしてみても良いと思いますよ。ま、それでパチンコ・パチスロに勝てるようになるかどうかはまた別問題ですけどね!


 

前の記事 記事一覧 次の記事

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(4 件)

プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2019/01/24
あきうめさま。

これも困るタイプですよね~。
アルバイトやパートさんが職場の主軸となってしまっているホールは、お客様よりも自分達のオペレーションを優先する傾向が強いので危険ですね。
それでいて自分が一番仕事が出来ると勘違いしているので厄介きわまりないですよ、ホントに。 

・・・・・・いかん、いろいろ嫌なことを思い出してしまった(笑)。

プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2019/01/24
すろ さま。

それは一番キツいパターンですねぇ・・・
頑張ろうという気持ちになりませんよね、それだと。
プロフィール画像
あきうめ
投稿日:2019/01/11
パチンコパチスロ全く知らないけど、時給がいいから働いてるお姉さんは、結構ベテラン感を出して社員にもガツガツ言うタイプなんで困ります(苦笑)
プロフィール画像
すろ
投稿日:2019/01/11
社長が駄目なので苦労MAXです

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter

▲3店舗を潰した『しくじり店長』の人生録をお楽しみください。(完結)

▲まさかの漫画化。こちらは連載中!


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報