パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から解析情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチ7の4周年記念祭!的なもの
  4. アクロス『A PROJECT』座談会

パチ7の4周年記念祭!的なもの

パチ7の4周年記念祭!的なもの

2018.10.24

アクロス『A PROJECT』座談会

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   パチ7の4周年記念祭!的なもの


パチ7編集部
ライター陣とアクロス愛について語り合いたい。パチ7の編集長として4年間頑張ってきた「ご褒美企画」としてアクロス『A PROJECT(Aプロジェクト)』座談会を開催させてよ。


編集長の口から飛び出した甘えん坊の遺言みたいな要望によって編集部に集められたのは、当サイトでも屈指のAプロマニア達。錚々たるメンバーの中に、ただ年をとっているだけの目押しあやふや爺さんこと私、カタギリが混じっていてもいいのかな、と少し不安にはなったものの、大丈夫。私だって生まれた子供が男の子なら亜聖衣(アクロス)、女の子なら優二羽(ユニバ)と名付けて親族とますます疎遠になるのを覚悟しているレベルのアクロス好きなのですから。


そんな白熱必至の座談会が開催されたのは、奇しくもホールに6号機の本格導入が始まった10月の初週。混沌とした時代の狭間で、アクロス信奉者達がその胸中を激白する。深き愛を、熱き想いを、ホッパーが空っぽになるまで吐き出して頂きましょう!

 

 

★参加メンバー紹介


パチ7編集部
パチ7編集長/年齢…40歳/スロ歴…20年/初打ち機種…サンダーV
当サイトの最高責任者であり、当企画のMC担当。酒を飲むと人格が破綻することでも有名。


パチ7編集部
佐々木 真/年齢…46歳/スロ歴…27年/初打ち機種…ゴールドベンハー  
業界屈指のベテランライター。その圧倒的なキャリアと知識量によって生み出される名コラムの数々は、既に皆様ご承知の通り。


パチ7編集部
マコト/年齢…36歳/スロ歴…18年/初打ち機種…ビートザドラゴン
卓越した目押しスキルを存分に発揮して溺愛機種を攻略する職人気質のライター。勝利至上主義に偏らず、楽しむ術を読者に提供し続けている。


パチ7編集部
ラッシー/年齢…37歳/スロ歴…19年/初打ち機種…ビッグウェーブ
鋭い視点から導き出される厳しい意見の数々は、全てパチスロへの愛深き故。今回も冴えわたるコメントの数々に期待!


パチ7編集部
鬼くん/年齢…28歳/スロ歴…10年/初打ち機種…吉宗
今回のメンバー内では最年少の元・野球少年。鍛え抜かれた選球眼で優良ホールと優秀台を素早く見抜く、パチ7の実力派ライター。現在は糖質ダイエット中。


パチ7編集部
カタギリ(この文章を書いている人)/年齢…45歳/スロ歴…28年/初打ち機種…バニーガール
人生のどこを切ってもパチンコ・パチスロの文字が出てくる、売れ残った金太郎飴のような中年男性。母親にはパチスロをヤメたと、悲しい嘘をついている。


参加メンバーの平均年齢は38.6歳。うん、Aプロ好きにふさわしいオッさん濃度ですね。では、いよいよ座談会スタートです! テーマ毎に各人からご意見を頂いておりますよ。

 

 

★アクロス『A PROJECT 』という存在。


記念すべきアクロスAプロマシンの第一弾『クランキーコレクション』のホールデビューは、2013年の3月。この年に導入された本機以外のノーマルパチスロを挙げると北電子やパイオニア系を除いてはチェリーパラダイス、ヒマワリパラダイス(共にソフィア)のみ。


AT機全盛の当時に於いては、ノーマル好きユーザーはパチスロに対する興味を失いかけていた時期でもありました。そんなノーマルパチスロ不遇の時代を振り返るところから座談会はスタートいたしました。

 


パチ7編集部
僕はクラコレ(クランキーコレクション)やB-MAXは、ほとんど存在に気付いていなかったんです。その頃はパチスロから離れていて、全然打っていなかったんですよ。で、ハナビの時に『A PROJECT』の存在に気付くわけです。そこでハナビの完成度の高さに驚かされて、パチスロにグイッと引き戻されたんですよ。襟首掴まれたように(笑)  なので、アクロスAプロが無かったら僕、今もう間違いなくパチスロをヤメていますね。当然、パチ7も存在してません(笑)  皆さんはアクロス『A PROJECT』が立ち上がってノーマルが出ると知った時、どう思われました?


パチ7編集部
僕は今までのユニバーサルグループノーマル機をリメイクしていくだろうなという予測はしていたので、好意的には捉えていましたね。他のメーカーが同じ事をするよりは、それこそ一兆倍ぐらいは期待していました(笑)


パチ7編集部
青ドンが出た時(2007年)と同じように「なんか違うなあ……」というような台が出るのかな、と最初は思っていました。


パチ7編集部
みんなが押し順ナビの機械を打っている中で、仕方なく代用していたのがラブリージャグラーやハッピージャグラーでしたね。ハッピーの左リール上段BAR打ちの絶妙なシビアさは、ノーマルっぽいですよね。僕にとってハッピージャグラーはハナビみたいなモンでしたからね(笑)。


パチ7編集部
うっはは! ハッピーでごまかしてたんすね、ノーマル欲を(笑)  鬼はどうだった?


パチ7編集部
僕はクラコレが出た頃は初代クレアや(パチスロ格闘美神)ウーロンを打っていましたね。


一同「ああ~、打った! ウーロンは面白かったね~(その後、サミー機種の思い出話に脱線)」


パチ7編集部
クラコレって皆さん、打ちましたか? そこまで話題になりましたっけ?


パチ7編集部
パチスロ業界的には話題になっていなかった気はするんですけど、その原因はバケにあったと思うんですよね。逆に僕みたいな目押し好きにはそこが燃えたんですけど。


パチ7編集部
いや、アレ好きな人はいないっすよ(笑)


パチ7編集部
ところで『A PROJECT』って最初からアレックスまで出す計画だったんですかね?


パチ7編集部
最初にクラコレを出した時に苦労したのは「社内の説得です」と言われましたね。こんなものが売れるのかと。(発売後の)クラコレのユーザーからの評価が高かったためにB-MAXを出したんだけど、クラコレのバケの技術介入が人気だと勘違いしたからボーナス中が面倒臭い台になった、と(笑)。


パチ7編集部
(ビーマは)今、自分が何しているのかがわからないですからね。


パチ7編集部
技術介入と知識介入は同時にやらせちゃダメなんですよね。


パチ7編集部
それ聞いちゃうと、難易度が高いB-MAXで終わらなくてホントに良かったと思いますね。 鬼はクラコレ打った?


パチ7編集部
打ちました。目押しは面倒だけど「やっている感」があるんですよ。5号機って目押しは昔ほど重要視されていないじゃないですか? 目押しの機会を与えられることで「パチスロって、こういうものだったのかな?」という感覚が伝わったのかもしれませんね。後は出率がだんだんキツくなっている時代の中で、技術介入で100パーセントというのは若者にとっては魅力に感じられたのかも知れませんね。


パチ7編集部
4段階設定については皆さん、どう思われます?


パチ7編集部
ノーマル好きにとっては(2段階設定の)「サクラ大戦(エレコ・2005年)」の倍あるじゃん」って感じですけど。


パチ7編集部
さすがに3段階って言われると「少なっ!」って思いますけど、ねえ。


パチ7編集部
メーカーの方いわく「5号機のハナビは4号機と違って設定判別が不可能だけど、ユーザーにそれに近い手応えを与えられるように、奇数偶数の差をハッキリ分けて、設定推測をしやすいようにした。そのためには4段階設定が良かった」ということらしいですが。


パチ7編集部
確かに4段階設定だと奇数・偶数をハッキリ意識するようになりましたね。そこで絞れれば後は上か下か、になりますからね。


パチ7編集部
あとは、ある種の代名詞とも言える『技術介入』についてはどう思います?


パチ7編集部
ハナビがヒットした一番の理由は技術介入のバランスの絶妙さですよね。初心者や中級者にも「あれ? 俺、目押し出来てるんじゃね? 目押し上手いんじゃね?」と思わせる2コマ目押しや、リーチ目のわかりやすさがある。それが若者を惹き付けるきっかけになったと思うな。


パチ7編集部
確かにハナビは絶妙かも。クラコレは少し難しいんだろうなあ。



佐々木さん曰く、長い時間ホールで打てちゃうのがアクロスAプロジェクト。アクロスという選択肢がホールにあるのは大きい、感慨深げにそう呟く編集長。何もやることが無い時にホールに行けるようになったと熱弁するラッシーさん。 アクロスはやっぱり良いなあと、しみじみと呟く佐々木さん。開始30分で早くも閉店間際の居酒屋みたいな雰囲気です。とはいえ、やはりアクロスAプロジェクトがパチスロ業界にもたらしたものは、ホール側の人間としても大きいと言わざるを得ないですな。

 



 

 

★アナタのアクロス『A PROJECT 』No.1機種は?


各人、1機種に絞るのが大変だったでしょうと語りかけた編集長の言葉に対して、即断即決だったよと言わんばかりの沈黙で答える一同。ええ、私も即決でした。では、お一人ずつコメントをお願いいたします!

 


パチ7編集部
『クランキーコレクション』
クランキーチャレンジを「どう料理してやろうか?」という楽しみが強烈。昔のユニバのノーマル機のように1枚掛けで、ボーナスが非有効ラインに揃えばビッグ確定、といった遊び心があるのもいい。4号機のコンドルやコンテストだけでなく、5号機の『クランキーコンドル-X』(エレコ・2006年)からもクランキーチャレンジを継承している等、これまでの機種の全てを盛り込んでいる点が高評価。


パチ7編集部
『ゲッターマウス』
出目を楽しませるために1枚役を極限まで上手く使った機種である上に、今でも打っていて新しい発見があるほど奥深い。フラグ成立時に、1枚掛けや小役成立ゲームでは告知ランプが点灯しないという特性があるため、告知ランプを光らせずに終日遊技するという、こだわりの打ち方が出来るのも嬉しい。


パチ7編集部
『ハナビ』
僕らの世代はやっぱりハナビだと思います。通常時の15枚役の取りこぼしは牛丼一杯の損。その重要性を教わり、伝えることが出来る台。BIGを引けないと設定推測が出来ないので、夕方以降でも高設定に座れることも多く、本当に良く出来た絶妙な台だと思う。偶数設定なら打てる、という意識付けをさせられた台のようにも感じますね。


パチ7編集部
『ハナビ』
個人的な思い入れで1位にせざるを得ない。4号機でパチスロの全てを教わったのがハナビだったので、そのハナビの良さが再現、むしろ上回っていたから。枠上BARで小役がハズれるという衝撃は今でも忘れられない。4号機より面白いってどういうことだよって(笑)  RT中にボーナスが成立して音が消えるのもアステカのCTを彷彿とさせて良い。


パチ7編集部
『バーサス』
3連Vや赤7枠内等、予告音が鳴らなければチェリーが無いのでハナビと違って、いろいろな所を狙えるのが一番の理由。1消灯からボーナスがあるのもとても素敵。無駄なゲームが無い。あとは見た目が格好良い。リーチ目も格好良い。BGMも良い。


パチ7編集部
『バーサス』
5号機でリメイクされたアクロス機種は全て4号機でも遊技しているが、4号機より面白いと感じたのはバーサスだけだから。欠点が皆無で文句の言いようが無い。



文字数の関係で大幅に割愛していますが、まとめるのが大変でしたよ、皆さんの愛が溢れ過ぎて……。


ラッシーさんなんて熱く語り過ぎて、気に入らない作品は全て床に叩き付けて破壊する頑固職人のような目をしていましたからね。中でも強く印象に残ったのは「この機種(クラコレ)が無ければ他の機種は無かった」という佐々木さんの発言。この意見には一同、大きく頷いて賛同です。続けてラッシーさんが「まさに始祖鳥ですね」と呟いたのですが、「始祖鳥はアレックス(Archaeopteryx)です」という総ツッコミを受けて一同爆笑。


和やかな雰囲気に包まれましたが実は編集長、本当はこの場でアクロスNO.1機種を決めたかったのだと後から聞かされました。とはいえ、そんなことをしなくて本当に良かったと思います。このテーマで約1時間、面倒臭い人だらけで自分の大好きな機種について語っていたのですから、もしかしたらバトルロワイヤルに発展して怪我人が出てもおかしくありませんでしたよ。アクロスは様々な観点から楽しんで欲しい。編集長の大人な締めの言葉で救急車を手配することなく無事、次のテーマへと移行。

 

 

★アクロス『A PROJECT』 初心者にコレを打って欲しい!


独特な雰囲気を感じさせるアクロスAプロ島。なんとなく難しそう、知識がないと損しそうというオーラを放つアクロスAプロ島。なんとなく敬遠しているアクロスAプロ初心者さんにおすすめしたい逸品を各参加者に選んでいただきました。

 


パチ7編集部
『クランキーセレブレーション』
とりあえず当たる回数が多くないと勉強が出来ないので、一番合算の良い機種を。ボーナス中の目押しの敷居が低いのもとっつきやすい。RTがあれば打つというのは、ノーマルタイプファンじゃない、RT機のファンである。


パチ7編集部
『ハナビ』
上達のステップアップの手ごたえを感じられる機種、という観点では4号機はニューパル、5号機ではハナビになるかな。リーチ目のわかり易さ、技術介入の難易度も丁度良い。設定推測の楽しさを教えることも出来る。段階的に感じられる手応えが、アクロス初心者に最適だと思いますよ。


パチ7編集部
『ハナビ』
他の機種は毎ゲーム小役を狙わなければならない、強迫観念があるかもしれない。それに比べてハナビは小役を取りこぼしにくい印象がありますよね。


パチ7編集部
『ハナビ』
絵柄やBGMのとっつき易さ。現状の設置台数や設定状況を鑑みると、最もオススメしやすい環境にあるのが当機種かなと思う。


パチ7編集部
『ゲッターマウス』
予告音とリールの絡みがわかりやすい。まずは出目と演出の妙を体感して欲しいですね。小役を取りこぼしでも1枚というのもいいね。アクロス初心者の損をしたくないという気持ちもケア出来ている。


パチ7編集部
『バーサス』
ある程度の目押しが出来て、さらにワンランク踏み込んで遊技してみたい「ノーマル初心者」にはピッタリの台ですね。



「初めて打つパチスロがアクロスAプロジェクトであって欲しい」編集長が思わず漏らした呟きに、このトークテーマに込められた真意を見た気がします。


鬼くんを除いてノーマル機しか存在しない時代からパチスロを打ち始めた我々は、6号機時代を担う若いユーザーにこそ、その1打に、1押しに魂を込めて打てるアクロスマシンでパチスロの醍醐味を体感して欲しいのです。アクロスおじさんは若者に優しく、同世代もしくはそれ以上のオッさんに対する目線はメチャメチャ厳しいという意見で全員が一致。


アクロス初心者の若者の皆さん、面倒くさそうなオッさんの隣で首を傾げながらアクロスAプロジェクト機を打ってみてください。やさしさの押し売りをされて、たぶん本当に面倒くさいことになりますから(笑)  

 

 

★どうなる? 6号機のノーマル機


最終テーマは6号機時代のアクロス、そしてノーマル機の行く末について。アクロスの『A PROJECT』は今後どうなるのか、皆さんも気になるところでしょうね。


 


パチ7編集部
色々と制限が多い6号機ノーマルは、擬似ボーナスを使ってノーマルっぽく見せてくるんですかね?


パチ7編集部
絶対にそうなります。やはり北電子が次のジャグラーをどうするかに興味がありますね。AT機にした段階で7を揃える作業が出来なくなります。リーチ目が出た次ゲームのMAXBETで、ファンファーレが鳴って777が揃ったイメージ映像が、液晶画面に映るようなノーマル機になったら、ちょっと打ってみたい(笑)


パチ7編集部
ジャグラーと同じようなシステムの台を作ろうとしたら、どれぐらいまで出来るんですかね?


パチ7編集部
まずビッグの獲得枚数300枚は取れるじゃないか、という話はあるけど、それをやるとベースが上がって、ボーナス確率も落ちる。ジャグラーは2種と混合だから、さらに枚数が下がって、消化まで考えると200枚になっちゃう。そう考えると僕はリラックマの登場を待ちます(笑)


パチ7編集部
そうなるとジャグラーは作れないな、ってなりますよね。当たんないじゃん、ってなっちゃいますよね。


パチ7編集部
メーカーの開発者も6号機の内規になってから目の色を輝かせている、っていう話は聞くけど、そこまで聞いたら逆に「絶対、それノーマルじゃねぇよな」って思っちゃうし。


パチ7編集部
そうっすね、絶対に違いますよね。ホール側も扱いが難しいでしょうし……。


パチ7編集部
我々がパチスロを覚えた頃と環境が違うのは、ホールがパチスロで利益を上げるようになったことなんですよ。1990年代ごろは、パチンコで利益が出ていて、パチスロはトントンで良かった。パチスロで勝ったお金をパチンコで使うといった、ホール内での滞留が出来ていたんですよ。その後、AT機の登場でホールがパチスロで利益を上げるようになってから、ホールもその利益を当てにするようになった。設定が入っていて当たり前の時代から、設定が入っている台を探すようになったんですよね。


パチ7編集部
う~ん、それにしても、擬似ボーナスのノーマル機か……。ま、沖ドキなんだろうけど(苦笑)


パチ7編集部
でも俺、それが出たら打たないまでは言い過ぎにしても、興味は無くなっちゃいますね。


パチ7編集部
出目がしっかりしていれば良いんだけどなぁ。


パチ7編集部
出目はAT機だと難しいよなぁ……。


パチ7編集部
(5号機でも)擬似遊技でリーチ目っぽくするなら、要らねえなって思っていたんですよね。


パチ7編集部
ベルセルクみたいなやつ?


パチ7編集部
ベルセルクって言われても、驚くほどピンと来ないんだけど(笑) サラ番みたいなヤツね。



そう、スペック以上にノーマル好きが気にするのが「出目」の問題。6号機で美しいリーチ目を堪能することは難しいのか? そんな不安が一同の頭をよぎります。



パチ7編集部
僕がアクロスAプロジェクトを好きな理由って、毎ゲーム意味のあるレバーONであることなんですよ。


パチ7編集部
毎ゲーム同じ確率で納得の出来る勝負が出来ているか、「いま引いた感」があるのか、ここを押したからリーチ目になったと勘違いする位の嬉しさ。そういうのが欲しいよね。


パチ7編集部
ちゃんとリーチ目が出りゃ、何でもいいっちゃいいんだけどなあ……。僕らにとって、リーチ目ってAT・ART機液晶に「+300」って出る、みたいなもんですからね。


パチ7編集部
それはあります、そのゲームで引いたフラグを出目で表してくれる訳じゃないですか、その作業をAT機になったら全て潰されちゃうんですよ。実は取りこぼしたベルでリーチ目っぽくしています、って言われても全然しっくり来ない。ボーナスを引いたから、この出目が止まる。そこでリプレイの可能性が無い、ベルの可能性が無い、そうやって潰していっていくのがアクロスやノーマルの楽しみであって、そこを擬似遊技でやられるなら、いっそのこと枚数や確率に目を瞑ってでも普通のノーマル機を打ちたいですね。


パチ7編集部
こういう話をすると同じ締めになっちゃうけど「メーカーさんに期待」ってなっちゃいますよね。


パチ7編集部
後はそれこそ、厳し過ぎる内規を緩和して欲しいですね。


パチ7編集部
ノーマルは別軸にしてほしいですよね、アレ。ノーマル用の内規を作って欲しいです。


パチ7編集部
「ただし、ノーマルを除く」という注釈を付けて(笑)


パチ7編集部
メチャメチャ心強いじゃん、それ(笑)!



ノーマルファンが憂いている、6号機時代のパチスロシーン。市場を見渡す限り、我々の声は決して大きなものでは無いかも知れない。だがしかし、アクロスAプロジェクトが認知されたことによって、ホールがノーマル機でも集客に期待できるという認識に変化したことが最も大きい。その佐々木さんの言葉にはアクロスファンとして以上に、ノーマル機ファンとしての熱い想いが込められていました。

 

 

★アクロス『A PROJECT』 に期待する次作。


パチ7編集部
では最後に。皆さんが今後、アクロスの『A PROJECT』で出して欲しいなと思う機種を上げてください。6号機の内規うんぬんは置いといて。では、まずは佐々木さんから。


パチ7編集部
フローズンナイツですね。リーチ目マシンとしても楽しめる、ペンギンというキャラクターを用いたファンシー路線で初心者にも勧め易い台に仕上がれば、一石を投じられるのではないかな、と。


パチ7編集部
僕もフローズンナイツです。当時のユニバーサルの7図柄ってシャープで素晴らしいんですけど、それがさらに凍り付いていてメチャメチャカッコ良いんですよ。あの7を揃えたいです。


パチ7編集部
自分は4号機時代のユニバを知らないので、出てくるものを楽しみたいです。打ちながら過去を知っている人たちの話を聞いてみたいです。


パチ7編集部
花火百景の後継機『花火絶景』をずっと楽しみにしていたんですよね。百景の演出が大好きだったので。あの演出を今の綺麗な液晶画面で再現して欲しい。でも、リメイクでは無い新しいアクロスも打ちたい。『紫ドン』みたいな(笑)


パチ7編集部
自分がパチスロを始めて最初に打ち込んだのが『ドンチャン2』なんですよ。だからドン2は出て欲しいなと、だいぶ前から思っていました。青、赤、緑が出たのにドン2の要素が無いな、と感じていたので。複合役が無いにせよ、あの配列で打ちたいな、と。あとは『レッツ』ですかね、自分は世代的に打ったことは無いんですけど、好みっぽい配列の台なので。


パチ7編集部
僕の場合ゲッタマは4号機では打っていないのに、それでもガッツリ楽しめた。アクロスだったら何でもいいや、って思っちゃいます(笑)  思い入れのある機種は多いんですけどね、ドン2やオオハナビとか。ま、アクロスさん信じています、って感じです。



……と、ここまでは順当にかつてのユニバ(アルゼ)機種の名が挙がっていたものの、佐々木さんのひょんな一言から会場は一気にヒートアップ。狂乱のラストが待ち受けております。



パチ7編集部
もうね、他のメーカーがノーマル出さないんなら『スーパースター○○○』とか、アクロスから出しちゃえばいいんだよ。


パチ7編集部
だーっ!! わかるっ!! アクロスで出してっ!!


パチ7編集部
○○とかも、もう諦めて欲しい。諦めてアクロスにお願いして欲しい、作るのを。


パチ7編集部
○○○○○とか、出さないんだったらアクロスから出して欲しい。


パチ7編集部
ちょっと支援させて欲しいまでありますよ、パチ7からお金ちょっと出しますからって(笑)  僕の○○○○○を返せ、って言いたくなりますよ……。諦めたメーカーさんはアクロスに権利的なものを譲ってほしいですね、ホントに。悪いようにはしないから(笑)



編集長から書いていいよと言われましたよ、確かに。しかも、これが締めのトークなので書かない訳にもいきませんよ。でもね、伏せ字にしなきゃ無理だっつーの! そんなこんなで諦めたメーカーはアクロスに、という暴力的な意見が決まり手となり、座談会は無事に終了でございます。

 

 

★アクロス『A PROJECT』 座談会のまとめ

アクロスの凄さを改めて感じた。若い子が打つようになったのはうれしい。アクロスは機種に対する愛が凄い。初代を作った人間は、ほぼメーカーにはいない。


それなのに、ここまでのクオリティーの台を作れてしまうのが凄い。今回の座談会の中で頻繁に飛び出したのは「世代」に関する話題でした。そう、我々はパチスロの初期衝動であり、原点とも言うべき、リーチ目でフラグ成立を察知した時の喜びや、目押しが上達してパチスロが楽しくなっていく過程を、アクロスマシンを通じて若者たちに伝えたいのです。


アメリカーナ、トロピ、センチュリー、ファイアー、リバティベル、コンチシリーズ、コンドル。0号機時代から脈々と受け継がれたユニバマシンの伝統は5号機にも継承され、今もファンを魅了し続けているのです。液晶や押し順ナビが無くても、パチスロはこんなにも面白い。今回、ここに集まった我々が皆様にお伝えしたかったのは、実はそんな単純なことなのだろう。


そして、6号機時代よりも遥か先の未来で「俺、初めて打ったパチスロはアクロスの台なんだよね」といった会話で盛り上がるパチスロユーザー達の姿を思い描いていたのは、間違いなく私だけでは無いはずだ。そう、我々がアクロスに期待しているのは明るい未来なのだから。

 

▲敬礼!



 




(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


 

前の記事 記事一覧 次の記事

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(8 件)

プロフィール画像
貯金爆弾
投稿日:2018/10/24
全体的に楽しく読ませて頂きました。

にしても個人的ワンツーであるB-MAXとサンダーV、ここですら存在感薄くてワロタw

それと他メーカー台もアクロスで……という話、愛しの「キングジャック」がアレすぎたので同意できませんw
プロフィール画像
ガラム
投稿日:2018/10/24
6号機のノーマルタイプの出来によっては、スロット打たなくてもいいやってなりますね。

ライツだけは再現してほしいんですけど…
プロフィール画像
*Luna*
投稿日:2018/10/24
ずーっと話してられるんだろうなって思わせられる座談会でした(笑)
ノーマル機に、ちょっと興味を持ったかも♪
このメンバーが隣で一緒にノーマル打ってくれる券、販売してください‹‹\(´ω` )/››
プロフィール画像
*Luna*
投稿日:2018/10/24
ずーっと話してられるんだろうなって思わせられる座談会でした(笑)
ノーマル機に、ちょっと興味を持ったかも♪
このメンバーが隣で一緒にノーマル打ってくれる券、販売してください‹‹\(´ω` )/››
プロフィール画像
パチ7編集長
投稿日:2018/10/24
FLEAさん
そりゃ行きますって(笑) 俺のキュ◯◯◯を返せ!
プロフィール画像
パチ7編集長
投稿日:2018/10/24
銀チャさん
カタギリさん、死にそうになってました(笑)
プロフィール画像
FLEA
投稿日:2018/10/24
このあとこの面子で絶対打ち上げ行ったでしょ(笑)

みんな同じ事、考えてんだよなぁって分かって嬉しかったです。 
忖度JAPANでしがらみやらなんやらと昔みたく言いたい放題出来ないとこは恐らくオフレコとなった…

って、〆でやっちゃってんじゃん‼️
いや~パチ7、大好き!
プロフィール画像
銀チャ
投稿日:2018/10/24
これ、読んでよかったなぁ。って素直に喜べました。座談会って色々なお話出るからまとめるの大変とは思うんですが、月一くらいでやって欲しいなぁなんて思います。

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • 第一プラザグループホル調

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチポイント_パチ7スロッコ

  • パチ7 インタビューウィズスロッター