パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 全国パチンコパチスロホール店長インタビュー
  4. 「暗黒時代を乗り越えた中小ホール(321台)」:BBステーション田沼

全国パチンコパチスロホール店長インタビュー

全国パチンコパチスロホール店長インタビュー

2018.04.11

「暗黒時代を乗り越えた中小ホール(321台)」:BBステーション田沼

パチ7編集長 パチ7編集長   全国パチンコパチスロホール店長インタビュー


こんにちはこんばんは、編集長でございます。

いえね、前から思っていたんですよ。我々メディアもそうですし、ユーザーの皆様もそう。パチンコホールのこと、ホール店長のこと、分かっているようで分かっていませんよね?

まぁ分かっていなくても別にいいっちゃいいのですが……あいや! ダメですよ! 貴重なお金と時間を使って遊ぶわけですから、店舗側のことを知った上での方がいいに決まっています。店長の考えとか分かっていた方が、お店の魅力とかも分かりやすくなりますし、店舗選択の指標になるはずです。こういうお店は頑張っている、とかここを手抜きのホールはダメだ、とか分かってくるかも。

そもそも店長さんってパチンコパチスロを愛しているのだろうか? ユーザーのことをどう思っているのだろうか? 店長とはいえ、同じパチ偏愛傾向のホモ・サピエンスのはずですからね。どんなこと考えてるんだろう、そんなことが気になっちゃうわけです。

というわけで『ホール店長インタビュー企画』を始めます。

全国の出玉で頑張っているホールさん、個性的なホールさん、トリッキーなことをする店長さんナドナド。インタビューさせて頂きます。インタビュアーはその時々によって変わりますよ。

 

 

BBステーション田沼店

▲ネオンが眩しい麗しの外観

店名:BBステーション田沼
場所:栃木県佐野市
台数:P210台/S111台/合計321台

はい。小型寄りの中型ホールさんですね。系列店は他に2店舗。外観をご覧頂ければお分かり頂けるように、かなり古いホールさん。個人的にはこういうホールさん大好きです。
 

▲運営会社は株式会社大善

創業1970年。パチンコパチスロホール運営をメインに約50年。なかなかに歴史のある老舗さん。本社は東京都千代田区麹町にあるそうです。現在の運営ホールは「BBステーション田沼、日暮里、佐野」の3店舗。

はい。とてもとてもなんとなく企業情報まで載せてみました。ホール企業さんって、意外なほど他業種もやられていることが多いのですが、大善さんはパチンコパチスロホール運営のみですね。うん、これが確認したかったんです。


なぜこの店長さんに話を聞いたか、と言いますと、以前別件でお邪魔した際に『志を持ちながら、楽しんで仕事をしている』という風に見えたからです。かっこよく言えばね。

では長くなりましたが、店長インタビューをお楽しみ下さい!

 

 

お相手『店長さん+本社係長さん』

▲あー、うん(笑) という服装の店長さん

杉村店長38歳。大学院卒業後、BBステーション入社。以来、一筋14年。大学からパチンコ漬けの日々を送る。爆裂4号機時代のガセイベに踊らされるピュアさが仇となり、少し人生が狂う。好きな機種は『海3R』『マジハロ5、ツインエンジェル2』

 

▲左にちらっといらっしゃるO係長

O係長32歳。前職は友人と経営していたパチスロ居酒屋。光の速さで店じまいをした後、BB一筋14年。杉村店長とはほぼ同期。若かりし頃は年収1000万オーバーのスロッター。しかしエマに恋して、ハイビを見る代償として貯金を全放出した。7000Gで初当たりナシという驚異の経験を持つ。好きな機種は『ビッグシオ、ハードボイルド』

 

えーと、あの、プロフィールから突っ込みどころが満載で胃もたれしそうなんですが、勇気をもってお話を伺っていきますね。まず杉村店長。大学院卒ってことは何らかの修士号をお持ちですよね?  他に就活した分野はないんですか?
 

パチ7編集部
大学からどっぷりとパチンコの虜になっていましたからね。基本はパチンコ系のみです。ホール以外はメーカーさんの面接行ったりしましたよ。サミーさんとかオリンピアさんとか。その頃は全然知識とか無くて、オリンピアさんの面接なのに、平和の不二子2をどれだけ愛しているかアピールしたら落ちました(笑)

すっごく失礼な言い方ですが、見た目を裏切らない『うっかり屋さん』してますね(笑)  ちなみにその格好には絶対に突っ込みませんよ!  で、問題はO係長ですよ。7000Gで初当たりナシとか生まれて初めて聞きました。とはいえ、その前に。係長という立ち位置で担う役割って何でしょうか?
 

パチ7編集部
簡単に言っちゃうと『現場と本社の橋渡し役』になりますね。企画、バックアップ部門です。今は杉村店長と一緒に田沼のテコ入れをしている、という感じですね。ちなみに僕、沖スロが大好きで大好きで。それがあって、この会社に入ったというのもあるんですよ(笑)

もしかしていきなり遺憾系の話ですか(笑)  まぁ確かにBBさんと言えば、というところはありますよね。当時の池袋とか渋谷とか。しかし、年収1000万オーバーは凄い。今で言う軍団の走りだったのかも知れませんね。なんかキャラが異なるお二人に見えるんですが、同期ということもあって、補い合っているという関係性なんでしょう。

 

 

BBステーション暗黒時代

遺憾系の話が出ましたので、大変失礼とは思いながら、聞かせて頂きたいお話があります。BBステーションさん、店舗数激減して、稼働もぶっ飛んでいた時期ってありますよね? 恐らく遺憾系が姿を消した後だと思うんですが……。
 

パチ7編集部
仰る通り。一時期酷い時代がありました。それこそ暗黒時代です。全てが粗利重視で。来てくれたお客様から抜くことしか考えていない。極端に言うとそんな時代です。お客様には大変申し訳なく思いますし、働いている我々もかなりしんどかったんです…。俺らは大好きなパチンコパチスロで一体何をやっているんだって。

嗚呼…。会社存続のために致し方が無い面があるにしても、まさに地獄ですね。で、同時に思うことがあります。日暮里店さんでもホル調をやらせて頂いておりますが、今現在、凄く良いお店じゃないですか?  もちろん田沼さんも。お店の規模から考えたら、ちょっと驚くほど還元姿勢だなって。激変してますよね?
 

パチ7編集部
変えたんです。横にいるO係長が。社長、常務にゴリゴリの直談判をしてくれたんです。こんなやり方じゃ、5年後10年後に絶対会社は無くなる。現場を見てくれって。特攻隊長として我々の代弁をしてくれた感じですね。そこからガラッと変わりました。大袈裟かもしれませんが、世界が変わりました。稼働最重視という方針に変わったんです。店長としての仕事が楽しくなったのは、明らかにここからです。

おおぅ。O係長……なんかウェーイな感じなのに、滅茶苦茶かっこいいじゃないですか。直談判して失敗したらクビになる、とかそういう怖さはなかったんですか?
 

パチ7編集部
まぁその可能性はあったかと思いますが、それでクビになるくらいの会社だったら、こっちからお断りだ、という想いだったかなぁ。でも、結構勢いとノリで突撃しました(笑)  もちろん準備はちゃんとしましたけどね。やっぱりパチンコパチスロを愛しているという気持ちは裏切りたくないですし、ユーザー目線を忘れずに物事を見ると、当時の会社は裏切り続けてましたから。なんとしても変えたかったですね。隣の杉村ともよく話をするんですが、やっぱり『自分がユーザーとして行きたいホール』にしたいんですよ。

なんかかっこ良すぎて、嫌な気持ちになってきましたので、次のお話に行きましょう(笑)

 

 

まっさらな新台は買いません。

では次に中小ならではの部分をお聞かせ頂きたく。まずは苦労されている点に関してお願い致します。
 

パチ7編集部
やはり色々なものに制限がある、という点ですね。工夫や知恵が必要になります。建物も古ければ、設備も古いですから。まぁ壊れます(笑)  こういうのをイチイチ悲観的に見ちゃうと、際限がないんですよ。故障とか修理を楽しめるようになると、ほんと、店舗や設備に対して愛が生まれるんです。そうなると、苦労ではなくなっちゃいますね。ちなみに天井の補修には『サランラップ』が最適です。その防水性、軽さは素晴らしいです。
 

▲サランラップこそ至高


ほぼ全てがDIYなんですね。そんなにサランラップを熱く語られるとは思いませんでしたよ。本来の用途じゃないのに(笑)  それ以外に何かありますか?
 

パチ7編集部
メーカーさんとか業者との関係性もありますね。やっぱり大手さんを優先しますからね。購入ロットとか頻度がどうしても低くなるので、当たり前なんですが……。段々と来てくれなくなって、電話になって、電話もなくなって。たまに、BBステーションをDステーションさんと勘違いして、途中まで凄く良い対応してくれる会社さんもいますよ(笑)

まぁ限られたリソースの中でやらなきゃなので、お得意さんを優先せざるを得ないですよね。幸チャレのひげ紳士さんも「カタログすら来ない」って言ってましたから(笑)  もうひとつ、新台購入に関してはどうお考えですか?

パチ7編集部
まっさらな新台はほぼ買いません。我々にとって稼働が付くかどうか分からない新台購入はリスクが大きすぎるんです。なので、早くても導入から3週間後とかの購入ですね。全国的な稼働を見て、最悪中古で売っても値崩れがなさそうだな、と判断してから買います。大袈裟ですが、それこそ命懸けで新台買ってます(笑)  でもですね、他のホールさんも、もっと新台購入には慎重になった方がいいと思いますよ。だって1台40万円ですよ?
 

 

大手への憧れは?

これもまた失礼な話ではあるのですが、大手で働いてみたい、大型店で店長をやってみたい、という想いはありますか?

 パチ7編集部
大手企業で働きたい、という想いはほぼ無いですね。ただ、大きい店舗でやってみたい、という想いはあります。新台なんかも初週に買っちゃったりして!

パチ7編集部
いやいや、パーソナルシステムと自動補給でしょ?  大手というよりも、設備に憧れます。かっこいいよなぁ。あとは崩落しない天井と膨張しない床への憧れです!

なるほど。お二人、目がランランと輝いて、ちょっと怖いっす(笑)  とはいえお話を聞いていると、BBステーションでのお仕事を本当に楽しんでいらっしゃるようですよね。逆に中小ならではの魅力とか楽しさってどこにあるんでしょうか?

 パチ7編集部
中小で括れるのかは分かりませんが、やはり『裁量』の大きさが一番の魅力です。店舗側でやれる努力の幅が大きいんです。もちろん、それだけ責任も大きいですし、あんまりお金は掛けられませんが(笑)

パチ7編集部
そうですね、権限委譲が大きいのは間違いないですね。あとはお客様との距離が近いというのも個人的には魅力です。表情が見れたり、コミュニケーションを取ったり。なんて言えばいいんだろう、血が通った店舗にしやすいのかな?
 

▲頂いた画像『シロアリ一揆』


『個性は出し方に出ます』

さて、そろそろ話を未来に向けてみようと思います。縮小が続くパチンコ業界ですが、今後はどうなっていくとお考えでしょうか?

パチ7編集部
間違いなく縮小傾向は続いていきますね。ホールも大手か個性があってファンが付いている中小さんしか残らないと思います。中途半端なホールさんが淘汰されていくと考えています。

個性……。最近ホールさんからよく耳にする言葉です。一口に個性と言っても難しいですよね。幸チャレさんなんかは最大の成功例だと思いますが、あそこまでいくと、もはや個性を超えたコンテンツだったりしますしね。BBステーション田沼さんが考える個性について教えて下さい。

パチ7編集部
例えばですね、出玉を出す事自体は個性になり得ないと思っているんですよ。個性が出るのは出玉そのものではなく『出玉の出し方』なんです。単純に出玉ってなると、体力のある大手さんに勝てる訳がないですからね。そういう細かい所の積み重ねが、個性に繋がっていくと思うんです。

O係長、ちょっとかっこよすぎて、どんどん嫌いになって来てるんですが(笑)  でも仰ることは深いところで頷けます。あぁ、この店はパチンコパチスロのこと好きなんだな、研究しているな、というホールは結構分かりますし、そういうお店で打ちたい。

パチ7編集部
あとは、我々がやっていることは、エンタメであることを忘れないでいたいですね。遊び心は意外と重要なことだと思います。
 

▲これもまたエンタメか


出玉の話が出たので。BBステーション田沼さん、意外と、と言うと失礼ですが、認知がありますよね? 取材レポートとかで。若い子とかいわゆる軍団さんとか集まってきちゃいません? 常連さんとの軋轢とか、気になるところです。

パチ7編集部
常連さんが一番大事なのは変わりません。ですが、新規のお客様も取り込んでいかないと、先はありません。ですので、ウチは公平性に拘っています。誰が来ても、どの台に座ってもチャンスは平等になるように心掛けています。パチスロが上手いお客様の裏をかくようなことをしてみたり(笑)  悪さをしてしまうお客様には、徹底して対応しています。不正に対してはそれこそ命懸けです。

こういう姿勢や対応も私は立派な個性だと思います。クチで言うのは簡単ですが、徹底することは本当に大変。なんか軽い言い方になっちゃいますが、こういうホールさんには元気でいて欲しい。私は心からそう思います。



聞いてみるとですね、BBステーション田沼さん、13ヶ月連続昨年対比で稼働が上がり続けているそうです。まさに努力の結実を見るようです。まぁ売上、粗利などの実情は分かりませんが(笑)  暗黒時代を乗り越え、個性を生み出すために不断の努力を行う。本当に素敵なホールさんだと思います。

同時に思うのは、O係長という存在の大きさ。第一プラザさんのインタビュー(カフェてんちょさん)でも明らかのように、本社と現場の橋渡し役に彼らのようなクレバーで腹の座りが良い方がいること。これはデカイと思います。努力の方向が見えない、努力したくても許可が得られない、なんてことは往々にしてあるはず。……なんかO係長持ち上げ過ぎだな(笑)  

 

 

まとめ的なもの

・粗利重視の暗黒時代を自力解除!
・苦労を楽しむ姿勢!
・出玉の出し方にこそ個性が出る!

はい、いかがでしたでしょうか? 第1回店長インタビューBBステーション田沼さん。

楽しそうに苦労をするお二人を少しでも皆様に感じで頂ければ、書き手冥利に尽きます。うん、やっぱりですね、パチンコパチスロを愛している店長さんの話は楽しいんです。でも普段それってなかなか分からないですし、伝わらないですよね。

もし中小というだけで、選択肢から除外していらっしゃる方、中小でも頑張っている良いホールはあるということを頭の片隅に置いて頂ければ。あ、決して大手さんを否定している訳ではありません。打ち手として、個性のある店舗さんが選択肢にある、というのは嬉しいことだと思うんですよね。


さって、次はどの店長に話を伺いましょうかね。

 

 

お暇ならYouTubeチャンネルも!

youtubeチャンネルも開設されたそうです。なんかよく分からんですが、逆さになってパチスロ打ってたりするみたいです(笑)

あ、あと最後に情報を。4月13日(金)にリニューアルオープンされるそうですよ。しかも18時開店。なんでもエリア最低だった台間の狭さが改善されるそうです(笑)  それがために設置台数が111台から110台に減るようです。

BB田沼さんのリニューアルとなれば、ちゅんげーリサーチですよ! 13日(金)、14日(土)の2日連続で調査します。14日(土)には天草ヤスヲ氏も実戦予定ですので、気になった方、ちょっと遠くとも行ってみては?  大体、都内からですと、車で1時間~1時間30分くらいかと。
 

▲過去レポートはコチラから!

前の記事 記事一覧 次の記事

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(2 件)

プロフィール画像
久兵衛
投稿日:2018/04/11
車でも行き易くなりましたよね。
田沼ICを降りて北にちょっと行くだけで着きますし。

お爺ちゃんお婆ちゃんが多いので遊びに行くと偶に飴を頂けますよ(笑
プロフィール画像
引退詐欺師の黒熊
投稿日:2018/04/11

( ˘ω˘ ) ふーむ……
数年後が楽しみです( ˘ω˘ )

パチ7編集長
代表作:ゆる調

パチ7の編集長やっています。1978年生まれ。嫁と息子一人ずつ。スロ歴18年パチは苦手。歴代好きな機種は「花火、ホロQ、キュロゴス、初代ルパン」など。どうぞよろしくお願いします。

  • twitter

 


その他のコンテンツもチェック!
 

▲他の記事系コンテンツはコチラ!

▲無料で読めるパチンコパチスロWEB漫画

▲パチ7からのお知らせ情報など

▲無料で見れるパチンコパチスロ動画

▲ユーザーさん投稿が集まるコミュニティ


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • ホル調特別枠

  • ホル調特別枠

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • ぱちんこウルトラセブン2 特大バナー

  • カツ丼コラボT