パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  • 鬼若弁慶


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~
  4. 【2017年パチンコ座談会】2017年は豊作の年だった!

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

2018.02.10

【2017年パチンコ座談会】2017年は豊作の年だった!

せせりくん(パチ7編集部) せせりくん(パチ7編集部)   ゆる調~パチンコパチスロゆるゆる調査隊~

▲7人で座談会を実施!

2018年某日、パチンコ好きパチ7ライター5名と編集部員のせかいああば、せせりくんの合計7名で座談会を実施しました。

トークテーマは
①2017年パチ7パチンコMVP機種の「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」について語る
②個人的イチオシ機種を語る
③2017年を一文字で表すと?
④2018年に導入する機種で期待するメーカーさんについて語る
⑤規則改正に関する意見交換
の大きく分けて5つのテーマで語りました。

やはりパチンコ好きが集まったということがあり、話は白熱! まずは参加者紹介から参りましょう!


 


参加者紹介

梅木さんはガチ勢、カタギリさんはホール勢、ピノコさんはライト女性ユーザー勢、ティムタムさんは珍古勢、くりくり。さんはアナログ・イロモノ勢、ああばさんとせせりはオールマイティ勢という、個性的な7人を集めました!

このメンバーでどんな会話が繰り広げられるのか、乞うご期待!

 


①MVP機種「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」の面白いところ

▲見事パチ7パチンコMVPに輝いた「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」

約1/199という初当り確率の軽さ・連チャン性能が良い!

パチ7編集部
「スペックを工夫して連チャン率を実質80%にしているところや、演出面もいいですし、まだ見たことないですけど、Vストックやエクスドライブ(保留連濃厚演出)が楽しそうだというところが魅力的でした。」

 

パチ7編集部
「あれはめっちゃ楽しいところですね。」
 

パチ7編集部
「自分が経験していないのに(隣がVストックしているの見てて)すごい楽しくなりますね。ライトミドルという遊びやすさもいいですよね。ただ、ハマリが深い台をよく見かけるのでそれが…(笑)」
 

パチ7編集部 パチ7編集部
「それは確率だから仕方ない(笑)」
 

パチ7編集部
「そういや、せせりくんこの前めちゃくちゃハマってたよね?」
 

パチ7編集部
「僕はこの前1600回転1人でハメましたねー。でも、パワパチというアプリを入れてデータを記録すると累計の初当り確率が見られるんですが、大体1/199ぐらいになってますね。」
 

パチ7編集部
「まあ、ハマリはどうしても発生することがあるし仕方ないですよねぇ…。」


  

視覚・聴覚・触覚全てで楽しめる

パチ7編集部
「全体的にダラダラしてなくてテンポがいいですね。あとは視覚(ビジュアル)、聴覚(サウンド)、触覚(レバブル演出)が刺激されて楽しめるところが、スペックを含めてパチンコの面白さ、気持ち良さを追求できていて完成度が高い機械だと思います。」

 

パチ7編集部
「他の方と意見は似ていますが、豊富な法則性があるところや、演出バランスが良いですよね。最終決戦が1回転1回転期待度が見える状態であるところ、シンフォギアチャンス中もモードを好きに選べて1回転を楽しめるところが素晴らしい。似たようなスペックの機械はあるけども、魅せ方が一番うまい機種だと思っています。」
 

パチ7編集部 パチ7編集部 パチ7編集部 パチ7編集部
「うんうん」

 

コンテンツとのマッチング

パチ7編集部
「コンテンツとの相性が抜群で、アニメの唄いながら闘うというスタイルをパチンコにも採用しているし、歌っていうのはパチンコ打つ時に重要になる部分となるので、パチンコになるべくしたアニメだなって思いましたね。」
 

パチ7編集部
「もしかしたらアニメの制作がサテライトさん(SANKYOさんの非連結子会社)なので、パチンコ化を視野に入れて作られたアニメかもしれませんね。」
 

パチ7編集部
「確かにそれはあるかも!」
 

パチ7編集部
「僕が原作とのマッチングで言いたいのが、最終決戦以外の演出での敵が全てノイズという、敵だとはっきりと分かるビジュアルのモノと戦うんですよね。だから、アニメを知らなくても分かりやすくて世界観に入り込みやすいところですね。」
 

パチ7編集部パチ7編集部
「あーなるほど。確かにそれはいい。」

 

★まとめ

良いところ 悪いところ
規制の中で
上手く高継続機を出したところ
派手な演出と
信頼度が合わないところがある
最終決戦、シンフォギアチャンスの
魅せ方が抜群
アタッカーまでの距離が遠い
(捻り打ちが決まりにくい)
楽曲の使い方や効果音が素晴らしい 台数が多くないので
お店の扱いが悪くなりがち
コンテンツとのマッチが抜群 役モノの迫力が物足りない
遊びやすいスペック  
Vストック等の保留連演出が
そこそこ来るので楽しい
 
リーチは明確に敵と分かるような作りで
初見でも理解しやすい
 

スペック面、演出面などでの皆さんの評価が高い結果となりました。一方、悪い部分で、演出が派手過ぎる部分、ガチ勢目線の部分、役モノ部分でお三方から意見が出ました。
 

パチ7編集部
「とてもアツそうに見える金系演出などが、50%程度の信頼度でよくハズすところが初めて打つ人には優しくないですね…。」

 

パチ7編集部
「アタッカーの位置が悪くて…。あとは導入台数がまどマギと比べて少ない点もあって、お店の力の入れ具合的に遊びにくいところがありましたね。だから、『まどマギ』が無ければシンフォギアを推してたと思います。」

パチ7編集部
「役モノ部分が物足りなかったですね。SANKYOさんと言えば、『ガンダム』等のメカ系機種の役モノに迫力があっていいんですが、この機種はそれが足りないなーっていうのが。『アクエリオン』の役モノには感動したんですけど…。」

色々な視点での意見があってなるほど…ってなりました。

続いては、各人の1位に選定した推し機種について語っていきます!


 


②イチ推しピックアップ機種

3位までに選んだ機種を皆さんにプレゼンしていただきました。『ぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ』、『ぱちんこGANTZ』などのをメジャー機種を推す方もいましたが、その中でも、比較的にマイナーな機種をピックアップしたいと思います。
 

CR GoGoピラミッド

▲釘が579本使われている圧巻の見た目!

パチ7編集部
「梅木さんは何故2位に『GoGoピラミッド』を入れたんですか?」
 

パチ7編集部
「昨今ではないような機種ですし、使えるお店もありましたし。」

 

パチ7編集部
「使えるお店はやめておいた方がいいんじゃ(笑)」
 

パチ7編集部
「優しいお店がね…」



一同「(笑)」
 

パチ7編集部
「正直1位でもよかったぐらいですね。で、羽根モノとかのアナログ機で言うと、『トキオ』シリーズは玉の行方を見れるからいいけど、Vに入るタイミングが早い機種が割とあるからあんまり好きじゃなくて。その点、『GoGoピラミッド』は玉の行方を演出として取り入れているところがすごく良いですね。」

 

パチ7編集部
「でも、梅木さんのようなプロの方は時間が短い方がいいんじゃないんですか?」
 

パチ7編集部
「そういう目線で言ったらテンポが早い方がいいです。でも、今回ランキングに入れた点で言うと、パチンコを楽しみたいという部分があるので、そのバランスを考えると『GoGoピラミッド』はちょうど良かったですね。」

 

パチ7編集部
「すぐV入賞が決まる機種は心臓が一瞬でギュッてなるところが良くないですか?」
 

パチ7編集部
「『GoGoピラミッド』は一瞬で決まる時もあるし、頑張って滞在する時もあるからいいんですよね。だから、勝てる勝てないという要素+冒険心というところを踏まえてランキング付けをさせていただきました。」



 

CR Another

▲アナログ抽選のVチャレンジは50%で大当り!

パチ7編集部
「カタギリさん、1位に入れていただいている『Another』について語っていただけたらと思います。」
 

パチ7編集部
「まず面白いところが、ヘソが中央に無くて、盤面左側にあるところなんですよね。プレイヤーはまず中心を見ると思うんですけど、それでヘソって呼ばれている訳で。『Another』は大体左乳首ぐらいの位置にあると(笑)。で、真ん中に何があるの?って言うとアナログ抽選に使う回転体。そこの抽選になると50%でV入賞となる激アツ演出なので、メーカーさんはそこに注目させたいという意図があってのことだと思うんですよね。」
 

パチ7編集部
「Vチャレンジになると、目で見えて50%でV入賞となって大当りするのがいいですよね。」
 

パチ7編集部
「そうそう。当たり穴2つとハズレ穴2つで50%のガチ抽選。通常時はVに入れば大当りだし、連チャンモード中は15R+モード継続になるという。目で見て当たりハズレがアナログで分かるという部分が、非常に気持ちいい部分ですね。というところでダントツの1位。」

(みんなでVチャレンジの動画をチェック)
 

パチ7編集部
「Vに入った時の音が気持ちいいんですよね。」
 

パチ7編集部
「気持ちいい瞬間が分かりやすいのはいいですよね。(Vチャレンジ発生時に)グッと力を入れて解放されるっていう瞬間が分かりやすいっていう。」

 

パチ7編集部
「そうそう。」
 

パチ7編集部
「候補はたくさんあったけど、自分もこの機種に入れるかめっちゃ悩んだぐらい楽しかったですね。」

 

CR中川翔子〜アニソンは世界をつなぐ〜

▲しょこたんワールド全開で面白い!

パチ7編集部
「くりくり。さん、このメンバーの中で誰も選ばなかった『中川翔子』について語っていただけたらと思います。」
 

パチ7編集部
「2017年でパチンコを打って、気持ちいいな、とか楽しいなって思ったのは本当に『中川翔子』で。」
 

パチ7編集部
「しょこたん自体は好きなの?」
 

パチ7編集部
「いや、そこまで…。適度にふざけてる演出が好きなんですよね。」
 

パチ7編集部
「『おぼっちゃまくん』的な感じ?」
 

パチ7編集部
「いや、そこまでのおふざけ感はないんですけど…。保留変化とかもモンスターを倒すとLvが上がって色がランクアップするっていう。Lv50になっても緑保留なんですけど…(笑)。あとは、リーチがしょこたんの現実世界と妄想世界のが混ざったリーチがあって、ハズれてもふふって笑えるような内容になってて。」
 

パチ7編集部
「なるほど。『渡る世間は鬼ばかり』とかもそうですよね。ちょっとふざけてる系のパチンコって癒し効果があるというか。」

 

パチ7編集部
「僕、この機種打ったことないんですけど、近所にやっと導入があったぐらいで。曲って空色デイズとかあるのかな?」
 

パチ7編集部
「ありますよ。通常時は最強リーチにもなってますし。あと、カバー曲の選曲も良くて、みんなが知ってる幽☆幽☆白書の微笑みの爆弾とかがあったり。」
 

パチ7編集部
「それはいいね。打ちたい。」
 

パチ7編集部
「あと、アニソンのリーチかかった時に、タイトルのフォントが原作アニメに似せたっぽいところがあって、そういうところにこだわりがあるところが良いですね。」
 

パチ7編集部
「そもそもしょこたん嫌いな人とか居ないですよね。今まで色々な女性アーティストの歌パチってありましたけど、割とアクが強くて緊張感がある方とのタイアップが多かったじゃないですか。それがしょこたんだとゆるい感じだからいいですよね。」

 

パチ7編集部
「大物だと変にいじれないっていうのがあるから、しょこたんのゆるさ加減はいいですね。撮り下ろしもたくさんあって協力的ですし。」
 

パチ7編集部
「個人的には、基本リーチはアニメで展開するんですけど、楽曲系リーチに行ったら信頼度70%以上あるところが面白いなって思うところですね。空色デイズは当たればRUSH濃厚ですし。」
 

パチ7編集部
「そういうバランス俺めっちゃ好きなやつだわ〜」

 


③2017年のパチンコを一文字で表すと?

2017年のパチンコを一文字で表したら?というお題で皆さんに発表してもらいました。皆さんしっくりくる一文字を出してくださいました!

 

パチ7編集部
「メーカーさんもユーザー側も、生き残りをかけたという意味で『生』にしました。冒険した機種が多く、勝負を賭けているという意気込みをメーカーさんからは感じましたし、ユーザー側もパブリックコメントが多数寄せられていたことから、危機感を感じたのではないか、ということでこの一文字で1年を表しました。」

 

パチ7編集部
「初っ端からMAX機の撤去があったということで不安から始まった1年でした。ユーザーさんからの不満や、業界的に見れば不況、この先の不透明感があったり。あとは、『北斗7』や『牙狼 翔』といったメインになりうる機種がパッとしなかった部分もあり、主役不在という意味でも否定的な意味で『不』にしました。プラスな意味合いでは、頑張っていかなければということで、不撓不屈という四字熟語に絡む漢字で選んだっていう理由もあります。」
 

パチ7編集部
「『魅』はまず、『仕事人IV』など、筐体がすごい機種が多く出たので魅力的で楽しそうな雰囲気で魅了されたのと、規制の中でいかに魅せられるか、というところをメーカーさんがそれぞれ工夫をして、魅力的な機種を出していたように感じたので選びました。漢字的にも、鬼に未という文字を書くので、鬼(厳しい時代)に立ち向かって、メーカーさんが未曾有の、未体験な新しい機械を提供する、というような形がいいな、と思ったので選びました。」

 

パチ7編集部
「『彩』というのは、65%の確変率の規制の中で、出玉面では厳しかった反面、『おそ松さんTHE・DRUM』のように、声優さんの声がメインの台だったり、小当りRUSHや一種二種混合高継続機の普及、『LADY GAGA』などの大物アーティストとのタイアップ機が出たりと、様々な色のある機種が出たので選びました。」
 

パチ7編集部
「『打ち克つ』という意味合いでこの一文字にしました。様々な規制の克服という意味合いと、台数が多い機種の稼働が奮わずに、『シンフォギア』などの機種の稼働が良かった部分から、下克上という意味合いがあります。」
 

パチ7編集部
「新基準機というところで、いかにメーカーさんが面白い機種を作ってきたかという部分に焦点を当てて『新』にしました。不安も色々あったとは思いますが、小当りRUSH、高継続機というスペック面、筐体や演出の新しさという演出面などで、新しい面白さを見出すっていうのをメーカーさんが考えていた、というところでこの一文字にしました。」
 

パチ7編集部
「単純に2017年はパチンコが楽しかった、ということでこの『楽』を選びました。2016年は打ち込みたい機種がほぼ無かったんですが、『GANTZ』や『シンフォギア』などの機種が出たことによって、パチンコ楽しい!ということを再確認出来たかな、という1年でした。」

 

2017年の漢字一文字に選ばれたのは…?

▲ピノコさんの『魅』に決定!

2017年を表す一文字は、右キモさんの独断と偏見でピノコさんの『魅』という文字に決定!

理由は漢字の構成の説明がうまい感じだったから、だそうです。皆さん的を射ている意見でしたね。

 


④2018年期待のメーカー

パチ7編集部
「今年期待するメーカーさんとかあります?」
 

パチ7編集部
アムテックスさんですね。羽根モノが好きなので。『トキオスペシャル』がもう適合してるので、今年は他にも羽根モノの新しいのがでるのかな、と。楽しみにしたいなーと思っています。羽根モノ好きは羽根モノに飢えてますから。」
 

パチ7編集部
「自分も羽根モノ好きだから楽しみなんだけど、現状『トキオ』しか出る予定がないから、新しい羽根モノに飢えてるところはある。」
 

パチ7編集部
「『ワニざんす』とかよかったね。」

 

パチ7編集部
「『ワニざんす』めっちゃ好きでした。」
 

パチ7編集部
「最後に出た羽根モノが『サンダードラゴン』でしたもんね。」
 

パチ7編集部
「『サンダードラゴン』も良かったなー。」

(サンダードラゴンの談義が続く)
 

パチ7編集部
「他に期待するメーカーある方いらっしゃいます?」
 

パチ7編集部
「自分は豊丸産業さんですね。新しいことをやってくれるんじゃないかなっていう期待感がありますね。」
 

パチ7編集部
「噂程度ですけど、かつ丼の機種とかガチムチの男の人達が出る機種とかがあるとかないとか。」
 

パチ7編集部
「『SOD』とかも面白かったので期待したいですね。」
 

パチ7編集部
「面白かったですよねー。確かに今年も期待したいですね。」

 

パチ7編集部
「あとは、パチスロで『新世紀エヴァンゲリオン』が出るので、それが出来るならパチンコでも出してくれないかなって。」
 

パチ7編集部
「もうあれですよね、演出を昔の感じに戻してほしい。一応シリーズでクラシックモードとかあったけど、何もクラシックじゃない作りで(笑)。求めてるのはそこじゃない!っていう。」
 

パチ7編集部
「もう演出の分岐が多すぎて、何が起きたらいいか分からないですよね。」
 

パチ7編集部
「ダメですよね。このままの感じだと。」
 

パチ7編集部
「1ライン機を作らず、5ライン固定にして上段4、下段2テンパイが大当り濃厚とかの法則とかがあって、連続予告発生でアツい、みたいなシンプルな作りでいいですよね。」
 

パチ7編集部
「そうそう、それでいい。」
 

パチ7編集部
「他にはいかがですか?」
 

パチ7編集部
京楽産業.さんに期待ですね。復活っていう感じで2017年良かったですからね。新しい試みを持ちつつ、自社のコンテンツも活かしていっていただいて。やっぱりホールの主役になってもらう、お客さんががっつりつくような機種を出してもらいたいという願いがあるので、今は京楽さんなのかなーと。だから期待しています。」
 

パチ7編集部
「『ウルトラセブン2』とか『冬のソナタ』っていう機種が控えているようなので、確かに期待したいですね。」
 

パチ7編集部
「冒険してほしいですよね、やっぱり。当たり障りのない機械だけじゃ面白くないし。」

 

パチ7編集部
「自分はパチスロが強いメーカーさんに頑張ってほしいですね。一泡吹かせてやろうっていう機種を出してほしいところはあります。特に大都技研さんには頑張ってほしいなーと。『吉宗4』はもっとアプローチがうまかったら流行ってたかなって。」
 

パチ7編集部
「パチスロメーカーがパチンコ機出してもホールさんには売れないっていうのが通例みたいで…大々的なプロモーションもしたところで…といった感じみたいです。」
   

パチ7編集部
「守りに入ってしまっているってことですよね。」

 

パチ7編集部
「でも、ユーザーそこまで馬鹿じゃないですよ。面白いのは面白いってちゃんと評価してくれるし。『シンフォギア』とかまさにその事例ですよね。」
 

パチ7編集部
「京楽さんも2016年まで不調だったのが、2017年で『GANTZ』をきっかけに復活した訳ですから、新しいことをやってそれが仮に失敗したとしても、1回で諦めないでほしいですよね。」
 

パチ7編集部
「もしパチスロメーカーさんがパチンコでも売れ筋機種を複数出したらそれはすごい話ですよね。各メーカーさんが新しい、面白い機種を出していただけることに期待したいですね。」

 


⑤規則改正に関して

【型式試験の時間別出玉率】
パチンコ 現行 改正案
1時間 〜300%未満 33.3%〜220%未満
4時間 (新設) 40%〜150%未満
10時間 50%〜200%未満 50%〜133.3%未満
【大当たり出玉の規制強化】
パチンコは上限2400個から1500個に
大当りが最大10Rに
【その他の改正(強制ではない)】
設定の導入(最大6段階)
封入式パチンコへの道筋

2018年2月〜規則改正となりました。簡単に言うと、今後出る機種は投資スピードは緩やかだけども、出玉性能もその分落ちてるよ! っていうことですね。2月より前に適合した機種に関してはこの限りではありません。

また、設定や封入式といったモノは義務化ではなく、つけてもいいよ! という解釈です。

これを踏まえて、論議が開かれました。

 

パチプロの話

パチ7編集部
「プロの方って今後厳しくなるんですか?」

 

パチ7編集部
「独身の方なら大丈夫だと思います。独身だと、月に勝たなければならない額が少なくていいので。」

「打てる時間が限られるモノなので、この出玉規制になると、俗に言う1時間あたりの期待出玉が減って、勝てる額が少なくなってしまいますよね。だから、家族が居る人だと苦しくなるので、副業をしないとやっていけなくなりますね。だから、パチンコが好きな人だけが残ると思うので、プロの全体数は減るかと。」

 



 

封入式・設定の話

パチ7編集部
「封入式とか設定ってどう思いますか?」
 

パチ7編集部
「僕は意味ないと思いますね。結局パチスロと一緒になるから、パチンコの意味ないやんってなっちゃいますね。それは楽しむ方が居るとは思うのでいいんですけど、1000円でたくさん抽選を受けられました、受けられませんでしたっていうのは単純に釘を触れる触れないって部分以外にもあるので。そうなるとよりみんな惑わされるし、お店もアピールできないから僕は反対です。」

 

パチ7編集部
「みなさん反対って感じですか?」

(どちらとも言えないという反応)
 

パチ7編集部
「昔設定があった頃は高設定入れてました?」
 

パチ7編集部
「当時は設定する側に居なかったからアレなんだけど、3段階設定で1が最高設定で、電源立ち上げた時に変えられるっていう。」
 

パチ7編集部
「それは設定差が初当り確率だけですか?」
 

パチ7編集部
「初当り確率だけ。」
 

パチ7編集部
「僕は設定が導入されるってことには未来を感じていて、今まで出来なかった楽しみ方ができるのはないかと。パチスロで言う、高設定濃厚演出っていうのがパチンコで活きてくるのではないかと思うんですよ。」

「例えば、この予告が出やすければ高設定の可能性が高まるって言われたら、当たるか当たらないかという部分以外で演出面を楽しめるのではないかと思ってるんですよね。だから賛成です。」
 

パチ7編集部
「今まで携帯触りながら遊技していた人がそれによってちゃんと画面見て打つようになるかもしれないですよね。」
 

パチ7編集部
「そうそう、画面をちゃんと見た方がいいかもしれないし、ボタンもちゃんと押した方が得かもしれない、っていう部分での期待があります。封入式+設定を導入するとしたら、完全に釘を触れないことで、店によって差が生まれないから、安心感は出てくると思います。」
 

パチ7編集部
「僕はそこは不透明だと思っていて、台のネカセとかでも変わっちゃうんで…。だから、一般の方は一律なはずなのに(回転率に)差が生まれると騙されるんじゃないかと。設定などは期待の面で言うと、無駄玉を出さずに綺麗に止め打ち出来たら高設定濃厚演出が出る可能性があるっていう、技術介入を楽しめるパチンコも生まれたらいいなあとは思いますね。」

 

パチ7編集部
「なるほど。」
 

パチ7編集部
「細かいところまできっちりと決まりが定められるなら、封入式や設定は賛成ではないですけど時代の流れかなーって受け入れますね。」

 

パチ7編集部
「大当り振り分けで高設定にしかない振り分けがあるなら楽しいですけど、昔みたいに初当り確率にしか差がないのであれば、1日打ってパチスロよりも回せないパチンコはあんまり意味ないんじゃないかなって思ってます。あとは、潜伏があった時期が嫌いで、設定が入ると同じようにやめられない状況が出来てしまう可能性があることを考えるとやや反対かなって感じです。」
 

パチ7編集部
「設定があった頃の話で一番有名なのが『CR大工の源さん』。背景にちょっとヒビが入ってたら設定1(最高設定)っていうオカルトが雑誌に載ったりして、常連さん達が話してたりという背景があるので、お客さん同士が楽しめる、一つの楽しみ方としては設定はアリかなと。ただ、○○が出たら高設定! っていう嘘情報が流れてしまうと、設定のせいで変な惑わされ方をする可能性があるので、楽しみ半分ではあるけど不安の方が大きいです。」
 

パチ7編集部
「仮に設定ごとに大当り確率が変わってしまうと、確変中の確変分母の倍率を設定が違っても同じにしないといけないので、ST機だと低設定はものすごい継続率が低くなってしまいますね。あとは、1500発大当りだと1時間に6回当たってしまうと試験的にはアウトになってしまうっていうのが…。」

 

パチ7編集部
「確変機とか一種二種混合機じゃないと厳しくなるでしょうね。」
 

パチ7編集部
「出玉面に関しては、ロングSTとか確変中の分母がめちゃくちゃ重いとか、ラウンド間が長いとかっていう、スピードがものすごい遅い機械が増えちゃうと思いますね。」

 

パチ7編集部
「仕事帰りのサラリーマンとか気軽に打てなくなってしまいますね。」
 

パチ7編集部
「お店的にも厳しいですね。持ち玉がある時間が多くなって投資スピードが緩やかになってしまうので。」
 

パチ7編集部
「お店のことを考えないで、ユーザーの事しか考えてないから厳しいですよね。」



 

こんなパチンコ機が出てほしい!

パチ7編集部
「個人的には、ソーシャルゲームとコラボして、この機種を遊技して○○したらガチャが引けるとかっていう繋がりがほしいですね。あとは、見れた演出動画が保存出来て、SNSにアップ出来るっていう機能が欲しいですね。」
 

パチ7編集部
「画像保存できる台はありましたね。」
 

パチ7編集部
「『龍が如く 見参』ですね! あとは、『神龍物語』っていう、カメラが付いていて、自分の顔が映ったら信頼度UPみたいな遊びゴコロがある機種も過去にはありましたね。」
 

パチ7編集部
「自分は、着席したら他の人と対戦機能が出来たり会話ができたり、みたいな機能があったら面白いとは思いますね。勝ったら電話番号聞ける、とかね。」



一同「(笑)」
 

パチ7編集部
「あとは先ほども言いましたけど、技術介入して楽しむ台が個人的には増えてほしいですね。パチスロは技術介入してもいいけど、パチンコはグレーみたいな風潮が好きじゃないですし。」



 


★まとめ★

最初は盛り上がりが少なかったですが、やはり皆さんパチンコが好きということで、どんどん話が白熱しました。特に、「2018年に期待するメーカー」や「2018年のパチンコ」に関しては一番盛り上がったように思います。

今後、パチンコは業界的には厳しくなるかもしれませんが、話にもあったように、設定が導入されることによって演出の幅が広がったりというようなエンターテインメント性の部分が重要視されていくのではないかな、と個人的には思います。2017年はパチンコが楽しい年だったと思っているので、2018年も希望を捨てないで期待したいところです!

以上、2017年パチンコMVP座談会でした!

 


 
(C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG
(C)2012 綾辻行人・角川書店/「Another」製作委員会


 

前の記事 記事一覧 次の記事

せせりくん(パチ7編集部)
代表作:演出信頼度まとめ

パチンコ大好き編集部員。新機種が出たらとりあえず打ちます。基本的にお金がない養分勢。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • アンケート

  • ホル調特別枠

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • PAAパチンコ大賞