パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  • パチポイント


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 元・ホール店長カタギリのしくじり店長
  4. しくじり店長・第50話『大恩=詰み』

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

元・ホール店長カタギリのしくじり店長

2017.08.09

しくじり店長・第50話『大恩=詰み』

元・店長カタギリ 元・店長カタギリ   元・ホール店長カタギリのしくじり店長

設置機種が5号機のみとなった結果、夕方に入店しても朝イチ台が半数以上。客数の減少に伴いスタッフの影も薄くなった、とあるホールのパチスロコーナーの一角で、私は口の中から魂が飛び出しそうになるのを堪えつつレバーを叩き続けていた。


40、50、60……と、破竹の勢いで伸びていく連チャン数とは裏腹に、しょんぼりと垂れ下がっていくスランプグラフ。そしていよいよ70連チャンを迎えようとする頃には、下皿のメダルはとうとう完全消滅。初代でも経験したことの無い大連チャン中に、まさかまさかの追加投資である。


そう、主に苦い思い出として語られる『北斗の拳2 乱世覇王伝 天覇の章』のメダルが減るRT。私もその苦汁を味わったユーザーの一人である。RTがどれだけ継続しようとも、ボーナスを引けなければ増えていくのは白髪の数だけ。耐え難きを耐えつつ打ち続けた結果、追加投資直後のタイミングを見計らったかのようにRT終了を告げた液晶画面を前に、フルマラソンを完走した直後に「アンタの走り方が気にいらないから」という理由で罰金を請求されたかのような理不尽さを覚えていた。


慣れない手つきで千円札をサンドに投入して、はじめてレバーを叩いたあの日から17年。これじゃ本当にパチスロが終わっちゃうよ、そんな不安を覚えたのは初めてだった。もしもこの先、パチスロを初めて打つ人は、どこに楽しさを見出せるのだろう。そんな心の揺らぎは、より現実味を帯びた心配事へと変化していった。


「このタイミングで業界に戻っても、大丈夫なのかな……」


幸いなことに、転職活動は順調を極めていた。面接を受けた会社、その全てから内定を頂いた私は、 4つの会社のうち、どの扉を選択すれば、よりよい未来が拓けるのだろうかと迷っていた。山奥の郊外店、海に近い巨大パーラー、市街地の老舗ホール、そして商店街のひなびたパチ屋。それぞれの魅力について考えた結果、私の出した答えは最後者の小さなパチンコ店だった。以前にブラリと立ち寄った際に目を奪われた、大勢の遊技客で埋め尽くされた店内。額に汗を浮かべながらも常連らしき年配客と談笑する、ベテランの中年男性スタッフ。下町の商店街に根差した人情あふれるパチンコ店、その熱気と優しさに満ちた空気に触れた記憶が決め手のひとつとなった。


さらに言うならば、待遇面も悪くない。月に8日の休日、夏季・冬季の休暇制度、有給休暇、さらには退職金制度まで。心に不安を抱えたままで働く必要の無い、以前よりも恵まれた条件だ。1日1日に希望の持てる就労環境と言えるだろう。さて、あとは週明けに人材派遣会社に連絡して、自分の選んだ会社を報告しようか。そう考えを決めた、まさにその日の夜である。テーブルの上で震え出した携帯電話のディスプレイに、懐かしい名前が浮き上がった。


ニシヤマ常務。


私が2店舗の責任者を務めた結果、見事に常連客を全滅させた、かつて所属していた会社のナンバー3である。一昨年の正月に私が泥酔した尻拭いとして、20年振りに現場の調整作業を行うハメになったナイスミドルである(※第34話参照)。

「もしもし、お久しぶりです!」

「おおカタギリか、オメーは今、なにやってんだ?」

受話器の向こう側から聞こえてくる、軽妙なトーンの声が懐かしい。

「え~っと、タバコ吸いながらミュージックステーション観てます」

血中にアルコールが走っていらっしゃるハズの元上司に、こちらも思わず軽口を飛ばしてしまう。

「仕事の話だよっ!! ……オメー、いま何やってんだ?」

私のジョークでニシヤマ常務が笑う確率はほぼ50%。失敗すると即座に怒鳴られるのも昔と同じだ。

「現時点では完膚なきまでに無職ですね、何にも仕事してないッス」

「じゃあオメーに会わせたいヤツがいるから、明日の午後1時に高田馬場に来い、着いたら電話しろ」

「あ、ちょ、でも来週から次の仕事を……」

プツッ、ツー、ツー、ツー……

要件さえ伝えたら、もう用は無いぞ。無造作で無愛想な電話の切り方さえも昔と同じだ、と苦笑する。 それにしても何故、ふたたび連絡してくれたのだろう。何度も期待を裏切ることになってしまった、私みたいな男の元に。


その翌日。とある喫茶店のテーブルの上に置かれた3つのアイスコーヒー。私の向かい側の席に並んだ、2つのグラスの右側に座ったニシヤマ常務はニヤニヤと笑いながら私を見つめている。シックな縦縞のスーツに身を包んだ華奢な体型と、白髪交じりオールバック。少し老けたかな、という印象を受けた。そしてもう1名、その隣で青白い顔をして俯いているベテランストーカーのような不気味な中年男性は誰なんだろうか……。

「カタギリ、この人は昔、俺と一緒に仕事していた人なんだわ、言っちゃえばオメーの先輩だわ、な」

……これ、昔のドラマで観た事あるヤツだ、老刑事が犯人を説得して自供を促す流れ。既に頭の中では、エンディングテーマのようなトランペットの曲が流れ始めている。

「この人の会社、いま人手不足なんだわ、で、オメーに手伝って欲しいんだわ、な」

はいっ、終わりました。カタギリさんの就職活動、いまここに終了です。将棋なら詰み、チェスならチェックメイト、パチンコなら全出玉没収、ドラクエならザラキで全滅。かつて散々期待して頂いて、酒もたらふく飲ませてもらったにも関わらず、恩を仇で返し続けた私である。そんな大恩あるニシヤマ常務からの願いを、断れる訳など無い。いや、それよりも、今度こそ彼の期待に応えたい。

「……まぁ、よろしくね」

問題は、新たな上司となるであろうこの男性である。目の前に置かれたアイスコーヒーのグラスに向かって、喪主の挨拶みたいな口調で呟いた言葉が宙に浮いていた。受験票を自宅に忘れてしまって今年もまた20回目の浪人が確定、そんな感じの不幸フェイスの中年男性が役員として名を連ねているその会社、ホントに大丈夫なんでしょうかね……?


その不安は、見事に的中。ニシヤマ常務に紹介されて出会ったこの男性、私が入社して2ヶ月後に「俺、仕事ヤメるね」という別れ話を切り出してきた女子高生のようなメールを一通だけ送りつけてそのまま退社。そのため、今後の話には一切出演しませんのでご了承ください。二人三脚のレースに急遽、欠員が出たのでカタギリ君お願いね、と言われて慌てて出場したら、相方がレース開始直後に足を縛っていたヒモをハサミで切ってその場から逃走。そんな一人ぼっちの小学生みたいな気分を胸に、私の新たなパチンコ店人生はなんとか再開するのでした。


パチスロシーンも、自分の人生も。行く道の先には何が待ち受けているのかわからなくて不安で一杯だけど、暗い顔で俯いて歩いていたら、目の前にある光に気付くことさえできないのだ。前を向いて、自分の足で光を探すために歩き出して行こう。


……そんなファンキーでモンキーでベイビーな青春ソングっぽいことを考えながら、パチンコ店での仕事を再スタートさせた私でしたが、足元を見なければ落とし穴に落ちてしまうのがマイライフ。過去の経験を生かしてその穴を飛び越える訳でもなく、簡単にズッポシ嵌まるのが『しくじり店長』です。 そんな訳で連載50回目を迎えた本作の第三部も、皆さんの反面教師となるダメエピソード満載でお届けいたしますので、パチ屋の開店待ちの最中に抜いた鼻毛の本数をチェックするぐらいしかやることが無い、そんな皆様に是非とも読んで頂きたいのでよろしくお願いいたします!

 

 

カタギリ・今週の1枚

レバーONでカットインも無かったので何の期待感も無く左を止めたら中チェがズドン。

次ゲームで見事にフリーズして念願のV3モードに突入いたしました。安目の演出でも油断すると中チェが落ちてくるのが初代譲りで堪りませんな!

 

前の記事 記事一覧 次の記事

ログイン・会員登録してコメントする

この記事へのコメント(8 件)

プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/08/19
元職長(歳には勝てないと悟った者)さま。

上手い話が、そうそううまく転がっている訳ないですからねぇ。
とはいえ、騙されてもいい相手からの話であればそれもまた良し、と考えております。
笑い話になりますからね!
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/08/19
あっきさま。

下の毛も抜きどころ満載ですよ!
(自分でも何を言っているのかよくわからない)
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/08/19
トリオレの三男さま。

あの時の決断が正しかったのかどうか、いまでもよくわかりません(笑)。

エウレカの中チェは弱めの演出で平気で降臨するので、油断ができませんね。
ちなみに連日のエウレカ実戦はすべて5スロなので、今月もマイナス収支でございます(泣)!
プロフィール画像
元・店長カタギリ
投稿日:2017/08/19
のりめんさま。

私も明らかに低設定台でのフリーズだったため、900枚程度で終わりそうでしたよ。
規定ゲーム数の終了間際にボーナスを引いて、なんとか息を吹き返しましたが、フリーズは引いてからが本当の勝負だということを再認識させられましたね(苦笑)。
プロフィール画像
元職長
投稿日:2017/08/09
人生半ば過ぎの再就職はこんなもの
ですよ
「たのむから、手伝ってくれないか?悪いようにはしないから、な?」
が地獄のエレベーター、浮上しません。私の今です

元・店長カタギリ
代表作:しくじり店長

シルバ〇アファミリーみたいに小さなパチンコ店の責任者から一転、 雑巾がけがメインの業務となってしまった事務員へとグレードダウン。 そんな設定①のスランプグラフのような半生を、隔週水曜日に連載させて頂いております。 タイトルは「しくじり店長」。 パチ屋の店長が平社員へと降格していく逆サクセスストーリーを、 海物語シリーズの泡リーチを見つめるような気分でお読みください。

  • twitter


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • アンケート

  • ホル調特別枠

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • パチ7スロッコ

  • コミック