パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  • パチ7 3周年記念


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-
  4. 『パチスロ攻略ライターの仕事』

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-

2017.02.07

『パチスロ攻略ライターの仕事』

ラッシー ラッシー   パチスロワイルドサイド-脇役という生き方-


――時は、およそ10年前に遡る。

駅を降りたがロータリーと呼べるものはない。素直に言えば寂れた印象だった。 俺がもし普通の人生を歩み、普通の職業であれば、一度も降りることのない駅だったに違いない。そしておそらく「仕事」が済めば、今後も二度と降りることはないだろう。自宅と同じ県内だが、そんな場所だった。


「すでに先行導入されているらしい」


そんな情報から現地に向かったが、内心は半信半疑。あまり知られていない小さな街の、小さなホールだ。そんなところが先行導入店に選ばれるとは…。

店に着くと、情報は正しかったとスグに分かった。目的の機種の「のぼり」が並んでいる。


――「赤ドン」。


言わずと知れた5号機「ドンちゃんシリーズ」の第2弾。見た目こそ第1弾のノーマルタイプ「青ドン」に似ているが、「赤ドン」は強力な出玉性能を有するボーナス+ART機だ。詳細な仕様を書き始めるとキリがないので割愛させて頂くが、とにかく5号機初期においては屈指の爆裂マシンだった。

当時の俺は「赤ドン」の担当ライターだった。とはいえ、まだライターになって1~2年の新米だったが。

担当ライターの1番の仕事は、当然「攻略ネタ」を探すこと。ライバル他誌に遅れをとることは許されない。しかしシマに入ると、すでに多数の同業者がいた。1人は某ライバル誌の有名ライター。その他は知らない顔だが、小役カウンターを使用していたり、メモを採っているあたり、同業者と思って間違いない。今でこそ小役カウンターもメモも珍しくないが、当時、小役カウンターはほとんど普及しておらず、持っているのはほぼ同業者だけだった。

店に着いたのは昼過ぎなので、とりあえず空き台に着席。取材で何度も打っているので基本は押さえているが、より突っ込んだ「攻略の手がかり」が欲しかった。


――数時間後――


意識は朦朧。厚みのあった財布が、頼りなく萎んでいた。ツボにハマった際の一撃性が高いぶん、投資のリスクは高かった。ボーナスがなかなか当たらず、ARTに入っても続かない。また、精神的に堪えたのが隣の台の展開だ。打っているのは50代と思しき女性で、設定が高いのか、朝からほとんど出っ放しである。羨ましい…。今日は台を選ぶ余裕がなかったから仕方がない。

財布がカラになったら撤退し、また明日出直そう。そう思っていたのだが――。

ふと、隣の台のBIG中が目に入った。隣の女性は目押しが達者らしく、ビタ押しも一発で成功。「なかなか上手ですなぁ」なんて思っていたら、その直後、雷光に打たれた!!


「な…なんであんなに葉月絵柄が揃うんだ!?」


ここで軽く「赤ドン」のBIGを紹介しよう。消化中の三尺玉成立時、レア役成立時およびビタ押し成功時は、チェリーナビ(ナビpt)獲得抽選が行われる。ビタ押し成功での抽選は1BIGで1回のみだ。
 

【編注】
●チェリーナビを獲得すると、ART突入が約束される
基本的には1ptでART1セット


また、BIG中の演出は3種類から選択可能で、それぞれナビptの抽選役や、ナビpt獲得時の告知演出が異なる。

告知演出は下記の通り。
ドンビッグ…液晶リールで葉月絵柄が揃えばpt獲得
葉月ビッグ…最終ゲームでpt獲得告知
親方ビッグ…pt獲得時に完全告知

ちなみに親方ビッグはCZ中やART中に成立したBIGでしか選択できない。

隣の女性が消化していたのはドンビッグ。俺のBIGでは全く揃わなかった葉月絵柄が、3G連続複数ラインで揃いまくっている!


「なんで!? 俺のBIG中は揃わないのに…」

 

葉月絵柄が揃うとチェリーナビ獲得が確定。複数ライン=ナビ複数獲得。



俺と女性とでは何が違うのか。そういえば、女性がビタ押しに成功した直後から急に連続で葉月絵柄が揃いはじめたような…。しかし、ナビptと葉月絵柄の関連性が判明していない。そこで仮説を立てることにした。


① 内部的にナビptを獲得すると、やっと葉月絵柄が揃えられる
② 葉月絵柄が揃ったライン数は 獲得したナビpt数とほぼリンクしている



要するに隣の女性は、さっきの1度のビタ押しで大量ポイントを獲得したということか…!?

待てよ、もしこの仮説が正しいなら、このドンビッグの特性を利用して「ビタ押しでのナビpt獲得」を見抜けるのでは!?

脳内で手順をイメージし、スグにペンを走らせる。

A. 葉月絵柄を正確に狙って、ナビptが無いことを確認
B. 確認した次ゲームでビタ押しを成功させる
C. ビタ押しの直後に再び葉月絵柄を狙う


葉月絵柄が揃えばビタ押しでナビptを獲得した、揃わなければ獲得せず…と予想できる!

俺がただのプレイヤーなら、こんなことを考えることもなかったハズ。仮にこんなことに気付いても、せいぜいインターネットで披露する程度だろう。当時はまだインターネットも普及していなかったが…。


結局この日は大敗。正確な額は忘れたが、6~9万はヤラれたハズだ。それでも心は晴れやかだった。

もちろん翌日は朝から実戦。前日の仮説を検証し、間違いがないことを何度も何度も繰り返し確認した。

その後、解析からビタ押しでのナビpt獲得率に大きな設定差が判明。
 

【編注】
●ビタ押しでのナビポイント獲得率は高設定ほど高い
●ナビpt獲得時のpt振り分けも高設定ほど優遇。
5pt以上獲得なら高設定の可能性が格段にアップ
●親方BIGは獲得pt数をほぼ正確に見抜けた



当然、メディアはこぞって「親方ビッグでナビpt獲得を見抜け!」と報じたが、これには大きな欠陥があった。既述の通り親方ビッグはCZ中・ART中に成立したBIGでしか選択できないため、サンプルが採りにくい。設定推測要素としての実用性に欠く。しかし、いつでも選択できるドンビッグならどうか。あのなんでもなさそうな俺の発見が、ここで役に立つことになる。


「ドンビッグ攻略」の完成だった。


誌面にドンビッグ攻略が掲載されると、その有効性から瞬く間に世間に浸透していった。ほとんど話したこともない大物ライターからも、「ドンビッグ攻略について教えてくれ」と急に電話が来たり。

自分で書くのもなんだが、この「ドンビッグ攻略」の発表により、俺の名前は業界中に知れ渡ることになる。顔も知られていない新米ライターが認められた瞬間だった。

こういった「ネタ探し」こそ、攻略ライターの本来の仕事。何気なく広まっている攻略ネタも、現場ではこうやって作られているのだ。

今回から始まった当コラムでは、あまり有名でない脇役の俺が、いかにしてパチスロメディア業界を生き抜いてきたのかを紹介していきます。懐かしい機種の攻略ネタが生まれた過程や、知られざる攻略ライターの仕事内容をお見せしましょう!
 

前の記事 記事一覧 次の記事

ラッシー
代表作:パチスロワイルドサイド -脇役という生き方-

山形県出身。アルバイトでCSのパチンコ・パチスロ番組スタッフを経験し、その後、パチスロ攻略誌編集部へ。2年半ほど編集部員としての下積みを経て、23歳でライターに転身。現在は「パチスロ必勝本&DX」や「パチスロ極&Z」を中心に執筆。DVD・CS番組・無料動画などに出演しつつ、動画のディレクションや編集も担当。好きなパチスロはハナビシリーズ・ドンちゃんシリーズ、他多数。

  • twitter

▼ラッシーの連載記事 一覧▼
 

▲機種の基本的な打ち方から面白ネタまで!

▲ラッシーが攻略ネタとともに振り返る回顧コラム


  • 求人

  • パチ7初めての方へ

  • パチ7コミック最新

  • アンケート

  • ホル調特別枠

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報