パチンコ・パチスロを楽しむための情報サイト パチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシ情報まで、完全無料で配信中!

  • ぱちんこ水戸黄門


  1. パチセブントップ
  2. パチンコ&パチスロコンテンツ
  3. 「変則打ち」特集
  4. 変則打ち特集「番外編:なぜ変則打ちをするのか? 」

「変則打ち」特集

「変則打ち」特集

2016.04.08

変則打ち特集「番外編:なぜ変則打ちをするのか? 」

J.P.F J.P.F   「変則打ち」特集


変則打ちの輪を広げたい!
 

皆様、こんにちは。J.P.Fです。
いつもは私が各機種の変則打ち手順をお届けする変則打ち特集ですが、今回は少し趣向を変えて番外編になります。


突然ですが皆さん! 現在、変則打ちはどれほどのユーザーに支持されていると思いますか?

過去に行われたパチ7ゆるゆる調査隊のアンケートでは、変則打ちを好んでするという方が41.4%、しないという方が46.5%、そしてその他12.1%の方は変則打ちが嫌いという結果が出ました。つまりは、だいたいユーザーの半数以上が変則打ちをしていないということです。

私の考えとしてはこの状況は非常にもったいない! 変則打ちによって、パチスロの楽しみ方はもっともっと広がるんです!

そこで今回は、私がなぜ変則打ちをするのかというテーマから、変則打ちビギナーの方に変則打ちの楽しさをお伝えしたいと思います!

 


変則打ちとの出会い
 

私がなぜ変則打ちをするのかを説明する前に、私が変則打ちにハマるきっかけとなったある機種との出会いについてお話ししたいと思います。

あれは中学生の時でした。ゲームセンターに置いてあったその機種の名前はラブリージャグラーA。おなじみジャグラーシリーズの5号機3作目です。まだ9年前の機種ですから、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

思い出のラブリージャグラーA


設置当初、私はジャグラーといえばリールを止めた後にGOGOランプが光るかどうかだけの単調な台という認識を持っており、個人的により魅力的だった4号機のストック機ばかり打っていました。
しかし、その認識はあることを知って一気に吹き飛ぶことになります。それは通常時の中押し手順です。このラブリージャグラーAは中押しすることで、チェリー or ボーナスの出目ボーナス2リール確定目が出現するようになり、ゲーム性が一変する台だったのです。そのことを知った私は試してみたくてたまらなくなり、実際に中押しで打ってみることにしました。

すると、どうでしょう。GOGOランプが光ることが出目から事前に察知できるようになり、この機種が見違えるように面白くなったのです。この、押し順を変えることで台の面白さが全く変わってしまうという事実は、15歳の少年にとってはあまりに大きなカルチャーショックでした。それはその後のパチスロへの向き合い方を変えてしまうのに十分なくらいに。こうして私は変則打ちに魅了されていくことになったのです。
 


なぜ変則打ちをするのか?
 

さて、話を元に戻しましょう。
私が変則打ちをする大きな理由は、ゲーム性を自らの手で広げたいからというものです。
先程のラブリージャグラーの例でわかっていただけるように、変則打ちをすることでゲーム性が広がり、楽しみ方の選択肢が増える機種がこの世の中にはたくさんあるんです。

現行機種のハッピージャグラーVⅡを例にとってみましょう。この機種はラブリージャグラーAとよく似た機種仕様となっており、中押しで中段に赤7が止まればチェリー or ボーナスとなります。もしこの事実を知っていれば、左リールでチェリーを否定した時にGOGOランプ点灯よりも先にボーナスを察知することができますよね。これによりリーチ目が出たという興奮や、GOGOランプの光る瞬間を見る興奮を味わうことができるようになります。

もう一機種、ハナビを例にとってみましょうか。この機種は遅れ演出が発生した時にはチェリー or ボーナスの成立が確定します。この時、通常の順押し暖簾(BAR)狙いをしていると、左リールを止めた時点でチェリーかどうかがわかってしまいます。しかし、変則押しをすることで、ボーナスの期待度を計りながら判定を第二停止以降に持ち越すことができます
また全ての機種に共通して、連れ打ちの時に話題にすることができたり、一人で打っている時にも当たりを他人と違うタイミングで察知できる優越感を得ることができます。
第一停止を左リールから中リールや右リールに変えるだけで、これだけの面白さの変化が味わえるんです!

勝ちだけを求めてパチスロを打つのならいざ知らず、わざわざパチ7の記事を読んでくださっているような方であれば少なからずパチスロを楽しみたいという思いがありますよね。どうせ同じだけのお金を出して楽しむのなら、目の前の台を色々な方法で最大限楽しまなきゃ損だと思いませんか?

変則打ちはパチスロの面白さを最大限引き出す一つの手段なのです。

 


変則打ちはカスタマイズ
 

そしてここからが、当たり前のことですが重要なことです。
変則打ちはあくまで楽しむための一つの手段。それを知ったからといって、必ずしもずっと変則打ちをやらなくても良いのです。

その打ち方があまり肌に合わなければ順押しに戻していつものように楽しんでも良いですし、ハマっている時だけとか、BIG後32Gだけのようにやりたいと思ったときだけやっても良いです。
こうやって、自分だけのバランスを探ることで、自分が一番楽しむことができる遊び方を追求することができます。 しかし、変則打ちを知らなければ、この追求はできません。例え、知っていればものすごく面白いと感じる手順であっても、知らなければ当然できませんからね。
ですから私は、変則打ちに対して食わず嫌いをせず、関心を持って、まずは一度自分の手で試してみてほしいのです。

私は、この作業はAT・ART機で告知方法を選んだり、パチンコで演出バランスをカスタマイズすることに近いと思っています。変則打ちというカスタマイズで、自分だけの告知方法、演出バランスに設定するのです。

どうですか? こう聞くと変則打ちはマニアがやるものという小難しいイメージが外れませんか?
変則打ちはゲーム性のカスタマイズ。私としては老若男女、様々な方にもっと気軽に試してほしいです。

 


終わりに
 

皆さんは、ここまで読んでくださって変則打ちに対するイメージは変わりましたか?
もし、変則打ちをするための心理的ハードルが少しでも下がったのなら、私としては幸いです。一度試して、変則打ちでいかに楽しみ方が広がるかを体感してみて下さい。
自分で調べるのはちょっと・・・という方も問題ありません。私が調査して、この変則打ち特集でご紹介しますから(笑)。

ということで、皆さんのパチスロの楽しみ方を広げる変則打ちとこの変則打ち特集をこれからもよろしくお願いします!

 

前の記事 記事一覧 次の記事

J.P.F
代表作:「変則打ち」特集

小学生の頃からゲームセンターでパチンコ・パチスロに触れてきたため、20代ながら10年程度のパチ・スロ歴を持つヘンテコ大学生。
パチ・スロに対する偏愛のあまり、変則打ちなどマニアックな楽しみ方探求に走るようになる。
特にアクロス機や羽根物には並々ならぬ愛を注ぎ、その趣向から年齢詐称疑惑をかけられることもしばしば。
大丈夫! 大学生として今日も課題に追われてます!

  • twitter


  • 求人

  • パチ7最新特集記事

  • パチ7コミック最新

  • 麻王

  • ホル調特別枠

  • パチポイント

  • パチ7ライター募集

  • 漫画家募集



会員登録済みの方はこちらから

パスワードを忘れた方はこちら

パチスロ新台情報

パチンコ新台情報

  • 麻王

  • ぱちんこ水戸黄門